絶食系男子との恋愛マニュアル

絶食系男子との恋愛マニュアル

今回のテーマは「絶食系男子」。草食系男子という言葉が定着してきたと思っていたら、とうとう絶食系男子まで出てきちゃいました。しかし絶食系男子って、今の時代に生まれるべくして生まれたような存在ともいえるんですよ。それはなぜか…?今回は、そこら辺も含めて、絶食系男子に関する全てをお伝えしていきたいと思います。


絶食系男子とは?

ではまず最初に、絶食系男子に関する基本知識をご紹介していきますね。

・恋愛を絶食=異性と付き合わなくてもやっていける男子のこと

・女性とエッチもせず、口説かず、拒絶する男子のこと

・恋愛はしたくてもできないのではなく、恋愛は必要ないと思っている男子のこと

絶食系男子の特徴とは?

・恋愛に興味がない

・女性といるより、男性同士の付き合いのほうが楽しいと思う

・一人の時間、趣味を大切にする

・恋バナに参加しない

・女性が苦手だったり嫌いだったりするわけではない

・恋愛サイン、女性のアプローチに気付かない、反応がない


絶食男子の基本知識と特徴が分かったところで絶食男子に関するアンケートをみていきましょう。

いまどき男子の結婚願望&恋愛実態 (独身男性対象)

絶食系男子が恋人を必要ないと思う理由は? (複数回答可)

絶食系男子の本音

・異性と交際するつもりはない

・その理由は趣味に力を入れたい&恋愛が面倒だから

・でもいつかは結婚したいと思っている。


何だか虚しくなってくるリサーチ内容になっちゃいましたね。男性が女性に興味がなくなって、どうするのでしょう?恋愛に興味がないけど、結婚願望はありというのは、ある意味人間としての本能なのかもしれませんね。

女性だって、恋愛は面倒だけど、いつかは結婚して子育てはしたいと思う人は多いと思います。しかし、これは少子化に関わる、重要な問題といえますね。

では、どうして絶食系男子という存在が生まれて、今もなお増えつつあるのでしょうか?

絶食系男子が増えている理由とは?

・女性と付き合うとお金がかかり過ぎる。雇用・労働環境(収入)がよくないいまどき男性には、女性と付き合う上でのデート費用を負担に思うらしい

・今の時代、恋愛よりも面白いものがいくらでもあり、恋愛なんて面倒くさいと思ってしまう

・SNSの発達によるリアルなコミュニケーション不足のため、生身の女性とどう接していいのかわからない

・AVやアダルトコンテンツが常に身近にあるため、性欲処理に困らない

・もともと日本男児は、女性とのコミニュケーションが下手。アダルトコンテンツで、一方的な快楽を楽しめたらそれでよいと思う男性が増えてしまう

・女性の立場が強くなり、女性側も特に男性を必要としてなくなってきた風潮も原因のひとつ


確かにいまどき男子には収入が少ない&不安定な人が増えているのでしょう。ワリカンの風潮が定着してきたとはいえ、女性とお付き合いすれば、何かしら出費はあるし…。

でもそれで良いのか?日本男児って気もしますね。女性を射止める努力はなるべく避けたくて、でも結婚して子種は残したいなんて思う男性が増えてるのなら、それはそれで大問題です。

とはいえ、絶食系男子を責めるのは、お気の毒かと思います。女性側にも、男性をリスペクトせず、頼らなくなったり、相手に高収入を求めたり…。男性側が女性を面倒と思ってしまう理由も、たくさんあるのでしょうね。

ではこういう絶食系男子にはどうアプローチしていけばよいのでしょうか?

絶食系男子と上手く付き合っていくには?

・恋愛は面倒くさいけど、いつかは結婚したいと思っているから、持久戦を覚悟する

・彼らが「自分のことが一番大切」と思っているのは、逆に正直な男性だと受けとめて、相手の理屈、理論を受け入れる

・最初は友達感覚で距離を置いて接していく。女性からの恋愛アプローチというより、害がない人間だと認めてもらう考えのほうがgood

・ある意味、好きな女性のタイプがいないので、どんな女性でも攻めやすい

・趣味や価値観が一緒なことをアピールする

蓮香アドバイス

絶食系男子が生身の女性に興奮したり、興味を持てなくなったのは、早い年齢からAVやアダルトコンテンツを見過ぎたせいとのご意見もあります。

日本の男性はもともと、女性とのコミニュケーションが苦手。それがSNSの発達で、リアルコミニュケーション不足になり、さらに生身の女性との接触が苦手になってしまったようですね。

現代男性はストレスが原因で、男性ホルモン分泌が減少しているため、競争心や支配欲が低下しているのも、絶食系男子が増えている理由のひとつなんでしょう。

こういう場合、女性陣はとことん肉食系男子を追い求めていくか、草食&絶食男子を受け入れて、女性側の視点も変えていかないといけない世の中かもしれませんね。

女性諸君、もし周りに絶食系男子がいて、その男子に好意を持っていたなら、今回の記事を参考に、上手にコミュニケーションとってみてくださいね!

