友達と自分の人生を比べてしまう

友達と自分の人生を比べてしまう

「隣の芝生は青い」ということわざがありますね。同い年の友人は子どもを産んで充実した生活をしているのに、自分はスキルアップも特にしないまま嫌な思いをして働き、今しかない時間を無駄にしているような気がする…。そんな他人との比較で生まれるお悩みを見ていきましょう。


お悩み:友人と比べて、あせってしまう

同じ年頃の友人たちの人生はとても充実している感じがするのに、自分は何だか無駄な時間を過ごしているようで悲しい…。

同い年の友達というのは、同じ場所で同じように経験を重ねて人生を歩んでいきます。
それだけに、ついつい自分と比較して、いろいろなことを感じてしまう対象になるのではないかと思います。

「あの子は今もうこんなことをしているのに、自分は今、こんな状態だ」と比べてしまうと、落ち込んだり、焦ったり、切なくなったりしますよね。

それはもしかすると、同い年の友達と自分が「同じフィールドで競争している」と考えてしまっているからかもしれません。

人生は他人と競うレースではない

実際に学生のうちは、「どっちが早く走れるか」「どちらが勉強の成績が良いか」といった競争をする機会たくさんありますよね。
さらにそのことで、周囲の人間から比較されてしまったという体験も、「競争」という捉え方をしてしまう理由かもしれません。

さて、私たちは本当に同じ年の友達と、人生というレースで競争をしているのでしょうか?

答えは、ノーです。

同じ年の友達ばかりでなく、私たちは、誰とも人生という歩みの中で競争をしているわけではないのです。

もちろん、人生を「人との競争だ」と捉えて、それをモチベーションにして頑張れるときもあるかもしれません。
しかし、いつかその虚しさを感じてしまうときが来るはずです。

勝ち負けを判定する「世間的な評価」とは?

仮に人生がレースで、友達が競争相手だとしましょう。
すると、友達の出産や、友達が充実した人生を送っていることに対して、「自分が負けた」ように感じてしまいますよね。

このように、常に人生を競争だと感じてしまうと、あらゆることが「勝つ」か「負ける」かという視点でしか見られなくなってしまいます。
「こんな仕事をしている自分は負け」とか、「子どもを産んだあの子は勝ち」といった具合にです。

では、何が「勝ち」で、何が「負け」かを判断してしまう基準というのは何でしょうか?


それは、多くの場合、「世間的な評価」だと思います。

つまり、世間が自分をどう評価するかという基準で、自分の人生に価値判断を下します。
そうして、自分の大切な人生を生きてしまうことになるのです。

問題は、本当のところ「世間」という実体は存在していない、
存在しているのは、ひとりひとりの人間だけ、ということなのです。

自分の人生を生きる

ある心理学者は、「私たちは他人の期待に応えるために生きているのではない」と言っています。

「他人が自分のことをどう思うか」ということは、本当は私たちがコントロールできることではありません。
「人からこう思われたい」と、その不可能な願いにしがみついてしまうと、とても苦しいことになります。

そこで大切になってくるのは、「自分の人生を生きる」ことです。

「自分の人生を生きる」とは、「人より成功する」ことでも、「人と比べて特別な存在になる」ことでもありません。

「自分の人生を生きる」とは、ただあなたがあなたであることを受け入れること。
毎日、目の前にあることを丁寧に、真剣に取り組むことです。

今しかない時間を無駄にしないためには、他人の期待に応えるためではなく、「自分のやること」をその場その場で真剣にすることではないでしょうか。

むすび

人生には、万人がたどり着くべき共通のゴールなどというものは存在しません。ただ、あなただけの人生の歩みを、一歩一歩進んでいってくださいね。

ヘルスケア 一覧 >
今、あなたにおすすめの記事

この記事のライター

wellfy公式アカウント。婦人科医、皮膚科医、臨床心理士など、専門家が執筆した記事を再編、またはその情報もとに執筆しています。

関連するキーワード


コンプレックス

関連する投稿


欠点しか見えない…いろんな自分を受け入れる方法

欠点しか見えない…いろんな自分を受け入れる方法

周りに流されて生きてきて、自分の考えが幼稚であることに気がついたとき。自分には価値がないように感じ、「生きづらさ」を覚えた、なんてことも。そもそも相手によって自分の性格まで変わり、「本当の自分って一体…?」と悩むことも少なくないはず。今回はそこに注目しながら、自分を受け入れる方法を見ていきましょう。


どもり癖を治したいです |吃音の悩み

どもり癖を治したいです |吃音の悩み

今回のテーマは、吃音。「人前で声を出そうとすると、上手く話せないことがある」というお悩みです。伝えたいことが上手く伝えられないと、胸がもやもやしてしまうはず。少しずつ改善していくことを目標にして、一緒に練習方法を見ていきましょう。


他人の幸せを喜べない…そのモヤモヤを消すためには?

他人の幸せを喜べない…そのモヤモヤを消すためには?

他人の幸せ、素直に喜べますか?結婚や出産といった幸せな報告なのに、心から祝福できない自分がいて…大抵の人が一度は経験したことがある感情かもしれません。「心から祝福してあげたいのに自分と比較してしまう」という人のために、原因と対処法をみていきましょう。


「自分嫌い」をなおしたい

「自分嫌い」をなおしたい

自己肯定感が低く、自分のことを気持ち悪いと思い悩んでしまう「自分嫌い」。己を見つめるのは良いことですが、必要以上に自分を否定して色んなことをあきらめてしまうと、たくさんの可能性を潰してしまいます。そこで今回は、「自分嫌い」を直す方法を紹介いたします。


最新の投稿


力になりたいけど頼まれても困る! 家族間のコミュニケーションの知恵

力になりたいけど頼まれても困る! 家族間のコミュニケーションの知恵

「家族」という繋がり。他人とは違う特別な繋がりがあることは嬉しいことでもありますが、反対に家族だからこそ困ってしまうことも。今回は「シングルマザーの姉のお願い」というケースから、家族間での遠慮や頼み事に関するコミュニケーションのヒントを見ていきましょう。


お肌のことを真剣に考えた!かずのすけプロデュース化粧品がすごい

お肌のことを真剣に考えた!かずのすけプロデュース化粧品がすごい

化粧品成分の解説だけでなく、その知識を活かして化粧品のプロデュースも行っている、かずのすけさん。第2弾の今回は、プロデュース化粧品の特徴や、「オフスキンケア」について伺いました!


聞くだけで疲れる…上司の愚痴とうまく付き合う方法は?

聞くだけで疲れる…上司の愚痴とうまく付き合う方法は?

上司から聞かされる愚痴。反応に困ったり、だんだん自分が責められているような気がしてきてしまったりと、あまりいいものではありませんよね。今回は、そんな「愚痴への反応に迷い、会社で常に気を使って疲れてしまう」というお悩みに、2つのキーワードから、対処法を考えていきたいと思います。


【2018年】バレンタインデー事情|今年あなたはどうしますか? 男性の声をチェック

【2018年】バレンタインデー事情|今年あなたはどうしますか? 男性の声をチェック

今やバレンタインも愛を伝える日、というよりチョコレートに関するイベントのイメージが強くなってしまいましたが、やっぱりこの日にチョコを期待する男性は多いはず♡ということで、バレンタインデーに関する男性の本音あれこれをリサーチしてみました!


博物館デートしよう♡おすすめミュージアム【東京近郊版】

博物館デートしよう♡おすすめミュージアム【東京近郊版】

ドキドキ、ワクワクする発見があったり、体験ができたり、カップル仲も深まっちゃう♡ミュージアムデート。東京を中心に、神奈川、千葉など関東圏にある、おすすめミュージアム(博物館、科学館、美術館など)をご紹介します。