職場で自分がどう思われているか不安

職場で自分がどう思われているか不安

今回は「職場でうるさい人と思われていそうで不安」というお悩み。全く会話のない職場も空気が重いですが、うるさすぎて仕事の邪魔をしてしまうのも本末転倒。とはいえ、その不安の本質は”周りの評価”を気にしているのが原因かもしれません。不安の上手な受け流し方をアドバイスします。


職場での自分の印象が気になる

職場での自分の印象。
実際にどう思われているのか、気になる方は多いのでは?
しかし、周囲からの印象を気にしすぎてしまうと、毎日が不安だらけになってしまいます。

例えば女性に多いと言われるのが「話好き」ですが、仕事中に話をしてはいけないと知りつつも、つい口が動いてしまう、という方は、帰宅すると自己嫌悪に陥って、「うるさい女だと思われて嫌われているのでは…」と悩み、会社に行くのが苦痛になってしまう、なんてことも。

この場合、実際に話し過ぎてしまっている可能性と、実際にはそれほど話していないのにその女性がそれを気にし過ぎている可能性の2つの可能性があると思いますので、それぞれの場合を考えてみましょう。

職場でおしゃべりが多い場合

まず、実際に話し過ぎてしまっている場合です。

適切な範囲とは?

仕事中の私語、職場でのおしゃべりについては、どのくらいが適当なのかというのは、とても難しい問題ですよね。

おしゃべりがまったく無く黙々と仕事をしているだけでは、職場はギスギスした雰囲気になってしまうでしょう。
かといって仕事をそっちのけでおしゃべりしていたら、職場ではなくなってしまいます。

職場に行く目的は仕事をしに行くことですから、
●「自分の仕事をきちんとこなせる」範囲
●「周囲の人の仕事の邪魔をしない」範囲
これらの範囲内での私語、おしゃべりになっているかどうかというのが目安になると思います。

もしその範囲内であれば、それは話のし過ぎということはないのではないかと思います。

適切な範囲を保つ工夫

そして、漫然と仕事をするのではなく、自分で積極的に仕事に取り組むことで、職場での目的に意識を戻しやすくなると思います。
そのためには、以下のようなことをお試しになってはどうでしょうか。

●その日に自分が終わらせるべき仕事をリストアップして紙に書き出して、自分の仕事を目に見えるようにする

●「午前中にここまで、午後はここをやる」など、自分の中で時間制限を設けてスケジュールを意識する

また、おしゃべりをしてはいけないと思うのではなく、「おしゃべりをする場合には10分まで」と自分で時間を意識してみるのも良いと思います。

気にし過ぎているだけの場合

次に、実際にはそれほど話をし過ぎているわけではない場合について考えてみましょう。

どうして「適切な範囲を超えた」と思うのか?

「人からどう思われるか」「人からどう評価されるか」ということを気にし過ぎて不安になってしまっている可能性があると思います。

その場合には、あなたにとって必要な解決策は、「なるべく話をしないようにする」ことではなく、あなたが感じる「不安と上手に付き合っていく方法を身につけること」です。

不安と上手に付き合う方法

「」を付けて、書き出す

毎日、自宅に帰り職場での出来事を思い出していろいろと考えてしまう時に、考えていることを紙に書き出すようにしましょう。

そして、その考えたことを必ずかっこ(「」)をつけて書きとめるようにしてください。
例えば「私は話し過ぎでうるさい女だと思われてるのではないか?」といった感じです。

そして、そのように考えることが、あなたをどんな気持ちさせているのか観察しましょう。
もしそれが不安だとしたら、その不安の強さも0から100の数字で書き出してみましょう。

できるだけ自分の考えと感情を客観的に観察して、それを紙に書き出します。
そして、書き出した後に、自分自身に対して
「これらは単に、私の考えや感情であり、やがては消えるだろう」
「不安であっても、私はこれまでそれに対処してきたし、乗り越えることができる」
「これは、自分の不安に対処する方法を学ぶ機会だ」
といったことをつぶやいてみましょう。

流し去る

もう一つ、お勧めの方法をご紹介します。

それは、目を閉じてゆったりと呼吸をしたら、あなたの目の前に小川が流れていて、あなたの考えと感情が葉っぱに乗って目の前を流れ去っていくのをイメージしてみることです。

この不安との付き合い方は、色んな場合で使えます。
不安でいっぱいになったら、ぜひ試してみてくださいね。

ヘルスケア 一覧 >

この記事のライター

wellfy公式アカウント。婦人科医、皮膚科医、臨床心理士など、専門家が執筆した記事を再編、またはその情報もとに執筆しています。

関連するキーワード


メンタルケア 仕事

関連する投稿


もう責めないであげて!彼氏が心の病気になったときの上手な向き合い方

もう責めないであげて!彼氏が心の病気になったときの上手な向き合い方

大切な彼氏が心の病気に。ストレスフルの現代社会を生き抜いている以上、心の病気になるのは決して珍しいことではありません。彼がいつもより疲れているなら、それ以上は、そっとしておくこと。いつの間にか彼の傷を深くしないように気をつけて。今回は、彼氏がうつ病や適応障害、パニック障害など、心の病気になったときの上手な向き合い方をご紹介します。


誰よりもキラキラ輝きたい!自分に自信をつける方法

誰よりもキラキラ輝きたい!自分に自信をつける方法

自分に自信がない。仕事も恋愛も中途半端で、すっかり自信をなくしていませんか?誰でも弱さは抱えています。でも、キラキラ輝いている人たちは弱ささえも強さに変えられるように、努力をしていたり。今回は、自分に自信をつける方法をご紹介します。


誰よりも可愛いのに、どうして?モテるのに結婚できない女性の特徴

誰よりも可愛いのに、どうして?モテるのに結婚できない女性の特徴

彼女は誰よりも美人。仕事もできて、向上心にも溢れている人。だけど周りが結婚ラッシュを迎えても、彼女だけが結婚しない。彼氏さえもいない時期があると、不思議で仕方がないはず。周りが放っておくはずがないのに、なぜでしょう?今回は、モテるのに結婚できない女性の特徴をご紹介します。


インドでのヨーガ修行体験記【後編】ココロにできた静寂な場所

インドでのヨーガ修行体験記【後編】ココロにできた静寂な場所

インドのヨーガの聖地でヨーガ修行を行ってきた。ヒマラヤ山脈とガンジス川のエネルギーを感じながらの4週間。ここでは、アシュラムでのヨーガ修行の様子と、修行を通じて得たものについて語る。


インドでのヨーガ修行体験記【前編】アシュラムにたどり着くまで

インドでのヨーガ修行体験記【前編】アシュラムにたどり着くまで

インドのヨーガの聖地でヨーガ修行を行ってきた。ヒマラヤ山脈とガンジス川のエネルギーを感じながらの4週間。ここでは、インドの印象や雰囲気、風景、そしてヨーガ修行をするアシュラムまでの道のりを語る。


最新の投稿


男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

バレンタインデーといえばチョコレート!ですが、とあるアンケートによると、男性がバレンタインに欲しいもの第3位が「手料理」だったそう。手作り料理で大切な人と過ごす、とっておきのバレンタインはいかがでしょうか。今回は、男性が喜ぶメニュー作りと、「ロコモコ風プレート」と「野菜たっぷりポテトサラダ」のレシピをご紹介いたします。


甘くて濃厚♡彼と試してみたい「バレンタインエッチ」アイデア3つ

甘くて濃厚♡彼と試してみたい「バレンタインエッチ」アイデア3つ

大人の女性にご提案!今年のバレンタインには、チョコレートだけじゃなく、大好きな彼に特別な夜をプレゼントしてみてはいかがでしょう?チョコより甘~い、スペシャルなバレンタインデーのエッチアイデアを3つご紹介します。忘れられない夜を過ごしたい!という人、要チェックですよ。


本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

今年のバレンタインデー。気になっている男性にチョコ、渡しますか?まだちょっと迷っていますか?大人になっても、好きな人にチョコを渡すのは、手が震えるくらい緊張しますよね。今回は、バレンタインデーにうまくチョコを渡すためにチェックしたい to do リストを用意しました。チェックしながら、バレンタイン準備を進めましょう!


圧倒的キュン♡彼氏が惚れ直す「バレンタインチョコの渡し方」5選

圧倒的キュン♡彼氏が惚れ直す「バレンタインチョコの渡し方」5選

恋のドキドキは減ってくるもの。付き合う前や付き合いたてと比べると、バレンタインの特別感も薄れているのでは…?でも、できるものならずーっとラブラブでいたい!と思っている、そこのあなた。カップルのバレンタインデーを盛り上げる、可愛い&面白い彼氏へのバレンタインチョコの渡し方をご紹介します♡この記事は、恋人や夫婦ならではのバレンタインの過ごし方をご紹介。参考にしてみてくださいね。


今年のバレンタインは、恋に効く「赤」で攻めてみる?

今年のバレンタインは、恋に効く「赤」で攻めてみる?

いよいよ迫ってきたバレンタインデー。友チョコやご褒美チョコも楽しいですが、やっぱり本来のテーマは、異性への愛の告白♪今回はその"決戦"の時に気をつけたい「色」についてのお話です。「女の子っぽい色はどうも苦手で…」とか「持っている服は地味目の色ばかり」なんていう人も多いかもしれませんが、2月14日はぜひ赤色を取り入れてみませんか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング