話題のオイル「ギー」の女性に嬉しい4つの美容効果と注意点

話題のオイル「ギー」の女性に嬉しい4つの美容効果と注意点

オリーブ油、ココナッツオイル、亜麻仁油と、最近良質なオイルが話題になっていますね。でも、そんなオイルも健康と美容のために、体に必要ではあるけれど、摂りすぎてはいけません。また、生で使用するのがおすすめなもの、火を入れた方がいいものなど様々です。今回は、健康にも、美容にも話題になりはじめた「ギー」についてご紹介します。


「ギー」というオイルを知っていますか?

「ギー」とは、南アジア、主にインドで古から作られ、使われてきた、バターオイルの1種であり、バターから水やたんぱく質などを取り除いて作られた、純度の高いオイルです。

アーユルヴェーダ(インド大陸発祥の伝統医療)でも優れたオイルといわれています。
また、宗教的な儀式にも利用される神聖なオイルでもある一方、インドでは一般家庭でもよく使われています。

女性の強い味方!? 体に嬉しい「ギー」の4つ美容成分

1.中鎖脂肪酸

以前、ココナッツオイルに含まれることから注目された成分です。

中鎖脂肪酸は、体内に入ると素早く分解され、エネルギーとして利用されやすく、体に溜まりにくいという性質があることから、ダイエット効果があるとして期待されている成分です。

2.共役リノール酸

植物油に多く含まれている脂肪酸の1つ、「リノール酸」のかたちが変化したものを、共役リノール酸と言います。

植物性の油に多く含むのはリノール酸ですが、共役リノール酸は、主にバターや乳製品に多く含まれていて、バターオイルの1つである、「ギー」にも含まれています。

その働きには、体脂肪の蓄積を抑制し、脂肪分解酵素の働きを高め、脂肪を分解する効果があることがわかっています。

3.ビタミンA、ビタミンE

ビタミンAとビタミンEは抗酸化ビタミンと呼ばれ、活性酸素の除去を助けます。アンチエイジング効果も期待できます。

4.ブチル酸

腸内の善玉菌を活性化し、悪玉菌が増えることを抑えることにより、腸内環境を整え、便秘改善効果が期待できます。


このような成分が含まれていることからも、女性に嬉しい効果が期待できたり、ダイエットしている方にもおすすめのオイルであることがわかります。

使い方を間違えると太ってしまう…「ギー」摂取の際の注意点

しかし、「ギー」を食事にプラスしただけで、痩せるというわけではありません。
ただ「ギー」を増やしただけで、生活習慣も変えずに食べ続ければ、当然、脂肪摂取量も増え、エネルギー摂取量もオーバーになります。

いくら万能な「ギー」でも油は油なので、使っている油を「ギー」に置き換えて利用するのがよいでしょう。

また、脂肪を燃焼しやすくしても、エネルギーを使わなくては意味がありません。
脂肪燃焼効果を上げるために、体を動かすことも重要になります。


「ギー」の特徴についてご紹介しましたが、健康によい食生活を送るためには、1つの食品を食べるだけでなく、やはりバランスのよい食事が大切です。

「ギー」をパンにつけたり、スープに使ったり、炒め物に利用したりと、普通のバターや油を使うように利用するのも良いでしょう。

日常の食事をバランスよく食べる中で、上手に利用してみてくださいね。

レシピ・グルメ・栄養 一覧 >

この記事のライター

wellfy公式アカウント。婦人科医、皮膚科医、臨床心理士など、専門家が執筆した記事を再編、またはその情報もとに執筆しています。

関連するキーワード


関連する投稿


スプーン1杯で美人度アップ♡おすすめオイル5種の効果・注目成分まとめ

スプーン1杯で美人度アップ♡おすすめオイル5種の効果・注目成分まとめ

毎日スプーン1杯のオイルで、美しい肌と健康的な体を手に入れませんか?今回は、健康にも美容にも、うれしい効果が期待できるオイル5種を厳選。オイルに含まれる注目成分や美味しい摂り方、おすすめ商品を徹底解説します!美容に敏感な芸能人やセレブ達が次々と実践している「オイル美容」、あなたも始めませんか?


ダイエット中の人に朗報!太りにくい揚げ物の食べ方

ダイエット中の人に朗報!太りにくい揚げ物の食べ方

「やせたいけど、揚げ物も食べたい!」そんな方はぜひ今回の内容をチェック!揚げ物も素材の選び方や、食べ方次第で摂取する油分&カロリーを抑えられるんです♪


油は女性を美しくする!驚きのオイルパワー

油は女性を美しくする!驚きのオイルパワー

「ダイエット=油をとらない」そんな考えの方も少なくないはず…。そんな方もびっくり!今回は、逆に油で美しくなる驚きの情報をお届けします。


最新の投稿


膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

「彼のことは好きなのに、膣が狭いのか、性交時の挿入が痛くてつらい。膣が狭いのは病気…?“ゆるい”よりは“キツい”が良いと言うけれど、痛すぎる」。膣狭窄という病気があると知り、挿入時に痛みが出るほど膣が狭いのは、もしかして膣狭窄が原因なのではないかと心配している人もいるでしょう。ここでは、膣狭窄と膣の狭さ、性交痛の関係について解説します。


冬こそ鍋ダイエット! 痩せる理由とコツを教えます:レシピ付き【管理栄養士監修】

冬こそ鍋ダイエット! 痩せる理由とコツを教えます:レシピ付き【管理栄養士監修】

冬が近づいてくると恋しくなる鍋。鍋は心も体も温まりますよね。また具材を切るだけで準備でき、片付けも簡単などのメリットがあります。そしてダイエットに鍋が活用できることはご存知ですか?そこで今回は鍋を活用したダイエットとレシピをご紹介いたします。


夫と妻に10の質問!結婚相手との関係をどう感じてる?7割以上が“円満”と回答

夫と妻に10の質問!結婚相手との関係をどう感じてる?7割以上が“円満”と回答

11月22日は「いい夫婦の日」。3組に1組が離婚するこの時代ですが、これからの長い人生において「現在のパートナーと一生を添い遂げたい」と願う既婚者も多いはず。40代から定年前の59歳までの既婚男女は「結婚相手との関係」をどのように感じているのか?美容外科「東京イセアクリニック」が実施したアンケートで、夫婦のホンネを見ていきましょう。


恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

「彼とデートの約束をしていたのに、仕事が入ってドタキャンされた」「友達とは会うのに、私との時間はなかなか作ってくれない」あなたはこんな経験したことないですか?「私って彼に愛されてないの?」と思ってしまいがちですが、彼女を後回しにすることって、実は男性あるあるみたい。今回は、そんな恋愛の優先順位が低い彼氏と向き合うための方法をご紹介します。


大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

「両思いになりたい」と考えたとき、「デートに誘って引かれたら怖い」「私の方が年上だから恋愛対象外かも」と及び腰になってしまった経験がある女性は多いでしょう。ですが、「女性からアプローチしたら男性は引く」「男性は年下の女性が好き」というのは単なる思い込みかもしれません。恋愛を邪魔しているかもしれない「間違った思い込み」を捨て、もっと自由に恋愛を楽しみましょう!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング