イライラしても「平常心」を保ちたい |思考のわな

イライラしても「平常心」を保ちたい |思考のわな

仕事や家庭、自分の体調やダイエット…。自分の思い描いたようにいかなかったとき、暴言を吐いたり激しく落ち込んで何もしたくなくなったりしてしまった経験はありませんか?平常心を保ちたいというお悩みについて、思考回路に注目しながらみてみましょう。


理想通りに進まないときにイライラしてしまう!

自分の理想通りに物事が進まないとイライラして、周りにあたってしまう…。
そんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

人間は「感情の動物」といわれていますし、「平常心」をテーマにした本なども多く見られます。

多くの人が「平常心」を保つことの難しさを感じているのかもしれません。
平常心を保つためにはどうしたらよいか、一緒に考えてみましょう。

5種類の思考のわな

自分の心の中を見つめるとき、私たちが知らず知らずのうちにはまってしまう「思考のわな」。
この「思考のわな」に5つの代表的な思考回路があるそうですが、ご存知でしょうか。

・ぐちぐち回路

・なぜなぜ回路

・心配回路

・憶測回路

・散漫回路

この5種類です。
今回は特に、「ぐちぐち回路」と「なぜなぜ回路」の2つに注目して見てみましょう。

思考のわな「ぐちぐち回路」

「まったく、あの上司は何もわかっていないんだから!」「私が何もかもうまくいかないのは、親のせい!」など、何か望ましくない状況があったときに誰かのせいにして、その人を責めるパターン。
これは『ぐちぐち回路』に当たるそうです。

「他人の責任にすることによって、無意識のうちに自分を正当化しようとする思考回路」とも言えますね。

このような愚痴をこぼしたり暴言を吐いたりすると、一種のカタルシス効果(精神の浄化)で、多少は気分がスッキリする場合もあるでしょう。

けれどもそのあとは、無力感が募っていくことが多いようです。

そして、愚痴も暴言も自己信頼のレベルを下げてしまいます。
愚痴や暴言を吐くのは、自分が状況を打開することができないという「敗北宣言」でもあるからです。

思考のわな「なぜなぜ回路」

なぜ、理想通りにいかないとイライラしてしまうのでしょう。

おそらく、イライラしているときに
「どうしてこんなことになってしまったんだろう?」
「なぜ、自分ばかりこういう目にあうのだろう?」
と考えているのではないでしょうか。

自分に対して、あるいは自分の置かれた状況に対して、「なぜ、どうして」という問いを発してしまう。これは『なぜなぜ回路』という思考パターンだそうです。

この問いの根底には、「こんな状態は嫌だ」という否定的な感情が潜んでいて、「かわいそうな自分」という被害者意識が働いている場合が多いといわれます。

それで、周囲のマイナス要素ばかりに目が向いて暴言を吐いてしまうのかもしれませんね。

思考のわなにはまったとき

それでは、『なぜなぜ回路』や『ぐちぐち回路』にはまったときには、どうしたらよいのでしょうか。

「理想通りにいかないとイライラしてしまう」のは、几帳面で何でもきちんとしなければすまない性格なのかもしれません。
きっと、中途半端なことや、だらしない状態は許せないでしょう。

それはそれで素晴らしい資質だと思いますが、物事は必ずしも理想通りにいかないのが現実の世界です。
「なぜ、どうして? 理想通りにいかないのか?」という問いには答えがありません。

まずは、「今はこういう状態なんだ」と冷静に受け止めてみてはいかがでしょうか。

冷静に受け入れるのが難しいとき

しかし、「受け入れる」のはなかなか難しいことです。

難しいと思った場合は、できなかったことではなく、できたことに目を向けて評価していくことのほうが建設的ではないかと思います。

そのような考え方ができるようになってくると、知らず知らずに気持ちも落ち着いてきて、どんな状況に対しても「平常心」を持てるようになっているかもしれませんね。

ご自身の本来の良さを発揮していかれるよう、願っています。

その上で、「今、自分にできることはなんだろう」と考えてみるのです。

メンタルケア 一覧 >

この記事のライター

道端に咲く花を見るのが好きな夜散歩派です。

関連する投稿


【束縛女】いつも一緒にいたい!彼に対する独占欲

【束縛女】いつも一緒にいたい!彼に対する独占欲

過去に浮気されたトラウマから、つい今の彼のことも疑ってしまう。信じたいのに信じられなくて、いつか"重い"と言われ離れていってしまうのではないかと不安になってしまう女性は、決して少なくありません。今回は、そんな恋愛における嫉妬や独占欲について見ていきながら、自分の気持ちを振り返ってみましょう。


人生を振り返る時期をどう過ごす?|心身のリトリート

人生を振り返る時期をどう過ごす?|心身のリトリート

人生の大きな節目を迎えた時には、今まで歩んできた道を振り返り、思いを巡らせこともありますよね。「避難」や「退去」の意味がある「retreat(リトリート)」ですが、日常生活を離れ、自分だけの時間や対人関係を見直し、再スタートするという意味があります。今回は、節目に考えたい、人生の振り返りついてお伝えいたします。


欠点しか見えない…いろんな自分を受け入れる方法

欠点しか見えない…いろんな自分を受け入れる方法

周りに流されて生きてきて、自分の考えが幼稚であることに気がついたとき。自分には価値がないように感じ、「生きづらさ」を覚えた、なんてことも。そもそも相手によって自分の性格まで変わり、「本当の自分って一体…?」と悩むことも少なくないはず。今回はそこに注目しながら、自分を受け入れる方法を見ていきましょう。


どもり癖を治したいです |吃音の悩み

どもり癖を治したいです |吃音の悩み

今回のテーマは、吃音。「人前で声を出そうとすると、上手く話せないことがある」というお悩みです。伝えたいことが上手く伝えられないと、胸がもやもやしてしまうはず。少しずつ改善していくことを目標にして、一緒に練習方法を見ていきましょう。


他人の幸せを喜べない…そのモヤモヤを消すためには?

他人の幸せを喜べない…そのモヤモヤを消すためには?

他人の幸せ、素直に喜べますか?結婚や出産といった幸せな報告なのに、心から祝福できない自分がいて…大抵の人が一度は経験したことがある感情かもしれません。「心から祝福してあげたいのに自分と比較してしまう」という人のために、原因と対処法をみていきましょう。


最新の投稿


【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

秋も本番。そろそろ、紅葉狩りの予定を立てている方も多いのでは?今回は紅葉狩りをもっと楽しむための雑学とともに、全国のおすすめ紅葉名所と見頃予想情報をお届けします♪デートにもおすすめですよ♡


素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

恋愛ブランク。これまでに、「最近恋してないなぁ」「ときめきがない!」という時期を経験した女性は少なくないはず。いい恋は、あなたを綺麗にしてくれますよ。今回は、仕事や勉強が忙しくて、恋愛の仕方を忘れてしまったという女性に、恋のリハビリ方法をお伝えします♡


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢の方の食事。一緒に暮らす祖父母や両親が歳を重ねるにつれて、だんだんと食事にも変化が起こりますよね。噛みやすいおかゆや柔らかめのおかずを用意しても、だんだん飲み込みが悪くなってくると食欲も落ち、痩せていってしまいがち。今回は、食欲が湧き、なおかつ栄養もある食事について、見ていきましょう。


「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

肌年齢、骨年齢、筋肉年齢なんて言葉がありますが、「血管年齢」というのもあるそう。血管は一般的に年をとると硬くなっていくもの。若い人の中でも、「血管が硬い=血管年齢が高い」という人がいるんだとか。血管の若返りに効果的なものは何かあるのか、探ってみました。