がっついて見られたくない!男性からOKされる自然なデートのお誘い方法

The following two tabs change content below.
ALEX

ALEX

フードコーディネーター・ライター 恋愛など、女性のお悩み記事も配信していきます! 好きな飲み物は南の島で飲むビール♡

女性からデートに誘われるのって、男性からすると実は結構嬉しいことみたいです。でも、女性から誘うのってやっぱり勇気がいることだし、がっついてるように見られるのもなんだか恥ずかしいですよね。そこで今回は、がっついて見えない、自然に男性をデートに誘える方法を皆様にご紹介します。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

OKの確率を上げる!デートに誘う前の下準備

どのようにすれば自然に男性をデートに誘うことができるのか、その方法をご紹介する前に、大前提として、誘う前の注意点からお話ししますね。

あらかじめ相手を自然に誘える距離まで縮めておく

まったく接点のない状況からのお誘いは難しいもの。相手男性も構えてしまうでしょう。
あらかじめ、自然にお誘いできる距離まで相手男性との距離を縮めておくことが重要です。
SNSや連絡先を交換しておくのもその一つです。
その距離の縮め方で悩んでいる方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

相手の趣味嗜好をある程度把握しておく

せっかくご飯に誘っても、フレンチより和食派だったり、ゴルフよりも野球が好きだったり、デートに誘いたい男性の好みによって、デートする場所も変わってきます。
それに、相手の趣味をある程度知っている方が、こちら側も自然なプランを立てやすいので、事前に調査することをおススメします。

以上の下準備が整ったら、早速お誘い開始です!

 

男性が思わずOKしてしまう、自然なお誘い方法

デートへの誘い方は、直接話しても、LINEやメールなどでもOKです。自分が一番誘いやすい方法で、彼を誘ってみましょう。
自然にお誘いするポイントとしては、何か理由をつけてお誘いすること。
では、どんな理由で誘えばいいのか、具体例を交えてご紹介しますね。

1:気軽な感じで食事に誘う

女友達と食事にいくような軽いノリで誘うのがポイントです。

・「新しくオープンしたお店があるから行ってみない?」
・「ドリンクサービスのチケットもらったの。せっかくだから一緒に行こうよ!」
・「○○君そういえば、ピザ好きだったよね?ここ、知り合いのお店なんだけど、すごく美味しいから今度行かない?」

など、彼の好きな物も考慮しつつ、気軽に誘ってみましょう。

2:相談したいことがあるからと誘う

男性からOKされる自然なデートのお誘い方法

相談内容は、基本的に何でもいいと思います。仕事で悩んでいること、転職についての相談、その他なんでも。
ただし、重すぎる相談は控えましょう。距離がそんなに縮まってないのに、人生を左右するような相談や暗すぎる相談は、相手男性に負担がかかってしまうことも。

自然な形としては、相談しながらの食事が良いでしょう。

・相手男性が映画が好きな場合

「最近、映画鑑賞にハマっているんだけど、なんかおススメの映画ある?」

・相手男性がIT業界に詳しい場合

「最近、転職しようかと思っているんだけど、○○君ってIT業界詳しいよね?今業界の状況ってどんな感じか参考までに教えてくれるかな?」

・相手男性が引っ越したいと思っている地域に住んでいる場合

「今引っ越ししようかと考えてるんだけど、○○君の住んでる駅も候補なんだよねー。環境とかどう?色々教えてほしいな。他にも周辺でいい環境の駅とかあったら教えてくれる?」

こんな感じで彼の得意分野をうまく相談の口実に使ってみましょう。

3:一緒にスポーツ、またはスポーツ観戦をする

スポーツを一緒にするお誘いや、スポーツ観戦のお誘いは、共通の趣味を持つ人として認識されるので、相手にも好印象ですし、女性側も誘いやすいのが特徴です。
また、お付き合いしてからも、同じ趣味があることで、付き合ってからのイメージがしやすいのもポイント。

・「○○君もマラソンするよね?今度一緒に皇居ランしようよ!」
・「今度さ、ゴルフのコンペに参加するんだよね?私もだから一緒に練習しよう?」
・「○○君、巨人ファンだよね?私もなんだよねー!今度の試合一緒に見に行かない?」

ただ注意点として、あなたもこの趣味に対して結構本気モードでなければいけないということ。
野球を見に行くにしても、にわかファンなようでは、彼のテンションも下がってしまいますし、せっかくゴルフしに来たのに、あなたへの指導ばかりではつまらないですよね。
最初は「まだまだ初心者だから色々教えてね」でもOKですが、本当に自分の趣味にしていくくらいの熱意は持った方が◎。

4:彼の好きなイベントに誘う

男性からOKされる自然なデートのお誘い方法

彼の好きなアーティストのコンサートや、美術展、映画の試写会、イベントなどに、チケットがあるから一緒に行こうと誘う方法です。

運よくチケットが手に入れられた前提の方がおススメ。わざわざ買ったことを知ると、多くの男性は構えてしまいますし、プライドが邪魔する場合もあるのだとか。
高くないチケットの場合はこっそり買って、抽選に当たった!とちょっとだけウソをつくのもあり。しかし、高額な場合や、そういった手配が難しい場合は別の手段を試してみましょう。

また、これも彼が行きたい!と思うものでなければ意味がありません。
興味のないアーティストのコンサートに誘われても、行きたいと思わないでしょうし、興味のない美術展に無理やりお誘いしても、断られる確率が高いので注意しましょう。

 

こんな誘い方はNG!デートにお誘いする時の注意点

男性からOKされる自然なデートのお誘い方法

相手のことをあまりリサーチしないで誘う

誘う前に相手のリサーチをしてからお誘いするのが、自然にお誘いをしたい時の鉄則です。これは男も女も共通のこと。
男性が好きな物や事を分かったうえでお誘いしないと失敗する確率も高くなってしまいます。

暇だから一緒に行こうはNG

暇だから行こうと言われるのは、友達のように、かなり慣れ親しんだ間柄であればいいですが、デートのお誘いもなかなかできなくて悩んでいる間柄の場合は、使わない方がいいセリフです。

「自分が暇だから付き合って」というのは、一見自然な誘い方には見えますが、相手に不快感を与えてしまう可能性もあります。
逆に「相手が暇だったら」というのも、丁寧に見えますが、あなたの価値を下げてしまいます。無意識に「暇じゃないと行かない」と受け取る可能性もあります。

ついでだからもNG

暇だから、同様に相手に不快な思いをさせてしまう可能性があります。

例えば、ラーメン好きな彼に、
「この日の夜に友達と銀座で遊ぶ約束してるんだ。ついでだから、銀座で一緒にランチしない?美味しいラーメン屋さん知ってるんだ」
と誘うことも一見、彼がラーメン好きであることをリサーチしていて、よいお誘い方法に思えるかもしれませんが、男性って結構プライドが高い生き物なんです。

あなたに気のある相手だったら、いいよいいよと誘いに乗ってくるかもしれませんが、大抵の場合、
「ついでって何だよ。俺、そんなに暇じゃないし、なんで休みの日にわざわざあの子の都合に合わせて銀座まで出なきゃいけないの?」
こんな感情になり、あなたのことをわがままな女性と思ってしまう可能性だってあります。

自然なお誘いといっても、「あなたは特別」と思わせることが大切です。

誘ってからデート当日までの期間が長すぎる

せっかく誘えたところまではいいのですが、デート当日までに間が空いてしまう場合、仕事の都合で予定が変更になってしまったり、彼のあなたと出かけるテンションが下がってしまう可能性もあります。

例えば、ゴルフに一緒に行こうと約束して、OKをとりつけたものの、
「今は寒いからもう少し温かくなってから行こう、うまくなってからの方が、彼も楽しいだろうからちょうどいいわ」
と、デートを先延ばしにしてしまうと、先に具体的に約束を取り決めた、他の女性と先にゴルフに行ってしまうかもしれません。

男性からOKをもらったら、彼の熱を下げないためにも、あまり間を開けず、早めに実行する方がいいでしょう。

そして、デートの約束をしたら、具体的にいついくか日時を決めるようにしましょう。

LINEやメールのやりとりが長すぎる

男性からOKされる自然なデートのお誘い方法

デートに誘う際、そしてデート当日までのLINEやメールのやり取りでは、あまりしつこくし過ぎないのが鉄則です。やり取りが面倒くさい相手と男性に判断された場合、デートすること自体も嫌になって、断れてしまう可能性もあります。

また、彼から連絡がきたら速攻で既読、返信しすぎるのもNGです。

おススメなのは、相手のテンポや、文量、テンションに合わせたLINEやメールを送ること。

相手の返信が、あなたが送ってから1時間程度で返ってくるようであれば、あなたもそのくらい時間を空けてみる。
あまりスタンプを使わない人であれば、あなたも控えめにしてみるなど、相手に合わせることによって、好印象のまま、デートまでもっていくことができるはずです。

 

女性からのお誘いは男性だって嬉しい。だから積極的に誘ってOK!

自然に男性をお誘いする、具体的な誘い方や注意点をいろいろとご紹介してきましたが、実はそんなに難しく考える必要はありません。

自然に誘えなくたって、「あなたのことが気になっているから一緒に食事に行こう」と、堂々とお誘いしたって本当はいいんです。
男性だって、女性からデートに誘われたら実は嬉しんです。なので、恥ずかしがらずに積極的に誘える人はどんどん誘っちゃってOK。

ただ、「どうしても直接誘うのには勇気がいる」「誘いなれていないからどうしたらいいか分からない」という場合は、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

あなたの恋が実りますように。