秋冬に食べたい!韓国美人の美の秘訣、ホッと美味しい韓国料理レシピ

秋冬に食べたい!韓国美人の美の秘訣、ホッと美味しい韓国料理レシピ

突然ですが! 野菜、足りていますか? 実は日本人は 韓国人の1/2しか野菜を摂取していないのだとか。「一人暮らしだから」「摂取しなくても体調悪くならないし」と言っても、健康と美容に野菜は必須です。今回は、これからの時季にぴったり!ホッと温まれる、”綺麗を作る韓国料理レシピ”を紹介いたします。


韓国美人の秘訣は食事にあり?

野菜がたくさん摂れる

・韓国の野菜摂取量は世界第1位!

韓国に旅行に行ったことのある方はご存じかと思いますが、韓国では料理を注文すると最初に注文した以外にたくさんの「お通し」がついてきます。
しかも、キムチやナムルなど野菜たっぷりのメニューばかりです。

そして、焼き肉を頼むと必ずサンチュなどの葉野菜が一緒についてきて肉をサンチュなどの葉野菜に包んで食べます。

このように韓国では 普段からたくさん野菜を取る習慣があるのです。
1日の野菜摂取量から見ても、韓国はなんと一日平均が578gといわれており、世界第一位の野菜摂取量です。

それに比べ日本は第6位で1日平均285gと韓国の約1/2の摂取となっています。

・野菜の摂取が身体にいい理由

ではなぜ野菜を摂取すると身体によいのでしょうか?

野菜はビタミン、ミネラル、食物繊維をたっぷり含み、私たちの身体の代謝サイクルをスムーズに回す役割をしてくれているのです。
毒素や脂肪を溜めない身体にする為にも、毎日たっぷりの野菜を食べるのは欠かせないのです。

キムチが綺麗を作る

韓国といえばキムチですが、発酵食品であるキムチは身体にとても良い食材です。
発酵食品には発酵に必要な微生物が生きたまま存在しており、この微生物たちを食べて体内に取り込むことで…

●腸内で作られる腐敗物質などを減らしてくれる

●腸の働きが活性化され、消化・吸収を促進して排泄を促す

●腸内環境がよくなって健康&綺麗に!

腸を綺麗にすることは健康な身体づくりの第一歩ともいえます。 韓国の女優さんたちの肌が綺麗なのは、毎日キムチを食べて腸内環境がいいからなのかもしれませんね。

食事のバランスが良い

韓国の食卓では、主菜1品と数品の常備菜、そしてスープが1品というのが一般的です。

食事にスープを1品プラスするだけで生では多く摂取できない野菜も摂る事ができ、また温かいスープは満足感を与えてダイエットにも役立ちます。

美の源「マッコリ」

韓国のお酒で有名なのが「マッコリ」です。マッコリは韓国の伝統酒です。
マッコリには、タンパク質やビタミンB群、乳酸菌などが含まれており美容や健康に良いと言われています。
特に乳酸菌は腸内の働きを整えてくれ、身体に溜まった老廃物を取り除いてくれる働きがあります。

ただし乳酸菌飲料のように甘くてとても飲みやすいので、飲み過ぎるとカロリーオーバーになることもあります。
飲み過ぎには気をつけましょう。

絶品♡お家で作る韓国料理

野菜たっぷり鶏ササミのダッカルビ

1人分90kcal

【材料】2人分

・鶏ササミ…2本(130g)
・コチュジャン…小さじ1
・酒…小さじ1
・白菜キムチ…80g
・もやし…100g
・キャベツ…100g
・ピーマン…1個

【作り方】

1.鶏ササミは食べやすい大きさにそぎ切りして、コチュジャン、酒と混ぜ合わせ、味をなじませておく

2.フライパンに白菜キムチと食べやすい大きさに切ったキャベツ、千切りにしたピーマン、もやしを広げ入れ、その上に「1」のささみを広げてのせる

3.蓋をして中火にかけ5分くらい蒸し煮にする

4.ササミの色が変わったら、器に盛る

スンドゥブチゲ

1人分334kcal

【材料】2人分

・絹ごし豆腐…1丁
・あさり(殻付き)…200g
・豚肉…100g
・卸しにんにく…少々
・卸し生姜…少々
・玉ネギ…1/2個
・にんじん…1/4本
・青ネギみじん切り…大さじ1
・ゴマ油…大さじ1

【スープ】

・鶏ガラスープ…2カップ
・コチュジャン…大さじ1
・味噌…大さじ1
・豆板醤…小さじ1
・しょうゆ…小さじ1

【作り方】

1.絹ごし豆腐と豚肉は食べやすい大きさに切り、玉ねぎは薄切り、にんじんは短冊切りにする

2.ボウルに豚肉、卸しにんにく、卸し生姜を入れよく手でもみ少し置いておく

3.鍋にゴマ油を熱し、玉ねぎとにんじんを炒める

4.しんなりしてきたら、「2」の豚肉を炒め色が変わったら、あさりとスープの材料を入れ、5分くらい煮込む

5.「2」に絹ごし豆腐を入れひと煮立ちさせたら器に盛り、上から青ネギを散らす

鶏のから揚げピリ辛ソース

1人分570kcal

【材料】2人分

・鶏もも肉…300g
・卸しにんにく…少々
・卸し生姜…少々
・塩、こしょう…各少々
・片栗粉…適宜
・油…適宜
・白ゴマ…少々
・玉ネギみじん切り…1/2個分
・ゴマ油…小さじ1
・サンチュ…4枚

【ソース】

・コチュジャン…大さじ1
・豆板醤…小さじ1
・ケチャップ…大さじ4

【作り方】

1.鶏もも肉は食べやすい大きさに切りボウルに入れ、卸しにんにく、卸し生姜、塩、こしょうを入れて手でよくもんで30分おく

2.「1」に片栗粉をまぶし 170度の油でゆっくり揚げる

3.鍋にゴマ油を熱し玉ねぎを透明になるまで炒める

4.「3」に混ぜ合わせたソースの材料を入れなじませたら火を止め、揚げた鶏もも肉にからませてサンチュを敷いた器に盛り上から白ゴマを散らす

美しさと健康は美味しい野菜から

野菜はバランスよく摂ることが大切。
しかし、スーパーで一つひとつ丁寧に、新鮮な野菜を数種類も選ぶには手間がかかるため、「また今度でいいや」と諦めてしまいたくなることも…。

そんな忙しい方や買い物が面倒な方、また「どういった野菜を買えば良いかわからない…」という方は、宅配サービスを利用してみては?

『らでぃっしゅぼーや』では、全国の契約生産者が有機・低農薬でていねいに育てた旬の作物だけが持つ、濃厚な「おいしさ」を提供しています。

詳しく見る

今回紹介したレシピは、野菜の旬に合わせて色んな食材をプラスしても美味しさ抜群♡
栄養価たっぷりの野菜をしっかリ食べて、美しく健康な日々を過ごしましょう♪

食事・栄養 一覧 >

アドバイザー&レシピ提供

岡田 明子

13kgの減量に成功した経験と管理栄養士の資格を活かし【食べてキレイにやせる】ダイエットメソッドを確立。
ダイエットや健康関連の事業を行っている。
書籍やWEB媒体でのレシピ・栄養監修、コラム執筆、セミナー開催など幅広く活躍中。
著書に「朝だから効く!ダイエットジュース」「美腸ダイエットジュース」(池田書店)などがある。

ブログ

管理栄養士 岡田明子の最新ヘルスケア情報/ダイエットコラム・栄養士ライター派遣・スキルアップ講座

http://ameblo.jp/dietician-aki/

管理栄養士 岡田明子さんのブログ「管理栄養士 岡田明子の最新ヘルスケア情報/ダイエットコラム・栄養士ライター派遣・スキルアップ講座」です。最新記事は「◆【講師】管理栄養士の憧れの存在でもある伊達先生と」です。

今、あなたにおすすめの記事

甘え方マニュアル|甘え方がわからない大人の女性たちへ

https://wellfy.jp/articles/251

2017/6/6追記→「甘え下手な女子の6パターン」。大人の女性の悩みのひとつ「甘え方がわからない」。「本当は甘えたい」けど、「恥ずかしい」「媚びるようで嫌…」「どうすれば良いかわからない」という女性も多いそう。大人の女性が上手に甘えられる方法をご紹介いたします!

男性の「脈あり」サインの見分け方|脈なしからの逆転技あり!

https://wellfy.jp/articles/1228

今回のテーマは「男性の脈ありサイン」。男性の脈あり・なしって、本当にわかりにくい!と困っている女性も多いのでは?そこで今回は、男性の脈あり・脈なしの見分け方を解説していきたいと思います。

2017年版!リアルに人気の韓国コスメで毛穴レスな美肌に♡厳選リスト

https://wellfy.jp/articles/577

毛穴ひとつ見当たらない透き通るような美肌を持つ韓国の女性。普段から使っている韓国コスメとはどんなものなの?どんな毛穴ケアをしているの?今回は、人気の韓国コスメをレクチャー!その中でも、美肌に必須の毛穴ケアについてたっぷりとお伝えします。