冬だけじゃない!乾燥肌トラブルは年代別に克服せよ

冬だけじゃない!乾燥肌トラブルは年代別に克服せよ

乾燥肌は冷たい北風が吹く季節独特の悩みだと思っていませんか?エアコンや紫外線など1年を通した注意が必要です。ひとくちに乾燥肌といっても、ダメージを与える原因は実は年齢によって様々。対処法を間違えれば、頑張ってもなかなか解決しません。そこで、年代別の乾燥肌克服法をご紹介します。普段のケアをチェックしてみてください。


20代は乾燥デビュー。基本の対策を

いよいよ「乾燥デビュー」
パリパリ、カサカサという肌の違和感を初めて味わうのがこの年代、残念ですが「乾燥デビュー」です。無傷だった角質層に乱れが生じます。こうなったときこそ、スキンケアの根本を見直さなければいけません。

ニキビ肌用とはサヨナラ

最もよくあるのがニキビ専用化粧品や洗顔料を熱心に使い過ぎたがゆえの乾燥です。
洗顔後につっぱりを感じる場合は、ニキビ肌用化粧品は卒業し、オイルフリー系スキンケアアイテムなどで保湿を強化しましょう。年中、さっぱり系化粧水を使っていたり、乳液やクリームはなし、という人も要注意です。

メイクは落ちている?

メイクをする機会もグンと増えるのがこの年代。メイクを落としきれずに残ってしまうと肌荒れの原因に。こすらずにていねいにメイクを落とすようにしましょう。

30代は隠れ乾燥に注意!

30代は「隠れ乾燥」の適齢期です。「毛穴が広がった気がする」「化粧崩れやテカリが目立つ」「そばかすやシミが目立ってきた」といった悩みが、実は隠れ乾燥が進んでいるシグナルです。「混合肌」「脂性肌」の人も、肌の内部が乾燥しやすいお年頃ですから油断はできません。

大敵はエアコンの風

肌を乾燥させ、毛穴を開かせる一番の敵は室内の湿度の低下、つまり乾燥です。エアコンの風が直接あたったりするのは、最悪の状況です。危険を感じたらオフィスや外出先でも、化粧水やミストで保湿しましょう。

毛穴ケアアイテムに要注意

肌は乾燥すると、自ら皮脂分泌を活発にし始めます。これが慢性化すると毛穴が開き、脂性肌、混合肌につながるのです。そこに毛穴の角栓除去などのアイテムを使うと、余分な皮脂は取り除きますが、実はやればやるほど、皮脂が分泌してくるという悪循環にはまります。
つまり、一番大切なのは保湿。乾燥したら小まめに保湿すれば、毛穴の開きを予防でき、毛穴ケアアイテムも不要になります。

40代は肌のターンオーバーを助けよう!

アラフォーともなると、20代の頃よりだいぶターンオーバーが遅くなり、肌に古い角質が残ってカサつく、硬くなるという現象が発生します。これが「くすみ乾燥」です。メラニンの排せつも遅れるので、シミができやすくなってきます。

化粧下地選びは慎重に

くすみやカサつきをピーリングなどで無理に除去すると、角質層が薄くなって傷み、毛穴の開きや敏感肌を招きます。
なので、和漢やセラミド、米ぬかなど、高い保湿力を誇るスキンケアアイテムに切り替え、ターンオーバーを助けましょう。

紫外線A波への対処をしっかり!

夏の強い直射日光だけはもちろん、曇りの日にも降り注ぐ紫外線A波は、くすみやシミを助長します。紫外線対策は常に気を緩めない覚悟で。

50代は体の中から美肌ケア

体内のホルモンがアンバランスになり、肌や髪がつやと活力を失ってくるのがこの年代の特徴です。本格的なしわ、たるみの対策が必要です。

年齢化粧品&マッサージが効果的

かつてはリッチ過ぎて受け付けなかったパワフルな年齢化粧品に肌がぴったり合ってくるはずです。ぜひ、お試しを。保湿は朝昼晩、夜はマッサージやパックで肌を養ってあげましょう。

体の中から肌を助ける

肌の原料となる、たんぱく質、ミネラル、ビタミン、コラーゲンなどを意識して補給しましょう。イソフラボンや更年期向けサプリも効果的です。自分に合ったものを選びましょう。
50代の肌は努力がそのまま成果に表れます。頑張りましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
今まで通りのスキンケアや化粧品を続けているだけでは美肌キープは難しいものです。年齢に応じて、スキンケアも進化させるのがポイント。

