30代はモテる。「婚活中の30代女性」がハマってはいけない7つの落とし穴

30代はモテる。「婚活中の30代女性」がハマってはいけない7つの落とし穴

30代の婚活は20代の婚活より難しい、厳しい、と思っていませんか?たしかに、30代になれば既婚者も増えてきているので、「いいと思う人は結婚している」という場合も多々あります。ですが、人生100年時代と言われる現代、30代はまだまだ若く、可能性だらけの年代です。端的に言うと、30代は男女ともに、まだまだモテる年代なのです。


「婚活中の30代女性」が絶対にハマってはいけない落とし穴とは?

ただし、「男性からデートに誘われる」「頻繁に口説かれる」イコール「自分にぴったりの相手と結婚できる」というわけではありません。下手をすると、「モテている」という実感があるのに、ますます結婚は遠ざかってしまう、という事態にもなりかねないのです。

ここでは、幸せな結婚を遠ざけかねない避けるべき落とし穴について解説していきます。

婚活中の30代女性がハマってはいけない落とし穴1 既婚者との恋愛

30代の女性がもっともハマってはいけない落とし穴、それはずばり、既婚者との恋愛です。「出会った頃は結婚していると知らなかった。もう好きになってしまったからやめられない」という女性もいますが、幸せな結婚がしたいなら今すぐ関係を断ち切るべきでしょう。
なぜなら、既婚者は簡単には離婚しないからです。それに略奪できたとしても、相手は「結婚していても他の女性と体の関係を持つことが平気な男性」の可能性が高いでしょう。
既婚者との恋愛は、結婚をしたいと考えるなら百害あって一利なしの関係だと言えるでしょう。

婚活中の30代女性がハマってはいけない落とし穴2 元カレとの逢瀬

「元カレとは知った仲だから、遊んでいる。別に本気なわけじゃないし」と元カレと会い続けるのは得策ではありません。なぜなら、「男性とデートをしている」という感覚があるため、他の出会いを探すことに積極的になれないからです。
時間は有限です。恋愛がうまくいかなかった相手のことは忘れましょう。

婚活中の30代女性がハマってはいけない落とし穴3 結婚する気のない年下男性

これまで年上好きだった女性でも、30代に入ってから「年下もありかも」と言い出す傾向にあります。かなり年齢の離れた年下男性と付き合い始めるパターンもあります。
それ自体は問題ありませんが、年齢が離れすぎていると、結婚願望がまだまったくない、というケースもあります。本当に結婚したいなら、近道は「結婚願望の強い男性と出会うこと」であり、「恋愛だけを求めている人とデートすること」ではないと肝に命じておきましょう。

婚活中の30代女性がハマってはいけない落とし穴4 毎週末の女子会

気のおけない女友達とのおしゃべりほど楽しいものはありませんよね。ただし、それが、傷の舐め合いになってしまってはいけません。寂しさを紛らわすための女子会は、ほどほどにしましょう。

婚活中の30代女性がハマってはいけない落とし穴5 軽いマッチングアプリでモテ気分

近年、マッチングアプリの出会いをきっかけに結婚したというカップルは少なくありません。ですが、結婚に真剣な人が多い婚活アプリもあれば、軽いアプリもあります。軽い出会いを探している人が多いアプリで、いくら男性からアプローチされても、婚活女性にとっては無意味です。「いっぱいアプローチがきた。モテている!」と感じても、結局は無駄モテの場合も多いのです。
アプリを利用する場合は、婚活を標榜しているアプリを利用し、信頼関係ができるまでは相手の言うことを信じすぎないようにする必要があるでしょう。

婚活中の30代女性がハマってはいけない落とし穴6 面倒、という沼

年齢を重ねるごとに、新しいことを始めるのが億劫(おっくう)になりがちです。「会社と家との往復で1日が終わる」「出会いの場所に行きたいけど、無駄足になってがっかりするのはしんどい」といった理由でルーティンから抜け出せなくなると、一生そのままです。
現状を変えたいなら、新しいことにチャレンジして、これまで行ったことのない場所に積極的に出かけていく必要があります。

婚活中の30代女性がハマってはいけない落とし穴7 楽しすぎるおっかけ

30代女性がハマりやすい沼として、宝塚、フィギュアスケート、ジャニーズ、韓流、2.5次元、などが挙げられます。趣味を楽しむことは素晴らしいことです。ですが、結婚したいならば、趣味に全力投球しながらも、出会いを積極的に求めるバイタリティーが必要になってきます。

この記事のライター

編集者を経て複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

関連するキーワード


婚活 アラサー 結婚

関連する投稿


婚活高望み女性の勘違い。必死にハイスペ男子を狙っても幸せになれない?

婚活高望み女性の勘違い。必死にハイスペ男子を狙っても幸せになれない?

「自分のスペックを棚にあげて、ハイスペ男子を狙うのはイタイ」という言説を目にすることがあります。ですが、私はあえて言いたいと思います。「理想が高くて何が悪い」と。結婚相手選びは人生を左右する一大事です。そこで高望みせずいつするのでしょうか?ただし、「幸せになれる高望みもあれば、不幸になる高望みもある」とも思います。


終活はいつから?30代でも早すぎることはない「終活の始め方」

終活はいつから?30代でも早すぎることはない「終活の始め方」

自分の「死」について考えたこと、ありますか?平均寿命が延びてきているとは言え、いつやってくるかは誰にもわからない、しかし誰にも必ず訪れる「死」。まだ先のことですが、終活がどんなものか知っていても、損はしないはず。老後の迎え方を、ちょっと知っておきましょう。


芸能人、有名人カップルにも多い「事実婚」について考えてみる。選ぶメリット・デメリット

芸能人、有名人カップルにも多い「事実婚」について考えてみる。選ぶメリット・デメリット

ミュージシャンのmisonoさんや、ブロガーのはあちゅうさんなど、最近、芸能人や有名人が結婚するさいに、あえて事実婚を選択する事例が増えています。なぜ、彼ら・彼女らは事実婚を選んだのでしょうか? また、事実婚と法律婚や同棲にはどのような違いがあるのでしょうか? 今回は、事実婚を選ぶメリット・デメリットについて検討してみたいと思います。


誰よりも可愛いのに、どうして?モテるのに結婚できない女性の特徴

誰よりも可愛いのに、どうして?モテるのに結婚できない女性の特徴

彼女は誰よりも美人。仕事もできて、向上心にも溢れている人。だけど周りが結婚ラッシュを迎えても、彼女だけが結婚しない。彼氏さえもいない時期があると、不思議で仕方がないはず。周りが放っておくはずがないのに、なぜでしょう?今回は、モテるのに結婚できない女性の特徴をご紹介します。


5人に1人が不倫経験アリ?「結婚=永遠の愛は幻想」かもしれない【アンケート】

5人に1人が不倫経験アリ?「結婚=永遠の愛は幻想」かもしれない【アンケート】

有名人の不倫話題が尽きることなく世間を賑わせている近頃。「純愛不倫」「婚外恋愛」「セカンドパートナー」という言葉もよく耳にしますね。「恋愛のゴールは結婚」という時代は終わったのでしょうか?ここでは、20~40代の男女を対象に実施した「オトナの恋愛事情に関するアンケート調査」を元に、不倫に関するアレコレをご紹介したいと思います!


最新の投稿


男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

3月14日はホワイトデー。男性からバレンタインチョコのお返しをする日とされていますが、当日になっても彼からなんのプレゼントも、コンビニスイーツすらもない…、なんてことありませんか?それには、男性ならでは3つの理由があるんです!


駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

彼と改札前で待ち合わせ。でも同じように待ち合わせている人は、たくさんいて、意外と不便。見つけるまでに一苦労で、相手を待っている方は混雑のあまりに疲れてしまう……。待ち合わせ場所も工夫することで、その日はずっと二人ともご機嫌でいられるでしょう。


「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代の貯金の平均額は500万円」「老後の資金には最低でも1億円が必要」など、貯蓄に関する数字を見る機会って多いですよね。実際には、堅実にコツコツ貯められている女性もいれば、「30代なのに貯金がほとんどない」という女性もいるでしょう。今回は、貯金がない30代女性の不安を消すためのヒントをご紹介していきます。


【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回のテーマは寒いこの時期に必須の「防寒具」!算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょう?


専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

ハイヒールや足に合わない靴を履き続けているとなりやすい「外反母趾(がいはんぼし)」。ある調査によれば、仕事中に足の悩みを抱える女性は8割以上になるそうです。そこで今回は、外反母趾外反母趾研究所 代表 古屋達司先生のお話を交えながら、予防・改善法について解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング