VIOツルツル!ハイジニーナ脱毛のメリット・デメリット。男性の評判は?

The following two tabs change content below.

ハイジニーナ脱毛のデメリット

ハイジニーナ脱毛のデメリット

ハイジニーナのデメリット:温泉や銭湯、婦人科で恥ずかしい

ハイジニーナにしている女性はまだまだ少ないので、やはり温泉などで他人に見られるのが恥ずかしいというデメリットがあります。特に高齢の方ほど馴染みがなく、温泉や銭湯などでは視線が気になってしまうそうです。
また、婦人科検診で見られるのが恥ずかしいという声も。

ちなみに、加齢とともに陰部のたるみが目立つようになる可能性もあります。

ハイジニーナのデメリット:脱毛施術時に痛い

ハイジニーナ脱毛を施すVIOゾーンは、デリケートゾーンと言われるほどですから、他の部位より痛みを感じやすく、また粘膜ギリギリの部分も処理対象となります。さらに他の部位に比べて毛が太いので、その分、脱毛処理のときに痛みを強く感じることがあります。そのため、痛みに耐えられず、途中で止める人もいるそうです。
しばらく脱毛を続け太い毛が減ってくると、痛みも軽くなってくると言われています。

ハイジニーナのデメリット:永久脱毛だと元にもどせない

ハイジニーナの永久脱毛をした場合、毛が生えてこなくなりますので、好みや都合が変わっても元には戻せません。これもハイジニーナのデメリットと言えます。

ハイジニーナのデメリット:男性の評判、好み

アンダーヘアはセックスにおいても重要な要素。
性的嗜好は人それぞれですが、デリケートゾーンがツルツルだと「遊び慣れてそう」というイメージを持つ男性も中にはいます。
また、アンダーヘアは成熟した女性の象徴でもあります。逆に言えば、アンダーヘアが生えていないのは「未熟」と思う男性もいるようです。

もしあなたがハイジニーナにするかどうか迷っているのであれば、パートナーと相談してみるのが良いと思います。

 

ハイジニーナにするかどうかは自分次第

メリット・デメリットも、男性の意見も様々ですが、最も大切なのは自分がどうしたいか、ということ。彼氏や夫、周りの人の意見はあくまで参考程度が良いでしょう。
ハイジニーナを検討中の人は、永久脱毛の前に、また毛が生えてくるブラジリアンワックスで試してみるのもありかもしれません。
今回の記事を参考に、納得のいく選択をしましょう!