友達以上不倫未満の新たしいセカンドパートナー | 今増えている新しい形

The following two tabs change content below.
蓮香
『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

今回のテーマは「セカンドパートナー」。言葉通り「2番目のパートナー」のことですが、でもそれって一体どういう存在なのでしょう?男友達?相談相手?それとも言い方を変えた不倫のこと?かなりグレーゾーン的なものを感じますが、最近よく話題になっていますよね。そんな気になる、 友達以上不倫未満の新たしいセカンドパートナー について詳しく解説していきたいと思います。

友達以上不倫未満? 増加中のセカンドパートナーとは?

まず、最初にセカンドパートナーについて簡単な説明からしていきます。

セカンドパートナーとは

セカンドパートナーとは、結婚相手の次に大切な恋愛相手を家庭の外に作ることをいいます。
あくまで結婚している相手がファーストパートナーだという認識のうえで作り、友達以上不倫未満という関係性を持つようです。

セカンドパートナーを持つ人は、社会人として、家庭人として順調にキャリアを築いている人が多く、アラフォー、アラフィフ世代に多い傾向が多いといわれています。

セカンドパートナーの条件・不倫の違い

友達とは違い恋愛感情はありますが、肉体関係は持たないのがセカンドパートナー。体の関係を持ってしまうと、それはもう不倫になってしまいますので、あくまでも異性とのプラトニックな恋愛関係が条件のようです。


なるほど、なんだか微妙な関係ですね。
ですが巷では不倫とは違う、新しい男女の形ともいわれているそうですよ。

パートナーという言葉を使うと、かなり大切な相手のように思えますが、そのあたりはどうなのでしょう?

 

【実態】 友達以上不倫未満の新たしいセカンドパートナー

友達以上不倫未満のセカンドパートナー

先述の通り、セカンドパートナーとは体の関係を持たない恋人のようなもの。その実態は、デートや会話を重ね、お互いの愛を確かめ合う新しい恋愛の形のようです。

体の関係を持たないため、本人たちは不倫だと思ってない人が多く、中には配偶者もパートナーについて了承している人もいるよう。さらには、セカンドパートナーの存在を配偶者だけでなく、家族にも公言し、そして家族もその関係を応援しているという状況の家庭もあるみたいです。

また、将来お互いの配偶者と死別してしまったときなどに、お互いが独りで残ったならば「そのときは一緒になろう」と約束しているという人たちもいるそう。

 

どうしてセカンドパートナーが欲しいの?

結婚生活が長くなると、妻や夫に対する愛情が薄れていき、単なる同居人と化している夫婦も少なくないようです。

でも愛情が無いからといって、子どもや世間体を考えると、簡単に離婚はできませんよね。
離婚はできないが、愛情には飢える。そんな男女の寂しい気持ちにから生まれたのがセカンドパートナー。不倫はできないが恋人として愛し合える関係は、お互いの利害関係が一致しているといえます。

セカンドパートナーを持つ人のほとんどが50代以上と聞くと、なんとなくわかるような気がします。子育てがひと段落して、仕事も順調、体の関係より精神面のつながりを重視する大人世代だからこそ、セカンドパートナーとうまくお付き合いしていけるのでしょうか。

ただ、やはりセカンドパートナーを持つことによる落とし穴もあるようです。
最後はセカンドパートナーのメリット、デメリットをお伝えしていきます。

セカンドパートナーのメリット&デメリット
次のページへ