SNSで話題「かずのすけ」って何者? 美容化学者誕生のきっかけなど秘話に迫る!

SNSで話題「かずのすけ」って何者? 美容化学者誕生のきっかけなど秘話に迫る!

多くのファンをもち、著書『オトナ女子のための美肌図鑑』も大ヒット中の美容化学者かずのすけさんにインタビュー。今回は第1弾として、大人女子の“やり過ぎ”スキンケアに警鐘を鳴らす、“美容を教える化学の先生”かずのすけの誕生秘話に迫ります!


美容女子は知っている!美容を教える化学の先生&ブロガー「かずのすけ」

“美容を教える化学の先生”こと、「かずのすけ」さんをご存じですか?

ブログは、Ameba美容情報ブログランキング1位で、月間500万アクセス(過去最高)を記録。Twitterのフォロワー数は3万以上!
科学的な視点で正しいスキンケアや化粧品論を解説したブログで注目を集め、著書『オトナ女子のための美肌図鑑』(美人開花シリーズ)は累計7万5千部の重版を記録する大ヒット。
いま美容好き女子たちが大注目している人物なんです。

今回は、そんな「かずのすけ」さんに、気になる化粧品のこと、スキンケアのことなどいろいろ教えていただきました。

まずは、ブログを開設して「かずのすけ」さんが誕生したきっかけを伺いました。

元は教員志望!? かずのすけ誕生のきっかけ

― ブログを始めた経緯をお聞かせください。

はい、現在の活動を始めたきっかけは、僕自身がアトピーだったということです。
だから化粧品を使うと肌が荒れてしまって…、「化粧品って、あまりいいものが入ってないんじゃないか?」という疑いの気持ちから、化粧品について調べるようになりましたね。
元々、理系・化学畑の人間だったのである程度の知識は元々あったんですけど、さらに突っ込んで書籍などを調べていったところ、ある成分についてAと言う書籍では“悪い”Bでは“良い”など情報が錯綜していることに気が付きました。

それなら元々研究していたこともあるので自分でやってみようと。それで調べていったら自分なりの“つながり”が見えてきたので、これを何かに書き残したいと思って始めました。

まさかアトピーだったとは…。
インタビュー当日に初めてお目にかかった本物のかずのすけさんは、白くてなめらかなお肌でした!

ブログ誕生はmixiコミュニティから

最初はmixiで小さなコミュニティを作りました。当時の読者登録数は大体300人くらいです。
順調に更新していたのですが、ある時、私の投稿がアメブロに転載されているのが発覚しました。ショックでしたが、その時の私には知識も力も全くなかったので、泣き寝入りするしかなかったんです。
それで、その後どうしようかと思った時に、「(当時)mixiは閉鎖的なSNSだから、コミュニティの中の人しか読めない。それなら、誰もが読めるアメブロで掲載すれば、自分がオリジナルだと分かってもらえるんじゃないか」と思い、ブログが始まりました。

それから同じような内容でブログを続けていきまして、1年半で月間100万PVを達成することができました。
それで、「やっぱりみんなも化粧品の情報がわからない、知りたかったんだな」とわかったので、この活動を進めていけば、何かを成せるんじゃないかなと感じたんです。

当時は本当の「かずのすけ先生」になる予定だった

実は、当時は教育大で先生になるつもりだったんです。けれど、悩んでいることもありまして、どうしようかなぁ…と迷っていたんです。
そんなタイミングで、ブログの人気・PV数が伸び、「いっちょこれで頑張ってみるか!」という感じになりました。

ただ、ブログで生計を立てるといっても、大学で学んだ程度の知識量では、いずれ壁にぶつかってつぶれてしまうとも感じていました。
そこで、ブログの更新、卒業論文の作成をしながら横浜国立大学院の門を叩いたんです。そこで、界面活性剤や洗剤の研究をしている研究室に入りました。
ブログを書きながら研究もさせていただけるということで、現在も博士号を取得するコースに在席させていただいています。最近はいろいろとお仕事が忙しすぎて、なかなか顔を出せないんですが(笑)。

そこで先生(教授)のアドバイスもいただきながら、化学的な知識の蓄積の裏付けがないと、(現在のような人前で語る)お仕事をさせていただけないとも考えました。

研究者と消費者の架け橋になろう

僕は元々教職を目指したこともあって、人前でわかりやすく説明するということは、自分でもできるのかなと思いました。
現在、この分野における化学者・研究者の方々が持つ最先端の知識と、一般の方々の知識の差って、とっても乖離(かいり)していると思うんです。
だから僕が、そこの間を取り持ってわかりやすく説明する、架け橋になろうと。

また、同時に学校の教壇に立つことだけが“先生”になるという事でなく、ブログなどを通じた“ウェブ上の化学の先生”になれるんじゃないかと気づいたんです。まだまだ道半ばですけどね。

こうして「かずのすけ」が誕生したということになります。研究熱心な性格や、人の役に立ちたいという志がわかりますね。
続いては、著書について伺いました。

今どきの大人女子は“やり過ぎケア”に要注意

― かずのすけさんの著書、『オトナ女子のための美肌図鑑』も多くの方が参考にされていますね!

