「おいしい!」って言ってほしい!3歳からの幼児食7つのポイント

「おいしい!」って言ってほしい!3歳からの幼児食7つのポイント

3歳~5歳の幼児は、初めて口にする食べ物、食べ慣れていない食べ物がたくさんあって、さらに、新しい味を覚えていかなくてはなりません。今回は、そんな子供にとって大事な時期に「食事がおいしい!」と思ってもらえる7つのポイントとレシピをご紹介します。


「食事がおいしい」と思える環境を作ろう! 7つのポイント

ここでは、子どもとママが、おいしく食べてもらえるように手助けできるようワンポイントをお話しします。

献立作りの基本

体の大きさ、歯の生え方も、子どもによって個人差が大きいもの。食べるスピード、量も違うので子どもに合わせた献立が必要です。

栄養をきちんと取れるようにするためには、

・黄色=炭水化物(米、パン、うどん)
・赤色=たんぱく質(肉、魚、卵、大豆製品)
・緑色=野菜

と彩りを意識して作っていきます。

食材の硬さや大きさ

【硬さ】

子どもの様子を見て、少しずつ大人用に近づけていきましょう。
まずは、加熱して指でつぶせるような硬さから、少しずつ硬めにしていくことがポイントです。

【大きさ】

口に入る程度に1~2㎝程度から始めて大人用へ。大人用より柔らかく、加熱時間も長めにします。味だけでなく、噛めなくて嫌いになることもあります。

肉は、しっかり筋を切ること。噛み切れないからと、そのまま飲み込んでしまうことがないようにします。歯の生え具合にも影響しますので、子どもの様子を見ていきましょう。

味付けは薄味が鉄則

子どもは、親から与えられた食事を通して学習していきます。
塩分の薄い食事で育てれば、大人なってからも、薄味でもおいしく、満足できるようになります。

家族と一緒に作るときは薄味に作り、子どもの分を取り出して、大人用には香辛料などの工夫で満足感をアップしていきます。

規則正しく、食事が家族団らんの時間となるように

離乳食の時期は、大人と違う時間で食べることも多かったことと思います。幼児食に移行してきたら、大人と同じ時間に食事をするようにします。

食事の時間を楽しく

子どもは遊ぶことが仕事のようなもの。食べ物で遊んでしまったり、他のことに気をとられて立ち上がったりと食事に集中できなくなることも少なくありません。
テレビを消す、手元におもちゃを置かないなど工夫しましょう。

食事は笑顔で

この頃になると、子どもも好き嫌いが出はじめ、さらに自分の意思が規制されると抵抗することも増えます。子どもの態度にイライラしてしまうことも。

しつけも大切ですが、せっかくの食事の時間も台無しにならないよう、なるべく笑顔で食事をするように心掛けます。

成長には個人差がある

この時期は、体の発達や心身の機能の発達が盛んな時期です。その日の行動でも、大人と同じように食欲があったり、なかったりと食事量が変化するものです。

「食べないから」「体が小さいから」「落ち着きがない」など、心配なこともありますが、食事の無理強いは逆効果の場合もあります。

子供と一緒に美味しく! おすすめレシピ

それでは、お子さんと一緒に食べられるおいしいメニューをご紹介します。

切り方は、子どもに合わせ、小さめに切り分けてきましょう。味付けも薄く作ります。
子どもにもですが、薄味は大人にも健康のポイントです。野菜がとれるメニューですので、ぜひ、楽しんでくださいね。

3色野菜の親子煮

大人2人&子ども(幼児)1人分

【材料】

・ささみ…200g
・にんじん…60g
・玉ねぎ…100g
・ブロッコリー…120g
・卵…2個
・だし汁…1・1/2カップ強
・おろし生姜…少々

【A】

・みりん…大さじ1/2
・しょうゆ…大さじ1
・砂糖…小さじ1

【作り方】

1.玉ねぎは、2㎝の長さに薄切り、にんじんは2㎝の長さに千切りにする。ブロッコリーは小さめに切り分け、ゆでる。

2.ささみは、筋を取って細く切る。

3.鍋にだし汁を入れ、おろし生姜、にんじん、玉ねぎを加えて火にかける。沸騰したらささみを加え、再び沸騰してきたら弱火にして野菜が柔らかくなるまで煮る。

4.「A」を加え、ブロッコリーを加えて混ぜ、煮る。

5.溶いた卵を流し入れて、蓋をして卵に火を入れる。

【ポイント】

子どもには全体の量の1/8程度の量にしましょう。
大人は、盛り付け時に七味唐辛子などを振り入れてもOK。丼ものにしても良いでしょう。


幼児が食べるのを嫌がるのは、その食べ物を単純に嫌っているのではなく、「食べ慣れていないために、すぐには受け入れることができないことが多い」ことも確かです。

普段から「子どもの偏食が気になる」「たくさん食べないから、好き嫌いがありすぎる」と心配なママも今回紹介した7つのポイントとレシピをうまく活用してみてくださいね!

妊娠・育児 一覧 >
今、あなたにおすすめの記事

この記事のライター

webライター歴2年目のtomoです。
皆さんの「知りたい」をたくさんお届けできるように頑張ります!

関連するキーワード


レシピ 子育て

関連する投稿


冬のほっこり宅飲みデートに!彼に褒められちゃうおつまみレシピ3選

冬のほっこり宅飲みデートに!彼に褒められちゃうおつまみレシピ3選

オシャレなバーも居酒屋もよいけれど、冬はやっぱり温かいおうちで宅飲みデート♡大好きな彼・旦那さまと、おうちでほっこり宅飲みしませんか?今回は宅飲みを楽しむコツと、簡単おつまみレシピをご紹介します。


おうちで薬膳!火鍋レシピ|お料理上手認定間違いなし♪

おうちで薬膳!火鍋レシピ|お料理上手認定間違いなし♪

寒さが増してくると食べたくなるのが鍋♪今晩はクセになる辛さと香りが魅力的な火鍋にしてみませんか?火鍋の魅力とおうちでできちゃう火鍋スープの簡単レシピ(麻辣湯と白湯)をご紹介します。


今年のクリスマスは手作り♡低カロリーでおしゃれなケーキ&カクテルレシピ

今年のクリスマスは手作り♡低カロリーでおしゃれなケーキ&カクテルレシピ

あっという間に近づいてきたクリスマス。豪華な料理にケーキ、お酒…。普段ダイエット中の方でも、この時ばかりは食べたいものばかり。そうは言いつつ、やっぱりカロリーが気になりますよね。そこで今回は、カロリーを抑えられる手作りスイーツや、野菜カクテルのレシピをご紹介いたします。


究極の美人食“豆腐”のいろはとヘルシーレシピ♪

究極の美人食“豆腐”のいろはとヘルシーレシピ♪

良質なたんぱく質やビタミンなどを含む究極の美人食“豆腐”。 豆腐は「畑の肉」と言われる大豆の栄養素をそっくり引き継いでいて、女性に嬉しい成分がたっぷり。そのため、色んなところで大活躍しているんです。今回は、まだまだ知らない豆腐の魅力&豆腐を使ったヘルシーレシピをご紹介いたします。


太らない「夜めし」ルール|夜9時以降の晩ごはんメニュー

太らない「夜めし」ルール|夜9時以降の晩ごはんメニュー

秋の夜長、といいますが、夜遅くまで食べるのは太るもと。とはいえ、「忙しくて夜食べるのが遅くなってしまう…」という方も多いですよね。そんな方、必見!太らないための夜9時からの「夜めし」ルールやレシピをご紹介します!


最新の投稿


面倒くさがりさん必見! 簡単スッキリ大掃除で、今年の汚れにさよなら

面倒くさがりさん必見! 簡単スッキリ大掃除で、今年の汚れにさよなら

年末になると、誰もが「やらなくちゃ」と思う大掃除。寒いのに窓を開けて、冷たい水を使って…なんて、考えるだけで腰が重くなります。でも、面倒がらないで! 超簡単なのに、「きれいになった! すっきり!」と満足感が得られる大掃除の方法を大公開!さぁ、みんなで気持ち良く、新年を迎えましょう。


地酒×温泉×グルメ=極上の冬ぎふ旅♡お得なキャンペーンがおすすめ

地酒×温泉×グルメ=極上の冬ぎふ旅♡お得なキャンペーンがおすすめ

「ぎふ冬たび キャンペーン」プランを利用して、飛騨高山の温泉旅に!心と体ほぐれる温泉につかり、岐阜の地酒と絶品料理を堪能してまいりました。カップル旅、女子旅におすすめな極上の冬ぎふ旅♡この冬、飲んで、食べて、癒やされたい人、必読ですよ♪「ぎふ冬たび キャンペーン」「ぎふ呑んべぇパスポート」情報あり


冬のほっこり宅飲みデートに!彼に褒められちゃうおつまみレシピ3選

冬のほっこり宅飲みデートに!彼に褒められちゃうおつまみレシピ3選

オシャレなバーも居酒屋もよいけれど、冬はやっぱり温かいおうちで宅飲みデート♡大好きな彼・旦那さまと、おうちでほっこり宅飲みしませんか?今回は宅飲みを楽しむコツと、簡単おつまみレシピをご紹介します。


男性が好きな女性の服装|彼女・奥さんにしてほしいファッションはこれ♡

男性が好きな女性の服装|彼女・奥さんにしてほしいファッションはこれ♡

ガウチョやグレーコーデが男性に不評って、知っていましたか?今回は男性が好きな服装について徹底リサーチ! スカートのデザインから、ブーツのタイプ、男性にモテるコーデパターンまで、結構細かく掘り下げてみようと思います♪


ファンデ塗る道具、何派?|指vs.スポンジvs.ブラシvs.シリコンパフ比較

ファンデ塗る道具、何派?|指vs.スポンジvs.ブラシvs.シリコンパフ比較

ファンデーションを塗るときのアイテム、あなたは何派ですか?ちょっと前はファンデブラシが人気だったけれど、最近はシリコンパフが人気。今回は指 VS. スポンジ VS. ブラシ VS. シリコンパフの対決です。それぞれのメリット、デメリットをヘアメイクの伊藤ハジメさんに聞いてみました♡