簡単なのに華やか!薔薇餃子レシピ3選|SNSいいね♡間違いなし

簡単なのに華やか!薔薇餃子レシピ3選|SNSいいね♡間違いなし

食卓を一気に華やかにしてくれる「薔薇餃子(バラ餃子)」。実は、作り方がとても簡単で、時短レシピなんです!この記事では、キャベツと青菜の薔薇餃子、エビと大葉の薔薇餃子、豆腐とほうれん草の薔薇餃子、餃子のタレのレシピをご紹介します♪


簡単に食卓を華やかに!薔薇餃子♡

ネットで話題の料理・レシピって、たくさんありますよね。
「無限ピーマン」「桃モッツァレラ」「焼きヨーグルト」「アクマのキムラー」など、罪なほど(?)美味しい&インパクト大のレシピがたくさんあります。

そんな中、いま、注目を集めている料理が…薔薇餃子!

まるで薔薇の花束のような華やかな見た目で、一瞬にして食卓を華麗にしてくれるんです。

また、フォトジェニックな薔薇餃子は、TwitterやインスタなどSNSにアップすれば、「いいね」と「シェア」されること間違いなし。
(実際に私も先日アップしたのですが、「いいね」の嵐に…!)

「でも、作るの難しそう…」
「普通の餃子だって面倒くさいよ(涙)」
という方、ご安心ください。

作り方は意外に簡単!しかも、薔薇餃子1つが通常の餃子約3つ分に相当するので、普通の餃子より早く人数分用意できちゃう、時短メニューなんです♪

さらに薔薇餃子は、食べごたえも抜群なので、食べ盛りのお子さんやお腹ペコペコの旦那様・彼氏ウケも◎。

それでは、レシピをご紹介しましょう。

レシピ:キャベツと青菜たっぷり薔薇餃子

材料(12個分)

・餃子の皮:36枚
・豚ひき肉:150g
・キャベツ:約300g
・お好みの青菜(ニラ、パクチーなど):約50g
・サラダ油:少々
・ごま油:少々
・塩:少々
★鶏がらスープ(中華スープの素):小さじ1/2
★しょうゆ:大さじ1/2
★料理酒:大さじ1/2
★塩:小さじ1/2
★コショウ:少々
★おろしにんにく:1片分

作り方

(1)キャベツと青菜はみじん切りにして、ボウルに入れ塩を振り、しばらく置いておく。
水が出てしんなりしたら、キッチンペーパーに包んで絞り、水分を切る。

(2)ボウルに(1)とひき肉、★印(鶏がらスープ、しょうゆ、料理酒、塩、コショウ、おろしニンニク)を入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。
これでタネの完成。

(3)餃子の皮を3枚重ねて並べる。

(4)ティースプーンなどで(2)のタネを少しずつ、3枚の皮の真ん中3か所に乗せる。

※包み方のポイント

タネを乗せすぎないようにしましょう。入れすぎると、タネがはみ出たり皮が破れることも。

(5)(4)を半分に折り畳み、端に水を付けて、よくくっつける。
タネで盛り上がった部分を優しくおさえ、少し平らにする。

(6)端からくるくる巻いていく。

(7)花びらに見えるように形を整えると、薔薇の完成!

(8)フライパンにサラダ油を熱し、薔薇餃子を並べ、分量外の水を底がひたひたになるくらい加える。
ふたをして、中火で蒸し焼きにする。水分がなくなり音がしてきたら、ごま油をひとかけし、強火でさらに焼く。
皮が半透明に、下の部分がキツネ色になったら、出来上がり!

レシピ:大葉とぷりぷりエビの薔薇餃子

材料(12個分)

・餃子の皮:36枚
・エビ:12尾くらい
・キャベツ:約100g
・大葉(しそ):適量
・豚ひき肉:80g
・サラダ油:少々
・ごま油:少々
・塩:少々
★鶏がらスープ(中華スープの素):小さじ1/2
★オイスターソース:小さじ1
★しょうゆ:大さじ1/2
★料理酒:大さじ1/2
★塩:小さじ1/2
★コショウ:少々

作り方

(1)エビは殻をむき、背ワタがあれば取り、食感を味わえるほどの細かさに切る。細かくなりすぎないように。
キャベツは細かく切って塩を振って、水が出てしんなりしたら、キッチンペーパーに包んで絞り、水分を切る。大葉は細かく切っておく。

(2)ボウルに(1)と豚ひき肉、★印(鶏がらスープ、オイスターソース、しょうゆ、料理酒、塩、コショウ)を入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。
これでタネの完成。

(3)ここからは「キャベツと青菜の薔薇餃子」のレシピと同じ。「キャベツと青菜の薔薇餃子」(3)をご参照ください。

おすすめアレンジ

エビと大葉の餃子は、蒸し餃子にしても美味しいです!
また、大葉の代わりにパクチーを入れて、タレの代わりにナンプラーでいただくと、一気にエスニックムードに。
ビールと一緒にどうぞ♪

レシピ:豆腐とほうれん草のヘルシー薔薇餃子

材料(12個分)

・餃子の皮:36枚
・木綿豆腐1/2丁
・ほうれん草:200g
・サラダ油:少々
・ごま油:少々
★鶏がらスープ(中華スープの素):小さじ1/2
★しょうゆ:大さじ1/2
★料理酒:大さじ1/2
★塩:小さじ1/2
★コショウ:少々
★おろしショウガ:少々

作り方

(1)木綿豆腐は水分を切っておく。ほうれん草はさっとゆで、水分を切り、細かく切っておく。

(2)ボウルに(1)とひき肉、★印(鶏がらスープ、しょうゆ、料理酒、塩、コショウ、おろしショウガ)を入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。
これでタネの完成。

(3)ここからは「キャベツと青菜の薔薇餃子」のレシピと同じ。「キャベツと青菜の薔薇餃子」(3)をご参照ください。

おすすめアレンジ

タネが豆腐とほうれん草だとわかるように、薔薇餃子の真ん中に、細かく切ったほうれん草を少し乗っけるのもgood。
ほうれん草の代わりに「ネギ+白菜」「チンゲン菜」を使っても美味しいです。お試しあれ!

レシピ:餃子のタレ

材料

・しょうゆ:大さじ2
・お酢:大さじ2
・みりん:小さじ2
・ごま油、またはラー油:お好みで大さじ1

作り方

すべての材料を混ぜるだけ。

餃子はバリエーションが豊富なお料理

いかがでしたか?
餃子はタネのバリエーションが豊富なお料理。春は春キャベツ、夏は大葉など、冬は白菜…いろんな味の餃子を楽しめます。

ちなみに、にんじんを入れるのもおすすめ!
みじん切りしたにんじんをタネに入れて、華やかな薔薇餃子にすると、にんじん嫌いのお子さんも喜んで食べてくれるかもしれません。

一緒に餃子を作るのも、楽しいですよね♪

今回の薔薇餃子は、『らでぃっしゅぼーや』の定期宅配おためしセットに入っていた食材を使いました。
『らでぃっしゅぼーや』では、旬の有機野菜・低農薬野菜等をお届けする定期宅配サービスを提供しています。

 

詳しく見る

今度の休日には、家族で、または友人たちと、薔薇餃子パーティーを楽しんでみませんか?

トレンド 一覧 >