曖昧な指示でも仕事を円滑に進めるには?|コミュニケーション力のUP

曖昧な指示でも仕事を円滑に進めるには?|コミュニケーション力のUP

仕事中、コミュニケーション力やヒアリング力の不足を感じたことはありますか?相手の要望が曖昧でどう対応していいかわからないけれど、的外れなことを言うと呆れられそうで、うまく言えない・聞けないときってありますよね。今回は、そういう場でのコミュ力をアップしたいというお悩みをみていきます。


お悩み:取引先とのコミュニケーションが難しい

仕事柄、いろいろな方と接することが多いですが、相手から曖昧な指示をされて判断に迷うことが多々あります。

例えば、10案提示したとしたら、明確に「この案で」という回答があるわけではなく「○○であればいい」というどれも指していない回答をいただいたりして迷ってしまいます。

取引先の方の場合、強く聞くこともできないことがあるので、状況や相手の性格から読み取って進めていくというやり方でとりあえず対応することが多いのですが、やはり認識がずれていることもあって、コミュニケーションがうまくいかないことに悩んでいます。

言葉にできないことを聞き出すヒアリング力もないため、自分の力不足が情けなくて仕方ありません。
こういう方とのコミュニケーションは、どういうことに気をつけたらいいのでしょうか。

仕事におけるコミュニケーションには、ストレスが付きものですよね。
そのなかでも、相手が何を求めているのかを理解し、それに応えていくというのは、仕事以外の人間関係でも常に難しいことだと思います。

フラストレーションを感じるのは、成長できる証拠

こうやって「自分の力不足が情けない」と相談をされるあたり、とても前向きな方だと思います。
きっと、「もっと上手にコミュニケーションを取って、よい仕事をしたい」と思っていらっしゃるのでは?

「成長したい」という気持ちがなければ、現状にフラストレーションを感じることもないはずです。

仕事について何もわからない状態ではなくなり、少しずついろいろなことが見え始めてきた頃。
だからこそ自分の足りない部分にも気付き、そこにフラストレーションを感じはじめているのではないでしょうか。

まだ仕事が完璧にできなくても当たり前なのに、むしろ自分の現状に不満を抱き、なぜもっとできないのだろうとフラストレーションを感じる。

そんなあなただからこそ、これからもっと実力を身に付けていけることでしょう。

相手も自分のことを自覚しているわけではない

今回のお悩みでは、「ヒアリング力」というのがキーワードになるのではないかと思います。

「相手は自分の要望を明確に持っているはず」という前提から、「相手自身も、要望が明確でない」という前提に変えてみましょう。

すると、ヒアリングの仕方は変わってくるのではないでしょうか。

お話しを聞きながら、「一緒に答えを見付け出していく」という協力のスタンスに切り替えると、お互いが協力者であるような気持ちになると思います。

質問するのをためらうのはどうしてか?

また、「取引先の方の場合、強く聞くこともできないことがある」とのことですが、どんな思いが出てきて、聞くことをためらってしまうのでしょうか。

例えば、「自分で考えないといけないのでは」「質問したらわかっていないと思われるのでは」「すぐに理解しないとできない奴だと思われるのでは」など、いろいろな考えが浮かんでくるかもしれません。

確かに、ヒアリングにおいて「的確な質問をする」ということは大切なことです。
けれど、それはすぐに身に付くことではありませんし、最初からできるものでもないと思います。

今は、いろいろな経験を積んで自分なりのやり方を探しているときだと思って、失敗や恥ずかしい思いをすることを恐れずに、いろいろと試してみるのがよいでしょう。

相手の要望を知るには、どんな質問をすればよいのか。
ご自分なりにいろいろと工夫して試行錯誤して、チャレンジしてみてください。

むすび

仕事先の相手であっても、年齢と経験を重ね、対等な人間として接することができるようになるにつれて、より的確な質問をすることができるようになってくると思います。

メンタルケア 一覧 >

この記事のライター

道端に咲く花を見るのが好きな夜散歩派です。

関連する投稿


友達から誘われない=嫌われてる?

友達から誘われない=嫌われてる?

「友達に会うとき、いつも誘うのは自分からで、相手からは誘われない…」というお悩み。実は嫌われているのではにないかとモヤモヤしてしまった経験はありませんか。なかなか直接聞くこともできず、もやもやが続いてしまう前に、対策を見ていきましょう。


休日も仕事のことで頭がいっぱい…「脳疲労」に陥っているかも?

休日も仕事のことで頭がいっぱい…「脳疲労」に陥っているかも?

休みの日なのに仕事のことを忘れられず、やる気が起きないというお悩み。ほぼ横になりっぱなしで、気が付いたらもう一日が終わりそう…なんて日もありますよね。そこで今回は、「休息」の方法をお伝えいたします。休日をよりリラックスして過ごす方法を、一緒に見ていきましょう。


男女でこんなにも違う!?好感度がUPする”ウケ”ポイント

男女でこんなにも違う!?好感度がUPする”ウケ”ポイント

旅行先でひと夏の恋…なんて展開も期待しちゃう夏。初対面でいい印象を残し、相手に覚えてもらうためには「ウケ」を学ぶのも必須です。しかもこの「ウケ」、男女差がかなりあるとのこと。そこで今回は男女別に服装、髪型、メイクの3点から、OKとNGをご紹介いたします。


職場で自分がどう思われているか不安

職場で自分がどう思われているか不安

今回は「職場でうるさい人と思われていそうで不安」というお悩み。全く会話のない職場も空気が重いですが、うるさすぎて仕事の邪魔をしてしまうのも本末転倒。とはいえ、その不安の本質は”周りの評価”を気にしているのが原因かもしれません。不安の上手な受け流し方をアドバイスします。


前向きになりたい!好きな仕事をしても満たされないのはどうして?

前向きになりたい!好きな仕事をしても満たされないのはどうして?

「念願の職についたのに、なぜか満たされない」という悩み。一見贅沢な悩みにも思えますが、同じように悩んでいらっしゃる方は結構いるようです。今回は、生き生きと仕事に励めるよう、ネガティブさんからポジティブさんにチェンジする方法を見ていきましょう。


最新の投稿


【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

秋も本番。そろそろ、紅葉狩りの予定を立てている方も多いのでは?今回は紅葉狩りをもっと楽しむための雑学とともに、全国のおすすめ紅葉名所と見頃予想情報をお届けします♪デートにもおすすめですよ♡


素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

恋愛ブランク。これまでに、「最近恋してないなぁ」「ときめきがない!」という時期を経験した女性は少なくないはず。いい恋は、あなたを綺麗にしてくれますよ。今回は、仕事や勉強が忙しくて、恋愛の仕方を忘れてしまったという女性に、恋のリハビリ方法をお伝えします♡


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢の方の食事。一緒に暮らす祖父母や両親が歳を重ねるにつれて、だんだんと食事にも変化が起こりますよね。噛みやすいおかゆや柔らかめのおかずを用意しても、だんだん飲み込みが悪くなってくると食欲も落ち、痩せていってしまいがち。今回は、食欲が湧き、なおかつ栄養もある食事について、見ていきましょう。


「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

肌年齢、骨年齢、筋肉年齢なんて言葉がありますが、「血管年齢」というのもあるそう。血管は一般的に年をとると硬くなっていくもの。若い人の中でも、「血管が硬い=血管年齢が高い」という人がいるんだとか。血管の若返りに効果的なものは何かあるのか、探ってみました。