スイーツにコットンまで!?「オーガニック」ライフを始めよう

スイーツにコットンまで!?「オーガニック」ライフを始めよう

「オーガニック」という言葉を聞く機会が多いですね。なんとなく、健康に良い、環境に優しい…などのイメージがありますが、どんな意味を持っているのでしょう。今日は様々なオーガニックに触れながら、簡単にできるオーガニックライフについて考えてみます。


「オーガニック」とは

そもそもオーガニックとは、
「有機栽培、有機農業。また、その農産物。広く、畜産品を含めた生産物をいう場合がある」(大辞林第三版より)というものです。

オーガニック、すなわち有機農業とは、農薬や化学肥料を使わず、堆肥や糞尿などの有機肥料によって生産するので、体に良く、人間や動物、地球にも優しい、ということなんですね。

「オーガニック」がつくものはたくさん

まずは「オーガニック野菜」から始めてみる

最近では、一般的なスーパーでも目にすることが増えてきました。農家から直接購入できるサイトも人気のようです。
キュウリは曲がり、トマトの大きさもバラバラ、大根には土が付き、にんじんも葉っぱがそのままついているかもしれませんが、そんなところもかわいく思えたりします。

「有機JASマーク」が付いているオーガニック野菜なら、正式に登録認定を受けたもの。太陽と雲と植物をイメージしたマークが目印です。

・有機JASマーク

出典:農林水産省Webサイト http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

有機・無農薬栽培野菜と安心果物セット

¥ 2,500(2017年9月7日時点)

「オーガニックワイン」だと酔わない!?

ワインの認証機関は、ABマーク、ECOCERTマーク、demeterマークなど世界中に様々あります。
一般的には原材料がオーガニックなだけでなく、醸造についても規定されているのがオーガニックワインです。

通常のワインでは、香料や調味料、着色料、合成保存料が使用されていますが、オーガニックワインではこれらを使わずに自然の製法で作られています。

そのため、ブドウの出来が味を左右し、温度管理が難しく、当たり外れがあるものの、余計なものがない分、のど越しが良く、頭痛や気持ち悪くなることはないといわれています。

酸化防止剤 保存料 無添加 全てフランス産 オーガニックワイン3本セット 金賞ワイン入り 750mlx3本

¥ 5,455(2017年9月7日時点)

「オーガニックシリアル」は当たり前。「オーガニックスイーツ」はいかが?

食事にシリアルを取り入れている人は健康意識が強く、オーガニックを選択する人が多いそう。そのため、オーガニックシリアルは種類も豊富。
安全に自然な味をヨーグルトや豆乳、アーモンドミルクと一緒に楽しむのは、もはや定番とか。

一見、オーガニックとは相反してしまうようなスイーツですが、オーガニックにこだわったケーキや和菓子も登場しています。
健康的にスイーツを楽しめるなんて最高。オーガニックティーやオーガニックコーヒーとともにいただきたいですね。

ムラン デュ ピベール トゥイビオ フィグ 150g

¥ 816(2017年9月7日時点)

オーガニックは世界を救う!?

なぜよく聞くの?「オーガニックコットン」

繊維においては、コットンだけでなく、ヘンプやシルクなども有機農法で育てられればオーガニックと呼ばれます。

しかし、明確な基準があるのはコットンだけ。しかも、その基準は、栽培や製造だけでなく、流通過程や労働の安全、児童労働などの社会的規範まで。全てを守ってはじめて認定されるのです。

それは、コットンの材料「綿花」がかなりの農薬と化学肥料に頼って栽培され、農民が劣悪な環境にさらされてきた背景があるからです。

最も農薬を使う作物…それが綿花

綿花の栽培に使われている世界の耕作面積は約2%、それに対し使われている農薬は世界の全農薬の約25%。これだけでも農薬の多い作物だということがわかります。

目的は、害虫駆除、除草剤、防カビや殺菌消毒などですが、綿花栽培特有なのが収穫前の枯葉剤。品質を落とし価格を下げてしまう原因になる葉の混入を避けるため、収穫前に葉だけ枯らすのです。

