男性が嫉妬する3つの心理

男性が嫉妬する3つの心理

今回のテーマは「男性が嫉妬する心理」です。皆さんは、男性と女性、どっちが嫉妬深いと思いますか?実は嫉妬する理由って、男女差あるらしいんです。なので今回は、嫉妬の心理を深く追求していこうと思います。


男女別 嫉妬メカニズムの差

今回は、男性の嫉妬について解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

まず、最初に嫉妬心理の男女差について語っていきましょう。あるデータによると、こんなことがわかりました~。


・男性は体の浮気、女性は精神的な浮気に嫉妬する。

・男性の場合、生物学的に相手の女性が他の男性に妊娠させられることに対して嫉妬する。

・女性は、自分の相手が他の女性の元に行ってしまうと、養ってもらえないから、もろもろの不安が生じて嫉妬する。

・女性は、男性の愛情が自分に向けられないことに嫉妬するのではなく、実は男性の子育て能力、経済面を奪われることに嫉妬するらしい。

男性目線の嫉妬とは?

・彼女の浮気相手ではなく、浮気をした彼女に嫉妬する

自分以外の男性に妊娠させられる可能性ありの女性を許せない。

・自分と会う時間を削る原因となる彼女の仕事や勉強、趣味に嫉妬する

自分の優先順位を下げられるのが納得いかない。

・自分が嫉妬していることに気付かない場合が多い

「嫉妬は女子がするもの」であり「男がするのはみっともない」と思い込んでいる傾向が強いらしい。嫉妬は恥と捉える日本男性の文化でもありますね。


なるほど、嫉妬心の男女差の心理は、納得がいきますね。女性はひとりの男性を決めたら、自分と自分の家族を養うことだけを考えてほしいんですね。

それを愛情だと思っていたけど、実は本能的に経済と子育て能力を必要としていたなんて、…自分では気付かない女の本能なのでしょうか。

では、続いて、男性の嫉妬心理について語っていきますね。あるデータによると、こんなことがわかりました!

男性が相手にしてほしくないこと

・自分の彼女、意中の女性には、他の男性の言動や行動に喜んでほしくない。自分の言動や行動にだけ喜んでほしい。

・他の男性にひどいことをされても耐えないでほしい。ひどいことをしても許されるのは自分だけと思いたい。

・誰に対しても優しい彼女はそれなりに魅力的だけど、本音は自分だけに優しい女性であってほしい。

・自分以外の異性はもちろん(異性の上司、同僚、知人、友人など)、同性の飲みの誘いにも気軽に付いていってほしくない。

そんなことで男性は嫉妬するの?

●他の男性と談笑していた

男性は独占欲の塊。自分のものであるはずの女性が、他の男性と楽しげに過ごしている姿は、面白くないらしい。

●他の男性とLINEをしていた

自分に隠しごとをしているのでは?などと思ってしまう。彼といるときなどに返信をしていると、「自分との大切な時間を他の男性のために使っている」と嫉妬する。

●自分に黙って誰かと会う

彼女のスケジュールを把握していないと落ち着かない。内緒にしていると、余計に勘繰る。

●LINEの返信が遅れる

自分以外の人物と会っていたり、仕事のせいで返信が遅れたと考えて、嫉妬する。

●自分と行ったことのないお店に連れて行く

男性は、自分が初めて訪れる店に対して警戒する。彼を初めて訪れるお店に連れて行くと、「以前誰と来たのか」「男性に連れてきてもらったのではないか」と疑いやすい。

●新しいアクセサリーを身に付ける

彼が見たことのないアクセサリーを身に着けると、「誰かからのプレゼントでは?」と疑う。アクセサリーくらい女性だって自分で買うものだけど、彼にとってみれば、アクサセリ―などは男性からのプレゼントだと決めつけてしまうらしい。

●会社の飲み会で遅くなる

帰宅が遅くなると、「誰かに誘われたのかもしれない」と心配したり、自分以外の人たちとこんな夜遅くまでいたのかと嫉妬してしまう。


あらあら…実は女性より男性のほうが嫉妬深いイメージが強くなりましたね。

では最後に、そんな嫉妬深い彼を安心させるためにはどうすればよいかです。

実はあるものを断捨離すると、男性は安心できるみたいですよ。それはいったい何なのでしょうか?

男性を安心させるためには?

・元彼、恋愛に発展する可能性がある男性の連絡先を削除する

・SNSに残された「投稿履歴」を削除する

・彼以外の男性に影響されたと思われがちな、趣味や服装などは着ない、もしくは捨てる

・元彼とのデートスポット、元彼との交際関係などは行かない、口にしない


うーん、これはこれで、女性的には結構しんどいかもしれませんね。

でも、嫉妬深い男性に限らず、男性全般的に、女性が自分以外の男性の存在を意識するのは不快なんでしょうね。

まとめ

いかがでしたか?男性は、自分に夢中な女性が、何よりも大切。実はルックスや性格が自分好みの女性より、自分だけを好きになってくれる女性を選んだりしますからね。

男性の嫉妬心をしっかり理解して上手にお付き合いしましょう。

恋愛 一覧 >

恋愛おすすめ記事!

2017年☆恋愛&エッチ運|星占い

http://wellfy.jp/articles/530

12星座別「2017年運勢」をお届け!恋愛、エッチを中心に、健康とダイエット運も。 2017年の一番激しい恋愛をするのはどの星座?2017年下半期こそは!というあなた、要チェックですよ♡

男性が嫉妬する心理を理解できたら、お次は恋愛運をチェック!

この記事のライター

STD(性感染症)や婦人科系疾患に詳しく、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連するキーワード


男性心理 嫉妬

関連する投稿


男性が女性を誘う心理を徹底調査!誘われる女性の3条件

男性が女性を誘う心理を徹底調査!誘われる女性の3条件

今回のテーマは「男女の恋愛感情の違い」。男と女には、恋愛感情の性差(男女の性別による違い)があるって知っていましたか? 今回は男女の恋愛心理の違いについて語りつつ、男性が誘いたい女性、誘いたくない女性について語っていきたいと思います。


男性が彼女よりも優先順位を上にしがちなこと5つ

男性が彼女よりも優先順位を上にしがちなこと5つ

今回のテーマは「恋愛の優先順位」。デートの約束をしていたのに、彼が会社の飲み会や、仕事を優先してドタキャン…そんな経験した人って、結構いるのではないでしょうか?でもそれは、男性と女性では、優先順位が違うからなんです!


男性が好みの下着とは?アラサー男女の下着事情

男性が好みの下着とは?アラサー男女の下着事情

今回のテーマは「アラサー男女の下着事情」。男女別に下着のデザイン、色、ドン引き体験の有無から好きな下着の脱がせ方まで、かなり細かくリサーチした結果をお伝えします。気になっても気軽に聞けない周囲の下着事情を、覗いちゃいましょう♪


奥手男子マニュアル|奥手な彼と付き合う3つの対策

奥手男子マニュアル|奥手な彼と付き合う3つの対策

今回のテーマは「奥手な彼」。せっかく付き合えたのに、手も握らないしキスもしてくれない…。「もしかして私のこと好きじゃないの?」とお悩みの女性は少なくないとか。アンケートで得た奥手男性の意見を見ながら、対策を練ってみましょう。


男性をドキドキさせる♡女性からのボディタッチとは!?

男性をドキドキさせる♡女性からのボディタッチとは!?

今回は、男性陣が喜ぶボディタッチ&嫌がるボディタッチをわかりやすく解説していこうと思います。どんなボディタッチがカレらをドキッとさせたり、恋愛に発展していくのでしょう?そして、逆にどんなボディタッチがドン引きされちゃうのでしょうか?


最新の投稿


女性ホルモンの薬の副作用?むくみの対処法3つ

女性ホルモンの薬の副作用?むくみの対処法3つ

多くの女性の悩みである、「むくみ」。太く見えるだけでなく、痛みや疲労感もあり嫌ですよね。そんなむくみ問題の中でも、今回は「月経過多などのために飲んでいる女性ホルモンの薬(プラノバール)と、むくみの影響」を見ていきます。対象法をチェックして、むくみにさよならしちゃいましょう!


イライラしても「平常心」を保ちたい |思考のわな

イライラしても「平常心」を保ちたい |思考のわな

仕事や家庭、自分の体調やダイエット…。自分の思い描いたようにいかなかったとき、暴言を吐いたり激しく落ち込んで何もしたくなくなったりしてしまった経験はありませんか?平常心を保ちたいというお悩みについて、思考回路に注目しながらみてみましょう。


男性が女性を誘う心理を徹底調査!誘われる女性の3条件

男性が女性を誘う心理を徹底調査!誘われる女性の3条件

今回のテーマは「男女の恋愛感情の違い」。男と女には、恋愛感情の性差(男女の性別による違い)があるって知っていましたか? 今回は男女の恋愛心理の違いについて語りつつ、男性が誘いたい女性、誘いたくない女性について語っていきたいと思います。


夏は性欲がupするって本当?夏のエッチ事情&気を付けたいSTD

夏は性欲がupするって本当?夏のエッチ事情&気を付けたいSTD

肌見せシーズンの夏。夏は解放的な気分になりやすいせいか、性欲がアップする男女が増えるそうです。でも、それってどうしてなのでしょう? そこで今回は、夏のsex事情や夏に気を付けたいSTD(性感染症)について、データと共にお話します。ぜひ夏sexの心得として、参考にしてくださいね。


メイク落としシートの肌への負担は? 正しい使い方・注意点

メイク落としシートの肌への負担は? 正しい使い方・注意点

忙しい時に便利なメイク落としシート。ただ、間違った使い方をしていると肌への負担は想像以上に…。正しい使用方法を学んで上手にメイクオフしちゃいましょう。