本格的な乾燥シーズンが来る前に、普段のお手入れを再確認して、乾燥肌から潤い肌を目指しましょう。

スキンケア 一覧 >

アドバイザー

misakoi

得意分野はウィメンズヘルス、化粧品、健康食品、医薬品の他、企業情報(IR、環境、CSR)、金融・保険分野も。企業Webサイト、ウィメンズサイトなどで執筆中

この記事のライター

リサーチャー、ライター経験を活かし、“情報コンシェルジュ”として多種多様な話題を提供していきたいです。

関連するキーワード


乾燥肌 潤い肌 美肌

関連する投稿


炭酸コスメって本当に効果があるの?|具体的な効果と注意点

炭酸コスメって本当に効果があるの?|具体的な効果と注意点

炭酸パックや炭酸ミストなど、最近、炭酸コスメが流行っていますね。しかし「炭酸が血行を促進してくれると聞くけれど、逆にシュワシュワが肌を傷付けたりしないか心配…」と手を出せずにいる方も。そこで今回は、炭酸コスメの効果と注意点に注目してみます。


その肌トラブルは便秘のせい!?美肌を手に入れるための快腸術

その肌トラブルは便秘のせい!?美肌を手に入れるための快腸術

スキンケアではなかなか解消できない肌トラブルは、便秘のせいかもしれません。便秘をすると肌荒れやニキビが発生するという話はよく聞くけれど、一体どうして?そんな疑問をお持ちの方は意外と多いはず。実は、腸と肌は深~い間柄。過去にも違うカテゴリで便秘について取り上げましたが、今回は美肌の観点から便秘を詳しく解説します。


肌フローラがナチュラル美肌の秘訣♡

肌フローラがナチュラル美肌の秘訣♡

以前テレビなどでも話題になった「肌フローラ」、みなさんご存知ですか?肌フローラが乱れると、肌荒れや体臭につながることも。今回はそんな肌フローラの情報と良好に保つコツを説明します。


簡単!シナモン美肌レシピでアンチエイジング♪

簡単!シナモン美肌レシピでアンチエイジング♪

カプチーノのトッピングやドーナツなどに使われる定番スパイス、「シナモン」。近年、この「シナモン」に驚くべき美容・アンチエイジング効果があることがわかり、新たに脚光を浴びているのはご存じでしょうか?今回は、シナモンパワーについて解説し、手軽に作れるシナモンを使ったレシピをご紹介します。


2017春夏トレンドの「潤いツヤ肌」は崩れないベースメイクで作る!

2017春夏トレンドの「潤いツヤ肌」は崩れないベースメイクで作る!

2016秋冬はマット肌も盛り返しましたが、2017春夏は潤いたっぷりのツヤ肌が大トレンド!目指すは地肌のような透明感ある素肌っぽさ!メイクが崩れたテカリ肌とツヤ肌は違います!そこで今回は、崩れがちなメイクともサヨナラでき、今どきの肌に近づけてしまう、潤いでツヤを導く、崩れないベースメイク術をご紹介します。


最新の投稿


【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

秋も本番。そろそろ、紅葉狩りの予定を立てている方も多いのでは?今回は紅葉狩りをもっと楽しむための雑学とともに、全国のおすすめ紅葉名所と見頃予想情報をお届けします♪デートにもおすすめですよ♡


素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

恋愛ブランク。これまでに、「最近恋してないなぁ」「ときめきがない!」という時期を経験した女性は少なくないはず。いい恋は、あなたを綺麗にしてくれますよ。今回は、仕事や勉強が忙しくて、恋愛の仕方を忘れてしまったという女性に、恋のリハビリ方法をお伝えします♡


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢の方の食事。一緒に暮らす祖父母や両親が歳を重ねるにつれて、だんだんと食事にも変化が起こりますよね。噛みやすいおかゆや柔らかめのおかずを用意しても、だんだん飲み込みが悪くなってくると食欲も落ち、痩せていってしまいがち。今回は、食欲が湧き、なおかつ栄養もある食事について、見ていきましょう。


「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

肌年齢、骨年齢、筋肉年齢なんて言葉がありますが、「血管年齢」というのもあるそう。血管は一般的に年をとると硬くなっていくもの。若い人の中でも、「血管が硬い=血管年齢が高い」という人がいるんだとか。血管の若返りに効果的なものは何かあるのか、探ってみました。