男女でこんなにも違う!?好感度がUPする”ウケ”ポイント

男女でこんなにも違う!?好感度がUPする”ウケ”ポイント

旅行先でひと夏の恋…なんて展開も期待しちゃう夏。初対面でいい印象を残し、相手に覚えてもらうためには「ウケ」を学ぶのも必須です。しかもこの「ウケ」、男女差がかなりあるとのこと。そこで今回は男女別に服装、髪型、メイクの3点から、OKとNGをご紹介いたします。


男性目線、女性目線を意識して印象アップ

夏はお出かけが増える季節。初対面の人に出会う機会も必然的に増えますよね。
そんなとき、最初に良い第一印象を残すのと、まったく記憶にとどめてもらえないのとでは、そのあとの展開に大きな違いがあります。

普段皆さんは、周囲の人が感じる好感度を意識して服や髪型を選んでいますか?

「いやいや自分目線、自分の好みだけで選んでいる…」という人は損をしているかもしれません。
自分の好みだけではなく、相手の好み、TPOなどを意識することで、与える印象は変わるもの。
さらにそこには男女差があります。例えば、ファッション、メイク、香りなど、男性にウケるものと女性にウケるものには確実に差があります。

ということで今回は、男女それぞれのウケるポイントに焦点を絞って、好感度を上げるコツをご紹介! この夏の出会いから大きな実りをゲットしましょう。

男女別ウケポイント・服装編

実は、人の印象の6割くらいが見た目で決まると言われています。
中でも服装は大切な要素です。その日に会う相手に合わせて、ベストな服を選びましょう。

男性ウケのポイント

OKポイント

・ひざ上丈スカート
・足見せコーディネートのときは生足風
・くびれを強調したデザイン
・ミドルヒール

男性は何といってもスカートが好き。ボディラインが見えにくい、ウエストのない服はNGです。ヌードカラーのストッキングにミドルヒールのパンプスなどは好感度大。

NGポイント

・タイツ
・過度の露出
・流行最先端のアイテム
・高価なブランド服

タイツやレギンスで脚を覆うファッションは女性好みのスタイル。かといって、短過ぎるスカートや、胸元が開き過ぎも男性は困るようです。
また、流行のアイテムをふんだんに取り入れたり、上から下までブランドものというのは「お金のかかる女」に見えるので減点対象に。

女性ウケのポイント

OKポイント

・流行のワンピース
・キュロット
・ミュール
・かっこいい着こなし

「できれば着こなしてみたい!」という流行のアイテムに敏感なのは、女性目線の発想。女性ウケするポイントは、アイテム単体よりもコーディネート全体で判断する傾向があるようです。

NGポイント

・ミニスカート
・ふわふわフリル
・かわいさ強調
・目立ち過ぎ

ミニスカや多めのフリルなど、可愛らしさを強調し過ぎると反感を買うことも…。女性の集まりでは、特に目立ち過ぎないことが大切。

男女別ウケポイント・ヘアスタイル編

髪型も、女性と男性の好みが一致しにくいポイントがいくつもあります。職場の男女比によって上手に使い分けるのも、ひとつの方法かもしれませんね。

男性ウケのポイント

OKポイント

・ゆるふわロング
・ストレートロング
・ポニーテール

ショートに憧れる女性が多いのに対し、男性はロング、セミロングを根強く支持するファンがいっぱいです。長い髪をときどき結ぶ、というのも人気。

NGポイント

・ベリーショート
・前髪パッツン
・おだんご

おしゃれ感が出せるショートや斬新なカット、おだんごヘアスタイルには「ピンとこない」との意見も。

女性ウケのポイント

OKポイント

・黒髪ロング
・前髪パッツン
・巻き髪ロング
・ショート

ショートにロング、極端に好みが分かれますね。
ファッションリーダー的な人は、マンネリ打破のために髪型を変えることもしばしば。このポイントは、そんな彼女たちに憧れて自分もそうなりたいと思う女子の傾向の現れなのかもしれませんね。

NGポイント

・ツインテール
・ポニーテール
・大きなリボン
・奇抜な髪形

髪型もファッションの傾向と似ているのでしょうか。ツインテールやリボン好きの女子がいる一方で、視線が冷ややかな女性もいるみたいですね。

男女別ウケポイント・メイク編

メイクで性格まで予想できちゃう人もいるくらいですから、侮れません。思わぬ損をしないよう、この夏はメイクのミスマッチをなくしましょう。

男性ウケのポイント

OKポイント

・ナチュラル系メイク
・ピンク系リップ
・やや細眉

メイク編でも「かわいい女性」が根強く人気です。アート系の人は別として、初対面ならナチュラルメイクで。

NGポイント

・まつ毛バサバサ
・太めの黒いアイライン
・厚塗り
・テカテカグロス

欠点をすべて隠そうとする努力は裏目に出るようです。合コンではつけまつ毛やグロス、厚塗りファンデは避けて。ナチュラルメイクで勝負!

女性ウケのポイント

OKポイント

・まつげふさふさ
・太め眉
・レッド系リップ

最近では「まつ毛は多ければ多いほどいい!」と思っている女子は多いようです。最近は眉の毛並みが整っていることも印象UPの対象に入るのだとか。

NGポイント

・まん丸チーク
・涙袋ラメ
・すっぴん

キラキラさせ過ぎて、顔の印象が逆に薄くなることも。また、男性は「すっぴんも有り!」という人が多いですが、女子はそうでもないんです。


いかがでしょうか。
男女間で大分違うものですね。今まで損をしていた!と気付く人も多いのでは?

フレッシュな出会いの季節に失敗しないよう、相手目線も意識して好感度アップにつなげていきましょう。

ライフスタイル 一覧 >

アドバイザー

misakoi
得意分野はウィメンズヘルス、化粧品、健康食品、医薬品の他、企業情報(IR、環境、CSR)、金融・保険分野も。企業Webサイト、ウィメンズサイトなどで執筆中

この記事のライター

空とかえると青が好きです。

関連する投稿


2017年流行りのヘアアクセまとめ♡大人可愛い夏のヘアアレンジに

2017年流行りのヘアアクセまとめ♡大人可愛い夏のヘアアレンジに

つけるだけで一気にイマドキおしゃれ髪型にしてくれるヘアアクセサリー。しかしなかには、「どう取り入れたら良いかわからない」「そもそも名前がわからない!」という声も…!ということで今回は、可愛いヘアアクセサリーとおすすめのヘアアレンジをご紹介しちゃいます♪


メイク落としシートの肌への負担は? 正しい使い方・注意点

メイク落としシートの肌への負担は? 正しい使い方・注意点

忙しい時に便利なメイク落としシート。ただ、間違った使い方をしていると肌への負担は想像以上に…。正しい使用方法を学んで上手にメイクオフしちゃいましょう。


2017春夏は厚底サンダルがブームの予感♡今っぽコーデのコツは?

2017春夏は厚底サンダルがブームの予感♡今っぽコーデのコツは?

*6/27 2017年夏のトレンドサンダルを追記しました。 ファッションに"夏気分"を先取りしたい人も多いと思います。「おしゃれは足元から」と昔から言いますが、ひと足早く「サンダル」の話をしましょう。


痛いハイヒールとさよなら!足が痛くないヒールを選ぶ5つのポイント

痛いハイヒールとさよなら!足が痛くないヒールを選ぶ5つのポイント

スタイルをよく見せてくれるハイヒール。痛い、疲れる、転びそう…そんな悲鳴を上げている人もたくさん見かけます。しかし知識とコツさえ押さえれば、きれいに履きこなせるようになりますよ。苦手を克服し、ハイヒールを上手に履きこなす秘策を紹介しましょう。


グロスはもう古い!?流行りのリップティントってどういうもの?

グロスはもう古い!?流行りのリップティントってどういうもの?

最近流行っているリップティント。グロスや口紅とどんな違いがあるのでしょうか?おすすめの使い方をご紹介します。


最新の投稿


これを守ればもう安心!ママ友と上手に付き合う5つのルール

これを守ればもう安心!ママ友と上手に付き合う5つのルール

あなたは周りのママ友と上手に付き合えていますか?頼りになることもあれば、ちょっとしたことで気まずくなってまうことも…。上手なママ友付き合いがしたい!と願うママへ、これだけは守りたい5つのルールをお教えします。


大人の片思いマニュアル|星座×血液型の傾向

大人の片思いマニュアル|星座×血液型の傾向

今回のテーマは「片思い」。片思いを、あえて楽しんでみようという内容です。若いときは、片思いのときの一喜一憂が楽しくて、両想いになると冷めてしまう…という経験があった方も多いのでは?気になる片思いの様々なデータと、星座・血液型別の傾向をみてみましょう♡


夏バテ解消にはスパイスを! ホットスパイスのヨーグルトカレー

夏バテ解消にはスパイスを! ホットスパイスのヨーグルトカレー

8月も半分が過ぎましたが、まだまだ暑くて食欲が出ない!なんて方も多いのでは?今回は、そんな夏バテ気味の方を応援するスパイスたっぷりのカレーレシピをご紹介します。


すぐに落ち込む自分を変えたい!「強く」なるためのアプローチ

すぐに落ち込む自分を変えたい!「強く」なるためのアプローチ

ちょっとしたことでも、自分はすぐ落ち込んでしまう。周りの人はあんなに強いのに…。そんなふうに自分の弱さをなんとかしたいと思っている方に。


【妊娠中の食事】食べちゃダメな食べ物とその理由

【妊娠中の食事】食べちゃダメな食べ物とその理由

妊娠中の食事。生まれてくる大切な赤ちゃんのために細心の注意を払いたいものの、色々な情報があって、結局何がだめなのかがわからない…というお悩みはたくさん。そこで今回は、妊娠中に注が必要な食べ物について、理由と共に詳しく見ていきましょう。