色気とは露出にあらず。本当に役に立つ色気を出す方法とは?

The following two tabs change content below.
今来今

今来今

編集者を経て複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

色気のある女性になりたい!とは思って、露出の多い服を着ても、「ただの露出狂」と見なされてしまう可能性は否定できません。「色気」ってなんとなくはイメージできるけれど、実態が掴みにくいですよね。

今回は、色気とはなんなのか、色気を出すためにはどうすればいいのか、について解説していきます。

色気って一言で言うとなんなの? 絶対的な「色気のある人」は存在する?

みなさんの周りに、色気のある人はいますか? 男性でも女性でもいいので、まず頭に思い浮かべてみてください。その人たちの共通点はなんでしょうか? ヘアスタイルも体型も、喋り方も、仕事も、異なると思いますが、絶対的な共通点がただひとつだけあります。それは、「異性(または同性)を惹きつける性的魅力があること」です。

つまり、色気とは、性的魅力のことなのです。

異性が露出していると性的に興奮する人は多いですよね。そのため、「露出=色気」と勘違いされるのも、致し方ないことですが、そういった色気はしっかり服を着込んだ途端消滅してしまう一時的な現象にすぎません。

では、どういった人に対して人は性的魅力を感じるのでしょうか? ある人は、足が綺麗な女性に性的魅力を感じます。ある人は、細い体に、ある人はグラマーな体に性的魅力を感じます。ある人は、高い声に、またある人は、低音ボイスにそそられます。つまり、何に性的魅力を感じるかは、個々人によって異なるのです。

それゆえ、「Aさんって色気あるよね」「え、Bさんの方が色気あるでしょ。Aさんは全然ない」というように、「誰に色気があると思うか」の判断は千差万別です。

つまり、色気とは、見る人の目に宿るものであり、「誰が見ても色気がある人」は存在しないということです。

 

自分の理想の男性から「色気がある」と思われる女性になる方法

「誰が見ても色気がある人」が存在しないということは、「こうすれば万人にとって色気がある人になれる」という絶対的な方法も存在しないということです。

ですが、自分の様々な特質を、「自分が魅力的だと思う方向に」磨くことによって、「自分が魅力的だと思う女性」を魅力的だと思う男性に色気を感じてもらえる可能性は高まります。言い換えると、理想の自分に近づくことで、理想の自分にふさわしい男性から色気があると思われる可能性がアップする、ということです。

ここでは、私個人が考える色気のある(性的魅力のある)女性像に近づくための6つの方法をご紹介します。

本当に役立つ色気を出す方法 1 適度な運動で、心身ともに健康になる

色気を出す方法1 適度な運動で、心身ともに健康になる

引き締まった体や、ポジティブで前向きな心は、魅力的です。心身ともに健康になるためには、適度な運動は欠かせません。嫌いな運動を渋々していても続きませんから、楽しめる運動方法(ヨガ・サイクリング・バレエなどのダンス・ボクシングetc.)を見つけて、日常生活に運動を取り入れましょう。

[blogcard url=”https://wellfy.jp/articles/1101″]

本当に役立つ色気を出す方法 2 細部をお手入れして、先端まで清潔感を出す

清潔感がない人に性的な魅力を感じる人は少ないでしょう。清潔感は、服装、持ち物からもにじみ出ますが、もっとも目につきやすいのは、髪の毛や爪、足(靴の汚れ)などの先端部分でしょう。そういった場所を綺麗に保っておくことで、色気には必須の清潔感を醸し出すことができます。

本当に役立つ色気を出す方法 3 背筋の伸びた姿勢で、凛とした立ち姿をキープ

本当に色気を出す方法3 背筋の伸びた姿勢で、凛とした立ち姿をキープ

背筋を伸ばしてすっと立つことで、自分に自信があり綺麗な人、という印象を与えることができます。逆に、背筋が曲がっていたら、自信なさげに見えてしまいます。色気を出したいなら、凛とした立ち姿を心がけましょう。

本当に役立つ色気を出す方法 4 会話の引き出しを増やし、知的セクシーさを培う
次のページへ