不器用な男性の取り扱い方|一度にふたつ以上のことは頼まない!

不器用な男性の取り扱い方|一度にふたつ以上のことは頼まない!

今回のテーマは「男の不器用説」。男性は不器用って説ありますよね。ただ、仕事や趣味における行動だと、男性はとっても器用だったりします。なので今回は、男の不器用さについて、いろいろ解説していこうかと思います。


男はどうして不器用なの?

どうして男性は不器用といわれてしまうのでしょうか。今回はその答えをちゃんと解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

では早速、男性が不器用な理由を探っていきましょう。それは男性の脳のつくりと大きく関係しているみたいです。あるデータによるとこんなことがわかりました!

どうして話を聞いてくれないの?気持ちをわかってくれないの?

男性の脳は、身振り・態度・表情から人の感情を読み取る働きを持つ神経細胞「ミラーニューロン」を含む脳領域が小さめ。だから女性というより、他人に共感することが苦手なんです。

なんで仕事ばかりなの?連絡くれないの?

男性の脳は、右脳と左脳をつなぐ「脳梁(のうりょう)」という部分が女性よりも細く、情報を一度に伝達・処理することができないんです。

だから、一度にたくさんのことができず、何かひとつのことにしか集中できない人が多いのです。仕事しているときに彼女や家族への連絡を怠りがちなのはしょうがないともいえるでしょう。

なんでそんなに鈍感なの?

男性の脳は、本能的な感覚をマップ化する役割を持つ「島皮質」という脳内部位が、女性よりも小さいつくり。だから、女性のように直感が働くことが少なく、どうしても鈍感になってしまう人が多いのです。

どうしてそんなに家事ができないの?

男性は、実は女性より能力的に劣っており、脳の構造上、平行作業が不得意なんです。家事のような同時平行作業や継続性を要求されることは、苦手。

男性脳の特徴

・活発、無鉄砲、粗暴
・外遊び、攻撃的な遊びを好む
・動くおもちゃが好き
・痛みに弱い
・頭の中で折り紙ができる
・一度にひとつのことしかできない
・人の話が聞けない
・空間認知能力に優れている
・音の方向を聞くことができる
・ストレスがたまると黙っている

みなさん、いかがですか?彼氏や旦那さんに当てはまる部分はありましたか?

男と女は同じ人間なのですが、与えられてきた役割、脳や体のつくりも違う生き物。お互いわかり合えないことがたくさんあるのは、ある意味当たり前なんですね。

原始時代、男性は食料を得るために獲物を狩るのがお仕事、だから空間能力が発達しているんです。

空間能力とは、物体の位置・方向・大きさ・間隔など、物体が三次元空間に占めている状態や関係を、素早く正確に把握、認識する能力のこと。男性で地図を読むのが得意な人が多いのは、この能力が優れているからです。

逆に女性は、留守を守るために周囲との調和をはかり、子どもを健康に育てるために、コミュニケーション能力が発達したらしいですよ。

そう、男性と女性は、本当に脳のつくりが違って、役割も違うのです。彼が連絡をまめにしなかったり、ふたつのことを同時にできなかったりするのも、男性の脳の特徴なので、仕方ないと思ったほうがよいかもしれませんね!

そして、実は心理学的に、不器用な人は優れているという説もあるんですよ!

不器用な男性が優れている5つの理由

何でも突き詰めて考える

ひとつひとつを大切にしているからこそ不器用。

全てのことに長く集中出来る

時間を掛けて物事を覚える分、深く知ることができる。

何でも長続きする

自分が積み上げたものに対して誠実。どんな物事にも一生懸命。

口数が少ないことで争いが起きにくい

考えながら話すので口数が少ない。無駄なことをペラペラしゃべらないから、人との不調和がうまれにくい。

頑固だけど信念がある

簡単に信念を曲げず、物事を極めることができる。


そうなんです。不器用な人って、誠実で真面目。一緒にいて決して楽しくはないかもしれませんが、意外と女性が最後に選ぶのはこういうタイプの人たちではないでしょうか。

とはいっても、不器用な男性に対して、もうちょっと何とかならないの?と思う女性陣も多いでしょう。

なので、最後に不器用な男性とどうやって向き合えばよいのか?…取説をご伝授していきましょう。

不器用な男性の取説

まめな連絡は期待しない

彼らは自分が用事があるときにしか連絡しない生き物。

一度にふたつ以上のことは頼まない

ゴミ出し、掃除、洗濯など細かく家事を頼まない。頼むときは一度にひとつのこと。

彼に共感を求めない

不器用男子は、女性だけじゃなく他人と共感ができない。

プライベートなことの提案は女性から

デートや家族旅行などのプランは女性側から提案する。不器用男子はプライベートのときは意外と脳が働かない。

理解してあげる努力をする

自分のことはわかってもらえないけど、相手のことはわかってあげよう。そのスタイルが一番長続きする。

甘えさせてあげる

不器用男子は安らぎに飢えている。一緒にいる時間は甘えさせてあげよう。何かをお願いするときに、甘えさせてあげれば、彼も何か行動を起こしてくれるはず。

蓮香アドバイス

不器用な男性は、仕事ができていれば、それで十分と思う気持ちも大切ですね。最近はイクメンが定着してきているけど、男性はもともと仕事と、家事や子育ての両立が難しい人が多いのです。

