彼が避妊してくれない…エッチの時、コンドームを着けてもらう、上手なお願いの仕方

彼が避妊してくれない…エッチの時、コンドームを着けてもらう、上手なお願いの仕方

避妊をちゃんとして欲しい女性たち、避妊に非協力的な男性たち。でも、パートナーの希望を優先して、避妊せずにしちゃっている女性は、意外と多いのではないでしょうか。そんな問題を解決するべく、避妊を面倒くさがる男性の本音をリサーチして、男性に避妊をちゃんとさせる方法をお伝えします。


妊娠の可能性について|膣外でも妊娠する可能性はあります

膣内射精したがるのは男性の本能?

男性が避妊せずに、膣内射精したがる理由は大きく分けて3つあります。

・より多く自分の遺伝子をまき散らしたいという本能によるもの
・女性を支配したという征服欲の達成感を味わいたいから
・膣内に射精する解放感が単純に気持ち良いから

膣外射精とはそもそもなに?

膣外射精とは、射精直前に精液を女性の膣外に放つ行為をいいます。

これは決してちゃんとした避妊行為ではなく、妊娠の可能性も高いので、妊娠を考えていない人は控えましょう。

最近では、避妊のためにピル、避妊&STD(性感染症)予防のためにコンドームという考えが常識的となっています。

でも、コンドーム装着なしの感度の良さや、男性の征服欲的な本能ゆえ、そのまま挿入&射精したがる男性は多いんですよね。

男性たちがコンドームを着けたがらないのはなぜ?

まさか自分が妊娠させるわけがない、と思っている

なぜだか日本の男性は、「自分は大丈夫」という思い込みが強いらしい。
「1回くらいのエッチで相手が妊娠するわけがない」「自分はSTD(性感染症)に感染しない」と思っている男性が少なくないそうです。

STDについて詳しく知りたい人には、こちら↓の記事がおすすめ。

かゆい…これってSTD(性感染症)?|主なSTDの種類と症状は?検査方法と治療方法

https://wellfy.jp/articles/417

性器がむずむず…、おりものが増えた…これって、もしかして?STDという言葉は聞いたことがあるけど、実際に何かよく分からない方も多いでしょう。しかし日本では近年、性感染症患者が増えつつあります。STDは誰にでも起こりうる病気。STDの定義、種類や症状、治療方法などの基礎知識をまとめましたので、チェックしてみてくださいね。

気持ち良くないから

どんなにコンドームが進化しようと、直接挿入したときと、コンドームを装着したときとでは、かなり気持ちよさに差が出るらしい。
男性はどんなに薄いコンドームでも、食品用ラップを1枚巻いているような感覚がしてしまうのだとか。

彼女も着けないほうが気持ち良いと思っている

自分がコンドーム無しで気持ち良いから、女性も着けないほうが気持ち良いと勝手に解釈する男性も多いそうです。

コンドームを着用すると、イケないから

EDや遅漏気味で、女性の膣内での射精がうまくできない男性は、コンドーム装着によって挿入時間が長引いたり、イケなかったりする可能性があります。

男性の場合、基本的に射精しないとオーガズムを得られませんから、着用したくないという男性も少なくありません。
また、イケたとしても挿入時間が長くなりますから、女性の体への負担を気にしてコンドームを嫌がることも。

「コンドームが擦れて痛い」と言われたことがある

皮膚の粘膜が弱くてコンドームを着けると痛い、またはラテックスアレルギーでかぶれてしまうという女性もいます。そういう女性とエッチをした男性は、「女性は皆そうなんだ」と勘違いするケースもあるのだとか。

ラテックス(ゴム)アレルギーで困っている人はこちら↓の記事も参考にしてみてくださいね。

コンドームでかぶれる? ラテックス(ゴム)アレルギーの症状・対処法

https://wellfy.jp/articles/462

最近増加中の「ゴム=ラテックスアレルギー」。ゴム手袋、風船だけでなく、コンドームでもアレルギーが発症することがあります。「エッチしたあと、かゆい…」という人、もしかするとアレルギーかも。ここではラテックスアレルギーの基礎知識と対処法を伝えします。

男性の本能とはいえ、かなり身勝手なご意見ですね。
しかし、今どきの男性たちは、ストレスや加齢によるED、一人エッチのし過ぎで女性の膣内で射精しにくい遅漏の人が増えているのも事実。そういう男性にとって、コンドーム着用はかなり深刻な問題かもしれません。

彼氏・夫がEDに…あなたにできること|勃起不全の種類・原因・治療法・向き合い方

https://wellfy.jp/articles/471

年齢に関係なく増加傾向にあるED(勃起不全)問題。大切な彼氏や夫が勃たない…そんなとき、どうすれば良いでしょうか?ここではEDの基礎知識、原因(特に心の問題を中心に)、対処法、治療法について詳しくご説明します。EDは「男性の問題」と彼に任せっぱなしにすることではなく、カップル2人で一緒に向き合っていくことが大切ですよ。

では、「妊娠を希望している」という理由ではなく、男性が「感度が落ちる」「装着が面倒」という、自分勝手な理由でコンドームを嫌がる場合、どうすればよいのでしょう?

まずは、男性がコンドームを嫌がるのも理解してあげよう

男性がコンドーム装着を嫌がったとき「コンドームを着けないなんて信じられない!」と怒りモードでエッチを拒否したり、不安を抱えながらエッチをするのではなく、男性がコンドームを着けたがらない理由を理解したうえで、彼らにコンドームを着けてもらえるように、話し合うことが大切!

そもそも男性は、たくさんの女性に自分の遺伝子をまき散らしたいと思う本能があるので、コンドーム装着を本能的に拒否してしまうことがあります。
また、男性は脳がエッチモードになった瞬間、射精しか考えられなくなります。女性への思いやりが欠けてしまいやすい本能は理解してあげましょう。

この記事のライター

『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連するキーワード


エッチ 避妊 妊娠

関連する投稿


癒しと快感♡スローセックスの楽しみ方|女性を魅力的にする魅惑のエッチ方法

癒しと快感♡スローセックスの楽しみ方|女性を魅力的にする魅惑のエッチ方法

今回は五感や相手への愛情で作り上げるエッチを取り上げたいと思います。体も心も温まるから冬のエッチとしても良さそうですね。エッチが苦手な女性も、今のエッチがマンネリ化している人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。


そこに、愛はあるんか?食とセックスは「愛」が重要

そこに、愛はあるんか?食とセックスは「愛」が重要

とにかく「やりゃイイ」ってもんじゃないわよ!


【セックス離れ問題】彼女or妻は大切だけど、セックスしたくない男たち

【セックス離れ問題】彼女or妻は大切だけど、セックスしたくない男たち

最近の男性って淡白っていうか、性欲減ってない?


セックスレスの悩みをケア?「ベッド専用香水」リビドーロゼを使ってみた|効果・購入方法

セックスレスの悩みをケア?「ベッド専用香水」リビドーロゼを使ってみた|効果・購入方法

どんなにラブラブなカップルでも、関係が長くなるにつれてマンネリ化してしまうことってありますよね。付き合い始めた当初は、毎週のようにエッチしていたのに、気が付けば月に2回になり、1回になり、と回数が減っていくことに危機感を覚えている女性も多いのではないでしょうか?編集部スタッフの私もそのひとり…。そこで、噂の香水「リビドーロゼ」を買ってみました!


「気持ちいい唇」を作るキス専用美容液「ヌレヌレ」を使ってみた結果

「気持ちいい唇」を作るキス専用美容液「ヌレヌレ」を使ってみた結果

「なんか唇、ベトベトしてる……」。せっかく張り切ってグロスを塗ってデートに出かけたのに、キスする際にベトベトしてしまい彼に不評だった、という経験はありませんか? 私はあります!「キスしたくなる唇」って憧れますけど、「キスしたくなる唇」を作ろうとすると、実際キスするときにベタベタしてしまうというジレンマ……グロス好きの方には共感していただけるかと思います。


最新の投稿


男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

3月14日はホワイトデー。男性からバレンタインチョコのお返しをする日とされていますが、当日になっても彼からなんのプレゼントも、コンビニスイーツすらもない…、なんてことありませんか?それには、男性ならでは3つの理由があるんです!


駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

彼と改札前で待ち合わせ。でも同じように待ち合わせている人は、たくさんいて、意外と不便。見つけるまでに一苦労で、相手を待っている方は混雑のあまりに疲れてしまう……。待ち合わせ場所も工夫することで、その日はずっと二人ともご機嫌でいられるでしょう。


「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代の貯金の平均額は500万円」「老後の資金には最低でも1億円が必要」など、貯蓄に関する数字を見る機会って多いですよね。実際には、堅実にコツコツ貯められている女性もいれば、「30代なのに貯金がほとんどない」という女性もいるでしょう。今回は、貯金がない30代女性の不安を消すためのヒントをご紹介していきます。


【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回のテーマは寒いこの時期に必須の「防寒具」!算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょう?


専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

ハイヒールや足に合わない靴を履き続けているとなりやすい「外反母趾(がいはんぼし)」。ある調査によれば、仕事中に足の悩みを抱える女性は8割以上になるそうです。そこで今回は、外反母趾外反母趾研究所 代表 古屋達司先生のお話を交えながら、予防・改善法について解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング