年間1万人がかかる「子宮頸がん」について。原因と症状。検査は痛い?異形成とは?

年間1万人がかかる「子宮頸がん」について。原因と症状。検査は痛い?異形成とは?

「子宮頸がん」は、最近20代~30代の女性の患者が増えていて、「国立がん研究センターがん対策情報センター」によると、年間約1万人が子宮頸がんと診断されているそうです。大竹しのぶさんや高橋メアリージュンさんなど、有名人の経験者も少なくありません。ここでは、そんな子宮頸がんの原因や症状など、基礎知識についてお話します。


監修:婦人科医 松村圭子

婦人科医、成城松村クリニック院長。元大妻女子大学非常勤講師。婦人科専門医として、月経トラブルから更年期障害まで、女性の一生をサポートする診療を行う。小さな悩みごとでも相談しやすく、姉御肌の頼れる女医として人気。『医者が教える女性のための最強の食事術』『女30代からのなんだかわからない体の不調を治す本』など著書や監修コンテンツも多数。

年間1万人がかかる女性特有「子宮頸がん」

子宮頸がんとは?

「子宮頸がん(子宮頸癌、英:cervical cancer)」は、子宮頸部にできるがんのこと。

子宮にできるがんの中では、日本では以前は子宮頸がんが圧倒的に多く、子宮がん全体の約70~80%を占めていましたが、現在では約50%と言われています。
日本では、毎年約10,000人もの女性が子宮頸がんにかかり、約3,000人が子宮頸がんで亡くなっています(※1)。

※1 子宮頸がん予防ワクチンQ&A(厚生労働省)より
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html

症状は初期には出ないが、進行するとおりものに異常が見られることも

初期にはほとんど自覚症状が出ません。そのため、子宮頸がんは定期的に検診を受けて、早期発見をすることが大切です。
進行すると、おりものの異常(茶褐色、黒褐色、大量に増えるなど)や不正出血や性交時の痛み、セックス後に出血などが見られます。

子宮頸がんの原因が“やりすぎ”とは言えない

子宮頸がんの原因はHPV

子宮頸がんの原因は「HPV(ヒトパピローマウイルス、英:Human papilloma virus)」の感染です。

しかし、HPVに感染していたら必ず子宮頸がんになるというわけではありません。HPVに持続感染している人のごく一部が発症するという意味です。

その他、子宮頸がんは
・喫煙している
・若い時期からセックスを経験している
・不特定多数の人とセックスの経験がある
人のほうがかかるリスクが高い、という統計的なデータもありますが(※2)、性行為の経験回数が多いから子宮頸がんにかかるとは言えません。

※2 Cervical cancer Risks and causes(Cancer Research UK)
https://www.cancerresearchuk.org/about-cancer/cervical-cancer/risks-causes

子宮頸がんの原因HPVとは?

「HPV」はウイルスの一種。100種類以上のタイプがある、ごくありふれたウイルスですが、そのうち、約13種類が悪玉型(ハイリスク型HPV)で、子宮頚がんの原因となります。

約80%の女性が、一生のうちに一度はHPVに感染するといわれていますが、感染したからといってすぐにがんが発症するわけではありません。感染しても、そのうち約90%の人は自分の免疫力で排除されます。
残りの約10%の人が、HPVを排除できずに持続感染して、そのごく一部の女性が数年から10数年を経て子宮頚がんになる、といわれています。

HPVはセックスによって感染しますが、セックスの経験が豊富でなくても、基本的には性交経験がある女性であれば、誰にでも感染するリスクがあります。つまり、相手男性がHPVウイルスを保有していたなら、一度のセックスで感染することもあります。

もしあなたがHPV感染していて、「子宮頸がんはセックス経験人数が多い人がなる病気、性的に奔放な人がなる病気」などと本気で言っている人がいても、心を傷めないでくださいね。

子宮頸がんの検査(検診)と結果、治療について

子宮頸がん検診の受け方とペース

子宮頸がんが完治するかどうかは、どれだけ早期に発見して治療できるかにかかっています。胃がんと並んで比較的治りやすいがんといわれ、初期の状態で適切な治療を受ければ完治する可能性が高く、子宮を残しながら治すことも可能です。
また、一般に治療後5年間再発がなければ完治とされます。

そのため、治療のためにも、予防のためにも最も重要なのは「定期的にがん検診を受けること」。地方自治体が実施する検診もありますので、定期的に検診を受けるようにしましょう。

子宮頸がんは一般的にゆっくりと進行するため、前がん状態といわれる段階から浸潤がん(進行がん)になるには、2~3年はかかると言われています。そのため、2年に1回の検診が推奨されています。

子宮頸がん検診の流れ

一般的に、子宮頸がん検診(問診・視診&触診・細胞診)→精密検査→結果、という流れとなります。

検診の結果が「異常なし」なら、1年後にまた検診を受け、様子を見ます。またHPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)を接種することで、がんにかかる確率を減らすことができます。

子宮頸がん検診で「異常あり」となった場合は、精密検査(コルポスコープ・組織診)を行うことになります。
検査結果が「異形成」と出ることがありますが、異形成とは子宮頸がんに進行する可能性がある異常細胞が増えている状態のことを言います。異形成にも程度があり、軽度の場合は自然に治ることが多いのですが、異常な細胞が増えた高度の異形成では子宮頸がんになる可能性が高くなります。

