「ママ嫌い!」自分の子どもに嫌われた|子どもの反抗の本当の意味

「ママ嫌い!」自分の子どもに嫌われた|子どもの反抗の本当の意味

単なるイヤイヤ期?共働きで子育てをがんばっているのに、「ママ嫌い!」「パパがいい」なんて我儘を言い始めた子どもの言葉に傷ついているお母さんへ。


子どものイヤイヤの言葉に傷づくのはどうして?

一生懸命に子育てをがんばっているのに、「ママ嫌い!」というご自身のお子さんの発言は、自分を否定されるようで、泣けてくることもありますね。

ご自身のお子さんから拒否されることで悩んでしまう気持ちの中に、もしかして、ご自分が忙しく、お子さんたちと過ごす時間を思うように取れていないと考える罪悪感が隠れていませんか?

またその罪悪感から、お子さんに「何かをしてあげなければ」という焦ってしまうようなこともないでしょうか?

そのために、余計に辛く感じてしまうこともあるでしょうね。

ごく普通の反抗期(イヤイヤ期)の反応

2~3歳くらいのお子さんであれば、第一次反抗期を迎える時期です。

この時期の子どもは、親が与えたものを拒み、親の言うことにいちいち歯向かい、駄々をこねてかんしゃくを起こすのが、ひとつの健全な成長のサインでもあります。
なぜなら、こうした反抗期の子どもの行動は、親から「自立」するための行動だからです。幼い自我が芽生え、自分の欲求が出てきた証です。

そういう意味では、お子さんの「嫌い」は、決してネガティブなものではなく、しっかりと育っている証拠であると思います。

こうした親への反抗は、ごく普通の反抗期に出てくる行動です。

反抗期以外の視点で考えられる反応:怒り

お子さんの「嫌い」を、「反抗期」以外の視点で考えてみると、お母さんに対して「怒っている」サインだという可能性もあります。

では、「怒っている」としたならば、どんなことに怒っているのでしょうか。
一般的な可能性をいくつかあげてみます。

欲求不満

ひとつ目は、「自分を置いていく」ことへの怒りであり、「自分の欲求を満たしてくれないママなんて嫌だ」という怒りです。

この怒りは、寂しさや欲求不満などからくるものだと思います。
この場合、娘さんが「嫌い」と言ったときには、
「それは悲しいな。ママは、大好きよ」
と愛情を伝えてあげてください。

また、お子さんが「嫌い」と言ったとき、
「ママのこと、怒っているの?どうして?」
と、娘さんの気持ちを推測しながら話に耳を傾けてみましょう。

3歳くらいであれば、いろいろなことが理解できます。ですから、お子さんの話を聞いた上で、共働きで「ママがなぜ朝早くに家を出て、夜遅くまで帰ってこられないのか」を話してあげても良いと思います。

コントロールや過保護

欲求不満以外の可能性として、次のようなことに心当たりがないかどうか考えてみてください。

それは、自分の思い通りになるようお子さんを必要以上に「コントロール」しようとしているか、必要以上に「過保護」にしていないかということです。

コントロールにしても、過保護にしても、これらはお子さんの中に芽生えてきた「自分でコントロールしたい」という欲求が押さえ込まれてしまうことになります。

自我の芽生えた子どもは、自分に権力をふるう者に対して怒りを感じ、拒絶します。娘さんの「嫌い」は、「私はもう赤ちゃんじゃないんだよ。自分でやらせて」というメッセージかもしれません。

子どものことを尊重する

どの場合でも大切なのは、一人の人間としてお子さんの欲求を尊重してあげることです。
「尊重する」とは、子どもの言う通りにすることではなく、それを理解するということです。

もちろん、親には親の欲求と事情がありますから、親が受け入れられないことがあれば、具体的にしっかり伝える。
その上で子どもの欲求を聞き、お互いが満足する方法を一緒に考えることができたら素晴らしいと思います。

むすび

時には、親も余裕が無かったり、疲れてイライラしていたり、いろいろな状況があるでしょう。
いつもそんなふうにするのは無理があると思いますが、お子さんを「自分とは違う別の人間」として尊重しようという態度があるか無いかは伝わると思いますのでできる範囲で試してみてくださいね。良い関係が築けることを願っています。

この記事のライター

道端に咲く花を見るのが好きな夜散歩派です。

関連するキーワード


子育て

関連する投稿


10代のメイクデビューの注意事項|肌に優しいプチプラコスメは?

