夏もマストなリップケア。乾燥より怖い!?紫外線対策を

夏もマストなリップケア。乾燥より怖い!?紫外線対策を

乾燥するシーズンの冬はしっかりケアをしていても、この時季意外とおろそかにしてしまいがちなのがリップ。念入りに紫外線対策をしている肌と同じように、唇にもきちんケアをしていますか?


夏の唇トラブルの原因は日焼け!?

夏に唇が荒れる原因も「乾燥」だと思っている人が多いと思いますが、「日焼け」が原因の場合も大きく考えられます。というのも、顔や体はしっかりUV対策をしているのに、うっかり唇のケアを忘れてしまう人が多いのです。

実は、夏に起こるくちびるの荒れは、日焼けが原因である可能性が多いのです。そして、日焼けをした唇にはシミができてくすんでしまう……なんてことも。

そんなことにならないように、今回は唇の紫外線対策と、うっかり日焼けをしてしまったときのケア方法を紹介します。

唇が受ける紫外線ダメージ

唇が日焼けをすると、

乾燥

ひび割れ

をおこし、さらにひどくなると

水ぶくれ

まで。

唇はメラニン色素の量が少ない部分。そのため、日焼けで真っ黒になることはありませんが、少ないメラニンが色素沈着を起こしてくすんできます。
特に、唇と肌との境目が茶色くなっている人は、日焼けによる色素沈着が起きている可能性も考えられます。これ以上日焼けをしないように注意しましょう!

唇の紫外線対策

それではさっそく紫外線対策についてご紹介しましょう。
1番手軽なのが、顔用の日焼け止めを唇にも塗ること。朝のメイクのときに唇にも忘れずにUVクリームを塗ってあげましょう。

唇の荒れや、口に入ることに不安を感じる人は、UV機能のあるリップクリームを使いましょう。
口紅やグロスにもUV機能がプラスされたものがあるので、夏場だけは紫外線対策でそちらに切り替えてもいいかもしれませんね。近頃話題のリップティントの場合も、先にリップクリームを使うことをおすすめします。

グロスはもう古い!?流行りのリップティントってどういうもの?

http://wellfy.jp/articles/1115

最近流行っているリップティント。グロスや口紅とどんな違いがあるのでしょうか?おすすめの使い方をご紹介します。

UV機能付きのリップクリームや口紅は落ちやすい物が多いので、食事のあとや外出する前などに、こまめに付け直すようにしましょう。

日焼けしてしまったら

しっかり紫外線対策をしていても日焼けしてしまった場合は、次の方法でリップケアしてください。これをすることで、唇の荒れや色素沈着を防ぐことができます。

冷やす

氷や保冷剤を布で包んで、はれが引くまで冷やします。氷や保冷剤がない場合は、冷たい水をタオルに含ませて当てるだけでもいいので、とにかく冷やしましょう。

保湿する

はれが落ち着いたら、「白色ワセリン」や「ホホバオイル」を使って保湿をします。

ビタミンCをとる

ビタミンCは、コラーゲンを生成して唇の組織を修復させ、色素沈着を和らげてくれます。唇を早くきれいな状態に戻してくれるので、積極的にとって内側からビタミンCを補給しましょう。
そして、ビタミンC配合の化粧水やパック、リップクリームなどで外側からのケアも忘れずに。

まとめ

紫外線ダメージは唇にもしっかり表れます。普段から日焼けをしないようにきちんと紫外線対策をして、日焼けをしてしまったときはすぐにケアをするようにしましょう。
やはり素敵女子には、シミやくすみのない、うるおいにあふれたぷっくりリップがマストですよ!
リップケアの基本については、こちらの記事もご参考に。

唇が乾燥でカサカサに…!潤いたっぷりリップを手に入れる3つのケア

http://wellfy.jp/articles/536

冬は唇も乾燥しがちな季節。でも、クリスマスに「バリバリに乾いて口紅がひけない」「皮がむけて血がにじむ」なんて言っていてはNGです! そこで、今回は唇が荒れるメカニズムを探り、三つのケア方法をご紹介します。

スキンケア 一覧 >

この記事のライター

リサーチャー、ライター経験を活かし、“情報コンシェルジュ”として多種多様な話題を提供していきたいです。

関連する投稿


あなたのリップクリームの使い方やリップケア、間違っていませんか?

あなたのリップクリームの使い方やリップケア、間違っていませんか?

急に涼しい日が続き、秋の到来を感じさせますね。「まめにリップクリームを塗っているけど、唇の乾燥がよくならない……」そんな方はいませんか?紫外線によるダメージを受けていたシーズンにリップケアをしていた人も、本格的な乾燥シーズンを前にここでこれからの季節のリップケアについておさらいしておきましょう。


気温だけでは不十分?!熱中症予防には「暑さ指数」をチェック

気温だけでは不十分?!熱中症予防には「暑さ指数」をチェック

だいぶ秋らしい涼しい日も増えてきましたが、まだまだ夏本番!という暑い日が続き、「熱中症で倒れた人が~」というニュースも連日のようにありますね。健康に気を遣うwellfy読者の皆さんにも、十分気をつけてほしいと今回は「暑さ指数」について解説いたします。


夏のダイエット食材、ズッキーニ!体にうれしいヘルシーレシピ

夏のダイエット食材、ズッキーニ!体にうれしいヘルシーレシピ

ズッキーニとは、キュウリのような見た目をした夏が旬の食材。実は、栄養豊富でダイエット効果も期待できる、女性にうれしい食材なんです。今回はそんなズッキーニの栄養や選び方、おすすめヘルシーレシピをご紹介いたします。


紫外線ダメージは頭皮にも。残暑の頭皮ケアで秋にはツヤ髪に♡

紫外線ダメージは頭皮にも。残暑の頭皮ケアで秋にはツヤ髪に♡

夏の厳しい紫外線と汗のせいで、髪のパサつきやダメージが気になる季節ですね。今回は、頭皮への紫外線の影響をフィーチャー。頭皮のダメージに加えて、自宅でのセルフケアやサロンでのスペシャルケアもお届けします。


シャキシャキ!ヘルシーうなぎご飯|土用の丑の日は、鰻を食べよう!

シャキシャキ!ヘルシーうなぎご飯|土用の丑の日は、鰻を食べよう!

夏まっさかり、暑さからくる食欲不振やだるさで夏バテ気味の人、しっかり栄養を摂っていますか?栄養不足になると体調不調だけではなく、代謝が落ちて、痩せにくい体になってしまうかも…。そこで「土用の丑の日」ということでお馴染みのうなぎをおすすめしようと思います。


最新の投稿


【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

秋も本番。そろそろ、紅葉狩りの予定を立てている方も多いのでは?今回は紅葉狩りをもっと楽しむための雑学とともに、全国のおすすめ紅葉名所と見頃予想情報をお届けします♪デートにもおすすめですよ♡


素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

恋愛ブランク。これまでに、「最近恋してないなぁ」「ときめきがない!」という時期を経験した女性は少なくないはず。いい恋は、あなたを綺麗にしてくれますよ。今回は、仕事や勉強が忙しくて、恋愛の仕方を忘れてしまったという女性に、恋のリハビリ方法をお伝えします♡


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢の方の食事。一緒に暮らす祖父母や両親が歳を重ねるにつれて、だんだんと食事にも変化が起こりますよね。噛みやすいおかゆや柔らかめのおかずを用意しても、だんだん飲み込みが悪くなってくると食欲も落ち、痩せていってしまいがち。今回は、食欲が湧き、なおかつ栄養もある食事について、見ていきましょう。


「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

肌年齢、骨年齢、筋肉年齢なんて言葉がありますが、「血管年齢」というのもあるそう。血管は一般的に年をとると硬くなっていくもの。若い人の中でも、「血管が硬い=血管年齢が高い」という人がいるんだとか。血管の若返りに効果的なものは何かあるのか、探ってみました。