女性ホルモンを増やす方法|バランスの取れた美しい女性に♡

女性ホルモンを増やす方法|バランスの取れた美しい女性に♡

女性の美と健康に大きく関わっている女性ホルモンは、残念ながら加齢とともに少しずつ減少していきます。また、最近は若い世代でもストレスや生活習慣により女性ホルモン不足気味の女性が増えているんだとか。そこで今回は、女性ホルモンを増やしていく方法をいろいろご紹介していきたいと思います!


変化が多い「女性ホルモン」

毎月の生理はもちろんのこと、初潮から閉経までの長いスパンで見ても、常にホルモンの分泌に変化があるのが女性ホルモンの特徴です。
変化が多いとバランスも崩れやすいもの。

さらに、最近は、女性ホルモンバランスの乱れや女性ホルモン不足による「若年性更年期障害」に悩む人が増加傾向にあり、あごヒゲが生えてくるなど体にハッキリと「オス化」が現れる人もいるのだとか…。

それでは女性は、どのようにホルモンバランスを整えていけば良いのでしょうか?
まずは、女性ホルモンに関する基礎知識をおさらいしていきましょう。

知っておきたい基礎知識

女性ホルモンとは、一般的に、脳の視床下部から指令が出され、卵巣から作られて分泌される2つのホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」を指します。
この2つのホルモンは、一定の周期(約28日)で絶妙なバランスを保ちながら分泌されており、それによって美肌や女性らしい体をつくり、妊娠や出産、月経周期など、女性の体のリズムをコントロールしています。

美人ホルモン「エストロゲン」

「エストロゲン(卵胞ホルモン)」は、主に卵胞(卵巣内部にある卵子が入っている袋のこと)や黄体(排卵後の卵胞)から分泌されて、妊娠の準備をしてくれるホルモンです。
美人ホルモンとも呼ばれ、女性らしい体形をつくり、シミやシワを防ぎ、肌や髪を健やかに保つなど、女性の美にとても重要なホルモンともいえます。

ブスホルモン!?「プロゲステロン」

「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、黄体(排卵後の卵胞)から分泌されて、妊娠をサポートしてくれるホルモンです。
乳腺の発達や血糖値の正常化、利尿作用、体温を上昇させる働きもあります。
また、別名“ブスのホルモン”と呼ばれるほど、肌の調子を不安定にさせがちなホルモンでもあります。

エストロゲンは美人ホルモン、プロゲステロンはブスホルモンということなんですね。
どちらにしても、女性ホルモンが女性の美と健康に大きく影響があるのは間違いなさそうです。

女性ホルモンの分泌量は20代後半~40代前半がピーク

エストロゲンの分泌量は、一生でスプーン1杯程度といわれています。

女性ホルモンは、初潮を迎えたころから分泌が始まり、その後急激に量が増え、20代後半から40代前半の「成熟期」には分泌量がピークを迎えます。

40代後半から50代にかけての「更年期」を迎えると、卵巣の機能が衰えて、女性ホルモンの分泌量は急速に減っていきます。

では、この女性ホルモンが減少したり不足がちになると、どんな状態になってしまうのでしょうか?

女性ホルモンの分泌量が少ないと、どんな症状が出る?

女性ホルモンは、脳の視床下部から指令が出され、卵巣から作られて分泌されています。
しかし、何らかの原因で女性ホルモンがうまく作られず分泌されないと、視床下部は「指令を出しているのに、分泌されない」状態に体全体が混乱し、ホルモンと同時に自律神経もバランスを崩してしまいます。

女性ホルモン低下により起こりやすい症状

・生理不順
・PMS(月経前症候群)
・肌荒れ
・髪の毛のパサつきや抜け毛
・気持ちが不安定になる
・多汗、のぼせ、動悸、息切れ、冷え、肩こりや腰痛など。

◆エストロゲンが不足すると…
排卵が起こりにくくなるので、妊娠しづらい状態になります。

◆プロゲステロンが不足すると…
卵子と精子が結合して受精卵になっても、その後の妊娠を継続することができにくい状態になります。

どうやら、女性ホルモンが不足するとうれしくないことばかりのようですね…。
加齢による女性ホルモン低下はもちろんのこと、若い世代の女性ホルモン不足も、できれば回避したいところです。

続いては、女性ホルモンの分泌量などを調べてもらえる検査について。自覚症状がある人は医師と相談のうえ、検査を受けてみるという選択もありです。

女性ホルモン検査とは?何がわかるの?

女性ホルモンの検査には
・エストラジオール(エストロゲンを構成する主要成分のひとつ)
・プロゲステロン(黄体ホルモン)
・FSH(卵胞刺激ホルモン)
・プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)
などのホルモン検査があります。

◆エストラジオールの検査
卵巣の機能の状態と、更年期や閉経の状況がわかります。

◆プロゲステロンの検査
黄体機能や不妊の原因がわかります。

◆FSHの検査
性腺機能と脳下垂体の状態を調べて、月経の異常や不妊症、更年期の可能性が発見できます。

◆プロラクチンの検査
高プロラクチン血症(体が妊娠後の状態になり、排卵がストップするため妊娠しづらくなる)、生理不順や不妊などの症状について調べることがきます。

どこで検査できる?

主に、内分泌系の科がある大学病院、産婦人科のある病院、婦人科系クリニックなどで受けられます。

この記事のライター

『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連するキーワード


女性ホルモン

関連する投稿


セックスすると眠くなる理由はホルモンにあった!眠気とエッチの“気持ちいい”関係

セックスすると眠くなる理由はホルモンにあった!眠気とエッチの“気持ちいい”関係

「セックスすると眠くなる…」「彼氏がいった後すぐに爆睡しちゃって寂しい」なんてことありますよね。セックスをして気持ち良くなると、どうして眠くなるのでしょう?実は、セックスと睡眠には深い関係があるのです。睡眠もセックスも、基本的には夜に行われるもの。この記事では、セックスのあとに襲ってくる猛烈な眠気の正体について解説します!


ピンク色で恋愛も仕事もうまくいく!? ピンク色の効果とアイテム FOR 大人の女性♡

ピンク色で恋愛も仕事もうまくいく!? ピンク色の効果とアイテム FOR 大人の女性♡

女子カラーで有名な「ピンク色」。ピンク色のアイテムは可愛いですが、大人になるにつれ、ピンク色離れしている女性も多いのでは?でも、ピンク色には、女性にうれしい効果がたくさんあるんです。この記事では、大人の女性にうれしいピンク色の3つの効果と、ピンク色大好きライター厳選!の可愛いアイテムをご紹介します。


「魔の3年目」はホルモンのせい!?恋愛に大きく作用する5つのホルモンとは?

「魔の3年目」はホルモンのせい!?恋愛に大きく作用する5つのホルモンとは?

体の働きを調節する物質「ホルモン」。このホルモンは全部で100種類以上あり、私たちの心と体に大きい影響を与えています。今回はたくさんあるホルモンの中から、恋愛や男女関係に大きく作用するホルモンをいくつかご紹介していこうと思っています。ホルモンの知識は、恋愛にも役立つのでぜひ参考にしてみてくださいね。


知ってる?避妊だけじゃないピルの基礎知識|効果、購入方法、飲み方

知ってる?避妊だけじゃないピルの基礎知識|効果、購入方法、飲み方

ピルは避妊だけではなく、実は生理(月経)にまつわる様々な悩みを改善できるなど、うれしい効果があります。「ピルを使ってみたいけどなんだか怖い」、「ピルを飲んでいるけど、副作用とかはないのか心配」など悩んでいる方も多いはずです。この記事ではピルの基礎知識、避妊効果や副効果、副作用、入手方法についてご紹介いたします。


女性の性欲が強くなる時期っていつ? 性欲のピークはアラフォーって本当?

女性の性欲が強くなる時期っていつ? 性欲のピークはアラフォーって本当?

性欲やエッチに関する悩みや疑問は、友達にもなかなか聞けないですよね。だからこそ、悩んでしまう人も多いのでは?この記事では、女性の性欲を徹底解説。女性の性欲の仕組み、セックスしたくなる時期、性欲が強すぎる、性欲が減ってしまったという悩みの対処法についてお伝えします。大人の女性、要チェックですよ!


最新の投稿


【アフターピル】望まない妊娠のリスクに…緊急避妊薬の効果・副作用・価格など

【アフターピル】望まない妊娠のリスクに…緊急避妊薬の効果・副作用・価格など

「避妊に失敗した。無理やり避妊なしのセックスをされた」。そんなとき、泣いたり不安がったりしているだけでは、時間が立つばかりです。できる策は早めに打ちましょう。アフターピルは、そんな性交の後、望まない妊娠を防ぐための緊急用ピル。ここでは緊急避妊薬アフターピルについて詳しく解説します。


理想の夫婦1位はやっぱりあの夫婦!9割以上の妻が今年夫の大切さを実感♡

理想の夫婦1位はやっぱりあの夫婦!9割以上の妻が今年夫の大切さを実感♡

“平成最後の”いい夫婦の日ということで、結婚式場のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパークが、20代~30代の既婚女性を対象に「いい夫婦」に関する調査を実施しました。その中では、2018年「理想の有名人夫婦」などもランキング形式でご紹介。あなたの好きな有名人夫婦は一体何位にランクインしてる!?


意外と多い?結婚指輪「着けない派」の理由は?着用率アンケート|いい夫婦の日

意外と多い?結婚指輪「着けない派」の理由は?着用率アンケート|いい夫婦の日

婚約・結婚指輪オンラインショップ「BRILLIANCE+:ブリリアンスプラス」が「いい夫婦の日」特別調査として、既婚男女888人に結婚指輪の着用率に関してのアンケートを実施。その結果、「半数以上が結婚指輪を毎日着けない」ことがわかり、さらに「年代が上がると共に着用率が低下する」という結果になったそう。みんなの結婚指輪を着けない理由をみていきましょう。


大人気サロンが提案する秋の“ニュアンスヘア”と“ミニマムメイク”のススメ

大人気サロンが提案する秋の“ニュアンスヘア”と“ミニマムメイク”のススメ

一気にアカ抜け顔にチェンジする!季節の変わり目とともにヘアスタイル&メイクもアップデートしたいもの。おしゃれに見せる鍵はポイントだけ抑えたミニマムメイクとさりげない動きや質感を添えたニュアンスヘア。大人気サロンが作るヘアとメイクの絶妙バランスをご紹介いたします。


膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

「彼のことは好きなのに、膣が狭いのか、性交時の挿入が痛くてつらい。膣が狭いのは病気…?“ゆるい”よりは“キツい”が良いと言うけれど、痛すぎる」。膣狭窄という病気があると知り、挿入時に痛みが出るほど膣が狭いのは、もしかして膣狭窄が原因なのではないかと心配している人もいるでしょう。ここでは、膣狭窄と膣の狭さ、性交痛の関係について解説します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング