10月31日を人一倍楽しむには?ハロウィンの始まりと手作りランタン♡

10月31日を人一倍楽しむには?ハロウィンの始まりと手作りランタン♡

街が黒、オレンジ、紫に染まるこの季節。日本でも着実に定着しているハロウィンに参加しないのは、もはやもったいない! 家族と祝うもよし、友人や恋人と祝うもよし。これから楽しみたい人に向けて、ハロウィンの基本と、本場の楽しみ方をお教えします♡


ハロウィンの由来はケルト人にあった!

ハロウィンのルーツは、現在アイルランドやスコットランド、ウェールズなどに住むケルト人の宗教的行事です。

現代のハロウィンは、毎年10月31日ですよね。
ケルト人にとってこの日は、秋の収穫を祝う”収穫祭が行われる日”だけでなく、1年の終わり、大晦日のような日でもありました。

そんな特別な日には、先祖の霊があの世から戻ってくると考えられていたのですが、なんと悪霊も紛れて一緒にやってきてしまうのだとか。
ハロウィンは、この悪霊たちを追い払い、新しく良い一年を迎えるために行われた、大切な行事だったのです。

後にキリスト教のカトリックがこれを取り入れ、11月1日のカトリックの祝日「万聖節=聖人の日」のイブに行うもの、として認識されていきました(諸説あり)。

現代ハロウィンを生んだ米国では?

そんな宗教的行事を世界的なメジャーイベントに押し上げたのは、アメリカです。
「楽しまなくては損!」とばかりに、ハロウィンは良い意味で商業主義に染まっていきました。これは、おそらく日本も一緒ですね。

では、アメリカ流の楽しみ方をご紹介します。

仮装して繰り出したい!

派手な仮装も元々は、「魔よけ」のためのもの。
悪霊が来るこの日、悪霊に襲われると向こうの世界へ連れていかれてしまうと恐れた人々は、同じような格好をすれば「仲間」と思われ襲われないと考えたそうです。

そのため、本当のハロウィンの仮装を目指すなら、ここはヴァンパイアや魔女、ミイラ、ゾンビなどの西洋のおばけたちでないと意味がないかもしれません。

そして、これがアメリカに渡ると、アメリカ文化と相まって、「13日の金曜日」のジェイソンや「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウなど、アメリカ映画の悪役たちが仮装の定番として登場しました。

日本にいたっては、そこからさらに進化し、プリンセスにヒーロー、マリオやピカチュウまでが渋谷の交差点に繰り出しており、ハロウィン=仮装大会の様相を呈していますよね。

言ってみたい!「トリック オア トリート」

こちらも、ケルト人の風習「Souling=ソウリング」に由来していると言われています。

仮面を着けた子どもたちが家々を一軒ずつ回り、悪霊たちのためにケーキを催促します。そのとき、何もくれない家には悪霊たちがいたずらをするとされてきました。

その風習がアメリカに渡り、子どもがふざけて「Trick or Treat=お菓子をくれないといたずらするぞ! 」と言い出しました。
それがディズニーアニメで使われたことで全米に知れわたり、世界中のハロウィンの決まり文句として定着したといわれています(諸説あり)。

これを言う子どもが家にやってきたら、キャンディやチョコをあげるのは周知のはず。
ただし、玄関のライトをつけない、ハロウィンの飾りをしないという家は、来てもらったら困るという意思表示なので、子どもには行かないよう注意をしましょう。

作ってみたい! ジャック・オ・ランタン

ハロウィンといえば、かぼちゃのランプを連想する人も多いのでしょう。ちゃんと名前があり、「ジャック・オ・ランタン」といいます。

ジャック・オ・ランタンは玄関や窓辺に飾られます。その明かりにご先祖様が導かれ、迷うことなく家にたどり着くこと出来るのだそう。日本のお盆提灯のような迎え火の意味があったのですね。

ケルト人はかぶで作っていましたが、それがアメリカに渡ると、かぼちゃで作られるようになりました。アメリカでは、かぶよりかぼちゃがよく収穫できたのかもしれませんね。

では、このジャック・オ・ランタンの作り方をお伝えします。

ジャック・オ・ランタンの作り方

(1)立派なかぼちゃを購入しましょう。ネットを使えば簡単に見つかりそうですね。種類は、渋くて硬くて食べられない「ペポカボチャ」を選んでください。

(2)かぼちゃが届いたら、油性ペンで好きな顔を書きましょう。

(3)底面を丸く大きく切り取り、中の種を全部取り出します。
切り取った底面はろうそくの土台としても使うので、捨てないように。

(4)顔のパーツを切り抜きます。ナイフをしっかり奥まで入れるときれいに取れます。

(5)しばらく乾燥させます。日持ちさせるためにも風通しの良い場所に置いておきましょう。

(6)ろうそくを切り抜いた底面に置き、火を着けてかぼちゃをかぶせます。もちろん、火の用心で。

(7)これで完成です! アメリカでは、11月の第4木曜日の感謝祭までかぼちゃが腐らなかったら「Good luck!」とされているそうです。



いかがでしたか?
あなたも今年は家族や友達を誘って、ぜひアメリカ流で楽しんでみてくださいね♡

ライフスタイル 一覧 >

この記事のライター

愛され上手になる 恋愛指南メディア wellfyの公式アカウントです。

関連する投稿


お世話になった人へ"ありがとう"を伝える「お中元」知っておきたいマナー

お世話になった人へ"ありがとう"を伝える「お中元」知っておきたいマナー

夏の贈り物「お中元」。この記事では、人と人とをつなぐ「お中元のマナー」についてご紹介します。大人の女性としてぜひ知っておきたい、お中元を贈る時期、贈る相手、相場から頂いた場合のお礼の方法まで。最近は贈らない人も多いようですが、これを読めば贈りたくなってしまうかもしれません!


七夕はカップルの日☆七夕デートアイデア&彼氏に愛されるかわいい願い事

七夕はカップルの日☆七夕デートアイデア&彼氏に愛されるかわいい願い事

夜空の天の川を見上げて、ロマンティックな気分になれる「七夕」。今年の七夕は、大好きな人とロマンティックに過ごしてみませんか? この記事では、ちょっと悲しい七夕伝説、おすすめの七夕デートプラン、そして可愛い願い事についてお伝えします。年一度の行事、織姫と彦星よりもラブラブになってしまいましょう♪


エイプリルフールに彼氏につきたい可愛い嘘ネタ5つ・男性が引いてしまうNGな嘘3つ

エイプリルフールに彼氏につきたい可愛い嘘ネタ5つ・男性が引いてしまうNGな嘘3つ

楽しいイベントとしてすっかり定着したエイプリルフール。今年はどんな嘘でびっくりさせようかな、とわくわくしている人もいるでしょう。この記事では、彼氏や気になる男性につきたい可愛い嘘ネタ、そして、破局の原因になりかねないNGパターンをご紹介します!エイプリルフールには、彼に可愛く嘘をついて、もっとラブラブになっちゃいましょ


恋するイースター♡春のイベントを3つのアイデアで楽しもう|2018年はいつ?

恋するイースター♡春のイベントを3つのアイデアで楽しもう|2018年はいつ?

ここ数年で、年間行事の仲間入りしたイースター、楽しんでいますか?実は、楽しまなきゃ損!?なイベントなんです。この記事では、イースターの豆知識と、春のイベントを楽しむ3つのアイデア「恋のおまじない」「ホームパーティーのコツ」「イースターイベント情報」をご紹介!片思い中の人も、カップルも、ベテラン夫婦も要チェックです♪


2018年のイースターは4月1日。可愛いうさぎ&卵レシピで食卓を盛り上げてみない?

2018年のイースターは4月1日。可愛いうさぎ&卵レシピで食卓を盛り上げてみない?

管理栄養士直伝♪ここ数年、CMなどでも目にする機会が増えた「イースター(復活祭)」。クリスマスやハロウィンと同じく、欧米に起源を持つ行事です。今年2018年のイースターは、4月1日。今回はイースターの意味とイースターを盛り上げるレシピ「卵入りミートローフ」「うさぎのトマトカップサラダ」をご紹介いたします。


最新の投稿


【星占い】2018年8月の恋愛運勢|流光七奈の愛されホロスコープ♡気になる今月の恋愛運は?

【星占い】2018年8月の恋愛運勢|流光七奈の愛されホロスコープ♡気になる今月の恋愛運は?

【毎月更新】あなたの毎月の恋愛運勢を、人気占い師「流光七奈」先生が占います。梅雨明け後は本格的な夏!猛暑の8月、あなたの恋愛運勢はどうなるのでしょう!? 出会い運上々なのはどの星座?片思い中の人、彼氏募集中、婚活中の人はもちろん、パートナーのいる人も要チェック!(無料)


パリジェンヌの食卓、フランスの発酵 - vol.2 -

パリジェンヌの食卓、フランスの発酵 - vol.2 -

ワインにパン、チーズ、発酵バター…いま一度振り返ってみると、思いのほかフランスの食に発酵食が自然と馴染んでいることがわかります。パリジェンヌの美しさの秘密!?美味しくて深い、フランスの発酵食を紐解いてみましょう。


【男性の本音】エッチの時、受け身な女性をどう思っている?

【男性の本音】エッチの時、受け身な女性をどう思っている?

日本の女性のエッチは受け身で、男性にリードを任せる人が多いと聞きます。実際に、愛撫(あいぶ)の方法や、挿入のタイミング、挿入している時間、体位など、相手にお任せしている人は多いのではないでしょうか?でも、それって男性的にはどうなのでしょう?


パリジェンヌの食卓、フランスの発酵 - vol.1 -

パリジェンヌの食卓、フランスの発酵 - vol.1 -

ワインにパン、チーズ、発酵バター…いま一度振り返ってみると、思いのほかフランスの食に発酵食が自然と馴染んでいることがわかります。パリジェンヌの美しさの秘密!?美味しくて深い、フランスの発酵食を紐解いてみましょう。


太りにくい体質をつくる「ベジ・ファースト」習慣【管理栄養士監修】

太りにくい体質をつくる「ベジ・ファースト」習慣【管理栄養士監修】

食事の際に、野菜から食べると太りにくいということは、皆さんもご存じですよね。 これを「朝食」で実践することで、昼以降の食事にも効果を発揮するといわれているんです。 そこで今回は、「朝ベジ=朝食を野菜から食べる」メリットと、忙しい朝にもおすすめの作り置きサラダをご紹介いたします!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング