今、注目したい最新ラブホテル事情☆カップルはもちろん、女子会にもおすすめ

今、注目したい最新ラブホテル事情☆カップルはもちろん、女子会にもおすすめ

皆さんはラブホテルを利用することはありますか?たまに利用する人もいれば、ヘビーユーザーな人、または全く利用しない人もいるでしょう。ラブホテルも時代によって外観、内装、使い方がどんどん変化しているみたいですよ。ということで今回は気になる今時ラブホの最新事情をお届けしたいと思います♡


時代によるラブホテルの変化 1970~現代

ではまず、最初に時代の流れに沿ったラブホの変化ついての解説です。
あるデータによるとこんなことがわかりました。

1970年代

【お城のようなラブホテル】

ラブホテルとして初めて大々的にマスコミに取りあげられた「目黒エンペラー」がお城の形状で、爆発的に流行ったために、他のホテルも模倣し始めた。
回転ベッドのようなゴージャスな仕掛けも特徴。

1980年代

【簡素なビル型が増える】

1985年に風営法が改正されラブホテルの規制が厳しくなったことや、バブルがはじけてホテルの装飾にお金をかけられなくなったこともシンプル化を助長。
利用客も普通のカップルが増えて、ラブホテルとシティホテルの立ち位置がどんどん近づき、部屋の内装もシンプルに。

1990年代

【再びゴージャス路線に】

少子化が進み、自分の部屋を持つ若者が増えたり、夫婦の部屋を持つ家庭が増えると、エッチする場所にさほど困らなくなる。
それでまた非日常を演出するゴージャス路線に戻り、ラブホテルも個性を出していく傾向になった。

現代

【ラブホも女性向けに】

ラブホテル情報誌の存在が、若者のラブホテルへの羞恥心を軽減させ、特に女性客を積極的にさせた。昔は女性のことは全く考えていなかったラブホテルが、現在は女性のことだけを考えているといえるほど。

今、部屋を選ぶのは9割が女性で、女性に喜ばれなければ儲からない。女性向けに、コスメ類の充実させる、おいしい食事を提供するなど、きめ細かなサービスに配慮。

【デザイナーズラブホが人気】

女子会、女性の友達同士の宿泊や外国人旅行者、お茶を飲み添い寝するだけの高齢者の利用も増えている。年金支給日の翌日には高齢者であふれかえるらしい。

↓↓↓

今やラブホテルは「エッチ前提」というのが絶対ではなくなってきている。



蓮香は昔ラブホテルの取材をしたことが何度かあったので、この移り変わり感はよくわかりますね。
先日渋谷のホテル街の前を通ったら、外国人の観光客がたくさんいて、ラブホテルをスマホで撮影している光景をみました。

欧米にはラブホテルがないから珍しいのでしょうね。
でも、年金支給日の翌日が高齢者で溢れかえるって、ちょっと驚きです…。

では続いて今時ラブホの最新事情です。最近はどんなラブホテルが人気なのでしょうか?

今、注目したいラブホテルはどんなタイプ?

デザイナーズ風タイプ

メゾネットタイプ、ジェットバス、露天風呂、テラス付き。

リゾートホテルタイプ

充実したジャグジー装備。セルフエステグッズとスチームサウナも全室に完備。100㎡以上のスイート多数、女性のコンシェルジュも常駐。

京都に多い和モダン風のスタイル

外国人観光客にも喜ばれるよう、和モダンテイストにしてある。岩盤浴、露天風呂、大きいプロジェクターが付いたシアタールームもポイント。

露天風呂付きタイプ

今時は、全ての部屋に露天風呂が付いているホテルが人気。お風呂はゲルマニウムの人工温泉、巨大な3Dテレビで映画も見ることができる。

女性が喜ぶ女性のためのホテル

女子会利用者が多い女性オーナーのホテル。部屋の内装がかわいく、ナイティーorネグリジェの貸出、シャンパン&デザート無料、最新エステ器具の無料使用などのサービスも。

あえてレトロモダンにした昭和のラブホテル

ゴージャスな天蓋付きのベッド、レトロな回転ベッド、バブリーなお風呂、お城のような外観と内装が楽しめる。

テーマパークタイプのホテル

敷地内にディズニーランドやUSJのようなアトラクションがある。室内にもメリーゴーランドや機関車などが設置。ウォータースライダー完備のホテルもある。




女性のためのラブホテルが出てきたのは、本当に最近でしょうね。友達と飲んで食べて歌って、最新エステ器具までも使えたら、女性的にかなりご機嫌かと思います。

外国人観光客を意識した和モダンや、デザイナーズが増えているのも今時っぽいでしょうか。昭和のラブホを楽しむのもよさそうですね。

さて、最後にラブホテルでのマナーについてのお話です。実は男性って、ラブホテルでの女性の態度に割と敏感みたいですよ。

では、男性が嫌がる、またはドン引きする、ラブホテルでやってはいけないことって何なのでしょう?

★男性がドン引きする日常の行動・メイク、ファッションはこちら!

印象ガタ落ち! 男性がドン引きしてしまう女性の行動

https://wellfy.jp/articles/732

あなたの何気ない行動に、男性はドン引きしているかも!? そこで今回は、男性が引いてしまう女性の行動をまとめてみました。彼氏、旦那、意中の彼も…普段の行動から食事マナーまで、男性たちは意外に見ているらしいですよ!

その手抜き…実はバレバレ!? 男性がドン引きしちゃうメイク・ファッション

https://wellfy.jp/articles/731

*11/9「男性が引くメイクやデイリーケア」を追記しました。オシャレと思っているそのファッションや髪型、実は男性に引かれているかも…。今回は男性がドン引きする女性の見た目に関するデータをまとめてみました。

男性が嫌がるラブホテルでの行動7選

エレベーターでのキスを拒む

ラブホテルに来るまでの段階で拒むのならまだしも、もうホテルに来ているのにキスを拒まれたら男性側も一気に冷めてしまう。恥ずかしくても、ちょっとだけは相手してあげよう。

ずっとスマホをいじる

ずっとスマホをいじっているとドン引き。「友達に報告しているの?」とか「一緒にいるのが嫌なの?」とか、男性を不安にさせてしまう。

ベッド周りの設備を使いこなす

ベッド周りの照明や空調を上手に使いこなすと、ラブホテル慣れしていると思われてしまう。
すぐにお風呂やバスタオルの準備をしたり、コンドームの封をチャチャッと切ったり、こなれた感じでルームサービスを頼むのも避けたほうが無難。

ひとりカラオケ

男性がお風呂入っている間などの待ち時間にひとりカラオケで熱唱されるとムード台無し。

エッチ前の長時間入浴

あまりにも長い時間のお風呂タイムは、男性陣から不評。髪の毛まで洗ったらかなり引かれるかも。スムーズにエッチができるよう、体を軽く洗うだけ程度がおすすめ。

冷蔵庫の飲み物を飲みまくる

男性が飲む前に自分から飲みまくるのはNG。せめて飲んでもいい?と聞いたほうがgood。

帰り際にモタつく

部屋を出るときになって急にいろいろモタつくと、チェックアウトに間に合わない。延長料金もかかってしまう。基本的に支度が遅い女性は男性から苦手に思われやすい。

蓮香アドバイス

東京五輪を控えて、最近は宿泊不足を補うため、政府の支援を利用し普通のホテルに改装するラブホテルが増えているそうです。ということはまた五輪後にラブホテルが変化するかもしれないですね!

日本のラブホテルのレベルは世界に誇れるので、まだ訪れたことがない人は、一度お試しあれ♪

オトナ 一覧 >

関連する投稿


デリケートゾーンが黒い私はダメ女?原因は?美白するためのケアってあるの?

デリケートゾーンが黒い私はダメ女?原因は?美白するためのケアってあるの?

海に行く季節になったり、彼氏ができたりすると、急にデリケートゾーンが気になりだしますよね。それに自分の黒ずみを見ると、私って不潔なの?ダメ女?と思ってしまったり、嫌な気持ちなって、恋も消極的になってしまうなんていう方もきっと多いはずです。今回は、そんなデリケートゾーンの黒ずみの原因とケア方法についてご紹介します。


彼が思わずビクッ♡男性を虜にする愛撫テクニック5選|男性の性感帯マニュアル

彼が思わずビクッ♡男性を虜にする愛撫テクニック5選|男性の性感帯マニュアル

今回のテーマは「男性への全身愛撫(あいぶ)マニュアル」。男性への愛撫というと、性器への愛撫をイメージしてしまいがちですが、実はそんなことないんですよ。今回は、あえて性器以外の部位への愛撫術をご紹介したいと思います。


「マグロ男」が急増中? エッチ中、受け身すぎる彼を対処する5つの方法

「マグロ男」が急増中? エッチ中、受け身すぎる彼を対処する5つの方法

今回のテーマは、「マグロ男」。マグロとは、ベッドの上で自分から動かず、受け身のエッチをすることを指します。自分の彼や夫がマグロ男で困っているという方へ、マグロ男の矯正法をお教えします。


彼が避妊してくれない…エッチの時、コンドームを着けてもらう、上手なお願いの仕方

彼が避妊してくれない…エッチの時、コンドームを着けてもらう、上手なお願いの仕方

避妊をちゃんとして欲しい女性たち、避妊に非協力的な男性たち。でも、パートナーの希望を優先して、避妊せずにしちゃっている女性は、意外と多いのではないでしょうか。そんな問題を解決するべく、避妊を面倒くさがる男性の本音をリサーチして、男性に避妊をちゃんとさせる方法をお伝えします。


高齢処女をこじらせてしまう女性の特徴6つ|現代の高齢処女の実態を徹底調査!

高齢処女をこじらせてしまう女性の特徴6つ|現代の高齢処女の実態を徹底調査!

少し前までは「高齢処女」は30代で処女の女性を指すことが一般的でしたが、最近では40代や50代の処女が増えているそうです。別に女性がいつ処女を失うかは、本人次第なのですが、今回はなぜ最近高齢処女が増えているのか?という世代背景や心理的な原因を探ってみようかと思います。


最新の投稿


“接近戦”に強くなれ! 顔の産毛を処理してワンランク上の透き通った肌に♡

“接近戦”に強くなれ! 顔の産毛を処理してワンランク上の透き通った肌に♡

あるアンケートで「女性と接近したとき、女性の顔で気になるのはどこ?」と男性に聞いたところ「顔の産毛(ひげ)が伸びている」が堂々の1位だったそうです。女性が考えるより、男性は意外としっかり見ていますね。産毛のケアは女性にとっても4つのいいことがあるんですよ。正しいうぶ毛の剃り方など、ケア方法をお伝えします!


1年を通して気をつけよう! 食中毒を予防する5つのポイント

1年を通して気をつけよう! 食中毒を予防する5つのポイント

日々気温が上がりはじめ、そろそろ食中毒が気になる季節に入ってきました。食中毒の発生は梅雨時期に多いと思われがちですが、冬から春にかけても多くの事例が報告されています。1年を通じて予防に取り組む必要があります。そこで、今回は食中毒について取り上げたいと思います。


ペットロス症候群の乗り越え方|大好きなペットとのお別れは克服できる?

ペットロス症候群の乗り越え方|大好きなペットとのお別れは克服できる?

長年一緒に過ごしてきたペットとのお別れ。それは、とても悲しいものです。なかには、どう心の整理をしたら良いかわからず、心身に不調をきたす人もいるでしょう。この記事では、ペットロス症候群の症状、お別れを受け入れるまでのステップ、そして乗り越えるためのヒントをお届けします。


素敵な女性はみんな持っている!?好感度UP間違いなしのマストアイテム7選!

素敵な女性はみんな持っている!?好感度UP間違いなしのマストアイテム7選!

彼氏や学校、仕事の男性から、「気が利く子だな」「女性らしくて素敵だな」と思ってもらうためにどんなことをしていますか?今回は、持っているだけで、好感度がUPにつながる魔法のアイテム7選をご紹介します。いつもカバンに忍ばせておいて、必要な時にさりげなく出すだけで好感度が上がっちゃうんです!


あえてなんでもない日に彼氏にラブレターを送ってみよう!送るメリットと書き方のポイント

あえてなんでもない日に彼氏にラブレターを送ってみよう!送るメリットと書き方のポイント

最近手紙を書いたことはありますか? LINEやSNSで気軽にメッセージのやり取りができるこの時代に、手紙?と思うかもしれませんが、手紙だからこそ、普段言えない、感謝の気持ちや、愛情を表現できることだってありますよね。今回は、なんでもない日に彼氏にラブレターを送るメリットと、書き方のポイントをご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事