続いては、子宮頸がん検診の内容についてお話しましょう。

この記事のライター

wellfy公式アカウント。婦人科医、皮膚科医、臨床心理士など、専門家が執筆した記事を再編、またはその情報もとに執筆しています。

関連する投稿


専門家に聞く! 浮き指の予防・改善コツとエクササイズ

専門家に聞く! 浮き指の予防・改善コツとエクササイズ

ある調査によると、女性の約8割、男性で約6割、そしてなんと小学生の7割弱が「浮き指」との結果が出たそうです。もはや国民病ともいうべき「浮き指」について、今回も、過去20数年にわたり、足の悩みを抱える5,000名以上の患者さんを診察された外反母趾研究所 代表 古屋達司先生のお話を交えながら、その予防・改善法を解説していきます。


季節の変わり目に!「まいたけ」「ズボラレモン白湯」で風邪予防!医師に聞いてみた

季節の変わり目に!「まいたけ」「ズボラレモン白湯」で風邪予防!医師に聞いてみた

今年の冬もインフルエンザが大流行しましたね。インフルのシーズンが去っても油断はできません。季節の変わり目や、新生活のシーズンは、環境の変化やストレスにより風邪を引きやすくなることも…。そこで今回は、呼吸器専門医の大谷義夫先生に、普段から実践している風邪・インフルエンザ対策とオススメ食材を伺いました!


専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

ハイヒールや足に合わない靴を履き続けているとなりやすい「外反母趾(がいはんぼし)」。ある調査によれば、仕事中に足の悩みを抱える女性は8割以上になるそうです。そこで今回は、外反母趾外反母趾研究所 代表 古屋達司先生のお話を交えながら、予防・改善法について解説していきます!


【膀胱炎の原因と治し方】性行為が原因?女性が膀胱炎になりやすい理由とは?

【膀胱炎の原因と治し方】性行為が原因?女性が膀胱炎になりやすい理由とは?

女性の4人に1人が経験者といわれている膀胱炎。性行為後に膀胱炎になったというケースや、仕事中になかなかトイレに行けず再発を繰り返すというケースも少なくありません。ここでは、膀胱炎の基礎知識と改善方法について解説します。発症したら、きちんと治して、再発を防止しましょう!


梅毒が急増中。性行為で感染する、梅毒の原因と症状、治療のポイント

梅毒が急増中。性行為で感染する、梅毒の原因と症状、治療のポイント

あの昔、性行為で感染する病気をSTD(性感染症)ではなく、性病と呼んでいた頃の代表的な病気「梅毒」。日本ではほとんど無くなっていた梅毒が、最近再び増加中です。病状が進行すると脳が侵されて精神に変調を来すこともある梅毒。ここでは梅毒の原因と最近の感染状況、症状などについて解説します。


最新の投稿


最高の彼氏になる方法とは?「彼氏と付き合ってよかった」と思う瞬間【女性心理】

最高の彼氏になる方法とは?「彼氏と付き合ってよかった」と思う瞬間【女性心理】

世の中には二種類のカップルがいます。ひとつは、付き合うことになった時点がピークで、その後は徐々に愛情が冷めていくカップル。もう一方は、一緒に過ごす時間が増えるに従ってお互いのことをより深く知ることができ、「この人と付き合っていてよかった」と度々、幸せに浸れるカップルです。どうせなら、後者のカップルになりたいですよね。


【数秘術】今週の神秘ナンバー占い6月14日~6月20日|数字でわかる運勢

【数秘術】今週の神秘ナンバー占い6月14日~6月20日|数字でわかる運勢

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。2019年6月7日週、あなたの運勢はどのように変化する?!


裏垢・褒め待ち・病みアピ…SNSでしてしまいがちな「イメージダウン行動9選」

裏垢・褒め待ち・病みアピ…SNSでしてしまいがちな「イメージダウン行動9選」

ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのSNSを一切使っていない人というのは、現代社会では少数派でしょう。自分の日常や意見を発信して、全然知らない人から反応をもらえるSNSはエキサイティングなサービスであり、ときには一生ものの出会いや、ビジネスチャンスにつながることもあります。ただし、使い方によっては自身のイメージを低下させてしまう場合もあります。


カップルで旅行!おすすめの「男女別の持ち物」と「気をつけたいポイント7つ」

カップルで旅行!おすすめの「男女別の持ち物」と「気をつけたいポイント7つ」

楽しみにしていた恋人との旅行が、「忘れ物をしたために、思うように楽しめなかった」ということになってしまったら、残念ですよね。今回は、恋人と旅行に行くときに持っていった方がいい持ち物(男女別)と、旅行を楽しむために気をつけたいポイントをご紹介していきます。旅行前のチェックリストとして、活用してみてくださいね!


「もうダメかも…でも別れが言えない」彼氏に別れを切り出す方法

「もうダメかも…でも別れが言えない」彼氏に別れを切り出す方法

もうダメかもしれない。頭ではそう理解していても、実際は別れを切り出すのはつらいものです。すでに終わっている恋にしがみついている自分にも納得がいかない日々。そろそろ区切りをつけないと、どんどん悪い流れへと引きずられてしまいます。今回は、彼氏に別れを切り出す方法についてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング