美へこみ腹エクサ|10日間チャレンジでぽっこり下腹とさよなら!

美へこみ腹エクサ|10日間チャレンジでぽっこり下腹とさよなら!

気になる下腹。下腹は、全体的に細い人でもポコッと出てしまうことがある、摩訶不思議なパーツですよね。そこで今回の美的エクサでは、「NG!下腹ぽっこり!」をテーマにいたしました。食欲の秋はもう目の前。夏の終わりに下腹の脂肪ともさよならする方法を見ていきましょう。


下腹が出やすい魔の理由!

下腹が出やすい理由は、私たちの腹部の構造にあります。
腹部には、内臓などが入った腹腔(ふっくう)という空間がありますが、その周りには肋骨のような骨はありません。ですから、放っておけば、必ずポコッと出てくるものなのです。
水風船をテーブルの上にのせたときの形を想像してみてください。

水風船が腹腔で、テーブルが骨盤だとすると、この水風船の形がまさに「ぽっこり」なのです。

では、このぽっこりを防ぐにはどうすればいいのかというと、腹腔を取り囲む筋肉群を鍛えて、周りからキュッと締め付けてあげればいいのです。

この腹腔を取り囲む筋肉群を「インナーユニット」といい、腹横筋(ふくおうきん)・多裂筋(たれつきん)・横隔膜(おうかくまく)・骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)の4つから成ります。

インナーユニットとは

インナーユニットは、通常は協調して働くため、たいていの場合、一部分が弱ると全体的に弱くなります。つまり、どれか一つの筋肉に弱っているサインがあれば、インナーユニット全体も弱くなっていると考えられます。

例えば、腹腔を下から支えている骨盤底筋群が弱くなると、便秘気味になったり、姿勢が悪くなって肩こりが慢性化したり、といった影響が現れます。
これらはインナーユニット全体の弱化=下腹ぽっこりのサインと捉えられますので、要注意です!

美へこみ腹をつくるステップ

お腹をへこませようと思うと、ついつい"腹筋"から始めちゃう人が多いですが、腹筋運動で鍛えられるのは主に腹直筋(ふくちょくきん)の上部なので、下腹ぽっこり撃退にはちょっと違います。
下腹を効果的にへこませ、美へこみ腹をゲットしていくためには、次のような順序でお腹の筋肉をトレーニングするのが正解です。

(1)インナーユニット
↓↓↓
(2)腹直筋下部
↓↓↓
(3)腹斜筋群&腹直筋上部

それぞれの筋肉のはたらきは、
(1)が腹腔を締め付けるコルセット
(2)がその上から下腹を押さえつけるゴムバンド
(3)がわき腹のくびれと6つに割れたお腹をつくる筋肉たち

これらのステップを踏むことで、より効果的に下腹をへこませることができます!
(3)は一般的に行われている腹筋運動やくびれ運動で鍛えられますので、今回は土台となる(1)(2)にアプローチする方法をご紹介いたします!

日常生活の中でへこませ力UP!

お腹周りを取り囲むインナーユニットは、実は日常生活の中で常に働いています。ですから、まずはこのインナーユニットをより活性化させるため、一日の中でたくさん意識するようにしましょう。

やり方は簡単!
大きく息を吸った後、口を軽くすぼめて息を全部吐いていき、お腹をぺたんこにへこませます。

この一番お腹をへこませるときの力を100としたら、20~30くらいの力で、息を吐き終わった後もお腹をへこませておきます。

コツをつかむまでは30秒も続かないかもしれませんが、慣れてくれば、テレビを見ながら、とか、パソコン作業をしながら、なんてこともできるようになります。

また、普段何気なく歩いているときも、お腹へこませのチャンス!
肋骨の下から左右の脚が生えているつもりになって、脚と一緒に骨盤も動かすように意識して歩いてみましょう。

腰にのったお肉に悩む人も多いと思いますが、実はその下にあるのも腹筋たちです。骨盤を動かしながら歩くことで、これらの筋肉が刺激され、素敵なお腹周りに近づきます!

短期間で美へこみ腹エクササイズ

それでは最後に、下腹をキュッと美しくするためのエクササイズを紹介します。
後半の動きは腹筋運動などでは鍛えられない、インナーマッスル&腹直筋下部にしっかり効きますので、意識しながらやってみてください。

下腹ぽっこり撃退エクサ

(1)床にあお向けに寝てひざを立て、腰の下のすき間に片手を入れます

(2)ゆっくりとした大きな呼吸を続け、息を吐くのに合わせて腰の下の手を押しつぶすようにお腹をへこませます

(3)10回ほど繰り返し、最後は押しつぶした状態を30秒ほどキープします

(4)一度脱力して、両手を左右に広げます

(5) (3)と同じようにお腹をへこませた状態をつくります

(6)両脚を、ひざを曲げた状態で持ち上げます

この記事のライター

wellfy公式アカウント。婦人科医、皮膚科医、臨床心理士など、専門家が執筆した記事を再編、またはその情報もとに執筆しています。

関連する投稿


白湯でデトックス!アーユルヴェーダ式白湯の作り方・飲み方・効果

白湯でデトックス!アーユルヴェーダ式白湯の作り方・飲み方・効果

綺麗で健康な人たちが取り入れているという「白湯(さゆ)」。ただのお湯では…?なんて思っている人もいるかもしれませんが、ただのお湯ではありません。今回は気軽に作れて、効果の高いと言われている「アーユルヴェーダ式白湯」の作り方・飲み方・効果をご紹介します!


続けられる私になりたい!三日坊主にならないコツ

続けられる私になりたい!三日坊主にならないコツ

今年こそは、続けられる私になりたい。なにもかも三日坊主で終わるのではなく、そろそろ結果につなげたい。中途半端な自分の落ち込む機会が多くなっていませんか?今年こそ三日坊主を卒業しましょう!今回は、三日坊主にならない、目標を達成するコツをご紹介します。


笑顔に自信を持ちたいあなたへ…口元美人になる簡単エクササイズ3つ

笑顔に自信を持ちたいあなたへ…口元美人になる簡単エクササイズ3つ

カメラを向けられても実は笑顔に自信がない…と思っていませんか?簡単エクササイズで自然な笑顔ができるようになりますよ。


目指せ、ブーツ映え! むくみ知らずの美しいふくらはぎを手に入れよう!

目指せ、ブーツ映え! むくみ知らずの美しいふくらはぎを手に入れよう!

秋から冬にかけておしゃれの必須アイテム「ブーツ」。しかし、脚がむくんでしまい、ブーツがはち切れんばかりに膨らんでしまっては、せっかくのおしゃれも台無しです。そんなむくみの解消にスポットを当て、ブーツの映える美脚を目指しませんか?むくみのない素敵な美脚ラインをゲットするために、普段の生活から気をつけたいポイントや簡単なエクササイズをご紹介します。


ダイエットの味方「寒天」大活用レシピ【管理栄養士監修】

ダイエットの味方「寒天」大活用レシピ【管理栄養士監修】

寒天は、テングサやオゴノリという海藻を原料にして加工したもの。カロリーが低い上に、カリウム、カルシウム、鉄、マグネシウム、食物繊維を多く含むのでダイエット食材におすすめ!そこで今回は寒天をダイエットの味方につけるポイント、そして「糸寒天ときゅうりの中華和え」と「豆乳寒天」レシピをご紹介します。


最新の投稿


男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

バレンタインデーといえばチョコレート!ですが、とあるアンケートによると、男性がバレンタインに欲しいもの第3位が「手料理」だったそう。手作り料理で大切な人と過ごす、とっておきのバレンタインはいかがでしょうか。今回は、男性が喜ぶメニュー作りと、「ロコモコ風プレート」と「野菜たっぷりポテトサラダ」のレシピをご紹介いたします。


甘くて濃厚♡彼と試してみたい「バレンタインエッチ」アイデア3つ

甘くて濃厚♡彼と試してみたい「バレンタインエッチ」アイデア3つ

大人の女性にご提案!今年のバレンタインには、チョコレートだけじゃなく、大好きな彼に特別な夜をプレゼントしてみてはいかがでしょう?チョコより甘~い、スペシャルなバレンタインデーのエッチアイデアを3つご紹介します。忘れられない夜を過ごしたい!という人、要チェックですよ。


本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

今年のバレンタインデー。気になっている男性にチョコ、渡しますか?まだちょっと迷っていますか?大人になっても、好きな人にチョコを渡すのは、手が震えるくらい緊張しますよね。今回は、バレンタインデーにうまくチョコを渡すためにチェックしたい to do リストを用意しました。チェックしながら、バレンタイン準備を進めましょう!


圧倒的キュン♡彼氏が惚れ直す「バレンタインチョコの渡し方」5選

圧倒的キュン♡彼氏が惚れ直す「バレンタインチョコの渡し方」5選

恋のドキドキは減ってくるもの。付き合う前や付き合いたてと比べると、バレンタインの特別感も薄れているのでは…?でも、できるものならずーっとラブラブでいたい!と思っている、そこのあなた。カップルのバレンタインデーを盛り上げる、可愛い&面白い彼氏へのバレンタインチョコの渡し方をご紹介します♡この記事は、恋人や夫婦ならではのバレンタインの過ごし方をご紹介。参考にしてみてくださいね。


今年のバレンタインは、恋に効く「赤」で攻めてみる?

今年のバレンタインは、恋に効く「赤」で攻めてみる?

いよいよ迫ってきたバレンタインデー。友チョコやご褒美チョコも楽しいですが、やっぱり本来のテーマは、異性への愛の告白♪今回はその"決戦"の時に気をつけたい「色」についてのお話です。「女の子っぽい色はどうも苦手で…」とか「持っている服は地味目の色ばかり」なんていう人も多いかもしれませんが、2月14日はぜひ赤色を取り入れてみませんか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング