【束縛女】いつも一緒にいたい!彼に対する独占欲

【束縛女】いつも一緒にいたい!彼に対する独占欲

過去に浮気されたトラウマから、つい今の彼のことも疑ってしまう。信じたいのに信じられなくて、いつか"重い"と言われ離れていってしまうのではないかと不安になってしまう女性は、決して少なくありません。今回は、そんな恋愛における嫉妬や独占欲について見ていきながら、自分の気持ちを振り返ってみましょう。


浮気された経験から、疑心暗鬼になってしまう…

過去の恋愛で浮気された経験を引きずり、現在お付き合いしている彼のことを100パーセント信じられないという人は少なくありません。

そのため、独占欲やヤキモチが生まれ、どんどん疑心暗鬼になって彼の自由を奪ってしまいがち。

しかし、「それらの度が過ぎると、いつか自分から離れていってしまうのではないか…」と考えると、さらに不安になってしまいますよね。

自分のことだけを想っていてほしい

寂しくてもその気持ちを伝えることができず、1人で悶々としてしまう。
お互いに自分の時間が必要なのはわかっているはずなのに、どうしても淋しさが抑えられない。

彼の交友関係が広く、あなた以外の人と過ごす時間が多い場合、
一緒にいる時間が少なくても平気な男性に対して、あなたは彼の気持ちを測りかねているのではないでしょうか。

本当は、彼に自分だけを想っていてほしいのかもしれませんね。

嫉妬からの気持ちを、相手に伝えられないのはどうして?

彼に自分だけを想っていてほしいというのは「独占欲」に他なりませんが、実際には彼を独り占めできないため、あなたは寂しさや嫉妬を感じてしまうかもしれません。

では、そんな時に「独占したい」という気持ちを彼に伝えることができないのはなぜでしょう。

過去の恋愛でも、独占欲の強さでその時の彼の自由を奪ってしまい、それが別れの原因になってしまった経験はありませんか。
だから、今の彼もそうなるのではないかとあなたは怖れていらっしゃるのでは?

その気持ちを伝えられないのは、本当に苦しいことでしょう。

自分自身の時間を大切にしていますか?

ところで、「独占したい」と思う気持ちは、相手に「全面的に依存したい」という気持ちの裏返しともいえます。丸ごと寄りかかられたら、誰でも自由を失い、息苦しくなってしまいますよね。

自分自身の時間を、大切にしていますか?
自分自身の世界を、持っていますか?

それができれば、あなたは「どんなことがあってもぶれることのない強い心」の持ち主となり、もっとおおらかな気持ちで彼に接することができるようになるのではないでしょうか。

彼を信じるためにどうしたらいいのか…、ヤキモチや独占欲はどうやったら抑えられるのか…、その答えはあなたの力で見つけてみましょう。

むすび

「信じる」という行為や気持ちは、本来無条件のもの。

本当に相手のことが好きで大切に思うなら、ひたすら相手を信じるしかありません。
そして、そのことも含めて自分の気持ちを率直に相手に伝えていくことが、お互いの信頼につながるのではないでしょうか。

恋愛は一方的なものではなく、お互いに作っていくものです。
あなたと彼がお互いにいい関係で恋愛を楽しめることを願っています。

メンタルケア 一覧 >

この記事のライター

道端に咲く花を見るのが好きな夜散歩派です。

関連する投稿


人生を振り返る時期をどう過ごす?|心身のリトリート

人生を振り返る時期をどう過ごす?|心身のリトリート

人生の大きな節目を迎えた時には、今まで歩んできた道を振り返り、思いを巡らせこともありますよね。「避難」や「退去」の意味がある「retreat(リトリート)」ですが、日常生活を離れ、自分だけの時間や対人関係を見直し、再スタートするという意味があります。今回は、節目に考えたい、人生の振り返りついてお伝えいたします。


欠点しか見えない…いろんな自分を受け入れる方法

欠点しか見えない…いろんな自分を受け入れる方法

周りに流されて生きてきて、自分の考えが幼稚であることに気がついたとき。自分には価値がないように感じ、「生きづらさ」を覚えた、なんてことも。そもそも相手によって自分の性格まで変わり、「本当の自分って一体…?」と悩むことも少なくないはず。今回はそこに注目しながら、自分を受け入れる方法を見ていきましょう。


どもり癖を治したいです |吃音の悩み

どもり癖を治したいです |吃音の悩み

今回のテーマは、吃音。「人前で声を出そうとすると、上手く話せないことがある」というお悩みです。伝えたいことが上手く伝えられないと、胸がもやもやしてしまうはず。少しずつ改善していくことを目標にして、一緒に練習方法を見ていきましょう。


他人の幸せを喜べない…そのモヤモヤを消すためには?

他人の幸せを喜べない…そのモヤモヤを消すためには?

他人の幸せ、素直に喜べますか?結婚や出産といった幸せな報告なのに、心から祝福できない自分がいて…大抵の人が一度は経験したことがある感情かもしれません。「心から祝福してあげたいのに自分と比較してしまう」という人のために、原因と対処法をみていきましょう。


イライラしても「平常心」を保ちたい |思考のわな

イライラしても「平常心」を保ちたい |思考のわな

仕事や家庭、自分の体調やダイエット…。自分の思い描いたようにいかなかったとき、暴言を吐いたり激しく落ち込んで何もしたくなくなったりしてしまった経験はありませんか?平常心を保ちたいというお悩みについて、思考回路に注目しながらみてみましょう。


最新の投稿


【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

秋も本番。そろそろ、紅葉狩りの予定を立てている方も多いのでは?今回は紅葉狩りをもっと楽しむための雑学とともに、全国のおすすめ紅葉名所と見頃予想情報をお届けします♪デートにもおすすめですよ♡


素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

恋愛ブランク。これまでに、「最近恋してないなぁ」「ときめきがない!」という時期を経験した女性は少なくないはず。いい恋は、あなたを綺麗にしてくれますよ。今回は、仕事や勉強が忙しくて、恋愛の仕方を忘れてしまったという女性に、恋のリハビリ方法をお伝えします♡


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢の方の食事。一緒に暮らす祖父母や両親が歳を重ねるにつれて、だんだんと食事にも変化が起こりますよね。噛みやすいおかゆや柔らかめのおかずを用意しても、だんだん飲み込みが悪くなってくると食欲も落ち、痩せていってしまいがち。今回は、食欲が湧き、なおかつ栄養もある食事について、見ていきましょう。


「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

肌年齢、骨年齢、筋肉年齢なんて言葉がありますが、「血管年齢」というのもあるそう。血管は一般的に年をとると硬くなっていくもの。若い人の中でも、「血管が硬い=血管年齢が高い」という人がいるんだとか。血管の若返りに効果的なものは何かあるのか、探ってみました。