不器用すぎて嫌になる!恋愛ストレスの解消法

不器用すぎて嫌になる!恋愛ストレスの解消法

頑張っているのに、恋愛と仕事の両立がうまくいかず悩んでいる、働く20~30代女性に読んでほしい。彼がいてもいなくても、恋愛ストレスは日々肩にのしかかってくるもの。理想の未来に近づくためには、今の自分をそのまま受け止めてあげられたらいいのかも。今回は、恋愛ストレスの解消法をご紹介します。


恋愛と仕事の両立。
脳みそをフル回転しながら、毎日必死に考えているつもりだけど、うまくいかない。
彼がいてもいなくても、恋愛ストレスは日々肩にのしかかってきます。

理想の未来に近づくためには、今の自分をそのまま受け止めてあげられたらいいのかも。

今回は、恋愛ストレスの解消法をご紹介します。

CASE1 好きな人がいない>>フリー同士で集まってお泊り会

恋愛ストレス=彼氏がいる人の悩みとは限りません。彼氏がいないからこそ、ストレスを抱えるケースもあります。とくに自ら希望して独身になったわけではなく、相手が見つからないまま結婚ラッシュが過ぎてしまった20代・30代独身女性にとっては、彼氏ができないのが最大の悩みでしょう。

とはいえ、恋愛もご縁とタイミング次第。急に訪れるときもあれば、ぱたりと風が止んでしまう時期もあります。今は恋愛をするタイミングではないなら、自分と同じように独身でがんばっている友人とお泊り会でも開いて、朝まで語り尽しましょう。

お互いの部屋でも構いませんが、あえてホテルに泊まり、プチ贅沢を満喫するのもあり。独身ならではの悩みを共有することで、ストレス解消につながるはず。

素敵な恋がしたい!恋愛ブランクさんに効く、6つの恋のリハビリ法

https://wellfy.jp/articles/1254

恋愛ブランク。これまでに、「最近恋してないなぁ」「ときめきがない!」という時期を経験した女性は少なくないはず。いい恋は、あなたを綺麗にしてくれますよ。今回は、仕事や勉強が忙しくて、恋愛の仕方を忘れてしまったという女性に、恋のリハビリ方法をお伝えします♡

CASE2 恋愛が長く続かない>>ベテランカップルからコツを教えてもらう

彼氏はできる。でも長く続かない。付き合っても半年以内に別れてしまい、一年以上の交際経験がないまま大人になっている人も大勢います。本人たちは毎回、彼に尽くしているつもりなのに、なぜか半年を迎える頃に毎回破局…。本人以上に周りが不思議がっているかもしれません。

どうしても長続きしないなら、ベテランカップルたちの話を聞いてみて。彼らは、お互いに努力しています。

そして、たくさん喧嘩もしています。嫌いになるくらい、何度も強く衝突しては乗り越えています。なかなか続かないのは、もしかしたら相手の欠点が見えただけで投げ出しているからかも。あるいは、素の自分を見せないからこそ、終わってしまうのかも…。

いずれにしても、ベテランカップルたちの話を聞いて、自分自身の過去の恋を分析してみたら、何かヒントが分かるでしょう。

喧嘩しないカップルは良い?悪い?

https://wellfy.jp/articles/386

あなたは彼・旦那様とよく喧嘩しますか?「喧嘩するほど仲が良い」ということわざは、お互い遠慮がなく仲の良い間柄という意味ですが、それって実際はどうなんでしょう。ここでは喧嘩が多いカップル・喧嘩しないカップルの特徴、喧嘩する心理、喧嘩をいないと不安になる理由と対処法を説明します!

CASE3 彼氏へのストレスが激しい>>男性版の「親友」をつくる

彼氏と付き合っていれば安泰かといわれると決してそうではありません。むしろ、お互いに契約を交わしてしまったからこそ、自由に動けず、ストレスを感じている場合も。

この記事のライター

コラムニスト、webライター。
1990年東京都生まれ。恋愛・ライフスタイル記事を中心に執筆中。

関連する投稿


恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

「彼とデートの約束をしていたのに、仕事が入ってドタキャンされた」「友達とは会うのに、私との時間はなかなか作ってくれない」あなたはこんな経験したことないですか?「私って彼に愛されてないの?」と思ってしまいがちですが、彼女を後回しにすることって、実は男性あるあるみたい。今回は、そんな恋愛の優先順位が低い彼氏と向き合うための方法をご紹介します。


大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

「両思いになりたい」と考えたとき、「デートに誘って引かれたら怖い」「私の方が年上だから恋愛対象外かも」と及び腰になってしまった経験がある女性は多いでしょう。ですが、「女性からアプローチしたら男性は引く」「男性は年下の女性が好き」というのは単なる思い込みかもしれません。恋愛を邪魔しているかもしれない「間違った思い込み」を捨て、もっと自由に恋愛を楽しみましょう!


夫婦の話し合い、できてますか?『夫婦会議ノート』で未来をデザインしてみましょう

夫婦の話し合い、できてますか?『夫婦会議ノート』で未来をデザインしてみましょう

2018年11月22日(いい夫婦の日)より、新たな夫婦会議ツールとして夫婦で未来をデザインする『夫婦会議ノート』が一般販売を開始します。これに先駆け11月14日まで100冊限定で「先行予約による送料無料キャンペーン」を実施!夫婦の話し合いを円滑にするツールとして活用してみてはいかがでしょう?


ここ最近、恋をしていない女性へ。恋愛モードをONにする4つの方法

ここ最近、恋をしていない女性へ。恋愛モードをONにする4つの方法

寒くなってくると彼氏が欲しくなったり、人肌が恋しくなりますよね。けれど「しばらく彼氏がいなくて」という人にとっては、彼氏が欲しくてもなかなか難しいかと思います。それでは、恋愛モードをONに切り替えるためにはどうすればいいのでしょうか。4つのヒントをご紹介するのでぜひ試してみてください。


マンネリ打破!男性が「彼女と付き合っていて良かった」としみじみ思うときとは?

マンネリ打破!男性が「彼女と付き合っていて良かった」としみじみ思うときとは?

恋愛関係が長くなってくると、「マンネリ化」してしまいがちですよね。ですが、なかには「やっぱりこの人と付き合っていて良かった」と都度惚れ直すような素敵なカップルもいます。今回は、20代後半〜30代の男性に、「彼女と付き合っていて良かった」としみじみ思うときとはどんなときか、を聞いてみました。


最新の投稿


膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

「彼のことは好きなのに、膣が狭いのか、性交時の挿入が痛くてつらい。膣が狭いのは病気…?“ゆるい”よりは“キツい”が良いと言うけれど、痛すぎる」。膣狭窄という病気があると知り、挿入時に痛みが出るほど膣が狭いのは、もしかして膣狭窄が原因なのではないかと心配している人もいるでしょう。ここでは、膣狭窄と膣の狭さ、性交痛の関係について解説します。


冬こそ鍋ダイエット! 痩せる理由とコツを教えます:レシピ付き【管理栄養士監修】

冬こそ鍋ダイエット! 痩せる理由とコツを教えます:レシピ付き【管理栄養士監修】

冬が近づいてくると恋しくなる鍋。鍋は心も体も温まりますよね。また具材を切るだけで準備でき、片付けも簡単などのメリットがあります。そしてダイエットに鍋が活用できることはご存知ですか?そこで今回は鍋を活用したダイエットとレシピをご紹介いたします。


夫と妻に10の質問!結婚相手との関係をどう感じてる?7割以上が“円満”と回答

夫と妻に10の質問!結婚相手との関係をどう感じてる?7割以上が“円満”と回答

11月22日は「いい夫婦の日」。3組に1組が離婚するこの時代ですが、これからの長い人生において「現在のパートナーと一生を添い遂げたい」と願う既婚者も多いはず。40代から定年前の59歳までの既婚男女は「結婚相手との関係」をどのように感じているのか?美容外科「東京イセアクリニック」が実施したアンケートで、夫婦のホンネを見ていきましょう。


恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

「彼とデートの約束をしていたのに、仕事が入ってドタキャンされた」「友達とは会うのに、私との時間はなかなか作ってくれない」あなたはこんな経験したことないですか?「私って彼に愛されてないの?」と思ってしまいがちですが、彼女を後回しにすることって、実は男性あるあるみたい。今回は、そんな恋愛の優先順位が低い彼氏と向き合うための方法をご紹介します。


大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

「両思いになりたい」と考えたとき、「デートに誘って引かれたら怖い」「私の方が年上だから恋愛対象外かも」と及び腰になってしまった経験がある女性は多いでしょう。ですが、「女性からアプローチしたら男性は引く」「男性は年下の女性が好き」というのは単なる思い込みかもしれません。恋愛を邪魔しているかもしれない「間違った思い込み」を捨て、もっと自由に恋愛を楽しみましょう!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング