今さら人には聞けない! エッチに関する10の疑問

今さら人には聞けない! エッチに関する10の疑問

「彼とエッチするときにこういうことが困っているんだけど、他の人はどうしているの?」、「こんなことしても大丈夫なの?」そういう疑問って、結構ありますよね。今回はそんな今さら聞けないエッチに関する疑問を解き明かしていきたいと思います!


今さら聞けないエッチの疑問【初級編】

エッチに関する疑問を地味~なことから、王道のことまで細かく解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは早速初級編からいってみましょう!

エッチの時、シャワーを浴びた後はすっぴん? メイクする?

【女性側】

女性はメイクする派(フルメイク&ナチュラルメイク)と、すっぴん派にはっきり分かれる傾向にある。

「メイクする派」の女性は、フルメイクという人は少なく、ナチュラルメイクをしているという人が多い。
「メイクしない派」の女性は、すっぴん見せることに抵抗がなく、ありのままの自分で夜を楽しんでいるタイプが多い。

【男性側】

男性はすっぴん派が多い。

★アンケート:彼女とエッチをする時、メイクをしてほしい?
~男性200名対象~
・メイクをしていなくても構わない:78.5%
・メイクをしてほしい:21.5%

あなたの思っているすっぴんと男性の思っているすっぴんにはギャップがあるかも!?
気になる方は、こちらをチェック!

お泊りデートも安心♡最強すっぴん風メイクを徹底解説!

https://wellfy.jp/articles/624

あなたは、自分のすっぴんに自信がありますか?いつもメイクで完璧な自分の顔を作れていても、”気になる男性とお泊り”なんてことになった時まで完璧メイクではいられません。 では、男性が好むすっぴん顔って?そのメイクテクをご紹介いたします!

生理中のエッチって、大丈夫なの?

【生理中のエッチのメリット】

女性ホルモンの影響で、いつもより性欲が高まりオーガズムを得やすい。また、オーガズムによって生理痛が和らぐともいわれている。

【生理中のエッチのデメリット1】

生理中の子宮は非常に傷つきやすいので、エッチすると膣内や子宮内が傷つきやすい。感染症を引き起こしてしまうリスクもアリ。

【生理中のエッチのデメリット2】

生理中にエッチすると、血液の逆流が起きてしまうことがあるため、子宮内膜症の原因となりやすい。

【女性側】

しない人が多いみたい。

★アンケート:生理中にエッチする?
・していない:80.2%
・している:19.8%

【男性側】

生理中にエッチしたがる男性は少数派だそう。

初エッチの時って、本当に血が出るの?

初めてペニスを挿入する場合、処女膜の穴の大きさよりも太いものが通過するため、処女膜は無理矢理広げられる状態になる。このとき、処女膜が裂けてしまうため、出血する場合がある。

出血量はごくわずか。もともと、処女膜にはあまり血管が通っていないので、少量の出血しか出ない。出血する人は約半分。出血しない人も意外と多い。

★アンケート:初めてエッチしたとき、血は出た?
~女性344名対象~
・出血した:54.3%
・出血しなかった:45.7%

エッチの時は、目を閉じる? 閉じない?

【女性側】

女性は目を閉じたほうがエッチに集中できる部分もアリ。

【男性側】

本音は「どっちでも良い」という意見が多数。男性はエッチしている相手を見ていたい本能アリ。


絶対に閉じる、ずっと目を開けていたいなど自分のスタンスを決めず、臨機応変、柔軟に対応するのが望ましいといえます!

★アンケート:挿入時、目を開ける? 閉じる?
~女性152名対象~
・閉じる:61.9%
・開ける:38.1%


いかがでしたか?ちなみにシャワー浴びたあとのメイクに関しては、一度すっぴんになってから眠る前にナチュラルメイク、または眉だけ書き直すという人も多かったです。
さて、それでは続いて中級編です。

今更聞けないエッチの疑問【中級編】

イッたことがないのは異常?

日本の女性でオーガズムの経験がある人は、半数以下。イケないからといって決して異常ではない。ちなみに女性は年齢を重ねたほうがオーガズムを得やすくなる。

オーガズム未経験の女性は男性に頼らず、ひとりエッチでオーガズムを得るところから始めると良いでしょう。

★アンケート:イク感覚を知ってる?
~女性524名対象~
・知っている:50.9%
・知らない:49.1%

女性の陰部が黒ずんでいるのはどうして?

女性の陰部の黒ずみの原因は、顔にできるシミの原因と同じようにメラニン。

加齢やホルモンバランスの変化などによって、メラニンが沈着するようになると、黒ずみが目立つようになる。ストレスなどでホルモンバランスが崩れ黄体ホルモンが多く出てしまうと、陰部が色素沈着を起こす。

また、デリケートな陰部は、摩擦などの刺激で黒ずみが出やすく、下着の摩擦、お風呂でのゴシゴシ洗い、トイレットペーパーでの摩擦、ナプキンでの摩擦やかぶれ、股擦れなど普段の生活で起こる摩擦が原因となりえる。

こちらで黒ずみに関する男性の意見や対策をご紹介しています。参考にしてみてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみ、ぶっちゃけ男性はどう思ってる?

https://wellfy.jp/articles/866

今回のテーマは「デリケートゾーンの黒ずみ」。性器周辺の色は、デリケートな部分でもあるし、人と比べられないから意外と気にしている人が多いのではないでしょうか?なので今回は「デリケートゾーンの黒ずみ」に関して徹底リサーチしちゃおうと思います!

★アンケート:女性とエッチするとき、デリケートゾーンを見る?
~男性300名対象~
・しっかり見る:48%
・チラ見する:25%
・なるべく見ないようにする:11%
・見ない:10%
・その他:6%

避妊しないで射精されたあとは、どうすればいい?

【妊娠する確率】

射精の直前に膣外射精をする「外出し」は確実な避妊法ではない。コンドーム着用しても避妊に失敗してしまうことも。

危険日(※1)に避妊しなかった場合、妊娠する確率8~25%。
一年間、安全日(※2)のみ性行した場合、妊娠する確率は1~25%。

※1:危険日とは、生理が終わるごろから10日目ぐらいまでの間。
※2:安全日とは、生理が始まる2週間ほど前から生理が始まるぐらいまでの間。
★いずれも個人差や体調などによる変動アリ。

【対策】

避妊をしないでエッチしてしまった、コンドームが破けるなど、避妊の失敗が起こったなどの場合に緊急避妊=妊娠を防止するという方法がある。

最も一般的な方法は、緊急避妊ピルと呼ばれるもの(別名アフターピル)。
すべての緊急避妊法は、エッチが行われたあと、数日以内に行われなければならない。

アフターピルのことをもっと詳しく知りたい人は、こちらをチェック!

緊急避妊アフターピル|種類・副作用・値段・飲む時間・避妊率は?

https://wellfy.jp/articles/239

アフターピルって知っていますか?簡単に言えば、避妊に失敗したときの救世主。今回は、アフターピルの基礎知識、種類・副作用・値段・飲む時間・買い方についてご説明します。

★アンケート:いつも避妊してる?
~男女200名対象~
・いつも避妊している(10回中10回):71%
・だいたい避妊している(10回に7~8回程度 ):14%
・時々避妊している(10回に5回程度):4%
・たまに避妊している(10回に2~3回程度):1%
・避妊していない:10%

★アンケート:避妊どうしていますか?
~30 代女性100名対象~
・コンドーム:69%
・避妊しない:20%
・ピル:11%

30代女性の2割が避妊していないというのは、10代や20代のやっちゃった感ではなく、ある程度妊娠を考慮してのエッチなのかもしれませんね。

では最後に、上級編です。

今更聞けないエッチの疑問【上級編】

潮吹きの意味がわからない

潮吹きとは、女性が性行為でオーガズムに到達する寸前、またはその最中に、女性の尿道から液体が分泌されること。英語では、Squirting(噴出すること)、またはFemale ejaculation(女性の射精)いうらしい。

★アンケート:潮吹きの経験は?
~女性747名対象~
・毎回、潮吹きを:7%
・時々、潮吹きをする:16%
・1、2回潮吹きをしたことがある:13%
・潮吹きの経験はない:64%

★アンケート:彼女に潮吹きさせてみたい?
~男性100名対象~
・Yes:67%
・No:33%

精液は飲んでも体に害はないの?

精液の主な成分はたんぱく質で、他に亜鉛などのミネラル類で締められている。基本的には、排出物である尿などとは違い害のある成分は含まれてない。また、男性の尿道から出てくるまでは、無菌。

人によっては、飲むと下痢を起こす人もいる。そして、STD感染している男性の精液を飲んだとき、口の回りに付着したり、虫歯や口の中に傷があったりした場合、STD感染してしまうケースが多い。

★アンケート:精液を飲んだ経験は?
~女性794名対象~
・何度もある:75.6%
・数回ある:12.2%
・一度もない:7.9%
・一度だけある:4.3%

★アンケート:口内発射された精液を飲む割合はどのくらい?
・ほとんど毎回飲む:62.6%
・飲むことが多い:3.9%
・通常は飲まない:8.3%
・たまに飲む(飲まないことが多い):8.1%
・絶対に飲まない:7.1%

アナルエッチって、本当はいけないこと?

肛門はローションで補わない限り、自分から潤うことがない。滑りの悪い状態で性器を入れて動かすと、たくさん傷ができ、性器や肛門周りの雑菌がそのまま肛門の傷に入ってしまうことがある。

また、妊娠のリスクがないので、コンドームを使わないケースが多く、そのためエイズをはじめとするSTDに感染しやすい。

つまり、アナルエッチは双方ともにリスクの高い行為なので、実施するならお互い了解のもと、正しい方法で行うべし。

★アンケート:アナルエッチの経験は?
~女性500名対象~
・ある:34%
・アナルを舐められたことがある:42%
・男性のアナルを舐めたことがある:24%

蓮香アドバイス

最近は、昔に比べて雑誌やネットでエッチ関連の情報が手軽に得られるせいか、エッチ知識がそれなりにある人も増えている印象です。ただ、情報に振り回されてしまっている女性も多いのではないでしょうか。

精液は無理して飲まなくても良いし、アナルエッチも痛かったらしなくても良いんです。
仕事も人間関係も無理しすぎるとメンタルを壊すように、エッチも無理は禁物!
今回はアンケート情報も載せていますが、蓮香的には「人は人、自分は自分」を貫くのもよいかと思っていますよ。

オトナ 一覧 >

関連するキーワード


エッチ

関連する投稿


デリケートゾーンが黒い私はダメ女?原因は?美白するためのケアってあるの?

デリケートゾーンが黒い私はダメ女?原因は?美白するためのケアってあるの?

海に行く季節になったり、彼氏ができたりすると、急にデリケートゾーンが気になりだしますよね。それに自分の黒ずみを見ると、私って不潔なの?ダメ女?と思ってしまったり、嫌な気持ちなって、恋も消極的になってしまうなんていう方もきっと多いはずです。今回は、そんなデリケートゾーンの黒ずみの原因とケア方法についてご紹介します。


彼が思わずビクッ♡男性を虜にする愛撫テクニック5選|男性の性感帯マニュアル

彼が思わずビクッ♡男性を虜にする愛撫テクニック5選|男性の性感帯マニュアル

今回のテーマは「男性への全身愛撫(あいぶ)マニュアル」。男性への愛撫というと、性器への愛撫をイメージしてしまいがちですが、実はそんなことないんですよ。今回は、あえて性器以外の部位への愛撫術をご紹介したいと思います。


「マグロ男」が急増中? エッチ中、受け身すぎる彼を対処する5つの方法

「マグロ男」が急増中? エッチ中、受け身すぎる彼を対処する5つの方法

今回のテーマは、「マグロ男」。マグロとは、ベッドの上で自分から動かず、受け身のエッチをすることを指します。自分の彼や夫がマグロ男で困っているという方へ、マグロ男の矯正法をお教えします。


彼が避妊してくれない…エッチの時、コンドームを着けてもらう、上手なお願いの仕方

彼が避妊してくれない…エッチの時、コンドームを着けてもらう、上手なお願いの仕方

避妊をちゃんとして欲しい女性たち、避妊に非協力的な男性たち。でも、パートナーの希望を優先して、避妊せずにしちゃっている女性は、意外と多いのではないでしょうか。そんな問題を解決するべく、避妊を面倒くさがる男性の本音をリサーチして、男性に避妊をちゃんとさせる方法をお伝えします。


高齢処女をこじらせてしまう女性の特徴6つ|現代の高齢処女の実態を徹底調査!

高齢処女をこじらせてしまう女性の特徴6つ|現代の高齢処女の実態を徹底調査!

少し前までは「高齢処女」は30代で処女の女性を指すことが一般的でしたが、最近では40代や50代の処女が増えているそうです。別に女性がいつ処女を失うかは、本人次第なのですが、今回はなぜ最近高齢処女が増えているのか?という世代背景や心理的な原因を探ってみようかと思います。


最新の投稿


“接近戦”に強くなれ! 顔の産毛を処理してワンランク上の透き通った肌に♡

“接近戦”に強くなれ! 顔の産毛を処理してワンランク上の透き通った肌に♡

あるアンケートで「女性と接近したとき、女性の顔で気になるのはどこ?」と男性に聞いたところ「顔の産毛(ひげ)が伸びている」が堂々の1位だったそうです。女性が考えるより、男性は意外としっかり見ていますね。産毛のケアは女性にとっても4つのいいことがあるんですよ。正しいうぶ毛の剃り方など、ケア方法をお伝えします!


1年を通して気をつけよう! 食中毒を予防する5つのポイント

1年を通して気をつけよう! 食中毒を予防する5つのポイント

日々気温が上がりはじめ、そろそろ食中毒が気になる季節に入ってきました。食中毒の発生は梅雨時期に多いと思われがちですが、冬から春にかけても多くの事例が報告されています。1年を通じて予防に取り組む必要があります。そこで、今回は食中毒について取り上げたいと思います。


ペットロス症候群の乗り越え方|大好きなペットとのお別れは克服できる?

ペットロス症候群の乗り越え方|大好きなペットとのお別れは克服できる?

長年一緒に過ごしてきたペットとのお別れ。それは、とても悲しいものです。なかには、どう心の整理をしたら良いかわからず、心身に不調をきたす人もいるでしょう。この記事では、ペットロス症候群の症状、お別れを受け入れるまでのステップ、そして乗り越えるためのヒントをお届けします。


素敵な女性はみんな持っている!?好感度UP間違いなしのマストアイテム7選!

素敵な女性はみんな持っている!?好感度UP間違いなしのマストアイテム7選!

彼氏や学校、仕事の男性から、「気が利く子だな」「女性らしくて素敵だな」と思ってもらうためにどんなことをしていますか?今回は、持っているだけで、好感度がUPにつながる魔法のアイテム7選をご紹介します。いつもカバンに忍ばせておいて、必要な時にさりげなく出すだけで好感度が上がっちゃうんです!


あえてなんでもない日に彼氏にラブレターを送ってみよう!送るメリットと書き方のポイント

あえてなんでもない日に彼氏にラブレターを送ってみよう!送るメリットと書き方のポイント

最近手紙を書いたことはありますか? LINEやSNSで気軽にメッセージのやり取りができるこの時代に、手紙?と思うかもしれませんが、手紙だからこそ、普段言えない、感謝の気持ちや、愛情を表現できることだってありますよね。今回は、なんでもない日に彼氏にラブレターを送るメリットと、書き方のポイントをご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事