今、注目したい最新ラブホテル事情☆カップルはもちろん、女子会にもおすすめ

今、注目したい最新ラブホテル事情☆カップルはもちろん、女子会にもおすすめ

皆さんはラブホテルを利用することはありますか?たまに利用する人もいれば、ヘビーユーザーな人、または全く利用しない人もいるでしょう。ラブホテルも時代によって外観、内装、使い方がどんどん変化しているみたいですよ。ということで今回は気になる今時ラブホの最新事情をお届けしたいと思います♡


時代によるラブホテルの変化 1970~現代

ではまず、最初に時代の流れに沿ったラブホの変化ついての解説です。
あるデータによるとこんなことがわかりました。

1970年代

【お城のようなラブホテル】

ラブホテルとして初めて大々的にマスコミに取りあげられた「目黒エンペラー」がお城の形状で、爆発的に流行ったために、他のホテルも模倣し始めた。
回転ベッドのようなゴージャスな仕掛けも特徴。

1980年代

【簡素なビル型が増える】

1985年に風営法が改正されラブホテルの規制が厳しくなったことや、バブルがはじけてホテルの装飾にお金をかけられなくなったこともシンプル化を助長。
利用客も普通のカップルが増えて、ラブホテルとシティホテルの立ち位置がどんどん近づき、部屋の内装もシンプルに。

1990年代

【再びゴージャス路線に】

少子化が進み、自分の部屋を持つ若者が増えたり、夫婦の部屋を持つ家庭が増えると、エッチする場所にさほど困らなくなる。
それでまた非日常を演出するゴージャス路線に戻り、ラブホテルも個性を出していく傾向になった。

現代

【ラブホも女性向けに】

ラブホテル情報誌の存在が、若者のラブホテルへの羞恥心を軽減させ、特に女性客を積極的にさせた。昔は女性のことは全く考えていなかったラブホテルが、現在は女性のことだけを考えているといえるほど。

今、部屋を選ぶのは9割が女性で、女性に喜ばれなければ儲からない。女性向けに、コスメ類の充実させる、おいしい食事を提供するなど、きめ細かなサービスに配慮。

【デザイナーズラブホが人気】

女子会、女性の友達同士の宿泊や外国人旅行者、お茶を飲み添い寝するだけの高齢者の利用も増えている。年金支給日の翌日には高齢者であふれかえるらしい。

↓↓↓

今やラブホテルは「エッチ前提」というのが絶対ではなくなってきている。



蓮香は昔ラブホテルの取材をしたことが何度かあったので、この移り変わり感はよくわかりますね。
先日渋谷のホテル街の前を通ったら、外国人の観光客がたくさんいて、ラブホテルをスマホで撮影している光景をみました。

欧米にはラブホテルがないから珍しいのでしょうね。
でも、年金支給日の翌日が高齢者で溢れかえるって、ちょっと驚きです…。

では続いて今時ラブホの最新事情です。最近はどんなラブホテルが人気なのでしょうか?

今、注目したいラブホテルはどんなタイプ?

デザイナーズ風タイプ

メゾネットタイプ、ジェットバス、露天風呂、テラス付き。

リゾートホテルタイプ

この記事のライター

『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連する投稿


駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

彼と改札前で待ち合わせ。でも同じように待ち合わせている人は、たくさんいて、意外と不便。見つけるまでに一苦労で、相手を待っている方は混雑のあまりに疲れてしまう……。待ち合わせ場所も工夫することで、その日はずっと二人ともご機嫌でいられるでしょう。


癒しと快感♡スローセックスの楽しみ方|女性を魅力的にする魅惑のエッチ方法

癒しと快感♡スローセックスの楽しみ方|女性を魅力的にする魅惑のエッチ方法

今回は五感や相手への愛情で作り上げるエッチを取り上げたいと思います。体も心も温まるから冬のエッチとしても良さそうですね。エッチが苦手な女性も、今のエッチがマンネリ化している人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。


そこに、愛はあるんか?食とセックスは「愛」が重要

そこに、愛はあるんか?食とセックスは「愛」が重要

とにかく「やりゃイイ」ってもんじゃないわよ!


【セックス離れ問題】彼女or妻は大切だけど、セックスしたくない男たち

【セックス離れ問題】彼女or妻は大切だけど、セックスしたくない男たち

最近の男性って淡白っていうか、性欲減ってない?


セックスレスの悩みをケア?「ベッド専用香水」リビドーロゼを使ってみた|効果・購入方法

セックスレスの悩みをケア?「ベッド専用香水」リビドーロゼを使ってみた|効果・購入方法

どんなにラブラブなカップルでも、関係が長くなるにつれてマンネリ化してしまうことってありますよね。付き合い始めた当初は、毎週のようにエッチしていたのに、気が付けば月に2回になり、1回になり、と回数が減っていくことに危機感を覚えている女性も多いのではないでしょうか?編集部スタッフの私もそのひとり…。そこで、噂の香水「リビドーロゼ」を買ってみました!


最新の投稿


男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

3月14日はホワイトデー。男性からバレンタインチョコのお返しをする日とされていますが、当日になっても彼からなんのプレゼントも、コンビニスイーツすらもない…、なんてことありませんか?それには、男性ならでは3つの理由があるんです!


駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

彼と改札前で待ち合わせ。でも同じように待ち合わせている人は、たくさんいて、意外と不便。見つけるまでに一苦労で、相手を待っている方は混雑のあまりに疲れてしまう……。待ち合わせ場所も工夫することで、その日はずっと二人ともご機嫌でいられるでしょう。


「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代の貯金の平均額は500万円」「老後の資金には最低でも1億円が必要」など、貯蓄に関する数字を見る機会って多いですよね。実際には、堅実にコツコツ貯められている女性もいれば、「30代なのに貯金がほとんどない」という女性もいるでしょう。今回は、貯金がない30代女性の不安を消すためのヒントをご紹介していきます。


【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回のテーマは寒いこの時期に必須の「防寒具」!算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょう?


専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

ハイヒールや足に合わない靴を履き続けているとなりやすい「外反母趾(がいはんぼし)」。ある調査によれば、仕事中に足の悩みを抱える女性は8割以上になるそうです。そこで今回は、外反母趾外反母趾研究所 代表 古屋達司先生のお話を交えながら、予防・改善法について解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング