デリケートゾーンの黒ずみ、ぶっちゃけ男性はどう思ってる?

デリケートゾーンの黒ずみ、ぶっちゃけ男性はどう思ってる?

今回のテーマは「デリケートゾーンの黒ずみ」。性器周辺の色は、デリケートな部分でもあるし、人と比べられないから意外と気にしている人が多いのではないでしょうか?なので今回は「デリケートゾーンの黒ずみ」に関して徹底リサーチしちゃおうと思います!


デリケートゾーンが黒ずんで見えるのはなぜ?

やはりデリケートゾーンの黒ずみで一番気になるのは、男性の反応。

ということで今回は、男性目線の意見を多めにリサーチしてみました。まずは、黒ずみの原因から見ていきましょう。

デリケートゾーンが黒ずむ原因

ホルモンバランスの変化

思春期前後、ホルモンバランスの変化により、体内で生成されたメラニン色素が増加してきて、デリケートゾーンが黒ずんで見える。色素沈着は、皮膚を刺激から守ろうとする動物としての防御反応。デリケートゾーンの黒ずみも体が生殖器を保護するための至って普通のことともいえる。

メラニンの量

黒人や黄色人種(日本人含む)はメラニンが体内に大量にあるので、デリケートゾーンの色が濃くなりやすい。反対に白人はメラニンが少ない人種で、デリケートゾーンの色素も薄い傾向。

生活習慣

タバコ、ストレス、汚れた空気により、体内の活性酵素が増えて肌が酸化すると、デリケートゾーンの黒ずみが多くなる場合もあり。

肛門の黒ずみの原因

自転車のサドル等との長時間の摩擦で、肛門周りの皮膚が黒ずんでしまう場合もあります。 日本人は黄色人種だから、デリケートゾーン周りの色素が濃いのは当然のことのようですよ。

同じ日本人でも肌が白い人はデリケートゾーンの色素が薄い人も多かったりするし、色白でも体内にメラニンがたくさんあればデリケートゾーンの色素が濃くなってしまう人もいるんだとか。

どちらにしても、デリケートゾーンの黒ずみは、日本人女性にはありがちだってことは、よく覚えておいてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみと性行為は関係ある?

これは間違った都市伝説のひとつなんです。エッチ経験、ひとりエッチの回数と性器の黒ずみは比例しません。

ただ、過度な性行為や日常生活(下半身をタイトに固定するボトムや下着)でデリケートゾーンに激しい摩擦があると、黒ずんでしまう場合もあります。

続いて、気になる男性陣のご意見をチェックしてみましょう。

黒ずみに関する男性意見

女性のデリケートゾーンの色は気になる?

・気にならない。それより自分の性器の大きさが彼女に気に入られるかのほうが男的には気になる…。

・ピンクの方が可愛いイメージは正直ある。でも好きなら関係ないかな。

・あまりマジマジ見ないほうだから、色や形とか気にしない。

・臭いは気になるけど、ほかは大丈夫。

・清楚そうな子が、アソコの色が濃いとギャップで燃える。

彼女のデリケートゾーンの色をどう思う?

・あまり経験ないから、比べられないよ。好きなら何でも可愛く見える。

・多分濃いめなんじゃないかな。本人は気にしているみたいだけど、僕は全然平気。

・色白だからあまりアソコの色素がない感じ。僕は濃いめの色のほうがエッチっぽくて好きなんだよね。

・たくさんの女性とエッチしたけど、そこは見られたくない女性の場合、無理に見ないよ。

・僕の彼女は色とか形とか気にし過ぎ!もっとオープンになって欲しいな~。


男性陣のご意見をざっくりまとめると、約8割が「気にしない」、後の2割は「薄い色のほうが良い」「濃い色のほうが好き」という好みの問題でした。

でも、アソコの色が自分の好みと違うからといって、嫌いになるという意見はありませんでしたよ!それより、男性的には、女性が自分の体のコンプレックスを気にするあまり、エッチに没頭してくれないほうが困っちゃうみたいです。

さて、それでは最後にデリケートゾーンの黒ずみ対策をご伝授します!

自分でできるデリケートゾーンの黒ずみ対策

下半身を締め付ける下着やボトムは避けよう

服や下着との摩擦により黒ずみが発生するのを予防する。デリケートゾーン周辺は皮膚が薄いため、黒く変色しやすい。特に脚の付け根部分は、リンパ腺や太い血管があるので締め付けるとうっ血しやすくなる。

生理用品は小まめに取り替えよう

長時間取り替えないと、細菌が繁殖して、デリケートゾーンが炎症を起こし、黒ずみの原因となる。

活性酵素を除去する食事を心掛けよう

加齢や生活環境により体内に活性酵素が増えると黒ずみの原因になりやすい。ビタミン類(ビタミンC、E、B)を多く含む緑黄色野菜、果物を積極的に摂る。赤ワイン、ココア、緑茶、海草類もgood!

美白効果ありのクリームを試してみよう

皮膚科や美容外科では、黒ずみ治療用に肌の漂白剤と呼ばれている「ハイドロキノン」配合の美白クリームを処方するらしい。市販でもハイドロキノン配合のクリームは売っているけど、刺激が強いので、医者や専門家のアドバイスが必要。


いかがでしたか?自然な黒ずみなら気にしないのが1番!男性陣も思っているほど気にしていないみたいですよ。

自分の日常生活で黒ずみの原因を作る要素ポイントがあったら、今回の改善策を試してみてくださいね!

恋愛 一覧 >

この記事のライター

STD(性感染症)や婦人科系疾患に詳しく、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連する投稿


もうすぐ春!の今、身体のトラブルが起きやすいのはなぜ?~後編

もうすぐ春!の今、身体のトラブルが起きやすいのはなぜ?~後編

季節の変わり目の2~3月に体調を崩しやすい原因は、気温の変化だけでなく、自律神経の影響によるもの…と前編ではお伝えしました。そこで、今回は自律神経によるホルモンバランスへの影響とその対処法についてお伝えします。


もうすぐ春!の今、身体のトラブルが起きやすいのはなぜ?~前編

もうすぐ春!の今、身体のトラブルが起きやすいのはなぜ?~前編

季節の変わり目の2~3月は気温の変化が激しく、体調を崩しやすい季節です。実はこの時季の不調を引き起こす原因が、気温だけではないのをご存じでしょうか。トラブルの原因別に今回と次回、2回に分けて、ゆらぎの季節の原因と対処法を紹介します。


そり過ぎは危険!口周りの産毛

そり過ぎは危険!口周りの産毛

口周りの産毛のことで悩んでいるという方はいませんか?年齢を重ねるにつれ、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になってくるのは避けて通れない事実。とはいえ、すぐに毛が生えてくるからと毎日そるというのは実はNG!今回は、効果的な口周りの産毛の対処法をご紹介します。


美肌力アップ!「睡眠美容」実践のススメ

美肌力アップ!「睡眠美容」実践のススメ

睡眠については度々取り上げていますが、寝不足はお肌の大敵!睡眠不足による肌荒れを実感した経験もあるのでは?また、肌に悪いとは分かっていても、現実にはなかなか十分な睡眠ってとれないですよね。良い睡眠を心掛けている人も改めて睡眠と美容の関係を学んで、良く寝て美しくなる綺麗の基本を振り返りましょう。


ダイエット成功の鍵!女性ホルモンに効く豆乳レシピ

ダイエット成功の鍵!女性ホルモンに効く豆乳レシピ

女性の体は、女性ホルモンと深い関係があることは有名ですね。その女性ホルモンのリズムを理解することが効率の良いダイエットになります。今回は女性ホルモンとダイエットの関係や女性ホルモンに効く豆乳について勉強して痩せリズムを身につけましょう。


最新の投稿


増加中のSNS恋愛。男性の本音は?|今どきSNSの恋愛事情

増加中のSNS恋愛。男性の本音は?|今どきSNSの恋愛事情

今回のテーマは「男性目線のSNS恋愛」。最近はSNSを利用した出会いが増えていますよね。今回は、男性目線のSNS恋愛を徹底追及。ネットでやり取りする場合、男性はどんな女性に好感を持つのか?何を求めているのか?男性の本音コメントやアンケートデータを追いながら、探ってみました。


【プロ監修】1週間のごはん+運動レシピで健康的に痩せよう!

【プロ監修】1週間のごはん+運動レシピで健康的に痩せよう!

1週間痩せチャレンジ。今回は、「おなかいっぱい食べられる、でも太らない」をテーマに、食事と運動の1週間レシピをご提案します。題して、「おなかぺちゃんこ1週間メニュー!!」食欲の秋ですが、涼しくなって痩せにくくなる時季。プロ監修のレシピで、痩せボディをゲットしちゃいましょう♪


あなたのリップクリームの使い方やリップケア、間違っていませんか?

あなたのリップクリームの使い方やリップケア、間違っていませんか?

急に涼しい日が続き、秋の到来を感じさせますね。「まめにリップクリームを塗っているけど、唇の乾燥がよくならない……」そんな方はいませんか?紫外線によるダメージを受けていたシーズンにリップケアをしていた人も、本格的な乾燥シーズンを前にここでこれからの季節のリップケアについておさらいしておきましょう。


人生を振り返る時期をどう過ごす?|心身のリトリート

人生を振り返る時期をどう過ごす?|心身のリトリート

人生の大きな節目を迎えた時には、今まで歩んできた道を振り返り、思いを巡らせこともありますよね。「避難」や「退去」の意味がある「retreat(リトリート)」ですが、日常生活を離れ、自分だけの時間や対人関係を見直し、再スタートするという意味があります。今回は、節目に考えたい、人生の振り返りついてお伝えいたします。


スイーツにコットンまで!?「オーガニック」ライフを始めよう

スイーツにコットンまで!?「オーガニック」ライフを始めよう

「オーガニック」という言葉を聞く機会が多いですね。なんとなく、健康に良い、環境に優しい…などのイメージがありますが、どんな意味を持っているのでしょう。今日は様々なオーガニックに触れながら、簡単にできるオーガニックライフについて考えてみます。