年代別に考えるUV対策コスメ&UV対策ファッション

年代別に考えるUV対策コスメ&UV対策ファッション

夏日の日も増え、ジワジワと肌に感じる紫外線の足音。UV対策は万全ですか?今回は、年代別にポイントをまとめてみたので、毎年同じケアという人も、今年は見直したいという人も、今の自分にふさわしいUV対策を見つけるための参考にしてみてください。1年の中で最も紫外線が強くなるシーズン、5月が来る前にチェックしておきましょう。


10代のUVトレンド

肌の再生力はバッチリな10代。ケアのしすぎはNGですが、無防備すぎるのもNGです。ティーン向けに発売されているUV対策コスメの中で話題になるのが、使用感に工夫がみられるもの。

まだメイクやボディケアに不慣れな年代ということもあって、「ベタつき」や「白浮き」「白残り」を徹底排除した、お手頃価格の日焼け止め乳液が多く出回っている様子です。

その他、ボディに手軽に使えるスプレータイプも続々発売。逆さにして背中にもスプレーできるタイプなど10代ならではのアクティブなライフスタイルを考えたアイテムが多いのも特徴的です。

10年後の肌のことを考えて、若いうちからUV対策を心がけましょう。

エムズワン 近江兄弟社 メンターム サンベアーズ UVスプレー 無香料 (50g)

¥ 537 (2017/4/25 15:00時点)

20代のUVトレンド

仕事やプライベートとともに皮脂分泌も活発になる20代。UVケアを一番怠っているのが20代というデータもありますが、後々のことを考えてぜひケアを。

20代のUV対策は、とにかく手間いらず・簡単が基本。1本で2役3役をこなすUVカットとスキンケア効果を持った多機能美容液が特に人気で、メイク下地として使えることが基本条件になっています。また、「天然植物成分配合」や「薬用」など、敏感肌が増えたといわれる20代に嬉しいスキンケア効果もたっぷり。

その他UVケアの一環として取り入れられ始めたホームピーリングも、ベーシックなスキンケアとして定着。AHAやフルーツ酸配合のローションを毎日のスキンケアに導入する人も増えました。日焼け前の、ピーリングは危険なので、使い方などもう一度お手持ちの化粧品をチェックしてみてください。

SK-II アトモスフィア CC クリーム SPF50/PA+++ 30g

¥ 6,800 (2017/4/25 15:00時点)

30代のUVトレンド

シミやシワの出現や、肌力のパワーダウンなど、アンチエイジングの必要性を感じる30代からは、成分第一主義に。

30代のUVケア、近頃はUVケアだけでなく化粧水から乳液・パックまで複数アイテムを組み合わせた集中トリートメントで、日焼けはもちろん、シミ・そばかすも増やさないというものが増えています。

内容もサイエンス的なアプローチのものが多く「メラニンを作らない」「できてしまったメラニンを眠らせる」「シミの根を○○成分が絶つ」など、パワフルな成分をどれだけ贅沢に配合するかがポイントになっているようです。

さらに、ターンオーバーを促進しながら保湿も促すという付加価値の多さもポイント。スペシャルケア、ぜひ取り入れてみてください。

SK-II R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジ

¥ 14,980 (2017/4/25 15:00時点)

40代~のUVトレンド

エイジングケアに気を取られがちですが、加齢とともに、保湿力もグンと低下しています。保湿を重要してプラスαのケアを。

UVケアだけで安心していては危険なover40世代。肌が潤うことで、ターンオーバーが促され、綺麗な肌に生まれ変わります。

年齢を重ねると、ターンオーバーのサイクルも乱れがちになりますが、そもそもの原因が肌の水分不足です。ひとつのアイテムや集中トリートメントに頼らず、肌を保湿することに気をかけてみてください。

エファージュ UVプロテクト トーンアップ モイスチャーベース 30g

¥ 5,400 (2017/4/25 15:00時点)

UVアイテムファッション

サングラスにアームカバー、キャップなど「日よけ」ものは、今やファッションの一部。自分らしいアイテムでおしゃれにUVケアをしましょう。

UVグローブ

伸縮性の高い素材のグローブは、腕から肩まで長さを変えられるものも。色・柄・素材も豊富になっているので、その日の服装によって選べます。特に、車でドライブ焼けを気にする方は要チェック。

ネックカバー

通勤・通学はもとより、アウトドアイベントでの対策にもなるネックカバーも種類が豊富に。暑さ対策としても活躍するよう、高吸水・高吸湿の素材が使われているものが多く、水に浸してひんやりさせることもできるもの。UV対策だけでなく、体温調節にも役立つところが嬉しいですね。

日傘

日傘も進化しています。晴雨兼用傘に多く見られるのが、紫外線&赤外線だけではなく、熱も遮断するというタイプ。UV対策をしながら涼しく街歩きがしたいですね。

UVストール

さっと羽織れば、首筋や肩まわりをガードするストールになり、ボタンを留めればデコルテなど上半身をすっぽり隠すケープになる、そんなストールも大活躍。シワになりにくい素材なので、小さくたためて携帯にも便利。オフィスでの冷房対策にもなりそうですね。

UVストッキング

紫外線の透過率を減少させるという素材を使用したストッキング。ほんのりシアーなラメ効果で、脚を綺麗に見せるものや、着圧設計で脚をほっそり見せるタイプも。味方につけない手はありませんね。

まとめ

美肌をキープするためには、夏だけでなく、一年中こまめにUV対策を実践することが大切です。

しかし、肌に負担をかけずに続けるには、年齢はもちろん、環境やライフスタイルに合っているかどうかを見極めることも必要。トレンドをふまえた自分らしいUV対策で、紫外線と上手に向き合っていきましょう。

紫外線対策、あまりしていないという方はこちらの記事も参考にしてください。

春からの紫外線対策「UV検定」にトライ!

http://wellfy.jp/articles/898

紫外線の量は、すでに4月から上昇中!そこで今回は、春から始める紫外線対策についてご紹介していきます。

UVAとUVBの違いって?日焼け止めの選び方

http://wellfy.jp/articles/901

春は意外と紫外線を気になる季節。今回紹介するUVAとUVBの違いをちゃんと理解して自分に合った日焼け止めを選びましょう。

ライフスタイル 一覧 >

この記事のライター

リサーチャー、ライター経験を活かし、“情報コンシェルジュ”として多種多様な話題を提供していきたいです。

関連するキーワード


紫外線 日焼け止め

関連する投稿


気温だけでは不十分?!熱中症予防には「暑さ指数」をチェック

気温だけでは不十分?!熱中症予防には「暑さ指数」をチェック

だいぶ秋らしい涼しい日も増えてきましたが、まだまだ夏本番!という暑い日が続き、「熱中症で倒れた人が~」というニュースも連日のようにありますね。健康に気を遣うwellfy読者の皆さんにも、十分気をつけてほしいと今回は「暑さ指数」について解説いたします。


紫外線ダメージは頭皮にも。残暑の頭皮ケアで秋にはツヤ髪に♡

紫外線ダメージは頭皮にも。残暑の頭皮ケアで秋にはツヤ髪に♡

夏の厳しい紫外線と汗のせいで、髪のパサつきやダメージが気になる季節ですね。今回は、頭皮への紫外線の影響をフィーチャー。頭皮のダメージに加えて、自宅でのセルフケアやサロンでのスペシャルケアもお届けします。


夏もマストなリップケア。乾燥より怖い!?紫外線対策を

夏もマストなリップケア。乾燥より怖い!?紫外線対策を

乾燥するシーズンの冬はしっかりケアをしていても、この時季意外とおろそかにしてしまいがちなのがリップ。念入りに紫外線対策をしている肌と同じように、唇にもきちんケアをしていますか?


敏感&ニキビ肌の人必見! お肌に優しい日焼け止めの選び方

敏感&ニキビ肌の人必見! お肌に優しい日焼け止めの選び方

これからの季節、日焼け止めが必須に!けれど日焼け止めを塗ると、肌がピリピリしてしまう…。そんな敏感肌、ニキビ肌の人でも安心して使える日焼け止めを今回ご紹介します。


UVカットコスメで肌トラブル!?春メイクの落とし穴

UVカットコスメで肌トラブル!?春メイクの落とし穴

ゴールデンウィーク以降の季節は、UVカットコスメやクレンジングによるアレルギーも多発します。紫外線も猛威を振るう春先は、肌が白い分、受けるダメージは真夏以上!本格的なUVプロテクトが必要ですが、UVの化粧品を使い始めた途端、肌荒れやブツブツに悩まされて!という人はいませんか?


最新の投稿


【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

秋も本番。そろそろ、紅葉狩りの予定を立てている方も多いのでは?今回は紅葉狩りをもっと楽しむための雑学とともに、全国のおすすめ紅葉名所と見頃予想情報をお届けします♪デートにもおすすめですよ♡


素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

恋愛ブランク。これまでに、「最近恋してないなぁ」「ときめきがない!」という時期を経験した女性は少なくないはず。いい恋は、あなたを綺麗にしてくれますよ。今回は、仕事や勉強が忙しくて、恋愛の仕方を忘れてしまったという女性に、恋のリハビリ方法をお伝えします♡


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢の方の食事。一緒に暮らす祖父母や両親が歳を重ねるにつれて、だんだんと食事にも変化が起こりますよね。噛みやすいおかゆや柔らかめのおかずを用意しても、だんだん飲み込みが悪くなってくると食欲も落ち、痩せていってしまいがち。今回は、食欲が湧き、なおかつ栄養もある食事について、見ていきましょう。


「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

肌年齢、骨年齢、筋肉年齢なんて言葉がありますが、「血管年齢」というのもあるそう。血管は一般的に年をとると硬くなっていくもの。若い人の中でも、「血管が硬い=血管年齢が高い」という人がいるんだとか。血管の若返りに効果的なものは何かあるのか、探ってみました。