11月24日は「和食の日」11月は「和食月間」

11月24日は「和食の日」11月は「和食月間」

11月24日を「いいにほんしょく」と読んで、「和食の日」となっているのはご存じでしょうか?「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたという2013年のニュースもまだ記憶に新しいという方もいると思います。和食月間でもある11月を迎えるにあたり、和食や無形文化についてまとめてみました。


「和食の日」とは?

一言で言うと、「日本人の伝統的な食文化について見直し、和食文化の保護や継承について考える日」とのことです。

日本の食文化にとって大変重要な時期である秋の日に、毎年、一人ひとりが「和食」文化について認識を深め、和食文化の大切さを再認識するきっかけの日となっていくよう願いをこめて、11月24日を“いい日本食”「和食」の日と制定しました。

昔から、実りの季節である秋は、自然に感謝したり五穀豊穣を祈る祭りなどが全国各地で盛んに行われていることから、秋に記念日を制定した背景もあるようです。

和食の魅力

ユネスコ無形文化遺産登録

2013年に「和食;日本人の伝統的な食文化」として登録されました。

世代を超えて受け継がれてきた慣習、日本各地で「和食」保護の取り組みが行われていることなどが評価されて登録に結び付いたようです。

「和食」は「食」分野での登録としては5件目。和食の前後にもいくつか登録されていて、現在は和食の他に次のようなものが登録されています。

フランスの美食術

地中海料理

メキシコの伝統料理

トルコのケシケキ(麦がゆ)の伝統

キムジャン:キムチの製造と分配

トルココーヒーの文化と伝統

グルジアのクヴェヴリ(伝統的なワイン製造法)

ユネスコ無形文化遺産とは?

そもそも「ユネスコ無形文化遺産」って?という方もいるのではないでしょうか?

「無形文化遺産」とは、芸能や伝統工芸技術などの形のない文化で、土地の歴史や生活風習などと密接に関わっているもののことを指します。

ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)では「無形文化遺産」を保護し、尊重するために、「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表(代表一覧表)」を作り、遺産事業をすすめています。

和食の特徴

ところで、あなたは「和食」の特徴が何か説明できますか?

多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重

南北に長い国土、海・山・里と自然が広がっているため、地域に根ざした多様な食材を得ることができ、素材の味わいを活かす調理技術や調理道具が発達しています。

自然の美しさや季節の移ろいの表現

料理だけでなく、器などで四季の移ろいを表現する美意識があり、旬の食材を選んだり、料理と器の取り合わせを選んだりという心配りが豊かです。

栄養バランスに優れた健康的な食生活

一度に多くの種類の食品がとれる一汁三菜という食スタイルで、栄養バランスがとりやすく、だしのうま味を用いる調理法は低カロリーです。

正月などの年中行事との密接な関わり

おせち料理や年越しそばなど様々な年中行事の場で食事を共にすることは、家族や地域の絆を強める役割も担っています。

これらの自然を尊ぶ日本人の気質に基づいた「食」に関する習わしが、「和食」として登録されたと聞くと納得ですね。

「和食」以外の「ユネスコ無形文化遺産」

日本からは和食以外にも20登録されているのはご存知でしたか?

芸能

歌舞伎(かぶき)

能楽(のうがく)

人形浄瑠璃文楽(にんぎょうじょうるりぶんらく)

雅楽(ががく)

組踊(くみおどり)

工芸技術

小千谷縮(おじやちぢみ)・越後上布(えちごじょうふ)

結城紬(ゆうきつむぎ)

和紙:日本の手漉和紙技術(てすきわしぎじゅつ)【石州半紙・本美濃紙・細川紙】

風俗慣習

甑島(こしきじま)のトシドン

奥能登(おくのと)のあえのこと

壬生の花田植(みぶのはなたうえ)

山・鉾・屋台行事(京都祇園祭の山鉾行事など合計33件)

民族芸能

アイヌ古式舞踊

早池峰神楽(はやちねかぐら)

秋保の田植踊(あきうのたうえおどり)

チャッキラコ

大日堂舞楽(だいにちどうぶがく)

題目立(だいもくたて)

佐陀神能(さだしんのう)

那智の田楽(なちのでんがく)

地元の伝統行事が入っている!という方もいるのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?
和食月間でもある今月は、夕食を一汁三菜の和食にする機会を増やしてみてはいかがでしょう?
以前紹介した、和食に関するうれしい記事も載せておきます。

「和食」で若返ってみませんか?

https://wellfy.jp/articles/1008

アンチエイジングに「和食」が役立つということを知っていますか?日本女性の肌は、欧米の人たちに比べて、きめが細かく美しいといわれており、その理由の一つ食生活だそうです。今回はそんな和食の"いいところ"を見ていきましょう。

また、芸術の秋でもあります。“形のない文化”についてもっと興味を持つと豊かな時間が過ごせるかもしれませんね。

11月24日は「和食の日」 | 一般社団法人和食文化国民会議|Washoku Japan

https://washokujapan.jp/1124washoku

日本人の伝統的な食文化について見直し、和食文化の保護・継承の大切さについて考える日 日本は海・山・里と豊かな自然に恵まれ、多様で新鮮な旬の食材と、うまみに富んだ発酵食品、米飯を中心とした栄養バランスに優れた食事構成をもつ、「和食」の文化があります。 「和食」は食事の場における「自然の美しさ」の表現、食事と年中行事・人生儀礼との密接な結びつきなどといった特徴を持つ、世界に誇るべき食文化です。 日本の秋は「実り」の季節であり、「自然」に感謝し、来年の五穀豊穣を祈

レシピ・グルメ・栄養 一覧 >
今、あなたにおすすめの記事

この記事のライター

リサーチャー、ライター経験を活かし、“情報コンシェルジュ”として多種多様な話題を提供していきたいです。

関連するキーワード


和食

関連する投稿


「和食」で若返ってみませんか?

「和食」で若返ってみませんか?

アンチエイジングに「和食」が役立つということを知っていますか?日本女性の肌は、欧米の人たちに比べて、きめが細かく美しいといわれており、その理由の一つ食生活だそうです。今回はそんな和食の"いいところ"を見ていきましょう。


和食の基本「米」が優秀!もっとご飯を食べよう

和食の基本「米」が優秀!もっとご飯を食べよう

あなたは普段どれほど和食を食べていますか?外食だとパスタやパンの割合も高くなりがちですよね。年々米の消費減少していることから「米離れ」ともいわれている今、ユネスコ無形文化遺産の「和食」と、その基本「米」に注目です!ここでは、和食の素晴らしい特徴とご飯の良いところをご紹介します。


結婚式お呼ばれマナー【食事編】洋食・和食

結婚式お呼ばれマナー【食事編】洋食・和食

結婚式披露宴ではお料理も楽しみのひとつ。しかし、普段食べ慣れないフルコースの料理や豪華な和食…。緊張してしまいますよね。ということで今回は、大人の女性として押さえておきたい、洋食と和食の食事マナーをご紹介します!


最新の投稿


博物館デートしよう♡おすすめミュージアム【東京近郊版】

博物館デートしよう♡おすすめミュージアム【東京近郊版】

ドキドキ、ワクワクする発見があったり、体験ができたり、カップル仲も深まっちゃう♡ミュージアムデート。東京を中心に、神奈川、千葉など関東圏にある、おすすめミュージアム(博物館、科学館、美術館など)をご紹介します。


大人の博物館デート♡おすすめ服装&カップル仲を深める恋愛テクニック

大人の博物館デート♡おすすめ服装&カップル仲を深める恋愛テクニック

「博物館デートはつまらない…」と思っている人、いませんか?ミュージアム巡りデートって、実は楽しいんです。ワクワクする体験ができたり、面白い企画展があったり、お互いの考えがわかったり。この記事では、そんなミュージアムデートを楽しむコツや、おすすめの服装をご紹介します♡おすすめミュージアムリンクあり!


まだ冷凍だけ?味付け冷凍作り置きレシピで美味しく時短しよう

まだ冷凍だけ?味付け冷凍作り置きレシピで美味しく時短しよう

最近、忙しい方に人気の「作り置き」。冷蔵しておく作り置き常備菜は活用しやすいですが、冷凍するとさらにバリエーションが広がることをご存知でしょうか?きちんと下味を付けて冷凍することで時短にもなり旨みが増してさらにおいしくなる場合もあります。今回は、味付け冷凍常備菜の活用方法とレシピをご紹介いたします。


今、注目したい最新ラブホテル事情☆カップルはもちろん、女子会にもおすすめ

今、注目したい最新ラブホテル事情☆カップルはもちろん、女子会にもおすすめ

皆さんはラブホテルを利用することはありますか?たまに利用する人もいれば、ヘビーユーザーな人、または全く利用しない人もいるでしょう。ラブホテルも時代によって外観、内装、使い方がどんどん変化しているみたいですよ。ということで今回は気になる今時ラブホの最新事情をお届けしたいと思います♡


SNSで話題「かずのすけ」って何者? 美容化学者誕生のきっかけなど秘話に迫る!

SNSで話題「かずのすけ」って何者? 美容化学者誕生のきっかけなど秘話に迫る!

多くのファンをもち、著書『オトナ女子のための美肌図鑑』も大ヒット中の美容化学者かずのすけさんにインタビュー。今回は第1弾として、大人女子の“やり過ぎ”スキンケアに警鐘を鳴らす、“美容を教える化学の先生”かずのすけの誕生秘話に迫ります!