バレンタインの男性心理。手作りチョコはアリ?プレゼントは何が欲しい?

バレンタインの男性心理。手作りチョコはアリ?プレゼントは何が欲しい?

バレンタイン、好きですか?私は大好きです。あらゆるチョコレートブランドから美味しくて見た目も可愛いチョコがたくさん発売されますし、手作りするのも楽しいですよね。女友達同士でチョコを送りあっている人も多いでしょう。ただし、男性と女性とではバレンタインに対する心理がちょっと違っているようです。


日本のバレンタインはかなり特殊

バレンタインに対する男性の心理を紹介する前に、まずは日本におけるバレンタインの位置付けについて確認していきましょう。

日本では、バレンタインは女性から男性にチョコレートをあげる日です。チョコレートを贈るさいに、気持ちを告白する、という風習もあります。ただし、この文化は世界的に見ればかなり特殊だと言えます。

イギリス、イタリア、アメリカなどの欧米では、バレンタインは恋人同士が愛を伝え合う日だとされています。女性からプレゼントを贈ることもありますが、男性から女性に花を贈ったり、ふたりでディナーを楽しんだりするのが一般的です。

では、なぜ日本だけバレンタインは「女性から男性にチョコレートを贈り、愛を告白する日」とされたのでしょうか。

バレンタインの歴史には諸説ありますが、1950年代にお菓子メーカー・森永製菓が積極的に「バレンタインデーにはチョコレートを贈ろう」という宣伝をしたことが発端だとする説が有力です。

お菓子メーカーの戦略が、60年以上の時を経て、日本独自の文化として根付いているという事実には驚かされますが、ここまで続いたのは、宣伝が巧みだったから、ということに加えて、「日本人がこういった風習を求めていたから」だと考えられます。

現在でも、告白やプロポーズなど、恋愛の主導権は男性側が握っているケースが多い日本において、「女性から愛を告白できる日」としてのバレンタインは、魅力的なイベントだと考える人が多いのでしょう。

義理チョコは悪しき風習? 男性も義理チョコを重荷に感じている場合がある

さて、「チョコレート屋の戦略に過ぎない」と揶揄されつつも、衰えることのないバレンタインという風習は、女性に告白したり感謝を伝えたりするチャンスを与えてくれるイベントですが、浸透しすぎて義務化してしまっている、という側面もあります。

職場での義理チョコなどは、バレンタインの義務化の最たるものでしょう。お互い、準備が面倒・ホワイトデーのお返しが面倒、と考えているのに、チョコを贈りあうのは不毛です。本来楽しいイベントであるはずのバレンタインが重荷になってしまっているという現状を踏まえて、2018年には、ゴディバが「日本は、義理チョコをやめよう。」というキャッチコピーの広告を新聞の一面に掲載し、話題を呼びました。

出典:https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/13/morihiro-harano-interview_a_23384049/
「日本は、義理チョコをやめよう」 働く女性の気持ちを掴む広告は、こうして生まれた。(HUFFPOST)より

この広告が概ね好意的に世間に受け入れられたことから、「バレンタインは気が重い。義務的にチョコレートのやりとりをしなければならないから」と感じていた男女が少なからず存在していたことが分かります。

「好きだから贈る」「本当にお世話になっているから贈る」以外の「なんとなく贈っておいた方がいいかなあ、面倒だけど」と考えて贈る義理チョコなら、お互いのストレスになるだけなので、やめてしまった方が良いでしょう。

バレンタインの男性心理。バレンタインは好き?高級チョコか手作り、どっちが欲しい?

義理チョコはあげる必要がないとしても、本命にはあげたい、と考える女性は多いでしょう。そういった場合、高級チョコか手作りチョコ、どちらを贈るべきか、で迷いがちです。

ここでは、20代〜30代の男性にバレンタインに対する心理と、どんなチョコが欲しいかについて聞いたアンケート結果をご紹介します。

ケース1 どんなチョコでも嬉しい。手作りだとより嬉しいかも

「バレンタインはどちらかというと好きですね。彼女から手作りチョコをもらったときは嬉しかったです。市販のものより手作りの方がいいかな」
(35歳・外務省勤務)

「彼女からフォンダンショコラをもらったときは感動した」
(28歳・ライター)

ケース2 バレンタインはあまり好きではない。

「学生時代はバレンタインがあまり好きじゃなかった。モテる人とモテない人の差が明らかに分かるから」
(29歳・歯科医師)

「バレンタインは、あまり好きじゃないかも。会社の義理チョコがまず面倒。チョコより高級なお返しをしないといけないのも苦痛」
(31歳・商社勤務)

「バレンタインは実はあまり好きじゃない。チョコレートが好きじゃないから。好きな人からもらえるなら何でも嬉しいっていう気持ちもあるけど」
(35歳・事務)

ケース3 味重視。手作りより高級チョコ!

「手作りより、市販の高級チョコの方が嬉しいですね。その方が美味しいですから。手作りを有り難がる男性ばかりじゃないって知って欲しい。付き合ってもいない女性の手作りは嬉しくないし、彼女にも買ったチョコの方が欲しいって言っています」
(33歳・薬剤師)

「チョコレートが普通に好きなので、有名ショコラティエのチョコとかが嬉しい。男性というだけで、甘いものに疎いと思われがちだけど、チョコに詳しい男性もけっこういますよ」
(22歳・大学生)

バレンタインは、「お返しをするのが面倒」「人気度が可視化される」といった点から、「あまり嬉しくないイベント」だと考えている男性もいるようです。
また、手作り派と高級チョコ派ははっきりと意見が分かれました。気になっている男性がどちらの派閥に属するのか、事前に確認しておきましょう。分からない場合は、高級チョコを購入しておくのが無難そうです。

この記事のライター

編集者を経て複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

関連する投稿


“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

気になる男性が“彼女いらない”宣言をしていたら、もう諦めるしかないのでしょうか…?いいえ、そんなことありません!独り身を謳歌(おうか)している彼も、ふとしたタイミングで「彼女が欲しいな」と思うときがあるんです。では、彼らはどんなタイミングで彼女が欲しくなるのでしょう。元“彼女いらない”宣言をしていたオトコが5つのタイミングをお教えします。


まずは現実を見よ!「元カレと復縁」するための7つの修行法

まずは現実を見よ!「元カレと復縁」するための7つの修行法

「復縁したい」という思いが強すぎると、彼にしつこくLINEしてしまい、ますます引かれてしまったり、苦しくてそれ以外のことに手がつかなくなってしまったりしがちです。本来、幸せになりたいから復縁したいはずですから、復縁を求めて不幸になってしまうのは、本末転倒です。今回は、淡々と復縁道を突き進み、焦りや不安を無くして、幸せを感じるための方法をご紹介していきます。


男性目線で解説! 女性をサシ飲みに誘う男性の心理。下心? 脈ありのサイン?

男性目線で解説! 女性をサシ飲みに誘う男性の心理。下心? 脈ありのサイン?

男性はどんなことを考えて、女性をサシ飲みに誘うのでしょうか?男友達からだったり、好きな人からだったり、男性からサシ飲みに誘われたとき。2人きりはなんだか緊張しちゃいますし、その心理が気になりますよね。そんな女性では分からない男性心理の奥のところを男性ライターが解説。お誘いに対するおすすめの返事もあわせて紹介します。


アラサー男子が選ぶ! 男性が彼女にプレゼントされて嬉しい4つのアイテム

アラサー男子が選ぶ! 男性が彼女にプレゼントされて嬉しい4つのアイテム

大好きな彼へのプレゼント、どうせなら彼が本当に喜んでくれるものを贈ってあげたいですよね。でも、「一体なにを贈れば彼は喜ぶのか…」と悩む女性は少なくないと思います。そこで、彼へのプレゼントを失敗しないために「20代後半~30代前半のアラサー男性に喜ばれるアイテム」を男性目線で4つに厳選しました。


エッチ中、男性たちが考えている19のこと♡ 彼の頭の中を覗いちゃいましょう!

エッチ中、男性たちが考えている19のこと♡ 彼の頭の中を覗いちゃいましょう!

大好きな彼氏とのエッチ。前もっていろいろと準備をしたり、エッチ中にも「彼はちゃんと気持ちいかな?」などと、考えているものですよね。でも、それは女性だけでなく、男性もそう。そこで、男性たちがエッチ中に考えていることを、オトコ目線で丸裸にしていこうと思います。


最新の投稿


10連休腸活!増える増える「手作りカスピ海ヨーグルト」レシピ♡作り方動画あり

10連休腸活!増える増える「手作りカスピ海ヨーグルト」レシピ♡作り方動画あり

2019年のGW(ゴールデンウィーク)は10連休の大型連休。旅行に行く予定がある方もいれば、混雑を避け自宅で過ごすという方、10連休にもなると何をすれば良いか…という方もいるのでは?そこでこの連休にぜひ試してみてほしい、簡単手作り「カスピ海ヨーグルト」腸活をご紹介!連休明けは、美肌&軽やかボディで愛され度がUPしちゃうかも?


失敗しないステーキの焼き方!『漬けワザ』で肉も心も熱々ジューシーだぜっ♡

失敗しないステーキの焼き方!『漬けワザ』で肉も心も熱々ジューシーだぜっ♡

最近、スーパーで並べられる数も増え、ますます身近になりつつある輸入牛たち。でも、焼き方によっては硬くなったり、ジューシーさが損なわれることも…。今回は、国産牛とは異なる輸入牛肉の美味しさや、より美味しく味わうための調理法『漬けワザ』を、バーベキュー上級インストラクター/お肉検定1級を持つ、エバラ食品の田中敬二さんに伺いました♪美味しいお肉で特別な休日を楽しみましょう!


習慣やルールを味方に!やる気がないときでも、いつもの私でいられる方法

習慣やルールを味方に!やる気がないときでも、いつもの私でいられる方法

いつもよりモチベーションが下がっている。身体も重たいし、心も暗い。だけど会社に行かなければ生活できない!調子が下がってしまっても、目の前の仕事を効率よく進められるように調子を整えましょう。今回は、やる気がないときでも、いつもの私でいられる方法をご紹介します。


「10歳以上の年の差カップル」が恋愛を長続きさせる7つのコツ!ありがちな悩みは?

「10歳以上の年の差カップル」が恋愛を長続きさせる7つのコツ!ありがちな悩みは?

年の差カップルが長期的に幸せな関係を続けるためには、同年代のカップルとはちょっと違った努力が必要です。年の差カップルにはどういった問題があり、どのように乗り越えていけばいいのでしょうか?今回は、「10歳以上の年の差カップル」の恋愛を長続きさせるためのコツをご紹介していきます。


【心理テスト・占い】成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

【心理テスト・占い】成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回のテーマは「落とし前のつけ方」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょう?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング