「認められたい」という欲求は悪いこと?

「認められたい」という欲求は悪いこと?

「自分の意見がはっきり言えない」という悩みは日本人は特に多いと聞きますよね。相手の気持ちを考えて強く言わなかった自分の代わりに、意見をはっきり言った人が評価されてばかりで嫌になることも…そこで今回は、「曖昧」の魅力と、「認められないこと」がつらくなくなる捉え方をお伝えします。


お悩み

自分にまったく自信がないせいだと思いますが、職場など表面上の付き合いしかない人の前だと、自分の意見をはっきり言うことができなくなります。

職場には、自分を持っていてはっきり物を言う人が多く、すごいと思う反面、意見を押し付けられているような感じがして、毎日落ち込みます。
はっきり意見を言えないことで周りからいつも見下されている感じがして苦しいです。

周囲の人に認めてもらえない感じがするのは、とても悲しいし、落ち込みますね。

まずお伝えしたいのは、「ハッキリ物を言う」ことは、それほど重要ではないということです。
むしろ、いろいろな考えや気持ちがあいまいだ、というのは良いことだと思います。

はっきりとした意見を持つことのデメリット

世の中では、「声の大きな人」や「ハッキリした意見を持っている人」の意見が通りがちですよね。
けれど、意見が通る人の意見が一番正しいわけではありません。

ハッキリと自分の意見を持ち過ぎているのは、価値観が固まりすぎていたり、視野が狭くなっている可能性もあります。
他のいろいろな可能性や視点を見ると不安になるし、迷ってしまうから、安心するために自分の考えを決めてしまうこともあるのです。

本当にいろいろな視点から考えて、いろいろなことを知ると「どれが正しいかわからなく」なって、逆にハッキリとは言えなくなるものだと思います。

あいまいさは、共感能力の表れ

あいまいさは必ずしも悪いことではなく、柔軟さや共感能力の高さの表れでもあります。

現代は、本当に様々な生き方がありますし、価値観も多様です。今は、意図的に一つに決めずに、迷ったまま、ごちゃごちゃ、あいまいなままにしておくのも良いのではないかと思います。

そういう意味で、ハッキリと意見を言えることよりも、どれだけ多くのものを「受け取れるか」という受信の能力のほうが役に立つものです。

自分の事を認められていますか?

上記のことを前提にした上で、「認めてもらいたい気持ち」と「バカにされたくない気持ち」が心の中にあるのではないかと感じましたので、そちらも見ていきましょう。

これは、あなた自身が「今の自分を認められない」ということの表れではないでしょうか?

「認めてもらいたい気持ち」というのは人間の基本的な欲求ですから、とても自然なことです。

しかし、このような自然な欲求が「自分は絶対に周囲から認めてもらうべきで、そうでないならば周りの人はろくでなしだ!」という考えになってしまったら、それはあなた自身を苦しくさせてしまうことでしょう。

ご自分の心に、そんなふうに思っていないか、どうか問いかけてみてください。

むすび

冷静に考えてみると、どんなに偉い政治家でも有名人でも、その人を認めて支持しているのは一部の人ですよね。
だとすれば、「ほとんどの他者からは認めてもらえない」ということは、どんな人にとってもよくあることだと考えられませんか?

「誰かに認めてもらえる」というのは、決して当たり前のことでも、そうあるべきことでもありません。それは幸運なことなのです。

もしも、あなたの中で「認めてもらうべき」となってしまっていたら、「認めてもらえたらうれしい」というつぶやきに修正してみてくださいね。

メンタルケア 一覧 >

この記事のライター

道端に咲く花を見るのが好きな夜散歩派です。

関連する投稿


男女でこんなにも違う!?好感度がUPする”ウケ”ポイント

男女でこんなにも違う!?好感度がUPする”ウケ”ポイント

旅行先でひと夏の恋…なんて展開も期待しちゃう夏。初対面でいい印象を残し、相手に覚えてもらうためには「ウケ」を学ぶのも必須です。しかもこの「ウケ」、男女差がかなりあるとのこと。そこで今回は男女別に服装、髪型、メイクの3点から、OKとNGをご紹介いたします。


人間関係のストレスから体調が悪化…どうしたらいいの?|交流分析

人間関係のストレスから体調が悪化…どうしたらいいの?|交流分析

「困った人と接するうちに体調が悪くなってしまった…。」対人関係は、時に大きなストレスをもたらします。しかしどんなに相性が悪くても、関わりを避けられないパターンはありますよね。そこで今回は、関係改善法である「交流分析」について、詳しく説明いたします。


お酒を飲むとグチっぽくなる人の正体は…|サブパーソナリティー

お酒を飲むとグチっぽくなる人の正体は…|サブパーソナリティー

お酒を飲むとグチっぽくなってしまう…それはあなたの中に”いつもは抑えているもの”があるせいかも?人は誰でも「サブパーソナリティー」という準人格なるものを持っているそうです。グチっぽい人の心理を覗いてみましょう。


あなたはチャンスに強い人? 弱い人?

あなたはチャンスに強い人? 弱い人?

今回は“チャンス”についてのお話し。「チャンスに弱い」と言われる人には、3つのタイプがあると言われています。あなたはチャンスに強い人?弱い人?


仕事で大失敗…職場で孤立してしまいました

仕事で大失敗…職場で孤立してしまいました

どんなに気をつけていても、ミスはしてしまうもの。ただ、そのミスが集団からの孤立に繋がってしまうのは嫌ですよね。そこで今回は、孤立に繋がるミスの悪循環を解明し、その解決方法をみていきます!


最新の投稿


女性ホルモンの薬の副作用?むくみの対処法3つ

女性ホルモンの薬の副作用?むくみの対処法3つ

多くの女性の悩みである、「むくみ」。太く見えるだけでなく、痛みや疲労感もあり嫌ですよね。そんなむくみ問題の中でも、今回は「月経過多などのために飲んでいる女性ホルモンの薬(プラノバール)と、むくみの影響」を見ていきます。対象法をチェックして、むくみにさよならしちゃいましょう!


イライラしても「平常心」を保ちたい |思考のわな

イライラしても「平常心」を保ちたい |思考のわな

仕事や家庭、自分の体調やダイエット…。自分の思い描いたようにいかなかったとき、暴言を吐いたり激しく落ち込んで何もしたくなくなったりしてしまった経験はありませんか?平常心を保ちたいというお悩みについて、思考回路に注目しながらみてみましょう。


男性が女性を誘う心理を徹底調査!誘われる女性の3条件

男性が女性を誘う心理を徹底調査!誘われる女性の3条件

今回のテーマは「男女の恋愛感情の違い」。男と女には、恋愛感情の性差(男女の性別による違い)があるって知っていましたか? 今回は男女の恋愛心理の違いについて語りつつ、男性が誘いたい女性、誘いたくない女性について語っていきたいと思います。


夏は性欲がupするって本当?夏のエッチ事情&気を付けたいSTD

夏は性欲がupするって本当?夏のエッチ事情&気を付けたいSTD

肌見せシーズンの夏。夏は解放的な気分になりやすいせいか、性欲がアップする男女が増えるそうです。でも、それってどうしてなのでしょう? そこで今回は、夏のsex事情や夏に気を付けたいSTD(性感染症)について、データと共にお話します。ぜひ夏sexの心得として、参考にしてくださいね。


メイク落としシートの肌への負担は? 正しい使い方・注意点

メイク落としシートの肌への負担は? 正しい使い方・注意点

忙しい時に便利なメイク落としシート。ただ、間違った使い方をしていると肌への負担は想像以上に…。正しい使用方法を学んで上手にメイクオフしちゃいましょう。