喧嘩しないカップルは良い?悪い?

喧嘩しないカップルは良い?悪い?

あなたは彼・旦那様とよく喧嘩しますか?「喧嘩するほど仲が良い」ということわざは、お互い遠慮がなく仲の良い間柄という意味ですが、それって実際はどうなんでしょう。ここでは喧嘩が多いカップル・喧嘩しないカップルの特徴、喧嘩する心理、喧嘩をいないと不安になる理由と対処法を説明します!


喧嘩が多いカップルの共通点

求め過ぎ、押し付け過ぎ

相手に何もかも求めるあまり、何でも制限したり自分の考えを無意識に押し付けてしまう。

不安から嫉妬深くなる

相手が異性と話しているだけで口論になりやすい。相手との関係に不安がある人は、嫉妬心から喧嘩に発展しやすい。

相手ばかりを見過ぎる

相手に対して没頭してしまう傾向あり。相手の何気ない行動を敏感に感じ取りやすい。自分が友人より彼と過ごす時間を優先するため、彼の愚痴を誰にも言えず、結局相手に積もった不満を一気にぶつけてしまいがち。

思いやる心が欠けている

相手のことを常に思っているという自己満足タイプが多い。相手の気持ちばかりを確認しようとして、思いやりを忘れている。

慣れ合いになっている

慣れ合ってしまっている部分ができると、これくらい大丈夫だろう、このくらいなら許してくれると思って、知らず知らず相手の不満を増やしてしまう。

喧嘩しないカップルの共通点

お互い干渉し合わない

常によい距離を保っている。相手の意見を尊重し、自分の意見もきちんと伝えあっている。

異性と話しているだけで文句は言わない

逆に自分から輪に入っていこうとするほど。とにかく何事も気にし過ぎない。

趣味や交友関係に使う時間が多い

趣味や習いごと好きで友人との関わりを多く持っている。恋人や夫のことを考えていない時間を作ることで、新鮮さを維持することができる。

思いやる心を忘れない

常に相手のことを思いやり、「ありがとう」や「お疲れ様」など相手をねぎらう言葉をかけている。

慣れ合わない

どんなに長く付き合っていても、適度に緊張感を感じて生活している。そのため、近過ぎず、遠過ぎずの距離感を保つことができ、喧嘩も少なくなる。

やはり思いやりと、適度な距離感が大切なのでしょうか。

さて、続いては喧嘩をしないカップルに焦点をあててみますね。
喧嘩をしないことは決して悪いことではありませんが、喧嘩をしないから不安になる人もいるかと思います。
では、喧嘩しないカップルが抱きやすい不安とはどんなものなのでしょうか?

相手と喧嘩しないと不安になる理由

今まで喧嘩をしていたから

今までの恋愛で喧嘩を経験している人は、喧嘩をしないと不安になりがち。まったく喧嘩する雰囲気がないと平和過ぎて不安になってしまう。

いつ爆発するかわからないから

相手が本当はいろいろ自分に対して我慢しているのではないか?何かのキッカケで蓄積してきた怒りが爆発するのではないかと不安になる。

本心を言っているのかが気になる

相手は本心を言っているのか?気を遣わせているのではないか?と思って不安になる。

喧嘩するときは別れるときだと思うから

何もなく平和に過ごしていると、喧嘩をしたときのイメージができず、喧嘩するときは別れ話に発展することになるのでは? と考えだす。相手からいきなり別れ話が出て、一方的にフラれるのではと思い不安になる。

怒ったときの姿が想像できないので

喧嘩がない相手だと、怒ったときにどんな態度、行動をするのかがわからない。怒り出したら手が付けられない、罵声を浴びせられたり、暴力をふるわれたりするのではと考え、不安になってしまう。

自分がわがままを言っていないかわからない

相手に何をいっても、文句いわず受け入れてくれると、自分がわがままをいって嫌われてないか不安になる。

いかがでしょうか。でも、あまりにも順調で平和過ぎると、かえって不安になっちゃうのでしょうか。
ということで最後は、喧嘩をしなくて不安になる人に向けてアドバイスしていきますね。

喧嘩しないカップルでも大丈夫!

元彼・夫と今の彼は違う人

元彼・夫とは喧嘩をしてたのに、今の彼・夫とは喧嘩をしないから不安な人は、元彼・夫と今の彼は違う人だとういうことを意識いましょう。
怒るポイントも摩擦が生まれるポイントも違う。喧嘩の原因となることは人によって違うから、喧嘩をしないのは、喧嘩になる原因が少ないということ。

気持ちの切り替えが上手なのかも

一瞬、腹が立っても、そのあとすぐ気持ちを切り替えて、怒りや不満を蓄積しない人もいる。このタイプの人はほとんど怒ることもせず、喧嘩になることがない。

言いたいことを言い合っても喧嘩にならない

喧嘩をしなくても言いたいことがお互いに言えるほど相性が良いのなら、それでよい。

相性が良い証拠

喧嘩がないということは、それだけ相性の合う関係だと思って、素直に受け入れて喜ぶべき。

まとめ

喧嘩しないカップルならば、それはそれでよいのですよ。
喧嘩をしなくてもわかり合える間柄なんだと思い、これからも仲良くお付き合いしてくださいな。
もしちょっと不安な部分があったら、一度彼に何か不満や我慢してることがあるか聞いて、自分の不安を解消してみてくださいね!

恋愛 一覧 >

恋愛おすすめ記事!

2017年☆恋愛&エッチ運|星占い

http://wellfy.jp/articles/530

12星座別「2017年運勢」をお届けします!恋愛、エッチを中心に、健康とダイエット運も。 2017年に一番激しい恋愛をするのはどの星座?あなたの今年のラブの行方もぜひチェックしてみてくださいね♡

この記事のライター

STD(性感染症)や婦人科系疾患に詳しく、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連する投稿


〇〇記念日、あなたは祝う派?気になるカップル記念日事情♡

〇〇記念日、あなたは祝う派?気になるカップル記念日事情♡

お誕生日や「付き合って〇日!」など、記念日をお祝いするカップルたち。SNSでもよく見かけますね。そんなカップルの記念日事情が気になる方や、いつもと違う祝い方を探している方必見!今回は、カップルなら大切にしたい、祝ってもらいたい記念日と祝い方をリサーチしました!


甘えん坊男子の心理|僕はこんな風に甘えています

甘えん坊男子の心理|僕はこんな風に甘えています

最近、女性に甘えたがる男性が増加しているんだとか。それって女性的には気になっちゃいますよね…。カレらがなぜ甘えたがるのか?その心理的な理由について紹介しようと思います。


男女でこんなにも違う!?好感度がUPする”ウケ”ポイント

男女でこんなにも違う!?好感度がUPする”ウケ”ポイント

旅行先でひと夏の恋…なんて展開も期待しちゃう夏。初対面でいい印象を残し、相手に覚えてもらうためには「ウケ」を学ぶのも必須です。しかもこの「ウケ」、男女差がかなりあるとのこと。そこで今回は男女別に服装、髪型、メイクの3点から、OKとNGをご紹介いたします。


イマドキ遠距離恋愛の実態|長続きさせる5つの秘訣とは?

イマドキ遠距離恋愛の実態|長続きさせる5つの秘訣とは?

今回のテーマは「遠恋(えんれん)」。経験したことある人にとっても、ない人にとっても、興味のある恋愛テーマのひとつではないでしょうか。今回は遠恋に関する様々なアンケートと共に「イマドキの遠距離恋愛」をリサーチし、遠恋を長続きさせるコツをお伝えいたします♡


甘え方マニュアル|甘え方がわからない大人の女性たちへ

甘え方マニュアル|甘え方がわからない大人の女性たちへ

2017/6/6追記→「甘え下手な女子の6パターン」。大人の女性の悩みのひとつ「甘え方がわからない」。「本当は甘えたい」けど、「恥ずかしい」「媚びるようで嫌…」「どうすれば良いかわからない」という女性も多いそう。大人の女性が上手に甘えられる方法をご紹介いたします!


最新の投稿


これを守ればもう安心!ママ友と上手に付き合う5つのルール

これを守ればもう安心!ママ友と上手に付き合う5つのルール

あなたは周りのママ友と上手に付き合えていますか?頼りになることもあれば、ちょっとしたことで気まずくなってまうことも…。上手なママ友付き合いがしたい!と願うママへ、これだけは守りたい5つのルールをお教えします。


大人の片思いマニュアル|星座×血液型の傾向

大人の片思いマニュアル|星座×血液型の傾向

今回のテーマは「片思い」。片思いを、あえて楽しんでみようという内容です。若いときは、片思いのときの一喜一憂が楽しくて、両想いになると冷めてしまう…という経験があった方も多いのでは?気になる片思いの様々なデータと、星座・血液型別の傾向をみてみましょう♡


夏バテ解消にはスパイスを! ホットスパイスのヨーグルトカレー

夏バテ解消にはスパイスを! ホットスパイスのヨーグルトカレー

8月も半分が過ぎましたが、まだまだ暑くて食欲が出ない!なんて方も多いのでは?今回は、そんな夏バテ気味の方を応援するスパイスたっぷりのカレーレシピをご紹介します。


すぐに落ち込む自分を変えたい!「強く」なるためのアプローチ

すぐに落ち込む自分を変えたい!「強く」なるためのアプローチ

ちょっとしたことでも、自分はすぐ落ち込んでしまう。周りの人はあんなに強いのに…。そんなふうに自分の弱さをなんとかしたいと思っている方に。


【妊娠中の食事】食べちゃダメな食べ物とその理由

【妊娠中の食事】食べちゃダメな食べ物とその理由

妊娠中の食事。生まれてくる大切な赤ちゃんのために細心の注意を払いたいものの、色々な情報があって、結局何がだめなのかがわからない…というお悩みはたくさん。そこで今回は、妊娠中に注が必要な食べ物について、理由と共に詳しく見ていきましょう。