1年を通して気をつけよう! 食中毒を予防する5つのポイント

1年を通して気をつけよう! 食中毒を予防する5つのポイント

日々気温が上がりはじめ、そろそろ食中毒が気になる季節に入ってきました。食中毒の発生は梅雨時期に多いと思われがちですが、冬から春にかけても多くの事例が報告されています。1年を通じて予防に取り組む必要があります。そこで、今回は食中毒について取り上げたいと思います。


食中毒を引き起こす主な原因

細菌は、温度や湿度などの条件がそろうことで食べ物の中で増殖し、その食べ物を食べることで食中毒を引き起こします。

細菌の多くは湿気を好み、温度が上昇して湿度も高くなる梅雨時期に、細菌による食中毒が増えやすくなります。

ウイルス

ウイルスは、低温や乾燥した環境の中でも生存します。

食べ物の中では増殖しませんが、食べ物を通して人の体内に入り、腸管で増殖して食中毒を引き起こします。感染力が非常に強いことも特徴です。

低温や乾燥した環境を好むウイルスは冬場から春先にかけて多く発生し、その代表的なウイルスが「ノロウイルス」。皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか?

大変感染力が強く、特に近年、ノロウイルスによる食中毒は大変増えています。

では続いて、食中毒の予防方法についてお話ししましょう。

食中毒を防ぐ5つのポイント

1.手洗いをしっかり行い、細菌、ウイルスを洗い流す

手に付着した細菌、ウイルスは水で洗うだけでは取り除くことはできません。指の間や爪の中まで、石鹸でしっかり洗うことが重要です。

手の平、手の甲、指の間、指先、爪の間、親指と手の平の間、手首とよく洗います。手洗いをしっかりすることは、細菌やウイルスを食品に付けないことにつながります。

2.細菌を食べ物につけない、広げない

まな板は、生肉や魚用と野菜用とで別にしましょう。

食品の保管においても、細菌が付着しないようにラップをする、密閉容器を利用することをおすすめします。

3.付着した細菌を増やさない

細菌の多くは高温多湿で増殖が活発になります。購入した食材はできるだけ早く冷蔵庫に入れて早めに食べることが大切です。

冷凍食品の利用は使う分だけ電子レンジで解凍し、冷凍~解凍を繰り返さないようにしましょう。ポイントは、自然解凍は避けることと、残り物は清潔な容器で保存することです。

4.食べ物や調理器具に付着した細菌を殺菌する

細菌、ウイルスは加熱によって死滅します。魚、肉、野菜など加熱して食べるようにしましょう。

また、まな板、包丁などの調理器具にも細菌やウイルスが付着しますので、熱湯をかけ殺菌する、台所用殺菌剤などの利用もおすすめです。使用後のふきんは熱湯などで殺菌し、しっかり乾燥させること心掛けてくださいね。

残り物を温め直すときもしっかり加熱を忘れずに。

5.ウイルスを持ち込まない

調理する人は、調理する空間にウイルスを持ち込まないことが大切です。下痢やおう吐の症状があるときは、調理は控えましょう。


食中毒は大変怖いものです。そして何より予防が第一です。

食中毒は自分に関係ないものと思わず、多少手間があっても、日常のちょっとした行動が食中毒の予防につながります。

梅雨の時期だけ注意するのではなく、年間を通して日々の食事作りの中で正しい習慣を作っていきましょう。

レシピ・グルメ・栄養 一覧 >

この記事のライター

wellfy公式アカウント。婦人科医、皮膚科医、臨床心理士など、専門家が執筆した記事を再編、またはその情報もとに執筆しています。

関連するキーワード


腹痛 家事 健康・体調管理

関連する投稿


面倒くさがりさん必見! 簡単スッキリ大掃除で、今年の汚れにさよなら

面倒くさがりさん必見! 簡単スッキリ大掃除で、今年の汚れにさよなら

年末になると、誰もが「やらなくちゃ」と思う大掃除。寒いのに窓を開けて、冷たい水を使って…なんて、考えるだけで腰が重くなります。でも、面倒がらないで! 超簡単なのに、「きれいになった! すっきり!」と満足感が得られる大掃除の方法を大公開!さぁ、みんなで気持ち良く、新年を迎えましょう。


料理好きのみなさん、狭いキッチン、どうやって使ってる?

料理好きのみなさん、狭いキッチン、どうやって使ってる?

料理を楽しむための工夫をまとめてみました。


おりものが生臭い…細菌性膣炎(細菌性腟症)かも?細菌性膣炎の症状・原因・治療方法

おりものが生臭い…細菌性膣炎(細菌性腟症)かも?細菌性膣炎の症状・原因・治療方法

おりものの量が増えた、生臭いにおいがする、かゆい…もしかするとそれは細菌性膣炎の症状かもしれません。あまり聞き慣れない病名ですが、ありがちな女性特有の病気です。そして誤解しがちですが、細菌性膣炎は性感染症ではありません。この記事では、細菌性膣炎の主な症状、原因、治し方(治療)、予防方法について解説します。


【やる気を出す方法5つ】仕事に家事に忙しい!けど、やる気が出ない。そんな時に…

【やる気を出す方法5つ】仕事に家事に忙しい!けど、やる気が出ない。そんな時に…

仕事、家事、育児…毎日毎日、忙しい。けど、やる気が出ないときだってありますよね。だって、人間だもの。この記事では、働く女性の皆さんにぜひ読んでほしい「やる気UP術」を5つご紹介します。記事をチェックして、やる気スイッチONしませんか?


4人に1人がかかる"子宮筋腫"って、どんな病気?原因や症状、治し方は?

4人に1人がかかる"子宮筋腫"って、どんな病気?原因や症状、治し方は?

子宮筋腫は、その大きさやできる場所にもよりますが、女性なら誰でも持っていても不思議ではないもの。この記事では、そんな女性なら知っておきたい子宮筋腫について解説します。基礎知識と原因、予防法、子宮筋腫なりやすい人、妊娠への影響、治療方法まで。体のサインに気づけるよう、知識をチェックしておきましょう。


最新の投稿


甘くて濃厚♡彼と試してみたい「バレンタインエッチ」アイデア3つ

甘くて濃厚♡彼と試してみたい「バレンタインエッチ」アイデア3つ

大人の女性にご提案!今年のバレンタインには、チョコレートだけじゃなく、大好きな彼に特別な夜をプレゼントしてみてはいかがでしょう?チョコより甘~い、スペシャルなバレンタインデーのエッチアイデアを3つご紹介します。忘れられない夜を過ごしたい!という人、要チェックですよ。


本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

今年のバレンタインデー。気になっている男性にチョコ、渡しますか?まだちょっと迷っていますか?大人になっても、好きな人にチョコを渡すのは、手が震えるくらい緊張しますよね。今回は、バレンタインデーにうまくチョコを渡すためにチェックしたい to do リストを用意しました。チェックしながら、バレンタイン準備を進めましょう!


圧倒的キュン♡彼氏が惚れ直す「バレンタインチョコの渡し方」5選

圧倒的キュン♡彼氏が惚れ直す「バレンタインチョコの渡し方」5選

恋のドキドキは減ってくるもの。付き合う前や付き合いたてと比べると、バレンタインの特別感も薄れているのでは…?でも、できるものならずーっとラブラブでいたい!と思っている、そこのあなた。カップルのバレンタインデーを盛り上げる、可愛い&面白い彼氏へのバレンタインチョコの渡し方をご紹介します♡この記事は、恋人や夫婦ならではのバレンタインの過ごし方をご紹介。参考にしてみてくださいね。


今年のバレンタインは、恋に効く「赤」で攻めてみる?

今年のバレンタインは、恋に効く「赤」で攻めてみる?

いよいよ迫ってきたバレンタインデー。友チョコやご褒美チョコも楽しいですが、やっぱり本来のテーマは、異性への愛の告白♪今回はその"決戦"の時に気をつけたい「色」についてのお話です。「女の子っぽい色はどうも苦手で…」とか「持っている服は地味目の色ばかり」なんていう人も多いかもしれませんが、2月14日はぜひ赤色を取り入れてみませんか?


血液型別バレンタインデーの男性心理♡手作り?高級チョコ?迷ったらチェックしてみて!

血液型別バレンタインデーの男性心理♡手作り?高級チョコ?迷ったらチェックしてみて!

バレンタインデー!本命の彼に渡すなら、チョコレートの選び方やアプローチの仕方にもベストを尽くしたいものです。彼のことをいくらリサーチしても、なかなか傾向がつかめない…。そんなときは、血液型を参考にしてみて!今回は、男性の血液型別の男性心理と、バレンタイン攻略法をご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング