人前で泣く自分が恥ずかしい…治す方法はある?

人前で泣く自分が恥ずかしい…治す方法はある?

涙もろく、ちょっとしたことですぐに泣いてしまう。涙は自分ではなかなか抑えることができませんが、周りにも気を遣わせてしまったり、「また泣いた…」と思われたりするのが嫌だと感じている方は少なくないようです。そこで今回は、感情のコントロール法をお知らせします。


お悩み:仕事中に人前で泣いてしまう

仕事のことで注意したら、泣かれたという経験を持つ人いらっしゃいますか?困りますよね。

その人は、どうして泣いてしまうのでしょうか?

今回は、その泣いてしまった人からのご相談。
ちょっとしたことや、注意されたことがきっかけとなって仕事中に泣いてしまうことで悩んでいらっしゃるようです。

私はもともと涙もろいほうではあったのですが、最近特に涙もろくなりました。

ちょっとしたことや注意されたことがきっかけで、仕事中も泣いてしまうこともあります。
自分がなぜ泣いているのかもよくわからない状態です。

泣くことがくせになってしまっているようで不安です。そのせいで、周りに気を遣わせている自分も嫌で仕方がありません。

どのようにすれば泣くことやり過ごすことができるようになるのでしょうか。

泣いてしまうのは本意ではないからこそ、自己嫌悪にもなってしまうのでしょうね。

なぜ、涙が出るのか?

まずは私たちが泣くときにどんなことが起きているのか、生理学的に考えてみましょう。

私たちが涙を流すときには、それが無意識であっても必ず「情動」、つまり、あなたに涙を流させる感情が生じています。
それは「悔しい」「寂しい」「悲しい」なのか、「嬉しい」「感動」なのかわかりませんが、「ちょっとしたこと」や「注意されたこと」をきっかけとして、何かを感じているのだと思います。

それ自体は、まったく何も悪いことではなくとても自然なことですよね。

感情のコントロールをしているのは、前頭前野

通常ですと、感情は「前頭前野」と呼ばれる脳の部分によってコントロールされています。

つまり、自分が感じた感情を表現するのか、あるいは表現しないのか、行動で表すのか表さないのかなど、前頭前野で色々なことを考えて、選択しているのです。
けれど、疲労やストレスがたまってきて脳が疲れてくると、この前頭前野がうまく働かなくなります。

最近、疲労やストレスが強くなっている感じはありませんか?

もし、思い当たることがあるのなら、まずはそれについてできることをするのが良いと思います。

例えば、仕事や職場の人間関係などでうまくいっていないことがあるのでしたら、そのことを相談できる誰かに話してみましょう。
相談することで、少しでも改善できる方法を探したり、気持ちを聞いてもらうことが役に立つのではないかと思います。

あるいは仕事などで疲れがたまっているのでしたら、意識的にマッサージを受けたり、休日に予定を入れずに自分にとって休養になることをしてみましょう。
睡眠が取れていないのでしたら、1日ひたすら寝るのでも良いと思います。

自分の感情を抑えこんでいない?

「もともと涙もろい」方ですと、昔からご自分の言いたいことを我慢してしまったり、言葉にできずに苦しい思いを抱えてしまう傾向はないでしょうか。

自分でも気付かないような涙が出てくるということは、感情を抑え込んでしまうクセをお持ちだからこそ、ご自分の感情に気付きにくくなってしまっているのかもしれません。

泣いた後に

もしそうした傾向があるようでしたら、涙は「もう一人のあなたからのメッセージ」だと受け止めてみましょう。

そして、泣いたあとで構いませんから、「自分はどんなことを感じたのか」「どんなことを言いたかったのか」ということを、ていねいに振り返って、紙に書き出すようにしてみてください。

これは、仕事中ではなく家に帰ってからでもよいので、試してみてくださいね。

ご自分の気持ちに気付いて、それを相手に伝えていくには時間がかかると思いますが、少しずつご自分の感情とのつながりを取り戻していってくださいね。

人前で泣きそうになったら…

そして泣きそうになったら、感情のコントロールを助ける「前頭前野」を活性化する方法を試して気持ちを落ち着かせてみましょう。職場でできる方法をいくつかご紹介しますので試してみてください。

●ゆっくりと息を吐いて、呼吸に集中する
●好きな香りのハンドクリームでハンドマッサージをする
●ガムをかむ
●歯磨きをする
●ランチのとき、なるべくかむ回数を増やす
●今やっている作業に注意を集中する
●仕事のプロセスをあらかじめ考えて組み立てる

以下の感情コントロールの方法も参考にしてみてください。

泣き虫を治す4つのチカラ

http://wellfy.jp/articles/756

涙もろい、というのは感情豊かな証拠ですが、職場や学校でもそれだと困ることもありますよね。「目上の人と話すと涙声になってしまう」「ちょっとした注意をされただけで泣いてしまう」こんなお悩みをもつ方はいませんか?そんな方へ向けた感情をコントロールして泣き虫を治す方法をお届けします。

むすび

最後になりますが、涙がコントロールできない感じや無力感みたいなものが2週間以上毎日続いたら、心療内科などでの相談も考えてみてくださいね。

メンタルケア 一覧 >

この記事のライター

道端に咲く花を見るのが好きな夜散歩派です。

関連するキーワード


メンタルトレーニング

関連する投稿


【束縛女】いつも一緒にいたい!彼に対する独占欲

【束縛女】いつも一緒にいたい!彼に対する独占欲

過去に浮気されたトラウマから、つい今の彼のことも疑ってしまう。信じたいのに信じられなくて、いつか"重い"と言われ離れていってしまうのではないかと不安になってしまう女性は、決して少なくありません。今回は、そんな恋愛における嫉妬や独占欲について見ていきながら、自分の気持ちを振り返ってみましょう。


人生を振り返る時期をどう過ごす?|心身のリトリート

人生を振り返る時期をどう過ごす?|心身のリトリート

人生の大きな節目を迎えた時には、今まで歩んできた道を振り返り、思いを巡らせこともありますよね。「避難」や「退去」の意味がある「retreat(リトリート)」ですが、日常生活を離れ、自分だけの時間や対人関係を見直し、再スタートするという意味があります。今回は、節目に考えたい、人生の振り返りついてお伝えいたします。


欠点しか見えない…いろんな自分を受け入れる方法

欠点しか見えない…いろんな自分を受け入れる方法

周りに流されて生きてきて、自分の考えが幼稚であることに気がついたとき。自分には価値がないように感じ、「生きづらさ」を覚えた、なんてことも。そもそも相手によって自分の性格まで変わり、「本当の自分って一体…?」と悩むことも少なくないはず。今回はそこに注目しながら、自分を受け入れる方法を見ていきましょう。


どもり癖を治したいです |吃音の悩み

どもり癖を治したいです |吃音の悩み

今回のテーマは、吃音。「人前で声を出そうとすると、上手く話せないことがある」というお悩みです。伝えたいことが上手く伝えられないと、胸がもやもやしてしまうはず。少しずつ改善していくことを目標にして、一緒に練習方法を見ていきましょう。


他人の幸せを喜べない…そのモヤモヤを消すためには?

他人の幸せを喜べない…そのモヤモヤを消すためには?

他人の幸せ、素直に喜べますか?結婚や出産といった幸せな報告なのに、心から祝福できない自分がいて…大抵の人が一度は経験したことがある感情かもしれません。「心から祝福してあげたいのに自分と比較してしまう」という人のために、原因と対処法をみていきましょう。


最新の投稿


【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

秋も本番。そろそろ、紅葉狩りの予定を立てている方も多いのでは?今回は紅葉狩りをもっと楽しむための雑学とともに、全国のおすすめ紅葉名所と見頃予想情報をお届けします♪デートにもおすすめですよ♡


素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

恋愛ブランク。これまでに、「最近恋してないなぁ」「ときめきがない!」という時期を経験した女性は少なくないはず。いい恋は、あなたを綺麗にしてくれますよ。今回は、仕事や勉強が忙しくて、恋愛の仕方を忘れてしまったという女性に、恋のリハビリ方法をお伝えします♡


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢の方の食事。一緒に暮らす祖父母や両親が歳を重ねるにつれて、だんだんと食事にも変化が起こりますよね。噛みやすいおかゆや柔らかめのおかずを用意しても、だんだん飲み込みが悪くなってくると食欲も落ち、痩せていってしまいがち。今回は、食欲が湧き、なおかつ栄養もある食事について、見ていきましょう。


「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

肌年齢、骨年齢、筋肉年齢なんて言葉がありますが、「血管年齢」というのもあるそう。血管は一般的に年をとると硬くなっていくもの。若い人の中でも、「血管が硬い=血管年齢が高い」という人がいるんだとか。血管の若返りに効果的なものは何かあるのか、探ってみました。