女性ホルモンを増やす方法|バランスの取れた美しい女性に♡

女性ホルモンを増やす方法|バランスの取れた美しい女性に♡

女性の美と健康に大きく関わっている女性ホルモンは、残念ながら加齢とともに少しずつ減少していきます。また、最近は若い世代でもストレスや生活習慣により女性ホルモン不足気味の女性が増えているんだとか。そこで今回は、女性ホルモンを増やしていく方法をいろいろご紹介していきたいと思います!


変化が多い「女性ホルモン」

毎月の生理はもちろんのこと、初潮から閉経までの長いスパンで見ても、常にホルモンの分泌に変化があるのが女性ホルモンの特徴です。
変化が多いとバランスも崩れやすいもの。

さらに、最近は、女性ホルモンバランスの乱れや女性ホルモン不足による「若年性更年期障害」に悩む人が増加傾向にあり、あごヒゲが生えてくるなど体にハッキリと「オス化」が現れる人もいるのだとか…。

それでは女性は、どのようにホルモンバランスを整えていけば良いのでしょうか?
まずは、女性ホルモンに関する基礎知識をおさらいしていきましょう。

知っておきたい基礎知識

女性ホルモンとは、一般的に、脳の視床下部から指令が出され、卵巣から作られて分泌される2つのホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」を指します。
この2つのホルモンは、一定の周期(約28日)で絶妙なバランスを保ちながら分泌されており、それによって美肌や女性らしい体をつくり、妊娠や出産、月経周期など、女性の体のリズムをコントロールしています。

美人ホルモン「エストロゲン」

「エストロゲン(卵胞ホルモン)」は、主に卵胞(卵巣内部にある卵子が入っている袋のこと)や黄体(排卵後の卵胞)から分泌されて、妊娠の準備をしてくれるホルモンです。
美人ホルモンとも呼ばれ、女性らしい体形をつくり、シミやシワを防ぎ、肌や髪を健やかに保つなど、女性の美にとても重要なホルモンともいえます。

ブスホルモン!?「プロゲステロン」

「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、黄体(排卵後の卵胞)から分泌されて、妊娠をサポートしてくれるホルモンです。
乳腺の発達や血糖値の正常化、利尿作用、体温を上昇させる働きもあります。
また、別名“ブスのホルモン”と呼ばれるほど、肌の調子を不安定にさせがちなホルモンでもあります。

エストロゲンは美人ホルモン、プロゲステロンはブスホルモンということなんですね。
どちらにしても、女性ホルモンが女性の美と健康に大きく影響があるのは間違いなさそうです。

女性ホルモンの分泌量は20代後半~40代前半がピーク

エストロゲンの分泌量は、一生でスプーン1杯程度といわれています。

女性ホルモンは、初潮を迎えたころから分泌が始まり、その後急激に量が増え、20代後半から40代前半の「成熟期」には分泌量がピークを迎えます。

40代後半から50代にかけての「更年期」を迎えると、卵巣の機能が衰えて、女性ホルモンの分泌量は急速に減っていきます。

では、この女性ホルモンが減少したり不足がちになると、どんな状態になってしまうのでしょうか?

女性ホルモンの分泌量が少ないと、どんな症状が出る?

女性ホルモンは、脳の視床下部から指令が出され、卵巣から作られて分泌されています。
しかし、何らかの原因で女性ホルモンがうまく作られず分泌されないと、視床下部は「指令を出しているのに、分泌されない」状態に体全体が混乱し、ホルモンと同時に自律神経もバランスを崩してしまいます。

女性ホルモン低下により起こりやすい症状

・生理不順
・PMS(月経前症候群)
・肌荒れ
・髪の毛のパサつきや抜け毛
・気持ちが不安定になる
・多汗、のぼせ、動悸、息切れ、冷え、肩こりや腰痛など。

◆エストロゲンが不足すると…
排卵が起こりにくくなるので、妊娠しづらい状態になります。

◆プロゲステロンが不足すると…
卵子と精子が結合して受精卵になっても、その後の妊娠を継続することができにくい状態になります。

どうやら、女性ホルモンが不足するとうれしくないことばかりのようですね…。
加齢による女性ホルモン低下はもちろんのこと、若い世代の女性ホルモン不足も、できれば回避したいところです。

続いては、女性ホルモンの分泌量などを調べてもらえる検査について。自覚症状がある人は医師と相談のうえ、検査を受けてみるという選択もありです。

女性ホルモン検査とは?何がわかるの?

女性ホルモンの検査には
・エストラジオール(エストロゲンを構成する主要成分のひとつ)
・プロゲステロン(黄体ホルモン)
・FSH(卵胞刺激ホルモン)
・プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)
などのホルモン検査があります。

◆エストラジオールの検査
卵巣の機能の状態と、更年期や閉経の状況がわかります。

◆プロゲステロンの検査
黄体機能や不妊の原因がわかります。

◆FSHの検査
性腺機能と脳下垂体の状態を調べて、月経の異常や不妊症、更年期の可能性が発見できます。

◆プロラクチンの検査
高プロラクチン血症(体が妊娠後の状態になり、排卵がストップするため妊娠しづらくなる)、生理不順や不妊などの症状について調べることがきます。

どこで検査できる?

主に、内分泌系の科がある大学病院、産婦人科のある病院、婦人科系クリニックなどで受けられます。

この記事のライター

『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連するキーワード


女性ホルモン

関連する投稿


濡れない…潤い不足による性交痛の4つ原因と改善策。エッチの痛み、我慢しないで!

濡れない…潤い不足による性交痛の4つ原因と改善策。エッチの痛み、我慢しないで!

大好きな彼とベッドイン!でも、濡れない…なんて経験ありませんか?十分に濡れていないために、挿入時にピリッとした痛みや、ヒリヒリする痛みが出る人もいるでしょう。この記事では、女性の潤い不足による性交痛の原因と、それぞれの改善策をお伝えします。メンタル面でできることや、グッズを使う方法などご紹介しますので、一人で悩まずに、ぜひチェックしてみてくださいね。


セックスすると眠くなる理由はホルモンにあった!眠気とエッチの“気持ちいい”関係

セックスすると眠くなる理由はホルモンにあった!眠気とエッチの“気持ちいい”関係

「セックスすると眠くなる…」「彼氏がいった後すぐに爆睡しちゃって寂しい」なんてことありますよね。セックスをして気持ち良くなると、どうして眠くなるのでしょう?実は、セックスと睡眠には深い関係があるのです。睡眠もセックスも、基本的には夜に行われるもの。この記事では、セックスのあとに襲ってくる猛烈な眠気の正体について解説します!


ピンク色で恋愛も仕事もうまくいく!? ピンク色の効果とアイテム FOR 大人の女性♡

ピンク色で恋愛も仕事もうまくいく!? ピンク色の効果とアイテム FOR 大人の女性♡

女子カラーで有名な「ピンク色」。ピンク色のアイテムは可愛いですが、大人になるにつれ、ピンク色離れしている女性も多いのでは?でも、ピンク色には、女性にうれしい効果がたくさんあるんです。この記事では、大人の女性にうれしいピンク色の3つの効果と、ピンク色大好きライター厳選!の可愛いアイテムをご紹介します。


「魔の3年目」はホルモンのせい!?恋愛に大きく作用する5つのホルモンとは?

「魔の3年目」はホルモンのせい!?恋愛に大きく作用する5つのホルモンとは?

体の働きを調節する物質「ホルモン」。このホルモンは全部で100種類以上あり、私たちの心と体に大きい影響を与えています。今回はたくさんあるホルモンの中から、恋愛や男女関係に大きく作用するホルモンをいくつかご紹介していこうと思っています。ホルモンの知識は、恋愛にも役立つのでぜひ参考にしてみてくださいね。


知ってる?避妊だけじゃないピルの基礎知識|効果、購入方法、飲み方

知ってる?避妊だけじゃないピルの基礎知識|効果、購入方法、飲み方

ピルは避妊だけではなく、実は生理(月経)にまつわる様々な悩みを改善できるなど、うれしい効果があります。「ピルを使ってみたいけどなんだか怖い」、「ピルを飲んでいるけど、副作用とかはないのか心配」など悩んでいる方も多いはずです。この記事ではピルの基礎知識、避妊効果や副効果、副作用、入手方法についてご紹介いたします。


最新の投稿


男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

3月14日はホワイトデー。男性からバレンタインチョコのお返しをする日とされていますが、当日になっても彼からなんのプレゼントも、コンビニスイーツすらもない…、なんてことありませんか?それには、男性ならでは3つの理由があるんです!


駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

彼と改札前で待ち合わせ。でも同じように待ち合わせている人は、たくさんいて、意外と不便。見つけるまでに一苦労で、相手を待っている方は混雑のあまりに疲れてしまう……。待ち合わせ場所も工夫することで、その日はずっと二人ともご機嫌でいられるでしょう。


「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代の貯金の平均額は500万円」「老後の資金には最低でも1億円が必要」など、貯蓄に関する数字を見る機会って多いですよね。実際には、堅実にコツコツ貯められている女性もいれば、「30代なのに貯金がほとんどない」という女性もいるでしょう。今回は、貯金がない30代女性の不安を消すためのヒントをご紹介していきます。


【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回のテーマは寒いこの時期に必須の「防寒具」!算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょう?


専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

ハイヒールや足に合わない靴を履き続けているとなりやすい「外反母趾(がいはんぼし)」。ある調査によれば、仕事中に足の悩みを抱える女性は8割以上になるそうです。そこで今回は、外反母趾外反母趾研究所 代表 古屋達司先生のお話を交えながら、予防・改善法について解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング