3年付き合った彼氏にふられた。リアルに「失恋に効く映画」5選

The following two tabs change content below.
今来今

今来今

編集者を経て複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

失恋に効く映画4 恋愛とかどうでもよくなる『SR サイタマノラッパー』

失恋したときに観る映画の方向性はふたつあると思います。ひとつは感情に浸れる恋愛映画、もうひとつは恋愛なんてどうでもよくなっちゃうような恋愛軽視型映画です。『SR サイタマノラッパー』は、「あれ、恋愛ってそんな大切なことだったっけ」と思わせてくれる恋愛軽視型映画です。

舞台はサイタマ。ラッパーとしての成功を夢みる冴えない妙齢の大人たちが、奮闘する姿が描かれています。すごくかっこ悪くて、切ない話なのに、なぜか最後に、「よし、私も頑張ろう!」と勇気をもらえる不思議な魅力のある作品です。

ちなみに、続編の『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』も最高です!続編がこんなに面白い映画は、個人的に、『天使にラブソングを』以降はじめてです。

 

失恋に効く映画5 幸せになる道はひとつじゃない『happy-しあわせを探すあなたへ』

最後に紹介したいのは、2011年にアメリカで公開されたドキュメンタリー映画『happy-しあわせを探すあなたへ』です。

本作では、幸せになるために必要な条件とはなにかが様々な角度から検証されています。幸せを感じるための条件など、目からウロコの情報が盛りだくさんで、幸せに生きるためのヒントを得ることができます。

 

失恋はチャンスでもある

今回は、つらい失恋から立ち直る勇気をもらえ、開かれた可能性に気づかせてくれる、そんな映画たちをご紹介してきました。

失恋はつらいこと、と考える人が多いでしょう。ですが、しばらく経って振り返ってみると、「あの失恋がなければ今の彼に出会えなかった」「失恋したおかげで、より人に優しくなれた」など、「あのとき別れてよかった」と感じられることもまた、よくあることなのです。

失恋を単純に不幸なものだと捉え、被害者意識に浸るのは簡単です。ですが、失恋は生き方を変えたり新しい出会いを獲得したりできるチャンスにもなりうる、と捉えることもできます。そんな風に気持ちを前向きに切り替えてくれる力が、名作映画には宿っているように感じます。

 

★こちらも読まれています