早すぎない!!30代からの終活で「死」から「生」を見直そう

早すぎない!!30代からの終活で「死」から「生」を見直そう

自分の「死」について考えたこと、ありますか?平均寿命が延びてきているとは言え、いつやってくるかは誰にもわからない、しかし誰にも必ず訪れる「死」。まだ先のことですが、終活がどんなものか知っていても、損はしないはず。老後の迎え方を、ちょっと知っておきましょう。


どんな最期を迎えたいですか?

日本人の平均寿命は、男性がおよそ80歳、女性はおよそ87歳。これら平均寿命を考えたら、人生の後半戦に入りそう、という人もいるのでは?
「終わり」のタイミングは自分で選択できませんが、できることなら自分の望む形で迎えたいものですね。

自分の最期を想像しよう

まずは基本データである、名前、住所、生年月日、血液型、今までの病歴、服用中の薬、通っている病院などもまとめておきましょう。

次に、もし病気になった場合を想像して、ご自身がどうしたいか考えてみましょう。

例えば…
・介護は? 延命治療は?
・それらの費用は
・最期は病院、自宅、それとも…

余命半年~1年と言われた母。延命のために足の切断し、ペースト状の食事を食べる日々。だんだんと表情が暗くなってきました。
そこで、「苦しみながら長生きするより、母らしく生きることを大切に。そして、良い思い出と共に旅立ってもらおう」と考え、母と相談し、1泊2日の帰省や、小さくした好物のお寿司を食べてもらうことに。
するとだんだん笑顔が戻り、次の帰省を目標にリハビリを自らしてくれるようになりました。結果3年も母らしく笑顔で生き続け、最期もとても優しい表情でした。(50代・主婦)

また、もし自分が死んだら、どうして欲しいかも考えてみましょう。
・葬儀はする、しない? どこで、規模は?
・あなたの宗教
・祭壇の写真・お花、流す音楽
・お墓は? 埋葬方法は?

宗教の宗派がわからず、親族のお葬式の準備に親が困っていました。
宗派によってお経や焼香、位牌など色々違いがあるみたいですね。宗派まで自分でわかっている人も、周りにはあまりいなさそう…(20代、学生)

高齢者でもないのにこんなことはまだ早すぎるのでは、と思う人も多いでしょうが、「元気だった友だちを突然の事故で亡くして、私も最期について考えておかなくちゃ、と思った」(40代・主婦)という人も。
人生の締めくくりを、おざなりにはしたくないですね。

そんな終活をするときに便利なのが、エンディングノート。
最近では、年齢に応じたエンディングノートも販売されており、ネットで検索すればダウンロードできるものも。
記入することで、自分自身を振り返ることもできるといわれる「エンディングノート」とは、どんなものなのでしょうか。

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5

¥ \900 (2017/07/19 17:00時点)

最期までに、やっておきたいことはありますか?

「一度はやってみたい!」ということ、ありませんか?
「できないまま死ぬなんて悔しい!」ということがあるなら、忘れないように書き出してみましょう。

なるべく迷惑はかけたくない。その準備とは?

自分が死んだあと、家族が処分に困るだろうな、と思うものはありませんか?
自分の思いをしたためた日記、思い出の写真の他、いろいろと知らないまま放置されたり、見られて恥ずかしかったりするものは、まとめて整理しておきたいですね。

・結婚
・世界旅行
・日本百名山を制覇する
・スカイダイビングをする
・歌を一曲作る
・イルカと一緒に泳ぐ
・初恋の人に会う

などなど。
ひとつでもできたら、それは悔いのない素晴らしい人生になりそうですね!

不要なものは処分を

ゴミを捨てるにもお金のかかる時代。
「私が死んだら、全部捨ててください」というのも、迷惑な話のよう。
昔の書類や領収書、捨てられずにいた洋服やぬいぐるみ、もう読むこともない本など、日ごろから不要なものは捨てることを習慣にしたいですね。

価値あるものはリストアップを

反対に、価値のあるものもありますね。
金や宝石のように、ひと目見て「高い!」とわかるものなら、残された家族も大切にできますが、専門家が見ないとガラクタ扱いされてしまうようなものも。
人にあげるのか、どこかのお店に売ればいいのか、美術館に寄付すればいいのかも含めて、リストにしておくといいですね。

隠し財産もお知らせを

銀行口座、クレジットカード、保険、不動産などあなたのお金事情はどうなっていますか?
印鑑の保管、秘密にしているへそくりも、読まない本に挟んだままでは危険。不用品と一緒に処分されないよう、注意したいですね。

人間関係の整理も

家族は知らないけれど、お世話になった人、子どものころの友だち、普段頻繁に連絡をとっているわけではないけれど、死去のお知らせはしてほしい人もいるはず。
わかるようにしておけば、「亡くなったことを知らなかった」なんて悲しい思いをさせずにすみますね。
「あのときのこと、謝ってないな」なんて後悔する思いがある場合も、早めに解決しておきたいですね。

データの整理を

パソコンやスマホのデータはどうでしょう。
見られたくない日記や写真、SNSのアカウントは? 自分が死んだあともデータは生き続ける…、考えると怖いですね。
こちらも不要なものは、削除しておくことをおすすめします。

まとめ

終活した人が気付くのは、「死」を考えることは「生」を考えること、なのだそう。
「死」を考え、人生を振り返るとき、これからも頑張ろう! と感じたり、自分の気持ちが整理できたりするのかもしれませんね。

また、親族の死も経験することがあるかもしれません。自分の「死」を見つめ向き合っておくことで、大切に育ててくれた両親や兄弟、友人に迫る死を前に、あなたがその方のためにできることが見つかるかと思います。

あなたも試しに「終活」、やってみませんか?

ライフスタイル 一覧 >
今、あなたにおすすめの記事

この記事のライター

空とかえると青が好きです。

関連するキーワード


ライフプラン

関連する投稿


これ以上後悔したくない!アラサーのうちにしておきたいこと6つ

これ以上後悔したくない!アラサーのうちにしておきたいこと6つ

人生に「正解」なんてありませんが、先輩の経験はとても参考になるもの。40代の先輩たちに「アラサーのうちにしておけばよかったこと」を聞いてみました。アラサーライフのヒントが見つかるかも。


もしかしたら自分も…孤独死を恐れる人にこそ読んでほしい『孤独死ガイド』

もしかしたら自分も…孤独死を恐れる人にこそ読んでほしい『孤独死ガイド』

「孤独死」と聞くと何を思い浮かべますか?怖い、かわいそう、むなしい…そんなネガティブなイメージが強いのではないでしょうか。現役医師の松田ゆたかさんが出版した『孤独死ガイド 一人で生きて死ぬまで』は「おひとりさま終末期ガイド」ともいえる1冊。孤独死ってガイドされるもの?と疑問に思った人にこそ読んでほしい内容をご紹介します


30代・夫婦ともに貯金ができない!ライフスタイルの最適化のために

30代・夫婦ともに貯金ができない!ライフスタイルの最適化のために

お仕事やお金のことに不安を感じて、どうしたらよりよい暮らしを送ることができるのかと、人生を見つめ直し始める30代に。


出産後、仕事に復帰できるか不安なあなたへ

出産後、仕事に復帰できるか不安なあなたへ

出産後、仕事に復帰して、子育てをしながら仕事を続けたいママさんは、「不安」や「焦り」感じる方が多いでしょう。この記事では、出産後の仕事復帰が不安な人に、ぜひやってほしい3つの事をお話します。


夫婦のライフプランの立て方|知っておきたい妊娠・出産のこと

夫婦のライフプランの立て方|知っておきたい妊娠・出産のこと

夫婦・カップルのライフプランにおいて、重要な「妊娠・出産」。今回は、妊娠・出産プランでポイントとなる「妊娠による変化」「お金」「体」についてお話します。


最新の投稿


男性が好きな女性の服装|彼女・奥さんにしてほしいファッションはこれ♡

男性が好きな女性の服装|彼女・奥さんにしてほしいファッションはこれ♡

ガウチョやグレーコーデが男性に不評って、知っていましたか?今回は男性が好きな服装について徹底リサーチ! スカートのデザインから、ブーツのタイプ、男性にモテるコーデパターンまで、結構細かく掘り下げてみようと思います♪


ファンデ塗る道具、何派?|指vs.スポンジvs.ブラシvs.シリコンパフ比較

ファンデ塗る道具、何派?|指vs.スポンジvs.ブラシvs.シリコンパフ比較

ファンデーションを塗るときのアイテム、あなたは何派ですか?ちょっと前はファンデブラシが人気だったけれど、最近はシリコンパフが人気。今回は指 VS. スポンジ VS. ブラシ VS. シリコンパフの対決です。それぞれのメリット、デメリットをヘアメイクの伊藤ハジメさんに聞いてみました♡


カップルのクリスマスの過ごし方|Xmasデートとプレゼントの予算は?

カップルのクリスマスの過ごし方|Xmasデートとプレゼントの予算は?

今回のテーマは、リアルなカップルのクリスマスの過ごし方事情。理想のデート内容や予算、過ごし方など、いろいろ紹介しますので、彼氏・旦那さまとラブラブなクリスマスデートの参考にしてくださいね☆


クリぼっち上等! ひとりクリスマスの楽しみ方9選

クリぼっち上等! ひとりクリスマスの楽しみ方9選

年々増加中のクリぼっち率。昔と今ではクリスマスの過ごし方が変わってきているようです。今回は、イマドキのリアルなひとりクリスマス事情と、おすすめの過ごし方をお伝えします!


やっぱクリぼっちは嫌…クリスマスまでに彼氏を作る方法

やっぱクリぼっちは嫌…クリスマスまでに彼氏を作る方法

おひとりクリスマスが定着しているといっても、「やっぱり彼氏と過ごしたい!」という女性も多いのでは?今回は、クリスマスまでに彼氏を作るための、ソロ脱出の緊急戦略をご伝授しちゃいます☆