爪が割れやすいのは栄養不足?病気のしるし?爪を丈夫にする対策2つ

The following two tabs change content below.
ヘルスケアチーム

ヘルスケアチーム

wellfy編集部公式のヘルスケアチームアカウントです。

悩みが絶えない爪。爪が割れてしまうと健康の面はもちろん、洋服に引っかかったりネイルがやりづらくなってしまったりと、オシャレの点でも気になりますよね。

そこで今回は、爪が割れてしまう原因と、爪を丈夫にする対策を見ていきましょう。

爪が割れる原因とは?

爪の割れ方には、次の2通りあります。

■縦方向に割れる 「爪甲縦裂症(そうこうじゅうれつしょう)」

■薄くはがれる(俗に二枚爪といわれる)、 「爪甲層状分裂症(そうこううじょうぶんれつしょう)」

爪甲縦裂症は、爪上皮(※)の異常や、爪の根元に腫瘍(しゅよう)がある可能性があります。
※そうじょうひ・爪の根元の部分にあって、細胞分裂して爪をつくっているところで、いわゆる甘皮

一方、爪甲層状分裂症は、爪の乾燥や、爪先へ外的な力が加わって(圧迫されて)しまうことが原因でおこります。
また、病気の進行が原因だとすると、鉄欠乏性貧血によるものと考えられます。

爪が割れやすい

鉄欠乏性貧血の治療中ということであれば、その治療が原因ではなく、鉄欠乏性貧血の結果として爪が割れやすくなってしまっているので、今後もしっかり治療を続けましょう。
マニキュアの除光液は爪を乾燥させやすくなり、爪甲層状分裂症の原因になるので注意してくださいね。

二枚爪は爪の乾燥などが原因ではありますが、縦の半分は白く半分は黒っぽい、といった症状がある場合は、爪上皮に異常があるようです。しっかり皮膚科で見てもらいましょう。

美しい爪になるためにも、爪の保湿ケアや治療を続けていってくださいね。

では、弱く割れやすい爪を丈夫にしたいときには、どうしたらいいのでしょうか。

割れやすい爪を丈夫にするには?

割れやすい爪を丈夫にするには?

乾燥を防ごう

爪が割れやすい原因はいろいろありますが、最も多いのは乾燥です。
爪は皮膚と同じケラチンというたんぱく質でできているので、乾燥し過ぎると、たんぱく質の重合(接着と考えてください)が壊され、割れたりはがれたりします。

最近はネイルアートを施している人が多く、リムーバー(除光剤)の使用も増えています。しかし、このリムーバーに含まれるアセトンは、マニキュアと共に爪の中の脂質も取り除いてしまいます。すると爪表面からの水分蒸発が多くなり、爪の乾燥が進んで、割れやすくなることもあるようです。

ですので、リムーバーを使用した後は、爪のケア用トリートメントオイルなどで油分を足しておきましょう。

栄養不足を防ごう

また栄養不足から爪が割れることもあります。爪の主成分であるケラチンの合成には鉄、亜鉛、ビタミンB6が必要ですので、それらを多く含むレバーやカキなどをしっかりとることをおすすめします。

それからゼラチンも爪の構成物質ですが、ケイ素という物質はゼラチンの主成分となるコラーゲンを補強するはたらきがあります。ですので、ケイ素を多く含む穀類、野菜類も多くとりましょう。

しっかり原因を見極めたうえで、ケアをしていきましょう。