悪い面より、良い面をみてあげることが、恋人同士や夫婦生活が円満になる秘訣(ひけつ)。
自分のイライラを解消するためにも、彼の不器用さを受け止めてあげてくださいね。

この記事のライター

STD(性感染症)や婦人科系疾患に詳しく、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連するキーワード


男性心理 夫婦

関連する投稿


甘えん坊男子の心理|僕はこんな風に甘えています

甘えん坊男子の心理|僕はこんな風に甘えています

*11/16 「赤ちゃん返りの症状と原因」を追記しました。最近、女性に甘えたがる男性が増加しているんだとか。それって女性的には気になっちゃいますよね…。彼らがなぜ甘えたがるのか?その心理的な理由について紹介しようと思います。


印象ガタ落ち! 男性がドン引きしてしまう女性の行動

印象ガタ落ち! 男性がドン引きしてしまう女性の行動

あなたの何気ない行動に、男性はドン引きしているかも!? そこで今回は、男性が引いてしまう女性の行動をまとめてみました。彼氏、旦那、意中の彼も…普段の行動から食事マナーまで、男性たちは意外に見ているらしいですよ!


男性が求める"究極"の癒し女子って?大切な彼氏・夫を癒す方法

男性が求める"究極"の癒し女子って?大切な彼氏・夫を癒す方法

*男性が癒される女性の行動について追記しました(2017/11/2)。疲れているココロとカラダには、癒しが必要。今回は男女の癒しの差にも触れながら、男性にとっての癒しついて、リサーチしていこうと思います。


「この人となら…」みんなが結婚を決めたきっかけって?

「この人となら…」みんなが結婚を決めたきっかけって?

9月~11月は、結婚シーズンといわれています。幸せなエピソードを聞いていると、素敵だな~と思ったり、焦りを感じてしまう方も多いかと思います。そこで今回は、「結婚を決めたきっかけ」について特集しました!結婚している人も、婚活中の人も、いつかは結婚したいなぁという人も、ぜひ読んでみてくださいね♪


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


最新の投稿


毎日がちょっと楽しく♪こだわりの日用品4選|ギフトにもおすすめ

毎日がちょっと楽しく♪こだわりの日用品4選|ギフトにもおすすめ

毎日使うものに“こだわり”、ありますか?ちょっといい日用品をプラスするだけで、日々のルーティンが楽しく、豊かになるかも。今回は、こだわりの日用品を使っている皆さんに話を聞いてみました!


おうちで薬膳!火鍋レシピ|お料理上手認定間違いなし♪

おうちで薬膳!火鍋レシピ|お料理上手認定間違いなし♪

寒さが増してくると食べたくなるのが鍋♪今晩はクセになる辛さと香りが魅力的な火鍋にしてみませんか?火鍋の魅力とおうちでできちゃう火鍋スープの簡単レシピ(麻辣湯と白湯)をご紹介します。


お泊りデートも安心♡最強すっぴん風メイクを徹底解説!

お泊りデートも安心♡最強すっぴん風メイクを徹底解説!

あなたは、自分のすっぴんに自信がありますか?いつもメイクで完璧な自分の顔を作れていても、”気になる男性とお泊り”なんてことになった時まで完璧メイクではいられません。 では、男性が好むすっぴん顔って?そのメイクテクをご紹介いたします!


潔癖症でもエッチしたい!潔癖症との付き合い方・エッチの対応策まとめ

潔癖症でもエッチしたい!潔癖症との付き合い方・エッチの対応策まとめ

カップルのどちらかが潔癖症だった場合、パートナーはいろいろと苦労しそうですよね。キスやエッチというダイレクトなスキンシップなど、いろいろと問題がでてきそうです。そこで今回は、潔癖性の男性との付き合い方やエッチ、また女性側が潔癖症だった場合の視点など、いろいろと解説していきたいと思います!


当日じゃなくても大丈夫!自分らしく「日記」を楽しむ方法

当日じゃなくても大丈夫!自分らしく「日記」を楽しむ方法

芸術の秋。食欲の秋。そしてイルミネーションで街が綺麗に輝く冬。感傷的になりやすい時季ですが、「最高の一日だった! 」「生きていて良かったー」なんて日を、記憶だけでなく記録に残してみるのはいかが?今日は、そんな記録にもってこい! 西洋ではローマ時代から存在したといわれる「日記」のお話です。