これら大量の農薬が土壌や地下水などを汚染し、農家の人々の健康に悪影響を及ぼすと大変なことに…。

子どもが駆り出される理由

そんな農薬の使用を減らすため、病気に強い品種が作られました。
しかしこの品種は一本一本人工授粉が必要で、手が小さく作業のしやすい子どもが学校へも通わず労働力として使われることになってしまいました。

こういった綿生産の現状を変えるために、「オーガニックコットンを着よう」という動きもあるのです。

生産者側の不利益をなくし、正当な賃金を手にすることができるような「フェアトレード」の考えが生まれたのもこのような現実があるためです。消費者側のちょっとした意識で世界を変えることができるのですね。

まとめ

オーガニックを取り入れることにより、昔は当たり前だったシンプルな生き方を見つめ直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか。オーガニックな暮らしが人や地球を守り、自分自身を守っていくことになることでしょう。

あなたも「オーガニックライフ」、始めてみませんか?

ライフスタイル 一覧 >

この記事のライター

空とかえると青が好きです。

関連する投稿


「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

肌年齢、骨年齢、筋肉年齢なんて言葉がありますが、「血管年齢」というのもあるそう。血管は一般的に年をとると硬くなっていくもの。若い人の中でも、「血管が硬い=血管年齢が高い」という人がいるんだとか。血管の若返りに効果的なものは何かあるのか、探ってみました。


大切な人のために。今から考えておきたい、介護の現状と問題

大切な人のために。今から考えておきたい、介護の現状と問題

在宅介護に介護施設。介護保険を払い始めた人もそうではない人も、介護問題は気になりますよね。まだまだ先のことと思っているかもしれませんが、今のうちから考えたいこと。「今まで育ててくれた両親に最期の恩返しとして、幸せな老後を送ってほしい…」そんな想いにお応えして、今回は介護問題について解説します。


【妊娠中の食事】食べちゃダメな食べ物とその理由

【妊娠中の食事】食べちゃダメな食べ物とその理由

妊娠中の食事。生まれてくる大切な赤ちゃんのために細心の注意を払いたいものの、色々な情報があって、結局何がだめなのかがわからない…というお悩みはたくさん。そこで今回は、妊娠中に注が必要な食べ物について、理由と共に詳しく見ていきましょう。


キレイの栄養たっぷり。春野菜の特徴”苦味”と”柔らかさ”に注目!

キレイの栄養たっぷり。春野菜の特徴”苦味”と”柔らかさ”に注目!

今が旬の美味しい春野菜。どうせならダイエットにも役立ててみませんか?今回は春野菜の上手な取り入れ方を説明していきます。


ママ必見!入園・卒業式のセレモニースーツを選ぶポイント

ママ必見!入園・卒業式のセレモニースーツを選ぶポイント

一生に一度しかない子どものイベント。入園、入学式や卒園、卒業式…。ママとして華を添えつつ、目立ちすぎないスタイルを心掛けたいですよね。長く着るためにも、買うときに押さえておきたいポイントをお伝えします。


最新の投稿


【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

秋も本番。そろそろ、紅葉狩りの予定を立てている方も多いのでは?今回は紅葉狩りをもっと楽しむための雑学とともに、全国のおすすめ紅葉名所と見頃予想情報をお届けします♪デートにもおすすめですよ♡


素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

恋愛ブランク。これまでに、「最近恋してないなぁ」「ときめきがない!」という時期を経験した女性は少なくないはず。いい恋は、あなたを綺麗にしてくれますよ。今回は、仕事や勉強が忙しくて、恋愛の仕方を忘れてしまったという女性に、恋のリハビリ方法をお伝えします♡


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢の方の食事。一緒に暮らす祖父母や両親が歳を重ねるにつれて、だんだんと食事にも変化が起こりますよね。噛みやすいおかゆや柔らかめのおかずを用意しても、だんだん飲み込みが悪くなってくると食欲も落ち、痩せていってしまいがち。今回は、食欲が湧き、なおかつ栄養もある食事について、見ていきましょう。


「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

肌年齢、骨年齢、筋肉年齢なんて言葉がありますが、「血管年齢」というのもあるそう。血管は一般的に年をとると硬くなっていくもの。若い人の中でも、「血管が硬い=血管年齢が高い」という人がいるんだとか。血管の若返りに効果的なものは何かあるのか、探ってみました。