10代のメイクデビューの注意事項|肌に優しいプチプラコスメは?

最近、小・中学生向けの雑誌でメイク特集が組まれていたりと、メイクデビューをする年齢が下がっている傾向にあります。大人から見ると、「ありのままでも十分お肌もきれいで可愛いのに…」と思ってしまいますよね。今回は、メイクデビューした小・中学生の子どもを持つママに向けての情報をお届けします。


部活帰りの息子が疲れて食欲すらない!疲労回復&食欲が増す夕食は?

部活帰りの息子が疲れて食欲すらない!疲労回復&食欲が増す夕食は?

部活で疲れて帰宅する姿を見ると、明日も頑張れるように疲労回復のメニューを!と思うものの、これが結構難しい…と悩んでいませんか?そもそも食欲がなくて食べずに寝てしまう、なんてこともありますよね。今回は育ち盛りの部活子どもの食事についてお話します。


これを守ればもう安心!ママ友と上手に付き合う5つのルール

これを守ればもう安心!ママ友と上手に付き合う5つのルール

あなたは周りのママ友と上手に付き合えていますか?頼りになることもあれば、ちょっとしたことで気まずくなってまうことも…。上手なママ友付き合いがしたい!と願うママへ、これだけは守りたい5つのルールをお教えします。


子育てをもっと楽しく!先輩ママがオススメする子育てグッズ6選

子育てをもっと楽しく!先輩ママがオススメする子育てグッズ6選

赤ちゃんとの初めての生活は、戸惑うことが多いもの。子育て真っ最中の方、これからママになるという方など、みんなの「どうしたらいいの? 」にお答えし、先輩ママに聞いた「超便利グッズ」をご紹介します。


「おいしい!」って言ってほしい!3歳からの幼児食7つのポイント

「おいしい!」って言ってほしい!3歳からの幼児食7つのポイント

3歳~5歳の幼児は、初めて口にする食べ物、食べ慣れていない食べ物がたくさんあって、さらに、新しい味を覚えていかなくてはなりません。今回は、そんな子供にとって大事な時期に「食事がおいしい!」と思ってもらえる7つのポイントとレシピをご紹介します。


最新の投稿


【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

秋も本番。そろそろ、紅葉狩りの予定を立てている方も多いのでは?今回は紅葉狩りをもっと楽しむための雑学とともに、全国のおすすめ紅葉名所と見頃予想情報をお届けします♪デートにもおすすめですよ♡


素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

恋愛ブランク。これまでに、「最近恋してないなぁ」「ときめきがない!」という時期を経験した女性は少なくないはず。いい恋は、あなたを綺麗にしてくれますよ。今回は、仕事や勉強が忙しくて、恋愛の仕方を忘れてしまったという女性に、恋のリハビリ方法をお伝えします♡


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢の方の食事。一緒に暮らす祖父母や両親が歳を重ねるにつれて、だんだんと食事にも変化が起こりますよね。噛みやすいおかゆや柔らかめのおかずを用意しても、だんだん飲み込みが悪くなってくると食欲も落ち、痩せていってしまいがち。今回は、食欲が湧き、なおかつ栄養もある食事について、見ていきましょう。


「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

肌年齢、骨年齢、筋肉年齢なんて言葉がありますが、「血管年齢」というのもあるそう。血管は一般的に年をとると硬くなっていくもの。若い人の中でも、「血管が硬い=血管年齢が高い」という人がいるんだとか。血管の若返りに効果的なものは何かあるのか、探ってみました。