俺の彼女にする! 気になる女性の初デートを成功させる方法 。

The following two tabs change content below.
クチン

クチン

80年代に憧れ、90年代を引きずっているライター。将来は可愛いおばあちゃんになりたい! 「クチン」はインドネシア・マレー語で「猫」という意味です。

恋愛はやっぱり初デートが大切!相手の女性に「あ…デート途中だけど帰りたい…」なんて思わせていませんか?人間関係で第一印象の影響が大きいのと同じように、「初デート」の影響力はすごいもの。挽回ができないわけではありませんが、結構なエネルギーが要ります。

気になるあの女性をどーしても彼女にしたい、そこのあなた。付き合う前のデートのコツと女心をお勉強しましょう。今回は 気になる女性の初デートを成功させる方法 を紹介します!

初デートを成功させる方法1:ファッションはとにかく「清潔感」が一番大切

デートには清潔感ある身だしなみで挑みましょう。どんな高級ブランドの服を身にまとっても、どんなにオシャレをしても清潔感がないと、「論外」になってしまいます。

では、どうすれば清潔感が出るのか。それは簡単です。
まずは体の隅々まで気を配ること。髪・鼻毛・ヒゲ・爪・体臭などは、最低限ケアしておきましょう。次に服装。服や靴、カバンの汚れ・シワ・シミ・ほつれ・ニオイなどをチェックしましょう。
全日までに済ませておいてくださいね。

 

初デートを成功させる方法2:プランなしで行き当たりばったりはNG。リードしてほしい!

プランなしで行き当たりばったりはNG。リードしてほしい!

自分から初デートに誘っておいて「どこ行く?」「このあと、どうする?」など言っていたら、相手女性は「…もう帰りましょう」と言い出すかもしれませんよ!

話題のスポットや行きたい場所などを調べるのは女性のほうが得意な場合が多いですが、デートでは、せめて初デート(できれば3回目くらいまでは)男性にリードしてもらいたいというのが女性の本音。

事前に会話やメッセージのやり取りで、ある程度、相手女性の好みをリサーチ。そして、それをもとにデートスポットを決めたら、営業時間や交通アクセスくらいは事前に調べておきましょう。

ちょっとしたアクシデントやトラブルも楽しく感じられるのは、付き合ってしばらく経ってからのこと。無計画すぎる、頼り甲斐のない男なんて、思われないようにしてくださいね。

★デートプランの参考に↓

 

初デートを成功させる方法3:男性としての余裕をもつ

目の前の女性と仲良くなりたいがために、ガツガツ寄ったり、ボディタッチをしたり、むやみやたらと褒めまくったり…。これらはNG。
あなたが相手女性より年上だとしても年下だとしても、男性として余裕をもち、振る舞うようにしましょう。

相手の女性がデートをOKしたとしてもそれは、お試しプランみたいなものです。彼女になったわけではないのです。多くの女性は、お友達感覚でサシ飲みや、男性と二人きりの食事ができます。もしかするとデートというよりは、「友人との食事」と捉えている可能性も。

距離感はあくまでも「友達」を意識して、徐々に楽しくリラックスした空気を作って、気持ちの距離から縮めていきましょう!

 

初デートを成功させる方法4:笑わせようとせず一緒に笑う

初デートを成功させる方法4:笑わせようとせず一緒に笑う

デートとなると、相手女性を楽しませなきゃ…!と頑張る男性が多いでしょう。その心構えは素敵ですし、かっこいいです。でも無理しすぎないことが大切です。

会話が苦手な人は、会話が少なめでも成り立つプランや、自然と会話のネタが見つかるプランにするのが良いでしょう。

また、うまく話せなくなったときは、相手の女性に質問を投げて、共感しつつ、次へとつないで行きましょう。SNSだけでなく、リアルのやり取りでも「いいね」と「シェア」はすごく効果的なのです。相手を気軽に自然に褒めて、共感していくことで、二人の距離は縮まっていきます。
ただし、まるで「マニュアル通りです~」みたいな感じで、やたらとベタ褒めするのはNG。

人との時間・空間は一人でつくるものではありません。二人で作りあげるものです。あなたが楽しそうにすれば、あなたが笑えば、相手の女性もつられて和気あいあいムードに自然となるはずですよ!

 

初デートを成功させる方法5:お会計でモタモタしない!!

お会計でモタモタしない!!

デートの費用については悩む男性も多いと思いますが、初デートのお会計は男性が全額出したほうが良いでしょう。それもサッとスマートに!

逆男女差別だと言う人もいるかもしれませんが、きちんとした女性なら、「どうしたら男性を立てつつ、このお返しできるだろう?」と考えているはずです。
その次のお茶の代金を出すか、次のデートは自分が払おうとするでしょう。あなたに「借り」が出来ているわけですから。

しかも、お会計はデートの後半でするもの。前半より印象に強く残りやすいのです。
それなのに「ちょっと出してもらっていい?」とデート費用を請求したり、パッとスマートにお会計できず、小銭やクーポンを探したりとモタモタすると、どうしても頼り甲斐のない、ケチっぽいイメージが強く残ってしまいます。

できれば、現金での会計ではなく、バーコードやQRコード決済、電子マネー払いといった、キャッシュレス決済で済ませられるとイメージもアップするかも。
ちなみにキャンペーン決済なら、種類によってはクーポンを使わなくてもポイントがたくさん貯まるから、お得なのは内緒です(笑)。

★キャッシュレスのホントのところ↓

 

初デートを成功させる方法6:人は手に入らないものを欲しがる

さて、初デートは2~3時間、長くても4時間までにとどめておいたほうが良いでしょう。「もうちょっと一緒にいたい」「もう少し話したい」が次のデートにつながるのです。例えば、ランチ前にデートを始めたなら夕方には切り上げる、午後スタートなら夜遅くならないうちに切り上げるなど。

そして、相手女性が帰宅する頃を見計らって、メッセージを送るとさらにgood。お礼や気遣いとともに、デートを振り返りましょう。もし相手女性のほうから名残惜しそうなメッセージが先に届いたら、初デートは大成功と考えて良いでしょう♪

ちなみに、初デート記念ということで、500~1000円程度のプチギフトを渡すのも◎。相手女性はデートの余韻に長く浸ることができますし、高感度もぐっと上がりますよ。


女心を理解するのは難しいもの。そして、異性とのデートも色々あるものです…。
でも、あなたが二人の初デートを楽しくしようと頑張っている、ということはきっと相手女性に伝わると思いますよ!

 

★記事制作協力