男性が恋に落ちてしまう瞬間とは? 男性の恋愛プロセスと条件を徹底解剖♡

The following two tabs change content below.
クチン

クチン

80年代に憧れ、90年代を引きずっているライター。将来は可愛いおばあちゃんになりたい! 「クチン」はインドネシア・マレー語で「猫」という意味です。

男性の恋愛プロセス ってどんな仕組みなんでしょう?男性の恋心をつかむには、そのメカニズムを知ることがポイント。この記事では、男女の恋愛プロセスとメカニズム、男性が恋に気づくタイミングについて解説。プチ恋愛テクニックもご紹介しますよ。恋愛力をつけて、片思い中の相手を振り向かせたい女性、恋活・婚活を頑張りたい女性、必見!

 

恋って、本能の仕業なんです。

ロマンチックの欠片もなく、何だか寂しい感じがしますが、人が”恋に落ちる”ということには、「この人と子孫を残したい」という本能が大きく影響しています。

男性は、自らの血を引いた(=DNAを受け継いだ)子孫を、「たくさん」「長期に渡って残したい」という本能があります。そのために、つがいを求めるのであり、根本的にいうとそれが恋愛なのです。

男性が好みの女性を探すのは、優秀な遺伝子を受け継いだ子孫を健康に産んで、上手に育ててくれそうな女性を探すということともいえます。

女性の場合は、安心して子孫を産んで育て終えることを本能的に重視しますので、恋愛相手を決めるときは、それが重要なポイントとなります。

それではまず、女性側からいきましょう!

 

女性が男性を好きになるプロセスとポイント

女性の恋愛は加点式

男性の恋愛プロセス 女性の恋愛は加点式

 

ほとんどの女性は、ゆっくりペースで、異性を好きになっていきます。一目惚れも女性にはありますが、男性と比べるとかなり少ないです。

なぜかというと女性は、恋愛するための心の準備が必要だから。
先ほどもお話しましたが、女性は無事に子育てを終えたいという本能があります。そのため、じっくり相手を見極める時間が必要だということなんです。

女性の恋愛は加点式。要は、積み重ねなんです。
男性の行動、仕草、言葉、そして考え方などを普段よく観察します。
「あまり好きじゃなかったのに、何度もアプローチされて付き合った」「ギャップにやられた」なんて話よく聞きますよね。

それでは、男性を好きになるポイントに、どういったものがあるか見てみましょう。きっと共感するはずですよ~。

 

女性が男性を好きになるポイント7つ

1:誠意がある

男性の誠意が表に見えたときに、女性は「好き」という感情が生まれやすいです。ずっと誠意を持って、末永く幸せに暮らせるイメージが持てます。

 

2:包容力がある

「この人は、私のことを受け入れてくれそう」と感じると、女性は男性にグッと惹き付けられます。一緒にいても安心できますし、居心地が良いでしょう。

 

3:優しい

例えば、男性が何気なくドアを開けてくれたり、エレベーターのボタンを押してくれる姿にドキっとします。毎日、一緒にいるとなると、やはり優しさって大切ではないでしょうか。

 

4:価値観や好みが似ている

相手男性の価値の優先順位、考え方、感じ方、食べ物の好みや金銭感覚が自分と似ていると感じたときに好意を持ちやすいです。ズレがあると、言い合いやケンカに発展しやすいですよね。

 

5:男気がある

草食系男子が流行っていてもやはり、男っぽい男性は魅力的。または草食系男子でも、ふとした瞬間にみせる意外な男気は魅力的に思えます。

 

6:安心できる体格である

女性は「守ってもらえそう」と思わせる体格の男性を、本能的に好きになりやすいといわれています。

 

7:男の涙を流したとき…

耐えながら泣いている姿など、男性が普段見せない瞬間にドキっとしてしまうことも。思わず癒してあげたい、優しくしてあげたいといった、母性本能が働くのだとか。

さて、女性の恋愛プロセスがわかったところで、いよいよ本題、男性の恋愛プロセスです。男性が恋に落ちるメカニズムとはどんなものなのでしょうか。

 

男性の恋愛心理 男性が女性を好きになるプロセスとは?

男性の恋愛は減点式

女性が加点式で、徐々に好きになっていくのに対し、男性は減点式です。それは、子孫をたくさん残したい本能のため、瞬時に判断する必要があるから。
それでは、男性の恋愛プロセスを順番に解説しますね。

 

プロセス1:ルックスで第一審査

男性の恋愛プロセス 男性が女性を好きになるプロセスとは?

人間は「好み」で様々の人、物、事を判断します。意識的に判断していなくても、好みかそうでないかで行動が変わってきます。
この好みかどうかを判断するのには、いろんな要素がありますが、男性は、女性より「視覚情報」に影響されやすいとされています。
要は、女性のルックスで第一審査を行うということ。

つまり、内面ではなく、まず女性の外見が自分の好みかを見極め、その次にエッチができるか否かで判断をします。
正確には、世間的に美人かどうかではなく、「相手が自分好みのストライクゾーンかどうか」で判断します。

第一審査が終わると男性は瞬時に、ほぼ無意識にポジションを決定、ランキング付けします。ルックスが好みでない場合、恋愛相手やエッチの相手ではなく、友達や知人レベルに。
もしも男性からアプローチされたなら、それはあなたのルックスが、相手男性の好みと本能的に思われたからと判断してよいでしょう。

人によって、分類は様々ですが、ランキング形式のように分類しているため、男性は上位の女性ほど大切に扱います。

また、子孫を多く残したいという本能から、自分を受け入れてもらえそうな女性や、自分のことを好きそうな女性には加点がつきます。

 

でも、第一審査だけではありません。恋愛において、ルックスだけが判断材料になるわけではなく、ルックスの次に内面など様々な要素が出てきます。


 

プロセス2:恋の繰り上がり

男性がランキング上位の女性とうまくいかないときや、飽きてしまった、何らかの理由で別れたといったときには、その次のランクの女性と恋の関係になることがあります。
また、男性のなかでのランキングがだんだん上へと繰り上がっていくことで、付き合うようになることもよくあります。

最初の段階では、ルックスだけで判断しますが、接していくうちに、性格など内面的な要素、周りの人や友人の変化など外部要素、男性自信の変化によって、ランキングや振り分けが変動します。
よくあるパターンといえば、「ギャップ」ですね。

そして、周りの影響も、よくあるランキング変動要因です。
周りから「お似合いだよ」「付き合えば?」または、「あの女性は素敵」「とっても優しい良い子だね」というふうに言われると、「あれ、そうかも…」男性の相手女性に対する評価や気持ちが変わることがあります。いわゆる外堀を埋める作戦ですね。
 

プロセス3:男性の恋心に火がつく

男性の恋愛プロセス 男性の恋心に火がつ

男性が【プロセス1】と【プロセス2】のフェーズで、「恋愛対象」「嫌いじゃない」と判断した女性とは、何らかのきっかけで恋心に火がつくことで、恋愛関係に発展します。

そのきっかけはとても様々ですが、男性の恋心に火をつけるために効果的とされている恋愛のコツを4つ紹介しましょう。

 

♥恋愛のコツ:たくさん会う

心理学用語に「単純接触効果」というのがありますが、人は何度も同じ人に会うと、その人の好感度が上がるという法則のことです。
何度もちょいちょい目に入るようにすると、男性の恋を加速させる効果があるでしょう。ポイントは合っている時間の長さより、回数を意識することです。

ただし、男性からの好感度を下げてしまうようなことをすると逆効果ですので、注意しましょう!

[blogcard url=”https://wellfy.jp/articles/1517″]

 

♥恋愛のコツ:想像と妄想をふくらませる

男性の妄想力を侮ってはいけません(笑)。男性が恋に落ちるのは、女性と付き合っている瞬間を想像したときが多いです。

気になる男性を振り向かせたい場合は、「付き合うことを妄想させること」が効果的だとされています。
例えば、「○○君と付き合ったら、どんな感じかな?」「○○さんと付き合ったら、楽しそう」などの言葉。こういうフレーズを聞くと、男性は自然と「幸せに付き合っている想像」をし、その想像がふくらみ、妄想がひろがり…。そうしているうちに、恋に落ちてしまいます。

 

♥恋愛のコツ:脳を錯覚させる

錯覚させるのも効果的です。「吊り橋効果」という言葉を聞いたことありませんか?
吊り橋効果とは、不安やスリルなどを体験しドキドキすると、脳がそれを恋のドキドキだと勘違いしてしまい、そのときに一緒にいた人を好きになるという心理学法則です。
つまり、気になる男性とドキドキするような体験をすると、恋心に火がつくかもしれないということ!

例えば、スリルのあるアトラクションに一緒に乗るもの良いでですし、ちょっとしたサプライズで相手をドキドキさせるのも良いです。相手男性が職場の同僚の場合は、一緒にピンチを乗り越えることも似たような効果が期待できます。

男性でも女性でも、一般的には恋心に火がつくと、恋は加速していきますが、これにはホルモンが大きく関係しているとされています。

人は恋に落ちると、脳内でPEA(フェニルエチルアミン)、ドーパミン、エンドルフィンなど様々なホルモンが分泌されますが、これらのホルモンはドキドキや幸せな気分、落ち着き、快楽を与えてくれるため、人は何度も同じ気分を味わいたくなります。
つまり、何度も同じ気分を味わいたい=何度も会いたい、たまらなく欲しい=恋に落ちている状態なんです。

 

プロセス4:恋が加速していき、ピークに!
次のページへ