もう悩まない! 献立を決めるコツ

もう悩まない! 献立を決めるコツ

主婦のお悩み第1位って、知っていますか?それは、断トツで、「献立決め」。毎日のことだけに、「悩んだことがない」、なんていう人はいないかもしれませんね。今回はそんな悩める主婦たちに向けて献立を決めるコツを紹介していきます。


毎日迷ってしまう、献立決め

主婦のお悩み第1位、「献立決め」。あまり料理は得意じゃない、という人は、なおさらのことお悩みかと思います。簡単に決められる方法があればいいのに、と思うのは、あなただけではありません。

そんなわけで今回は、現在献立に悩みなし!という女性に、そのコツを聞いてみました。参考になるものが、あるかもしれませんよ。

迷うのは週に一回!日曜だけ

【お悩み編】

「私の場合、定時に仕事が終わるものの、帰宅途中、立ち寄るスーパーで『今日は何にしよう』と、毎日頭を痛めていました。結局、出来合いのものを温めて、食卓に並べるだけの日が続きました」(40代:公務員)

【解決編】

「子どもが大きくなるにつれて、もっといろいろなものを食べさせたいと思い、時間のある日曜に、その1週間の献立をまとめて決めることにしました。
子どもに聞いたり、ネットで旬の料理を探してみたりして決めています。決めた献立は、スマホに入力。
これを見てスーパーへ行けば、無駄な買い物もせず、お金と時間の節約にもなりました」

栄養バランスのよい○○を活用!

【お悩み編】

「料理をするのは好きなほうですが、主人も子どもも、好き嫌いが激しくて大変。いろいろと考えて、手の込んだものを作っても、食べてくれないことも多いんです。もう何を作ればいいのか、わからなくなっていました」(30代:パート)

【解決編】

「子どもは給食だと全部食べているようでした。そこで、思いついたのが、前月の給食の献立をそのまま作る、というもの。パンはご飯に替えますが、主菜・副菜は、ほぼ同じ。
シンプルですが、栄養バランスはしっかり考えられていますよね。
『これ、給食で食べた!』と子どもが言うと、主人も一緒になって食べるから不思議です。ひじきご飯やちくわの磯辺揚げなど、私のレパートリーも増えて楽しい夕飯作りです」

「食べたいものノート」を見るだけ!

【お悩み編】

「毎日毎日、お昼を過ぎると胃が痛くなります。なぜなら、夕飯の献立を考えるのが苦痛だから…。子どもに『また、これ?』って言われるのが、怖くなりました。そんな感じで、なかなかメニューが思いつきません」(40代:主婦)

【解決編】

「時々、無性に食べたくなるものがあるのですが、今日は材料がないから明日にしよう、とカレンダーに書き込んでおいたら、翌日の悩みがなくなり、楽になりました。
それから作ったのが、『食べたいものノート』です。思い浮かんだメニューや、テレビや雑誌で見た食べたいものを記入しておくだけ。悩んだときは、これを見ると、食べたいものを思いだします。
作ったあとは、日にちを書いておくと、食事の記録となって、次回の参考にもなります」

食材を入力し、ネットで検索!

【お悩み編】

「彼のお願いで一番困ってしまうのが、『おなか空いた!ご飯作って!』というもの。疲れたから、外食でなく家で食べたい、と言います。
そんなことを突然言われても、困りますよね。冷蔵庫に残った材料はあるけれど、パパッと作れるほど料理上手じゃありません」(30代:教育関係)

【解決編】

「困ったときは、なんでもネット頼みの私。冷蔵庫にある材料を入れて、レシピと検索。そうすると、作れる献立が出てきます。本当に便利ですよ。あとは、それを忠実に作ればいいだけ。
検索していること?それはもちろん彼には秘密です。いいお嫁さんアピールになっているかも!?(笑)」

献立は、アプリが決める時代!

【お悩み編】

「もともと、食べることにあまり興味がありません。お金を貯めたいので、基本的に自炊ですが、決めるのは面倒。何でも作るから、誰かが決めてくれたら楽なのに」(30代:保険関係)

【解決編】

「そんな愚痴を言っていたら、友達が教えてくれたのが、献立を作ってくれるアプリ。好みを入力すれば、バランスのとれた食事を1週間分まとめて作ってくれて、買い物リストまで。
美容やダイエット、アスリートなどの希望にこたえてくれるものもあるそうですよ。楽して健康になれるなんて、うれしいですよね」

皆さん、実際に、悩んだ末に見いだした解決法。
使えそうなものがありますよね。あなたも今日からお悩み知らずで、楽しくおいしい食卓を!

ライフスタイル 一覧 >
今、あなたにおすすめの記事

この記事のライター

webライター歴2年目のtomoです。
皆さんの「知りたい」をたくさんお届けできるように頑張ります!

関連するキーワード


献立

関連する投稿


500kcal未満!たっぷり栄養おうち定食

500kcal未満!たっぷり栄養おうち定食

運動無し、1日3食タニタ定食を食べて1ヶ月15kgやせたという鈴木おさむ夫妻。 大食いダイエットメニューで、旦那さんを15kgやせさせたというギャル曽根さん。 低カロ・栄養満点・おなかいっぱいの定食メニューがダイエット成功の法則!? 今回は、ダイエット定食をご紹介します。


最新の投稿


潔癖症でもエッチしたい!潔癖症との付き合い方・エッチの対応策まとめ

潔癖症でもエッチしたい!潔癖症との付き合い方・エッチの対応策まとめ

カップルのどちらかが潔癖症だった場合、パートナーはいろいろと苦労しそうですよね。キスやエッチというダイレクトなスキンシップなど、いろいろと問題がでてきそうです。そこで今回は、潔癖性の男性との付き合い方やエッチ、また女性側が潔癖症だった場合の視点など、いろいろと解説していきたいと思います!


当日じゃなくても大丈夫!自分らしく「日記」を楽しむ方法

当日じゃなくても大丈夫!自分らしく「日記」を楽しむ方法

芸術の秋。食欲の秋。そしてイルミネーションで街が綺麗に輝く冬。感傷的になりやすい時季ですが、「最高の一日だった! 」「生きていて良かったー」なんて日を、記憶だけでなく記録に残してみるのはいかが?今日は、そんな記録にもってこい! 西洋ではローマ時代から存在したといわれる「日記」のお話です。


これ以上後悔したくない!アラサーのうちにしておきたいこと6つ

これ以上後悔したくない!アラサーのうちにしておきたいこと6つ

人生に「正解」なんてありませんが、先輩の経験はとても参考になるもの。40代の先輩たちに「アラサーのうちにしておけばよかったこと」を聞いてみました。アラサーライフのヒントが見つかるかも。


憧れる? or嫌い? 丁寧な暮らし|今日から始められるアイデア5つ

憧れる? or嫌い? 丁寧な暮らし|今日から始められるアイデア5つ

「丁寧な暮らし」って、聞いたことがありますか? 初めて聞くという人も、憧れるという人も、これさえ読めば完璧かも!? 毎日をシンプルに、丁寧に暮らすためのヒントをあなたにお教えします。


甘えん坊男子の心理|僕はこんな風に甘えています

甘えん坊男子の心理|僕はこんな風に甘えています

*11/16 「赤ちゃん返りの症状と原因」を追記しました。最近、女性に甘えたがる男性が増加しているんだとか。それって女性的には気になっちゃいますよね…。彼らがなぜ甘えたがるのか?その心理的な理由について紹介しようと思います。