「前向きに」と言われても…落ち込み解消の感情コントロール術

「前向きに」と言われても…落ち込み解消の感情コントロール術

気持ちのコントロールは難しいもの。「悩みに気を取られて何事も心から楽しめない…」という方必見!今回は「落ち込む」という感情を変える、「行動」と「思考」に着目します。落ち込み過ぎないように、心のバランスをとる方法をみてみましょう。


心のバランスを保とう

気持ちのコントロールというのは、いくつになっても誰にとっても難しいことですね。

悩みを抱えていたら、明るくしようというのは並大抵のことではありませんし、少し不自然なことでもあります。
「明るくしよう」とか「楽しくしていないといけない」といった思いがかえってプレッシャーになって疲れてしまうこともあります。

ものすごく不安になったり、ズ-ンと落ち込んでしまうような気持ちの揺れが大きいと、日常生活さえもしんどく感じてしまいますよね。

そこで「明るくする」のではなく、「心のバランスを保つ」=「落ち込み過ぎないようにする」というイメージを持つと良いかと思います。

バランスを保つというのは、落ち込みすぎたり、浮かれすぎたりといった極端な状態にならないようにするということです。

落ち込み過ぎないために

どうしたら落ち込みすぎずに済むでしょうか。

感情は、行動と思考で変えられるけど…

「落ち込み」というのは感情ですが、感情というのは自分の心ではコントロールできないものです。感情は何によって変えることが出来るかというと、「行動」と「思考」によって変えることが出来ます。

いま「思考」と書きましたが、ここで問題になるのが、実は「思考」はそれほど簡単にコントロールできないということです。
特に、感情と思考がくっついてしまっている時には、とても難しいものです。

感情は、行動しながら変える

よく「もっと前向きに考えればいいんだよ」といったアドバイスがありますが、実際に悩んで落ち込んでいるときに前向きなことを考えるのは大変ですよね。それが出来れば苦労はしないはずです。

そんな時には、「行動」をしながら、少し距離を置いて自分の気持ちを眺めてみる時間を持つことをおすすめします。少しずつでも良いので出来れば毎日作れると効果的です。

何か「行動」をしながら、ということと、なるべく外から客観的に自分の気持ちを見てみるという二つがポイントになります。

具体例

具体的には、ヨガやお散歩、お掃除などをしながら、いま自分が悩んでいることはどんなことで、何が辛いのかをちょっと外からぼんやり眺めてみるといったことをします。

もし書道をやったことがあれば、写経などもいいでしょう。

ふと変わる時がやってくる

自分の気持ちと向き合っていることが習慣になるうちに、ちょっとずつ感情に振り回されないスキルが身についてきて「このままでも何とかやっていけそうだ」とか「これはこれでいいのではないか」といった考えがフッと出てきます。

そして、自然と問題の見え方が変わり、思考が変化することがあるのです。
問題に対する見え方が変わり、悩みに心が囚われすぎることがなくなると、楽しい時間を悩みに惑わされずに、純粋に楽しめる余裕も出てくるでしょう。

むすび

心の成長には、どんなに短い時間でもなるべく毎日こういった時間を持つことが助けになります。
疲れているときには、歯を磨く3分間や、駅まで歩く数分間といった隙間の時間も活用してみてくださいね。

メンタルケア 一覧 >

この記事のライター

道端に咲く花を見るのが好きな夜散歩派です。

関連する投稿


【束縛女】いつも一緒にいたい!彼に対する独占欲

【束縛女】いつも一緒にいたい!彼に対する独占欲

過去に浮気されたトラウマから、つい今の彼のことも疑ってしまう。信じたいのに信じられなくて、いつか"重い"と言われ離れていってしまうのではないかと不安になってしまう女性は、決して少なくありません。今回は、そんな恋愛における嫉妬や独占欲について見ていきながら、自分の気持ちを振り返ってみましょう。


人生を振り返る時期をどう過ごす?|心身のリトリート

人生を振り返る時期をどう過ごす?|心身のリトリート

人生の大きな節目を迎えた時には、今まで歩んできた道を振り返り、思いを巡らせこともありますよね。「避難」や「退去」の意味がある「retreat(リトリート)」ですが、日常生活を離れ、自分だけの時間や対人関係を見直し、再スタートするという意味があります。今回は、節目に考えたい、人生の振り返りついてお伝えいたします。


欠点しか見えない…いろんな自分を受け入れる方法

欠点しか見えない…いろんな自分を受け入れる方法

周りに流されて生きてきて、自分の考えが幼稚であることに気がついたとき。自分には価値がないように感じ、「生きづらさ」を覚えた、なんてことも。そもそも相手によって自分の性格まで変わり、「本当の自分って一体…?」と悩むことも少なくないはず。今回はそこに注目しながら、自分を受け入れる方法を見ていきましょう。


どもり癖を治したいです |吃音の悩み

どもり癖を治したいです |吃音の悩み

今回のテーマは、吃音。「人前で声を出そうとすると、上手く話せないことがある」というお悩みです。伝えたいことが上手く伝えられないと、胸がもやもやしてしまうはず。少しずつ改善していくことを目標にして、一緒に練習方法を見ていきましょう。


他人の幸せを喜べない…そのモヤモヤを消すためには?

他人の幸せを喜べない…そのモヤモヤを消すためには?

他人の幸せ、素直に喜べますか?結婚や出産といった幸せな報告なのに、心から祝福できない自分がいて…大抵の人が一度は経験したことがある感情かもしれません。「心から祝福してあげたいのに自分と比較してしまう」という人のために、原因と対処法をみていきましょう。


最新の投稿


【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

【2017版】おすすめ紅葉スポット10選|もっと楽しくなる雑学あり

秋も本番。そろそろ、紅葉狩りの予定を立てている方も多いのでは?今回は紅葉狩りをもっと楽しむための雑学とともに、全国のおすすめ紅葉名所と見頃予想情報をお届けします♪デートにもおすすめですよ♡


素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

恋愛ブランク。これまでに、「最近恋してないなぁ」「ときめきがない!」という時期を経験した女性は少なくないはず。いい恋は、あなたを綺麗にしてくれますよ。今回は、仕事や勉強が忙しくて、恋愛の仕方を忘れてしまったという女性に、恋のリハビリ方法をお伝えします♡


男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

男性が記念日を忘れてしまう理由|対処法と本音アンケート

今回のテーマは「記念日を忘れる男」。パートナーに誕生日や結婚記念日を忘れられて、悲しい思いをした女性は意外と多いのではないでしょうか? 実は、記念日を忘れてしまうのは、男女別でいうと圧倒的に男性のほうが多いんだそう。そこで今回は、どうして男性は記念日を忘れてしまうのか、その原因について詳しく解説していきたいと思います!


高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢者の食事のポイント3つ|両親や祖父母の健康と食欲を維持するには

高齢の方の食事。一緒に暮らす祖父母や両親が歳を重ねるにつれて、だんだんと食事にも変化が起こりますよね。噛みやすいおかゆや柔らかめのおかずを用意しても、だんだん飲み込みが悪くなってくると食欲も落ち、痩せていってしまいがち。今回は、食欲が湧き、なおかつ栄養もある食事について、見ていきましょう。


「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

「死ぬことを忘れた島」人々の長寿の秘密はハチミツとワインにあった!

肌年齢、骨年齢、筋肉年齢なんて言葉がありますが、「血管年齢」というのもあるそう。血管は一般的に年をとると硬くなっていくもの。若い人の中でも、「血管が硬い=血管年齢が高い」という人がいるんだとか。血管の若返りに効果的なものは何かあるのか、探ってみました。