なぜ男性は風俗にハマる?風俗に行く男の心理と止めさせる方法

The following two tabs change content below.
ALEX

ALEX

フードコーディネーター・ライター 恋愛など、女性のお悩み記事も配信していきます! 好きな飲み物は南の島で飲むビール♡

彼氏や夫が風俗に行っていたことが発覚…。これって女性の立場からすると、けっこうショックなできごとですよね。でも、彼女や妻が嫌がるのが分かっているのに風俗に行く男性って、どうして風俗に行ってしまうのでしょうか。今回は 風俗に行く男の心理 と 風俗通いを止めさせる方法 についてご紹介します。

風俗に行く男の心理 6つ

1:単純に性欲を処理する機会がないから

まずは、よくあるこちらの理由から。
彼女や妻がいない男性は、性欲を処理する目的で風俗へ行くことがあります。

好きになった男性が風俗に通っている人だと分かった場合、女性の中には、その人と付き合うことに抵抗を感じてしまう人もいるかもしれません。
ですが、自分で性処理をするだけではなく、人肌を感じたい時、人のぬくもりを感じたい時なんかは、ついつい行ってしまうみたいです。

2:デート代よりも安く済むから

風俗の料金は確かに安くはありません。
ですが、例えば男性が一人の女性と一夜を共にしようとした場合、食事代、ホテル代など何かとコストがかかります。それに、デートをしても「必ずエッチにたどり着く」という保証はありません。むしろ喧嘩やプレゼントなど、男性にとって煩わしいことがあったりもします。

これらのことを考えれば、風俗の方がコスパがいいという結論になるのだとか。

3:みんなが行くからノリで…

風俗に行く男の心理
「友達や会社の同僚と飲みに行った後、風俗に行こうという話になったから」というケースもよくあります。「自分だけ断るのもノリが悪いと思われるからなんとなく…」「先輩に誘われたから仕方なく…」など、人からの誘いを断れない男性に多いパターンです。

4:癒やしを求めているから

仕事で疲れて帰ってきた自分に、優しい言葉をかけてほしいだけなんだけど、家に帰ると子育て中の妻に、文句をギャーギャー言われる。

仕事のことで凹んでいる時に、同棲中の彼女から仕事の話を根掘り葉掘り聞かれる。正直、家ではそんなこと思い出したくないし、話したくもない。黙って抱きしめてくれるくらいがいいけど、その一言が言えず、ストレスになる。

などなど、様々な仕事の悩みやストレスを抱えているのに、それらの悩みや愚痴を彼女や妻の前ではなかなか話せない。そんな男性たちは、彼女や家庭の外に癒やしを求めるようになります。
つまり、セックスはもちろんですが、風俗にお金を払って癒しを求めてしまうのです。

男性が風俗に行く感覚は、女性で言えば、リラクゼーションサロンに行くようなものなんだとか…。女性もマッサージの施術を受けることで体が楽になったり、気分がリフレッシュされたりしますよね。
それと同じ感覚で、癒やしとリフレッシュを求めて風俗に行く男性もいるようです。

5:彼女や妻とのセックスに不満を感じているから

妻が仕事や子育てで疲れていて、相手をしてくれなかったり、セックスパターンがマンネリ化していてつまらないなど、性欲が満たされない風俗に行くことがあります。

本当はパートナーとセックスしたいのに、かなりの頻度で断られ続けて、仕方なく風俗へ行くという男性もいます。

6:パートナーには言えない性癖があるから

実は、アブノーマルな性癖を持っていて、それを彼女や妻には打ち明けられない、または強要したくないがために、風俗に行くパターンもあります。
風俗であれば、アブノーマルな性癖を出しても、嫌な顔をされることはないし、軽蔑されることもありません。ですから男性からすれば、安心して自分を解放できる場所とも言えます。

風俗へ行く男性の心理についてご紹介してきましたが、それでも「やっぱり風俗に行かれるのは嫌」「裏切られた感じがする」「浮気と一緒じゃないの?」と思う女性は多いはず…。

ということで、どうしてもパートナーには風俗へ行ってほしくないという人のために、彼氏や夫の風俗通いを止めさせる方法をご紹介します。

彼氏や夫の風俗通いを止めさせる方法
次のページへ