今、注目したい最新ラブホテル事情☆カップルはもちろん、女子会にもおすすめ

The following two tabs change content below.
蓮香
『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

皆さんはラブホテルを利用することはありますか?たまに利用する人もいれば、ヘビーユーザーな人、または全く利用しない人もいるでしょう。ラブホテルも時代によって外観、内装、使い方がどんどん変化しているみたいですよ。

ということで今回は気になる今時ラブホの最新事情をお届けしたいと思います♡

時代によるラブホテルの変化 1970~現代

最新ラブホテル事情

ではまず、最初に時代の流れに沿ったラブホの変化ついての解説です。
あるデータによるとこんなことがわかりました。

 

1970年代

【お城のようなラブホテル】

ラブホテルとして初めて大々的にマスコミに取りあげられた「目黒エンペラー」がお城の形状で、爆発的に流行ったために、他のホテルも模倣し始めた。
回転ベッドのようなゴージャスな仕掛けも特徴。

 

1980年代

【簡素なビル型が増える】

1985年に風営法が改正されラブホテルの規制が厳しくなったことや、バブルがはじけてホテルの装飾にお金をかけられなくなったこともシンプル化を助長。
利用客も普通のカップルが増えて、ラブホテルとシティホテルの立ち位置がどんどん近づき、部屋の内装もシンプルに。

1990年代

【再びゴージャス路線に】

少子化が進み、自分の部屋を持つ若者が増えたり、夫婦の部屋を持つ家庭が増えると、エッチする場所にさほど困らなくなる。
それでまた非日常を演出するゴージャス路線に戻り、ラブホテルも個性を出していく傾向になった。

 

現代

【ラブホも女性向けに】

ラブホテル情報誌の存在が、若者のラブホテルへの羞恥心を軽減させ、特に女性客を積極的にさせた。昔は女性のことは全く考えていなかったラブホテルが、現在は女性のことだけを考えているといえるほど。

今、部屋を選ぶのは9割が女性で、女性に喜ばれなければ儲からない。女性向けに、コスメ類の充実させる、おいしい食事を提供するなど、きめ細かなサービスに配慮。

【デザイナーズラブホが人気】

女子会、女性の友達同士の宿泊や外国人旅行者、お茶を飲み添い寝するだけの高齢者の利用も増えている。年金支給日の翌日には高齢者であふれかえるらしい。今やラブホテルは「エッチ前提」というのが絶対ではなくなってきている。


蓮香は昔ラブホテルの取材をしたことが何度かあったので、この移り変わり感はよくわかりますね。
先日渋谷のホテル街の前を通ったら、外国人の観光客がたくさんいて、ラブホテルをスマホで撮影している光景をみました。

欧米にはラブホテルがないから珍しいのでしょうね。
でも、年金支給日の翌日が高齢者で溢れかえるって、ちょっと驚きです…。

では続いて今時ラブホの最新事情です。最近はどんなラブホテルが人気なのでしょうか?

 

今、注目したいラブホテルはどんなタイプ?

最新ラブホテル事情

デザイナーズ風タイプ

メゾネットタイプ、ジェットバス、露天風呂、テラス付き。

 

リゾートホテルタイプ

充実したジャグジー装備。セルフエステグッズとスチームサウナも全室に完備。100㎡以上のスイート多数、女性のコンシェルジュも常駐。

 

京都に多い和モダン風のスタイル

外国人観光客にも喜ばれるよう、和モダンテイストにしてある。岩盤浴、露天風呂、大きいプロジェクターが付いたシアタールームもポイント。

露天風呂付きタイプ
次のページへ