【男性の本音】男性はエッチ時、ベッドで無反応なマグロ女子をどう思っている?

The following two tabs change content below.
蓮香
『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

日本の女性のエッチは受け身で、男性にリードを任せる人が多いと聞きます。実際に、愛撫(あいぶ)の方法や、挿入のタイミング、挿入している時間、体位など、相手にお任せしている人は多いのではないでしょうか?でも、それって男性的にはどうなのでしょう?

女性がエッチで受け身になってしまう3つのワケ

まず、最初にどうして日本の女性はエッチにおいて受け身の人が多いのか?その理由について調べてみました。

 

1.女性の体は受け入れるために作られている

もともと女性の体は、全てを受け入れる側として作られているといわれています。
エッチにおいても、ペニスを受け入れ、射精により種を受け入れる仕組みになっています。

基本的に、女性の体は「受け身」=「受動態」、男性の体は「責め側」=「能動態」、それが自然の原理といえるでしょう。

 

2.生物学的にいうと「上にのっている側がリードする側」

生物学的に、エッチ(交尾)は上にのっている側がリードする場合が多いです。
日本では好みの体位、またはよく行う体位の1位が正常位のため、必然的に上にのっている男性がリードすることになるといえるでしょう。

ちなみに、欧米では好まれる体位、よく行われる体位の1位が騎乗位のため、女性リードになる場合が多いといわれています。

 

3.日本ならではの美徳も理由のひとつ

昔から日本人女性は、奥ゆかしさ、控えめな態度、男性に従う姿勢が美徳とされており、恥じらいを持った女性が多い傾向にあります。

また、日本の男性が女性の恥じらいを好む人が多いのも事実。そのため、エッチにおいても男性に従う、控えめな態度をとるという意味合いから、エッチは男性がリードするものと信じ込んでいる女性が多いといわれています。

日本人は男女ともに正常位を好む傾向が強いので、上になっている男性がリードすることになるのは、仕方ないのかもしれません。また、女性がエッチをリードすることは淫ら&恥ずかしいと思う、昔からの日本人独特の風潮が残っていることも確かかと思います。

でも、昔はそうだったとしても、現代の男性はどうなんでしょう?女性はあくまで受け身で、男性がリードするのは当たり前だと思っているのでしょうか?

ということで、続いては受け身女性に対する男性陣の本音をご紹介していきますね。

 

受け身の女性はNG? エッチ中、男性たちが思っていること

 ベッドで無反応なマグロ女子

女性の受け身エッチに関する男性の本音

・「受け身=何もしない」と思わないでほしい

男性がリードするのは良いとしても、女性がなんでも相手にお任せ的なスタンスなのは、エッチを楽しめていないと思ってしまうそうです。

つまり、「受け身=何もしないで楽をする」のは違うということ。女性もエッチを楽しむために、協力してほしいと思っている男性が多く、なかには女性はいつも楽しているなと不満に思っている男性もいるそうです。

 

・たまには女性にリードしてほしい

なんで毎回自分がリードしなきゃいけないの?と思っている男性は意外と多いです。仕事で疲れている時など、たまには女性にリードしてもらいたいとの声も挙がっていますよ。

 

・マンネリ化防止のためにも、もっと積極的になってほしい

エッチに関しては、もっと女性に積極的になって欲しい、もっと女性からもエッチのお誘いをしてほしい、という意見もよく聞きます。

実は女性がいつも受け身だと、愛撫の仕方や体位が同じパターンになりやすく、エッチがマンネリ化しやすいみたいです。

 

男性が思う、受け身でもこれくらいはしてほしいこと

・喘ぎ声は出してほしい
・愛撫に対してちゃんと反応したり「気持ちいい」など、声に出して感想を言ってほしい
・女性側からも抱き着いてきたり、キスしてほしい
・こちらがおねだりしなくても、オーラルセックス(フェラチオ)してほしい
・愛撫の仕方や体位などのリクエストをしてほしい

男性の本音としては、常に自分が主導権を握っていたい人でなければ、全て男性にお任せの100%受け身ではなく、女性にもう少し積極的になって欲しいという気持ちがあるようです。

女性側も決して自分が楽をするために受け身になっているわけではないと思いますが、何でもかんでも彼待ち、彼任せの状態だと、結果的に楽をしていることになってしまうかもしれませんね。

続いては、男性がエッチの時に一番苦手だと思う、100%男性お任せの「マグロ女子」に関するデータをご紹介していきましょう。

男性から嫌われる! ベッドで無反応な「マグロ女子」とは
次のページへ