この本は、私一人で目次からなにから作ったものではなく、非常に優秀な構成さんと編集さんと一緒に作らせていただいたものです。先日増刷が決まりまして、7万5千部になりました!私も驚いているのですけど。

大きく言いますと「やり過ぎケアをやめようね」という内容となっております。大体の方が“やり過ぎ”なんですね。
難しく考えて、たくさんスキンケアをやればやるほどいい、と思っている女性が多いんです。そうではなく、ケアは節度を持ってやらないといけないんです。

もちろん、ある程度、必要最小限はやったほうが良いです。男性でも適切なスキンケアをやっているとある程度年をとっても肌がごわごわにならずに綺麗な肌をキープできます。

やらないよりはやったほうがいい。でも、やり過ぎはNG

― 具体的には、どういったことがやり過ぎにつながるのでしょうか?

一般の方は化粧水、乳液、クリーム、美容液…さらにシートマスクやパックからスペシャルケアまで、頻繁にやってしまう方がいますよね。

僕は、これは“やり過ぎ”だと思っています。
基本のケアだけでも結構やっているのに、まだ重ねるのかってくらいに。それで、編集さんとお話した結果「やり過ぎケア」をやめさせる内容をメインに据え、本を書こうと決めました。

「洗い過ぎ」「保湿し過ぎ」「流し過ぎ」「美白化粧品使い過ぎ」「栄養取り過ぎ」など、いろいろとあるんですけど、みんなやり過ぎちゃっているので、この本には「○○はダメ」「××もダメ」ってうるさく書いてあります。

「じゃ、何をやればいいの…?」という声も

だから「それじゃ、何やったらいいの?」ってレビューで書かれることもあるのですが、それは僕にとって想定内というか…。
一般の方の多くは、「何か(ケア)をやらないと、肌がどんどん衰えていってしまう」という風に思ってしまってるんです。
だから「これもやらない、あれもやらないでいいですよー」って言うと不安になっちゃう。何かやりたいって思ってしまう。

でも、今どきのオトナ女子の皆さんはムダなこと、余計なことをやり過ぎている。だから、それをやめるだけで、例えば毛穴に対する肌を痛めつけるケアをやめるだけで、お肌はある程度改善するんです。

特別なことしない、余計なケアをやめると言う一番簡単なことをおすすめする、それがこの本の基本です。

みなさん、やり過ぎているのでもっとシンプルにしてください!

肌トラブルの多くは“やり過ぎ”が原因

― なるほど!過剰なケアが肌トラブルにつながってしまうこともあるんですね。

はい、例えばニキビができやすい方は、乳液やめるだけで治ることもあるし。
乳液は油分が多いので、ニキビが多い方は塗らない方がいいんですよ。化粧水オンリーにするとか、オイルが少ないジェル状のものにするとかだけで、かなり改善する場合があったりしますよ。

こういったような「肌荒れは何が原因となっているのか?」ということが、この本には書いてあるんです。
それを(読者の方が)読んで考えて、じゃぁこれは塗らないほうがいいなとかって、ご自分で化粧品を適切に選べるようになっていただければいいなと考えています。

実は、次巻のプロジェクトも稼働中!

今回非常に多くの取材をしていただいており、この本に全ては入りきっていません。なので、実は次巻のプロジェクトも動いているんですよ。
そちらのほうは、もう少し「やったほうがいいこと」を盛り込む予定なんですけどね(笑)。

ということで、次回は美容の化学の先生、かずのすけさんの化粧品論を聞いてみたいと思います。お楽しみに!

美容を教える化学の先生「かずのすけ」プロフィール

かずのすけ / 1990年6月3日生まれ
専門分野は有機生物化学、洗浄化学、界面活性剤など。
現在はホームページ運営、執筆活動、セミナー講師等を行いつつ、コンサルタントとして企業の商品開発を支援。プロデュース化粧品・著書・掲載誌多数。

ブログ

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

https://ameblo.jp/rik01194/

かずのすけさんのブログ「かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき」です。最新記事は「「崩れないメイク」は肌荒れの原因になる?」です。

公式ホームページ

【公式】かずのすけのブログまとめ

http://kazunosuke.net/

美容とコスメを化学の知識で考える。月間470万PV・アメブロ美容ブログランキング1位「かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき」完全版ホームページ。美容を教える化学の先生“かずのすけ”が美肌と美髪を育む秘訣を伝授します。

Twitter

かずのすけ (@kazunosuke13) | Twitter

https://twitter.com/kazunosuke13

The latest Tweets from かずのすけ (@kazunosuke13). 美容を教える化学の先生。Ameba美容ブログ1位/月間500万アクセス「かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき」管理人。著書「オトナ女子のための美肌図鑑」など。オフスキンケア専用オリジナル化粧品→https://t.co/pcrgSAHwNp. 公式HP→https://t.co/9uxSpxJbgt. 東京 豊島区

プロデュース化粧品「CeraLabo」オンラインストア

CeraLabo かずのすけプロデュースストア

http://cores-ec.com/

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき 美容と健康、美髪と美肌に詳しい「化学の先生」がプロデュースした化粧品をラインナップ!

ビューティー・ファッション 一覧 >
今、あなたにおすすめの記事

この記事のライター

wellfyの公式アカウントです。

関連する投稿


お肌のことを真剣に考えた!かずのすけプロデュース化粧品がすごい

お肌のことを真剣に考えた!かずのすけプロデュース化粧品がすごい

化粧品成分の解説だけでなく、その知識を活かして化粧品のプロデュースも行っている、かずのすけさん。第2弾の今回は、プロデュース化粧品の特徴や、「オフスキンケア」について伺いました!


スプーン1杯で美人度アップ♡おすすめオイル5種の効果・注目成分まとめ

スプーン1杯で美人度アップ♡おすすめオイル5種の効果・注目成分まとめ

毎日スプーン1杯のオイルで、美しい肌と健康的な体を手に入れませんか?今回は、健康にも美容にも、うれしい効果が期待できるオイル5種を厳選。オイルに含まれる注目成分や美味しい摂り方、おすすめ商品を徹底解説します!美容に敏感な芸能人やセレブ達が次々と実践している「オイル美容」、あなたも始めませんか?


クリスマス目前♡話題の最新美容家電でクリスマス前にキレイになる!

クリスマス目前♡話題の最新美容家電でクリスマス前にキレイになる!

最近、美容家電がグッと進化を遂げているのはご存じですか?今年のクリスマス商戦に向けて、知らなきゃ損、使わなきゃ損、の優れたアイテムが続々と登場しています!クリスマスに予定がある人も、大切な人にすてきなプレゼントを考えている人も必見です。エステサロン顔負けの美しくなる美容家電をチェックしてみましょう♡


秋こそ日焼け対策&美白ケアを|注目の美白食材5選

秋こそ日焼け対策&美白ケアを|注目の美白食材5選

涼しい日が続く秋。夏に比べて、日焼け対策を怠ってはいませんか? 実はおでかけしやすい気候の秋は、長時間外にいることも多く、手を抜いた頃に日焼けしがち。だからこそ、日焼け止めはもちろん、内側からの美白を試してみる価値があるのです。というわけで今回は、注目の美白食材をご紹介します!


漢方で肌の再生力をUP!夏疲れの肌にさよなら

漢方で肌の再生力をUP!夏疲れの肌にさよなら

女性の健康と美容に大きく関わるとされている「血」。良くない「血」の状態は、肌荒れや生理痛など様々な不調に繋がります。あなたの血の状態をセルフチェックし、東洋医学の3つの知恵で夏の肌疲れを解消しましょう。


最新の投稿


力になりたいけど頼まれても困る! 家族間のコミュニケーションの知恵

力になりたいけど頼まれても困る! 家族間のコミュニケーションの知恵

「家族」という繋がり。他人とは違う特別な繋がりがあることは嬉しいことでもありますが、反対に家族だからこそ困ってしまうことも。今回は「シングルマザーの姉のお願い」というケースから、家族間での遠慮や頼み事に関するコミュニケーションのヒントを見ていきましょう。


お肌のことを真剣に考えた!かずのすけプロデュース化粧品がすごい

お肌のことを真剣に考えた!かずのすけプロデュース化粧品がすごい

化粧品成分の解説だけでなく、その知識を活かして化粧品のプロデュースも行っている、かずのすけさん。第2弾の今回は、プロデュース化粧品の特徴や、「オフスキンケア」について伺いました!


聞くだけで疲れる…上司の愚痴とうまく付き合う方法は?

聞くだけで疲れる…上司の愚痴とうまく付き合う方法は?

上司から聞かされる愚痴。反応に困ったり、だんだん自分が責められているような気がしてきてしまったりと、あまりいいものではありませんよね。今回は、そんな「愚痴への反応に迷い、会社で常に気を使って疲れてしまう」というお悩みに、2つのキーワードから、対処法を考えていきたいと思います。


【2018年】バレンタインデー事情|今年あなたはどうしますか? 男性の声をチェック

【2018年】バレンタインデー事情|今年あなたはどうしますか? 男性の声をチェック

今やバレンタインも愛を伝える日、というよりチョコレートに関するイベントのイメージが強くなってしまいましたが、やっぱりこの日にチョコを期待する男性は多いはず♡ということで、バレンタインデーに関する男性の本音あれこれをリサーチしてみました!


博物館デートしよう♡おすすめミュージアム【東京近郊版】

博物館デートしよう♡おすすめミュージアム【東京近郊版】

ドキドキ、ワクワクする発見があったり、体験ができたり、カップル仲も深まっちゃう♡ミュージアムデート。東京を中心に、神奈川、千葉など関東圏にある、おすすめミュージアム(博物館、科学館、美術館など)をご紹介します。