【男性の本音】エッチの時、受け身な女性をどう思っている?

【男性の本音】エッチの時、受け身な女性をどう思っている?

日本の女性のエッチは受け身で、男性にリードを任せる人が多いと聞きます。実際に、愛撫(あいぶ)の方法や、挿入のタイミング、挿入している時間、体位など、相手にお任せしている人は多いのではないでしょうか?でも、それって男性的にはどうなのでしょう?


女性がエッチで受け身になってしまう3つのワケ

まず、最初にどうして日本の女性はエッチにおいて受け身の人が多いのか?その理由について調べてみました。

1.女性の体は受け入れるために作られている

もともと女性の体は、全てを受け入れる側として作られているといわれています。
エッチにおいても、ペニスを受け入れ、射精により種を受け入れる仕組みになっています。

基本的に、女性の体は「受け身」=「受動態」、男性の体は「責め側」=「能動態」、それが自然の原理といえるでしょう。

2.生物学的にいうと「上にのっている側がリードする側」

生物学的に、エッチ(交尾)は上にのっている側がリードする場合が多いです。
日本では好みの体位、またはよく行う体位の1位が正常位のため、必然的に上にのっている男性がリードすることになるといえるでしょう。

ちなみに、欧米では好まれる体位、よく行われる体位の1位が騎乗位のため、女性リードになる場合が多いといわれています。

3.日本ならではの美徳も理由のひとつ

昔から日本人女性は、奥ゆかしさ、控えめな態度、男性に従う姿勢が美徳とされており、恥じらいを持った女性が多い傾向にあります。

また、日本の男性が女性の恥じらいを好む人が多いのも事実。そのため、エッチにおいても男性に従う、控えめな態度をとるという意味合いから、エッチは男性がリードするものと信じ込んでいる女性が多いといわれています。


日本人は男女ともに正常位を好む傾向が強いので、上になっている男性がリードすることになるのは、仕方ないのかもしれません。また、女性がエッチをリードすることは淫ら&恥ずかしいと思う、昔からの日本人独特の風潮が残っていることも確かかと思います。

でも、昔はそうだったとしても、現代の男性はどうなんでしょう?女性はあくまで受け身で、男性がリードするのは当たり前だと思っているのでしょうか?

ということで、続いては受け身女性に対する男性陣の本音をご紹介していきますね。

受け身の女性はNG? エッチ中、男性たちが思っていること

女性の受け身エッチに関する男性の本音

・「受け身=何もしない」と思わないでほしい

男性がリードするのは良いとしても、女性がなんでも相手にお任せ的なスタンスなのは、エッチを楽しめていないと思ってしまうそうです。

つまり、「受け身=何もしないで楽をする」のは違うということ。女性もエッチを楽しむために、協力してほしいと思っている男性が多く、なかには女性はいつも楽しているなと不満に思っている男性もいるそうです。

・たまには女性にリードしてほしい

なんで毎回自分がリードしなきゃいけないの?と思っている男性は意外と多いです。仕事で疲れている時など、たまには女性にリードしてもらいたいとの声も挙がっていますよ。

・マンネリ化防止のためにも、もっと積極的になってほしい

エッチに関しては、もっと女性に積極的になって欲しい、もっと女性からもエッチのお誘いをしてほしい、という意見もよく聞きます。

実は女性がいつも受け身だと、愛撫の仕方や体位が同じパターンになりやすく、エッチがマンネリ化しやすいみたいです。

男性が思う、受け身でもこれくらいはしてほしいこと

・喘ぎ声は出してほしい
・愛撫に対してちゃんと反応したり「気持ちいい」など、声に出して感想を言ってほしい
・女性側からも抱き着いてきたり、キスしてほしい
・こちらがおねだりしなくても、オーラルセックス(フェラチオ)してほしい
・愛撫の仕方や体位などのリクエストをしてほしい


男性の本音としては、常に自分が主導権を握っていたい人でなければ、全て男性にお任せの100%受け身ではなく、女性にもう少し積極的になって欲しいという気持ちがあるようです。

女性側も決して自分が楽をするために受け身になっているわけではないと思いますが、何でもかんでも彼待ち、彼任せの状態だと、結果的に楽をしていることになってしまうかもしれませんね。

続いては、男性がエッチの時に一番苦手だと思う、100%男性お任せの「マグロ女子」に関するデータをご紹介していきましょう。

この記事のライター

『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連するキーワード


エッチ 男性心理 受け身

関連する投稿


“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

気になる男性が“彼女いらない”宣言をしていたら、もう諦めるしかないのでしょうか…?いいえ、そんなことありません!独り身を謳歌(おうか)している彼も、ふとしたタイミングで「彼女が欲しいな」と思うときがあるんです。では、彼らはどんなタイミングで彼女が欲しくなるのでしょう。元“彼女いらない”宣言をしていたオトコが5つのタイミングをお教えします。


まずは現実を見よ!「元カレと復縁」するための7つの修行法

まずは現実を見よ!「元カレと復縁」するための7つの修行法

「復縁したい」という思いが強すぎると、彼にしつこくLINEしてしまい、ますます引かれてしまったり、苦しくてそれ以外のことに手がつかなくなってしまったりしがちです。本来、幸せになりたいから復縁したいはずですから、復縁を求めて不幸になってしまうのは、本末転倒です。今回は、淡々と復縁道を突き進み、焦りや不安を無くして、幸せを感じるための方法をご紹介していきます。


連休だからこそ試してみたい♡ GWスペシャルセックスアイデア7選

連休だからこそ試してみたい♡ GWスペシャルセックスアイデア7選

今年のGW(ゴールデンウィーク)は10連休。かなり大型の連休になりますよね。お仕事のご都合、お家の事情などによりお休みが取れない方もいるかと思いますが、多くの方が10連休を満喫できるのではないでしょうか。ということで、今回は大型連休だからこそ楽しめるセックスを、いろいろな視点でご紹介していきたいと思います。


男性目線で解説! 女性をサシ飲みに誘う男性の心理。下心? 脈ありのサイン?

男性目線で解説! 女性をサシ飲みに誘う男性の心理。下心? 脈ありのサイン?

男性はどんなことを考えて、女性をサシ飲みに誘うのでしょうか?男友達からだったり、好きな人からだったり、男性からサシ飲みに誘われたとき。2人きりはなんだか緊張しちゃいますし、その心理が気になりますよね。そんな女性では分からない男性心理の奥のところを男性ライターが解説。お誘いに対するおすすめの返事もあわせて紹介します。


たまには彼を攻めてみない?「騎乗位」の基本レッスン

たまには彼を攻めてみない?「騎乗位」の基本レッスン

「正常位しか経験ない」「騎乗位はやったことない」という女性も多いのでは?でも、いつも同じパターンだと飽きちゃうかも!ということで今回は、女性がリードできちゃう「騎乗位」について、いろいろ解説していきます。


最新の投稿


「10歳以上の年の差カップル」が恋愛を長続きさせる7つのコツ!ありがちな悩みは?

「10歳以上の年の差カップル」が恋愛を長続きさせる7つのコツ!ありがちな悩みは?

年の差カップルが長期的に幸せな関係を続けるためには、同年代のカップルとはちょっと違った努力が必要です。年の差カップルにはどういった問題があり、どのように乗り越えていけばいいのでしょうか?今回は、「10歳以上の年の差カップル」の恋愛を長続きさせるためのコツをご紹介していきます。


【心理テスト・占い】成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

【心理テスト・占い】成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回のテーマは「落とし前のつけ方」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょう?


“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

気になる男性が“彼女いらない”宣言をしていたら、もう諦めるしかないのでしょうか…?いいえ、そんなことありません!独り身を謳歌(おうか)している彼も、ふとしたタイミングで「彼女が欲しいな」と思うときがあるんです。では、彼らはどんなタイミングで彼女が欲しくなるのでしょう。元“彼女いらない”宣言をしていたオトコが5つのタイミングをお教えします。


ポーチは軽くてもメイクは欲張りたい♡最低限コスメで楽しむ3つの連休旅行メイク

ポーチは軽くてもメイクは欲張りたい♡最低限コスメで楽しむ3つの連休旅行メイク

間もなくやってくるGW。旅行に行く予定という方も多いのでは?旅行では行き先や気分によって雰囲気を変えたいもの。でも、なるべく荷物は最小限に抑えたいですよね…。ということで、旅行中のメイクポーチを軽くしつつ、さまざまな旅行シーンに合わせた雰囲気を楽しめる、3つの旅行メイクを資生堂ヘアメイクアップアーティストがご紹介します。


お互いの収入を知らない夫婦が3割以上!?イマドキ夫婦の金銭事情について聞いてみた

お互いの収入を知らない夫婦が3割以上!?イマドキ夫婦の金銭事情について聞いてみた

昔は結婚すると夫婦の財布はひとつになるのが一般的でしたが、最近はどうでしょう?時期別の葉酸サプリの販売を行うゲンナイ製薬株式会社が、既婚女性を対象に「夫婦の収入と貯蓄額に関するアンケート調査」を実施。その結果、3割以上の妻が、「夫の収入を知らない」と答えたようです。お互いの金銭事情を知らなくても夫婦円満で仲がいいのが、イマドキ夫婦なのでしょうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング