私は母親失格?娘がうっとうしく感じる|子育ての悩み

私は母親失格?娘がうっとうしく感じる|子育ての悩み

愛情不足ではないかと悩むママからのご相談です。「親にとって子どもは宝物」と思いつつも、ママさんも人間ですので、お子さんにイライラしたりうっとおしく感じたりすることもあるでしょう。今回は、そんなときにお子さんをなるべく傷つけないためにできることを見てみましょう。


お悩み:母親失格でしょうか?

お子さんにどうやって愛情を注いだら良いのかと、悩んでいるママからのご相談です。

バツイチで小学校2年の女の子がいます。
実家に母親と私と娘の三人で暮らしています。

私のお給料で生活を支えているため、娘のことは母に任せきりになってしまっています。

それなのに、疲れているときなどに娘のことがうっとうしく感じてしまうことがあり、娘が病気のときもひどい言葉をあびせたり、「いないほうが良かった」「可愛いと思えない」「うっとうしい」などと言う言葉がつい口から出てしまいます。

愛情不足で可哀想だとわかってはいるのですが、どうやって愛情を注いだらいいのかわかりません。
ひどいときは、顔を見てもイライラしてしまいます。

母親失格です。どうしたら良いのか分かりません。
このままじゃ娘の将来が心配です。

きっと、この想いを誰にも言えず、とても苦しい想いをされていることでしょう。

離婚されて、自分のお母さんと娘さんの経済的な面倒をお一人で見ているのは、本当に大変なことだと思いますし、そんな中で良くやっていらっしゃると思います。

「子育て」高い理想のせいで、イライラしていませんか?

「愛情不足」の娘さんを「可哀想」だと感じ、「どうやって愛情を注いだらいいのか」と悩み、「娘の将来が心配」と案じている、充分に愛情深いお母さんだと思います。

でもだからこそ、娘さんに対して冷たい言葉を口にしてしまったり、鬱陶しいと感じてしまう自分を「母親失格」だと責めてしまい、もっと愛情を注げない自分に失望してしまうのかもしれません。

自分に失望しているご様子から、自分の中で「子育てはこうあるべき」とか「母親はこうあるべき」という、高い理想をお持ちなのではないかと思われます。

親が子供を可愛いと思えないのは実はとても良くあることですし、イライラしたり、うっとうしく感じてしまうのも、人間として普通のことだと思います。

そこで、まずは無理に愛情を注ごうとしないことが大事です。
その代わりに、娘さんをなるべく傷つけないようする方法を考えましょう。

お子さんをなるべく傷つけないために

娘さんに対してイライラしてしまうときや、うっとうしく感じてしまうときに、その気持ちを消そうとするのではなく、「そういう気持ちがあるな」とただ気づいてみるようにしてみてください。

そして、それはそれとして置いておくようにします。最初は自分を責める気持ちなども出てくると思いますが、その気持ちにもただ気づいてみるだけにしましょう。

お子さんにイライラしている時に、試してみましょう

娘さんを「うっとうしく感じる」とき、その気持ちを認めたうえで、それを娘さんにぶつけてしまうのではなく、どうやってその気持ちと付き合っていくかをこれから色々と試行錯誤してみてください。

例えば、イライラしているときには、以下のような行動をとってみてください。

◆「お母さん、やらなきゃいけないことがあるから、ごめんね」と言って少し距離を置く。

◆いったん一人で外に出たり、別の部屋に行ったりしてクールダウンする。

なぜイライラしているんだろうと自分の心を実況中継するように観察してみることもおすすめです。

イライラを抑えられなかった…お子さんに謝りましょう!

クールダウンを試みても、ついひどい言葉を言ってしまうこともあると思います。

そんなときには時間が立ってからでも構いませんので、あなたの気持ちが落ち着いているときに「あの時は、こんなこと言って、ごめんね」と娘さんにきちんと謝ることも大事だと思います。

そして、ひどい事を言ったのは娘さんが悪いからではないのだということや、つい感情的になってしまったのだということも、伝えてあげてください。

お子さんは、あなたから独立した別の人格です

娘さんは、あなたの付属物でも、あなたの分身でもありません。
一人の人格を持った別の人間です。

ですから、無理に愛情を注ぐ必要はありませんが、あなたが他人に対して失礼なことをしたらきっと相手に謝ると思いますので、娘さんにもそんなふうに接してみてください。

むすび

もしも娘さんへのイライラや暴言などがエスカレートしてしまうようであれば、あなた自身がお母さんとの関係で傷を抱えている可能性もあると思いますので、セラピーを受けることも考えてみてくださいね。

妊娠・育児 一覧 >

この記事のライター

道端に咲く花を見るのが好きな夜散歩派です。

関連するキーワード


家族の悩み

関連する投稿


両親の老後のことが心配…将来に関する不安への対処法

両親の老後のことが心配…将来に関する不安への対処法

幼かった自分が大人になったということは、同じ時間だけ両親も年を取ったということ。「何かあったらどうしよう…」最悪な事態が頭から離れなくなってしまった方へのメッセージ。


両親の不仲に心が痛む |インナーチャイルド

両親の不仲に心が痛む |インナーチャイルド

自分が子どものころから両親は喧嘩が多く、今も会話なし。なぜ大人になった今もこんなに不安になるのか…というお悩みは、実は少なくありません。今回は、大人のあなたの心の中に存在する「子どものままのあなた」に注目し、幸せの在り方を考えます。


過干渉な親にうんざり…親に「子離れ」してもらうための方法

過干渉な親にうんざり…親に「子離れ」してもらうための方法

30歳に近くなった娘も、親は「子ども」として見てしまうようです。これまでいい子で来たあなた、少し嘘でもついて親に子離れしてもらいませんか。


子どもが独り立ちして寂しい…空の巣症候群を克服するために

子どもが独り立ちして寂しい…空の巣症候群を克服するために

子どもも立派に成長し、家を出て一人暮らし。それが寂しくてむなしくて家事も手につかないし眠れない…。そういった「空の巣症候群」「燃え尽き症候群」といわれる症状を克服するために、気持ちを落ち着かせるためのアドバイスをお届けします。


自分の価値観を押しつける”両親の支配”から逃れたい

自分の価値観を押しつける”両親の支配”から逃れたい

子どものころから、両親が愛情だと思ってしている言動が、自分にはそうと感じられない。相容れないままでもいい、自分が穏やかに暮らせれば…そんな願いに。


最新の投稿


これを守ればもう安心!ママ友と上手に付き合う5つのルール

これを守ればもう安心!ママ友と上手に付き合う5つのルール

あなたは周りのママ友と上手に付き合えていますか?頼りになることもあれば、ちょっとしたことで気まずくなってまうことも…。上手なママ友付き合いがしたい!と願うママへ、これだけは守りたい5つのルールをお教えします。


大人の片思いマニュアル|星座×血液型の傾向

大人の片思いマニュアル|星座×血液型の傾向

今回のテーマは「片思い」。片思いを、あえて楽しんでみようという内容です。若いときは、片思いのときの一喜一憂が楽しくて、両想いになると冷めてしまう…という経験があった方も多いのでは?気になる片思いの様々なデータと、星座・血液型別の傾向をみてみましょう♡


夏バテ解消にはスパイスを! ホットスパイスのヨーグルトカレー

夏バテ解消にはスパイスを! ホットスパイスのヨーグルトカレー

8月も半分が過ぎましたが、まだまだ暑くて食欲が出ない!なんて方も多いのでは?今回は、そんな夏バテ気味の方を応援するスパイスたっぷりのカレーレシピをご紹介します。


すぐに落ち込む自分を変えたい!「強く」なるためのアプローチ

すぐに落ち込む自分を変えたい!「強く」なるためのアプローチ

ちょっとしたことでも、自分はすぐ落ち込んでしまう。周りの人はあんなに強いのに…。そんなふうに自分の弱さをなんとかしたいと思っている方に。


【妊娠中の食事】食べちゃダメな食べ物とその理由

【妊娠中の食事】食べちゃダメな食べ物とその理由

妊娠中の食事。生まれてくる大切な赤ちゃんのために細心の注意を払いたいものの、色々な情報があって、結局何がだめなのかがわからない…というお悩みはたくさん。そこで今回は、妊娠中に注が必要な食べ物について、理由と共に詳しく見ていきましょう。