キスの相性とは? キスで分かる彼との相性♡

キスの相性とは? キスで分かる彼との相性♡

キスが上手な男性もいれば下手な男性もいるでしょう。でも、相手のキスを上手と思うか下手と思うかは、女性次第!つまりキスのテクニック以前に相性もあるのかもしれませんね。そこで今回はキスの相性について、いろいろ突っ込んでみたいと思います!


キスに関する6つのデータ

まず、最初にキスに関するデータです。
あるデータによると、こんなことがわかりました。

キスの相性が悪いと恋愛関係を築けない?

・59%の男性と66%の女性が、キスに関する不満によって恋愛関係を築けなかったと証言している。

・人はキスによって、相手のDNAや生殖状態を探り、自分に合うパートナーを選別している。

男性と女性ではキスの目的が違う?

【男性】

男性は主に性的手段を得るためにキスをする。

【女性】

女性はキスで相手を見極めている。


男性の唾液には、テストステロンというホルモンが少量含まれており、これが女性の口にはいると、テストステロン濃度が上昇。女性の感受性や性欲が高まる。そして性的関係を持つことに結び付きやすくなるらしい。

キスの効果~男女の違い~

【男性】

男性はキスをすると、性的興奮が高まりやすく、ストレスも緩和する。

【女性】

女性はキスのタイミングが悪かったり、ムードがなければ、キスで性的興奮も高まらないし、ストレスも緩和しない。

男性の唾液には男性ホルモンが含まれていて、女性はキスで相手との遺伝子的な相性も見極めるらしいです。
このデータによれば、相手のキステク以前に、相手の唾液が気に入らなったら、キスの相性が悪いと判断しちゃうってことでしょうか。

では、続いて女性が上手だと思う男性のキスに関するアンケートデータです。

キスに上手下手ってある?

(女性対象)
・キス上手の判断基準がある:21.4%
・判断基準がない:78.6%

キス上手の判断基準って?

・柔らかいキスができる
・鼻がぶつからない、真正面からしない
・無理な体勢や動きをせず、至って自然
・ゆっくりていねい
・キスの音が上品

NGキスの基準は?

・ただ舌をかき回せばよいという感じのキス
・余裕がない
・くちびるを突き出してくる
・くちびる全体を覆うようなブチューっとしたキス
・キスの音が下品


「キス上手」の基準が明確にある女性は意外と少ないんですね。
女性は、キスが下手でも相手の情熱や愛情が感じられればよいと思っているのかもしれません。

キスの相性とは?

さて、お次は「キスの相性」に関するデータです。
あるデータによるとこんなことがわかりました。

キスは相手選びのオーディション?

・キスはパートナーとなる相手を選ぶオーディションのようなもの。この先の関係性を試している。

・この人と、「もっとキスをしたい!」と本能的に思ったら、それは遺伝子的に相性がよい可能性が高い。

キスの相性~良いパターン~

■ちょっと触れただけでも高揚感が得られる

体温が合って、遺伝子的に相性がよいと少し触れるくらいのキスでも喜びや居心地のよさを感じられる。

■息遣いがあう

キスをするときは、多くの人が息をするのを躊躇しやすい。息のタイミングが合う相手とはキスの相性がよい。

■相手の匂い、くちびるの味や唾液が好き

キスをしているときに感じる、相手の匂いや味が嫌いじゃない、むしろ好きな場合は、遺伝子的な相性が良いらしい。

■キスの強さ、激しさの相性がよい

くちびるを重ねるときの強さ、そのときの抱擁などの相性も重要。ディープキスのときは舌を入れたり、くちびるに吸い付く強さや激しさにお互いが興奮できれば相性よしといえる。

■ムードの相性がよい

主に女性は、キス行為そのものより、場所、音楽、照明、雰囲気にこだわる。男性も人前や場所にこだわる人もいるので、キスをする場所やムードが合えば、お互い気持ちよくキスができる。

キスの相性~悪いパターン~

■たまに疲れたと感じてしまう

キスの仕方、タイミング、回数の相性が違うと、だんだん相手とのキスに疲れを感じてしまう場合がある。

■どこか不快感を感じてしまう

人間には自分の体温がある。相手と体温が合わないと、自然と、体やキスの相性も悪くなるらしい。

■くちびるの感触の相性が悪い

キスをして、くちびるとくちびるが、重なりあったとき、くびちる同士の感触が、「何だか違う」となった場合には、相性があまりよくない。

■キスをする位置が自分の思うくちびるの位置とズレている

自分がしたい場所や、してほしい場所にしないで、毎回違うところにキスされる。

■そのときの気分と違うキス

今はソフトなキスがよいときに、ディープキスをしてきたり、激しいキスをしたいときに、軽く触れるだけのキスをされたりなど。

蓮香アドバイス

いかがでしたか?キスは、日本においても古くから伝わる男女の深い愛情表現です。そして生物学的には、相手の遺伝子や免疫力を探り合う行為でもあるんですね。

今回の記事を参考に、キスの相性をもっと重要視してみてくださいね♪

恋愛 一覧 >

恋愛おすすめ記事!

2017年☆恋愛&エッチ運|星占い

http://wellfy.jp/articles/530

12星座別「2017年運勢」をお届けします!恋愛、エッチを中心に、健康とダイエット運も。 2017年の一番激しい恋愛をするのはどの星座?あなたの今年のラブの行方もぜひチェックしてみてくださいね♡

キスの相性について学んだら、お次は恋愛運をチェック♪

この記事のライター

STD(性感染症)や婦人科系疾患に詳しく、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連するキーワード


キス 恋愛テクニック

関連する投稿


実はアリ?年下男性からの脈ありサインの見分け方:8/9追記

実はアリ?年下男性からの脈ありサインの見分け方:8/9追記

「年下男子の3つの恋愛心理」を追記しました(2017/8/9)。彼らが年上女性のことをどう思っているのか?相手が自分に対して脈アリなのかナシなのか?どうやってアプローチしていけばいいのか?その他にもいろいろなアンケートデータを盛り込んで、お話ししていきますね。


男性が女性を誘う心理を徹底調査!誘われる女性の3条件

男性が女性を誘う心理を徹底調査!誘われる女性の3条件

今回のテーマは「男女の恋愛感情の違い」。男と女には、恋愛感情の性差(男女の性別による違い)があるって知っていましたか? 今回は男女の恋愛心理の違いについて語りつつ、男性が誘いたい女性、誘いたくない女性について語っていきたいと思います。


恋愛成功率アップ♡女性からの上手なお誘い方法

恋愛成功率アップ♡女性からの上手なお誘い方法

今回のテーマは「女性からのお誘い」。最近、お誘い下手のイマドキ男子が増加中なので、女性からもどんどんお誘いしちゃおう、という内容です。これから夏のイベントが盛りだくさん!ぜひ実践してみて下さいね。


奥手男子マニュアル|奥手な彼と付き合う3つの対策

奥手男子マニュアル|奥手な彼と付き合う3つの対策

今回のテーマは「奥手な彼」。せっかく付き合えたのに、手も握らないしキスもしてくれない…。「もしかして私のこと好きじゃないの?」とお悩みの女性は少なくないとか。アンケートで得た奥手男性の意見を見ながら、対策を練ってみましょう。


熱しやすく冷めやすい女性、4つの特徴

熱しやすく冷めやすい女性、4つの特徴

ものすごく好きだったはずの相手が、急に魅力的に思えなくなった経験はありませんか?「仕事や趣味は長続きするけど、恋愛感情はすぐに冷めちゃう…」という女性必見!今回は、恋愛感情が長続きしない、熱しやすく冷めやすい女子について、いろいろリサーチしていこうと思います。


最新の投稿


これを守ればもう安心!ママ友と上手に付き合う5つのルール

これを守ればもう安心!ママ友と上手に付き合う5つのルール

あなたは周りのママ友と上手に付き合えていますか?頼りになることもあれば、ちょっとしたことで気まずくなってまうことも…。上手なママ友付き合いがしたい!と願うママへ、これだけは守りたい5つのルールをお教えします。


大人の片思いマニュアル|星座×血液型の傾向

大人の片思いマニュアル|星座×血液型の傾向

今回のテーマは「片思い」。片思いを、あえて楽しんでみようという内容です。若いときは、片思いのときの一喜一憂が楽しくて、両想いになると冷めてしまう…という経験があった方も多いのでは?気になる片思いの様々なデータと、星座・血液型別の傾向をみてみましょう♡


夏バテ解消にはスパイスを! ホットスパイスのヨーグルトカレー

夏バテ解消にはスパイスを! ホットスパイスのヨーグルトカレー

8月も半分が過ぎましたが、まだまだ暑くて食欲が出ない!なんて方も多いのでは?今回は、そんな夏バテ気味の方を応援するスパイスたっぷりのカレーレシピをご紹介します。


すぐに落ち込む自分を変えたい!「強く」なるためのアプローチ

すぐに落ち込む自分を変えたい!「強く」なるためのアプローチ

ちょっとしたことでも、自分はすぐ落ち込んでしまう。周りの人はあんなに強いのに…。そんなふうに自分の弱さをなんとかしたいと思っている方に。


【妊娠中の食事】食べちゃダメな食べ物とその理由

【妊娠中の食事】食べちゃダメな食べ物とその理由

妊娠中の食事。生まれてくる大切な赤ちゃんのために細心の注意を払いたいものの、色々な情報があって、結局何がだめなのかがわからない…というお悩みはたくさん。そこで今回は、妊娠中に注が必要な食べ物について、理由と共に詳しく見ていきましょう。