恋愛おすすめ記事!

2017年☆恋愛&エッチ運|星占い

http://wellfy.jp/articles/530

12星座別「2017年運勢」をお届けします!恋愛、エッチを中心に、健康とダイエット運も。 2017年の一番激しい恋愛をするのはどの星座?あなたの今年のラブの行方もぜひチェックしてみてくださいね♡

あなたの周りの絶食男子の恋愛運は!?

恋愛 一覧 >
今、あなたにおすすめの記事

この記事のライター

STD(性感染症)や婦人科系疾患に詳しく、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連するキーワード


男性心理

関連する投稿


甘えん坊男子の心理|僕はこんな風に甘えています

甘えん坊男子の心理|僕はこんな風に甘えています

*11/16 「赤ちゃん返りの症状と原因」を追記しました。最近、女性に甘えたがる男性が増加しているんだとか。それって女性的には気になっちゃいますよね…。彼らがなぜ甘えたがるのか?その心理的な理由について紹介しようと思います。


印象ガタ落ち! 男性がドン引きしてしまう女性の行動

印象ガタ落ち! 男性がドン引きしてしまう女性の行動

あなたの何気ない行動に、男性はドン引きしているかも!? そこで今回は、男性が引いてしまう女性の行動をまとめてみました。彼氏、旦那、意中の彼も…普段の行動から食事マナーまで、男性たちは意外に見ているらしいですよ!


男性が求める"究極"の癒し女子って?大切な彼氏・夫を癒す方法

男性が求める"究極"の癒し女子って?大切な彼氏・夫を癒す方法

*男性が癒される女性の行動について追記しました(2017/11/2)。疲れているココロとカラダには、癒しが必要。今回は男女の癒しの差にも触れながら、男性にとっての癒しついて、リサーチしていこうと思います。


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


男性の浮気を見破るテクニック|彼らが浮気する理由:10/20追記

男性の浮気を見破るテクニック|彼らが浮気する理由:10/20追記

*「男性の嘘見分けマニュアル」を追記しました。 今回のテーマは「浮気チェック」。皆さまは、恋人に浮気された経験ありますか? 一度カレに浮気されちゃうと、その後もついつい疑っちゃいますよね。 そこで男性の嘘を見抜いて浮気を見破るテクニックを身につけてみませんか?


最新の投稿


毎日がちょっと楽しく♪こだわりの日用品4選|ギフトにもおすすめ

毎日がちょっと楽しく♪こだわりの日用品4選|ギフトにもおすすめ

毎日使うものに“こだわり”、ありますか?ちょっといい日用品をプラスするだけで、日々のルーティンが楽しく、豊かになるかも。今回は、こだわりの日用品を使っている皆さんに話を聞いてみました!


おうちで薬膳!火鍋レシピ|お料理上手認定間違いなし♪

おうちで薬膳!火鍋レシピ|お料理上手認定間違いなし♪

寒さが増してくると食べたくなるのが鍋♪今晩はクセになる辛さと香りが魅力的な火鍋にしてみませんか?火鍋の魅力とおうちでできちゃう火鍋スープの簡単レシピ(麻辣湯と白湯)をご紹介します。


お泊りデートも安心♡最強すっぴん風メイクを徹底解説!

お泊りデートも安心♡最強すっぴん風メイクを徹底解説!

あなたは、自分のすっぴんに自信がありますか?いつもメイクで完璧な自分の顔を作れていても、”気になる男性とお泊り”なんてことになった時まで完璧メイクではいられません。 では、男性が好むすっぴん顔って?そのメイクテクをご紹介いたします!


潔癖症でもエッチしたい!潔癖症との付き合い方・エッチの対応策まとめ

潔癖症でもエッチしたい!潔癖症との付き合い方・エッチの対応策まとめ

カップルのどちらかが潔癖症だった場合、パートナーはいろいろと苦労しそうですよね。キスやエッチというダイレクトなスキンシップなど、いろいろと問題がでてきそうです。そこで今回は、潔癖性の男性との付き合い方やエッチ、また女性側が潔癖症だった場合の視点など、いろいろと解説していきたいと思います!


当日じゃなくても大丈夫!自分らしく「日記」を楽しむ方法

当日じゃなくても大丈夫!自分らしく「日記」を楽しむ方法

芸術の秋。食欲の秋。そしてイルミネーションで街が綺麗に輝く冬。感傷的になりやすい時季ですが、「最高の一日だった! 」「生きていて良かったー」なんて日を、記憶だけでなく記録に残してみるのはいかが?今日は、そんな記録にもってこい! 西洋ではローマ時代から存在したといわれる「日記」のお話です。